もらった質問から補聴器販売の本質とすべきことについて考える


最近、様々な問い合わせをいただくことと自分自身を内省していることもあり、補聴器販売に関して思うことがあります。0ベースから考え、どのようにすることがもっとも理想的なのか、それをよく考えます。

これに関しては、補聴器の販売という仕事はどうあるべきか。というところに焦点を当て、考えているわけですが、自分が考える補聴器販売とは、やはり聞こえの改善度を重視した、もしくは、そのほかの要素を網羅した上で、対応者(販売員)と受け手(お客さん)が一緒になって目的に向かい、歩めるようにすること。だと考えるようになりました。

こちらに関して感じることを載せていきます。

質問内容から思う、改善案

最近また増えてきたのは、

  • 補聴器をつけてみたけど、全然効果がない
  • 補聴器を装用して見たけど、どう判断すれば良いかわからない

という相談です。私自身のところでやった結果ではなく、他のお店で相談してみて、私に依頼されるケースが中心ですが、これらの相談を聞いてみることにより感じたのは、

  • 耳の改善をベースにした相談
  • 改善までをデザインすること

の二つが重要である。ということです。

耳の改善をベースにした相談

今現在、耳の場合、残念ながらどのような耳も補聴器を装用すればたちまち耳が良くなる。どのようなケースでも改善できるかといえば、そのようなことはありません。

耳の場合は、基本的に

  • 周波数別の聴力をみる聴力検査
  • 音声の理解度を調べられる語音明瞭度測定(語音弁別能検査)

の二つがあり、音が聞こえることと音が理解できることは、別となっています。それにプラス、ある一定以上まで、聴力低下すると、補聴器の効果は、かなり薄くなります。

ここで伝えたいのは、どのような状態でも、そのまま補聴器をポイっと渡し、改善させるのではなく、耳の状況に応じて、最良の結果を出すプロセス、改善方法は、異なるということです。

とすると、はじめにそれを理解しないと、なかなか改善につながらない状態になるということでもあります。そこから思うのは、はじめにどのように改善したら良いのか、を考える事であり、どのような選択肢から、どう改善させるのかを考えることが重要になってくるわけです。

その場合において重要になるのは、どの選択肢がどのくらい効果が得られそうなのかの試算であり、自分自身の経験になります。この部分は、たくさんの症例を経験し、実際にどの選択肢でどのくらい改善できるのかのデータを貯めることで、より実現的になります。

改善までデザインすること

これは、補聴器を装用した時にどこまで聞こえが改善できれば良いのか。改善の目標を定め、自分自身の状況を把握し、現状を理解した上で、なるべく目標となる改善値まで改善させることです。それを私は、改善をデザインする、と表現していたりするのですが、こちらも重要ですね。

補聴器は、どうしても装用するだけでは聞こえることはわかってもどこまで聞こえれば良いのか、今、自分はどこまで聞こえているのかもわかりません。これらのものは、実際に可視化することで初めてわかり、可視化することで、いいのか、悪いのか、悪い場合は、どう改善すれば良いのかも全てわかるようになります。

どんなものもそうですが、目的、目指す場所がないと、どのようになれば良いかわからない状態ですので、それを決め、そこまで改善させることが重要です。

もちろん、そこまで改善させたとしても、どうしても聞きにくさを感じることはありますが、できる限りの聞きにくさの改善は、できるようになります。

二つを行い、一緒に改善していく

最近、質問を受けることも多くなってきましたので、ちょっと私の頭の中を整理するためにも書いてみましたが、個人的に思うのは、この二つに関してです。これらを行い、一緒に改善を目指していく。それが理想のように思います。

実際には、もう自分自身でやってしまっている部分ではありますが、改善の数値や改善の試算を行い、ベストな方法を選んでいく。どの形状かとか、どの補聴器が……、メーカーが……という部分を聞きますが、個人的には、よっぽどこの部分の方が重要だと思いますね。聞こえ改善の本質ですから。

と、自分の頭の中を整理してみました。