2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

徐々にクロス補聴器が広まってきたなぁというお話し


お店をやっていると様々な方とお話ししたり、問い合わせ、電話がきたりするのですが、そこで思うのは、クロス補聴器について徐々に広まってきたな……と思うことです。

クロス補聴器は、片耳難聴の方で、かつその聴力低下した耳が補聴器で補えない場合に使う補聴器です。そのため、一般的な補聴器と異なり、なかなか調整した人、扱ったことがある人も、いないのですが、そのような方も増えてきているように感じます。

クロス補聴器の広がり

一般的に聞こえにくくなった方は、病院にいき、そこで受診して、耳が治るのであれば、そのまま治し、残念ながら治らなければ補聴器……というのが一般的です。しかし、今まで片耳のみ難聴の方は「もう片耳が聞こえているから良いのではないか」ということで、少々、冷遇されてきた感覚があります。

実際には、冷遇されていたのではなく、聴力低下が大きすぎる場合は、補聴器で補ってもほとんど効果が見込めなかったために、なかなか医師や補聴器を扱っている人も勧めにくかった。というのがあります。なかなか改善されることがなかったためです。

しかし、今現在は、クロス補聴器というのが徐々によくなってきており、それが病院さんや販売店さんでも扱われるようになってきました。私自身もよく聞く大病院でも「先生から聞いた」というお話も聞くようになり、個人的には、少し嬉しい感覚もあります。

広がることにより、よりよくなる

実は、少し前まで、あまり病院さんの方では扱わなかった傾向があります。もちろん一般的な補聴器販売店でもです。片耳難聴の方は、そんなに困っていない。という訳ではなく、実際に効果はあるのか。そして、本当によくなるのかがわからなかったためです。どうしても新しいものは、どうなのか?と様子をみる傾向があります。

しかし、大手の病院でも使われるようになってきたのであれば、補聴器の世界も徐々によくなってきているなと感じます。というのも聞こえにくくなった時にはじめに行くのは、病院さんですから、そこで情報を得られるようになれば、あるいは、改善に繋げられるようになれば、今後、よりそのような人たちも、少なくなってくるだろう。と個人的には、思うからです。

少しずつですが、世の中がよりよくなっているなと実感していますね。もう少し行けばクロス補聴器については、案外、当たり前のものになってくるかもしれません。もちろんまだまだ改善しなければならないところがあるので、それについてもどんどんよくして行く必要があります。

そして、それが先か、耳が治るようになるのが先かはわかりません。しかし、確実に言えるのは、どちらにしても、聞こえにくい人にとって、よりよくなる未来になるということでしょう。

と、最近感じるようになりました。

クロスに関しては、私自身もまだまだ実験中のものもありますので、近いうちに私の方でわかったことを総まとめにしてまた書いてみましょうかね。クロスには、ちょっとした致命的な弱点があるので、それを今、どうやったら補えるかを実験中です。もしこれだけでピンときたら、素晴らしいです。補聴器に関する知能は私並みか、私以上です。


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム