2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器でよりよくできるようになった3つの難聴ケース


お店には、様々な聴力の方が来られるのですが、最近、数年前の状態に比べ、聞こえを改善できるケースが増えてきたな。と感じることが多くなってきました。

少し昔の場合、うまく調整できず、改善がほぼできなかったケースもあるのですが、今現在は、改善できることが増えてきています。

実際には、聴力低下のレベルやその他の要素(音声を理解する力の有無など)によって変わり、かつ、まだうまく改善できないケースもあるのですが、改善できるようになってきたなぁと感じるケースは、徐々に増えつつあります。

今回は、こちらのケースについてまとめていきます。

改善できるようになってきた三つのケース

よくできるようになってきたケースは

  • 高域(高い音)のみが聞きにくくなっているケース
  • 低域(低い音)を中心として聞こえにくくなっているケース
  • 比較的軽度の難聴に分類されるケース

の三つです。

今までは、ある部分から急に低下しているケースや軽度に分類されるケースは、補いにくかったのですが、最近の補聴器は、明らかに補いやすくなっており、かつ、改善に関してもよりできるようになってきています。

こちらは、補聴器をつけた状態で、どのくらい聞こえるかを調べられる測定。聴力検査の補聴器版のようなもの。△が補聴器なしの数値、▲が補聴器ありの状態。以下、説明に出てきますので、覚えておいてください。

こちらは、補聴器をつけた状態で、どのくらい聞こえるかを調べられる測定。聴力検査の補聴器版のようなもの。△が補聴器なしの数値、▲が補聴器ありの状態を表す。

私のところでは、上記の測定を行いつつ、補聴器の聞こえの状態を可視化し、改善をさせているのですが、その数値の改善値もそうですし、実際につけてみた結果の聞きやすさも改善していますね。

高域のみが聞きにくくなっているケース

主に

高音急墜型の聴力。この聴力には、軽度、中等度、重度があるが、その中等度クラスの場合に当てはまる。

高音急墜型の聴力。この聴力には、軽度、中等度、重度があるが、その中等度クラスの場合に当てはまる。

このような聴力の方です。高域のみが低下しており、大体のケースで、どこかから急に聞こえなくなるケースになります。こちらの方の場合は、1000Hz以降から急に下がっていますね(厳密にはその前からですが)。

このような聴力の場合、対面でのお話は、ある程度わかることが多いのですが、

  • 騒がしい中でのお話
  • 複数の人とのお話
  • 離れたところからの呼びかけ
  • 特定の物音(主にアラーム系、冷蔵庫のアラーム、体温計など)

などがわかりにくくなります。

基本的に高い声の方がわかりにくい傾向が出るのですが、プラスして、不慣れな方だと、より聞きにくさを感じやすいこともあります。

△は、補聴器なしの状態。▲は、補聴器をつけた時に達成したい目標値。ここまで目指せると、聞こえに関しては、改善しやすくなる。もちろん、耳が治る訳ではないため、聞きにくいところは出てくるが、状況に関しては、よりよくなりやすい、。

△は、補聴器なしの状態。▲は、補聴器をつけた時に達成したい目標値。ここまで目指せると、聞こえに関しては、改善しやすくなる。もちろん、耳が治る訳ではないため、聞きにくいところは出てくるが、状況に関しては、よりよくなりやすい。

補聴器で改善させる場合、ちゃんと聞こえの状態を数値化して、高い音の部分の改善値をみて、ちゃんと音を入れればそれなりに改善するケースが多いです。

ポイントは、

  • 低い音で聞こえているところは、聞こえている数値以上に低くしない
  • 低下している部分は、なるべく目標の値まで入れる
  • 750Hz、1000Hz、1500Hzは、せめて改善値まで改善
  • 難しければ、耐えられる範囲内に納める

の四つです。低い音は、聞こえているため、その部分は、補聴器をつけても低くならないようにします。上記の図で説明するなら、▲の位置が△の位置より低くならないということです。

そして、上記の図(上記の図は、上記の聴力に対する目標値であり、全ての聴力に対する目標値ではないことをご了承ください。以下に紹介する例も同様です)の目標値まで改善させてあげられるとよりよくなります。

ただ、中には、上記の数値を目指すのが厳しい方もいますので、その場合は、厳しい部分を耐えられる範囲内まで下げていきます。

なお、750Hz、1000Hz、1500Hzあたりは、せめて目指せる(達成させる)とよりよくなる傾向があります。

高音急墜型の重度のケース。高い音がほとんど聞こえず、改善もまだ難しい状態になる。実際につけてみて改善の余地があるのかを調べながら改善して行くのが必須なケース。

高音急墜型の重度のケース。高い音がほとんど聞こえず、改善もまだ難しい状態になる。実際につけてみて改善の余地があるのかを調べながら改善して行くのが必須なケース。

ただ、上記のようにあまりにも聴力低下が進みすぎている(高域が80、90dBかそれ以上)の場合は、厳しいケースもあるのですが、それよりも軽度の場合は、改善できることが増えてきました。

低域を中心として聞こえにくくなっているケース

聞こえを補いにくい3大聴力の一つ、それが低域を中心として聞こえにくくなっているケースです。

低音障害の聴力図。低い音が聞こえず、音が高くなるとなるほど、聞こえやすくなる。

低音障害の聴力図。低い音が聞こえず、音が高くなるとなるほど、聞こえやすくなる。

聴力としては、このような波形になります。低い音から、1000Hz、1500Hz辺りまでは低く、それ以上は、徐々に聴力がよくなっているケースです。

数値の通りではありますが、低い声の男性を中心に聞きにくさを感じやすく、

  • 小さい声の方
  • 騒がしい中でのお話
  • 複数の人とのお話

がわかりにくい傾向が出ます。

上記の聴力の場合における改善目標。低いところを補いつつ、高い音は、補聴器なしより、低くならないようにするのがポイント。これが難しい。

上記の聴力の場合における改善目標。低いところを補いつつ、高い音は、補聴器なしより、低くならないようにするのがポイント。

補聴器で改善させる場合のポイントは

  • 低域(500Hz、750Hz)をちゃんと改善させる
  • 高域(2000Hz、3000Hz、4000Hz)は、補聴器なしよりなるべく下がらないようにする
  • できるだけ、目標値まで改善させる

の三つになります。

低い音が低下しているため、こちらを中心的に改善させて行くのですが、低い音は、既製の耳せんで改善できるのであれば良いのですが、それよりも耳の型を採取して作る耳せんの方が改善値に関しては上がりやすくなります。

また、注意点が高域の部分で、高域(2000Hz以上)の元々の聴力によるのですが、ある程度聞こえが良い方がいます。これが30dB程度であれば良いのですが、10dBクラスの場合、高域の部分が聞きにくくならないよう配慮した上で、行わないと音が低く感じたり、音声がはっきりしない感覚が強くなります。ここが曲者ですね。

そのため、改善できているのか(低域ですね)、もしくは、聞こえを阻害していないのか(高域のことです)を測定で確認しつつ、改善させて行くのが必須なケースです。

このようにすると改善しやすくなります。ただ、場合によっては、技術的な問題により、改善しにくいケースもまだあります。それでも改善できるケースは、増えてきました。

比較的軽度の難聴に分類されるケース

最後は、こちら。比較的、軽度の難聴に分類されるケースで、聴力は、25〜50dBの間に該当するケースです。

比較的、軽度に該当する聴力。聴力レベルが軽度でも、聞こえにくいところは、聞こえにくいため、困っている人も意外に多い聴力でもある。日々の生活状況によって評価が異なる聴力。

比較的、軽度に該当する聴力。聴力レベルが軽度でも、聞こえにくいところは、聞こえにくいため、困っている人も意外に多い聴力でもある。日々の生活状況によって評価が異なる聴力。

聴力としては、このような状態になります。軽度だけども聞きにくさを感じている方は、意外に多く、特に仕事をされている場合は、実感されやすい傾向があります。

  • 騒がしい中での会話
  • 複数の人たちとの会話
  • 特定の人の話し声

などがわかりにくい傾向が出ます。

こちらの場合は、満遍なく足りない部分を補強することにより、聞きにくさは、改善できます。ちゃんとどのように聞こえているのかを確認しながら行い、満遍なく入れていきます。

こちらの場合は、満遍なく入れてあげること。そして、軽度の方は、30dBくらいまで改善できることが多く、そちらを目標改善値に設定しても良い。が、入れすぎて、音がキツイ場合は、下げることも考える。

こちらの場合は、満遍なく入れてあげること。そして、軽度の方は、30dBくらいまで改善できることが多く、そちらを目標改善値に設定しても良い。が、入れすぎて、音がキツイ場合は、下げることも考える。

具体的には、このようになります。

こちらもよりよくできるようになってきました。昔は、軽度というと「聞こえには問題ない」なんて言われたりすることもあったのですが、今現在は、聞きにくさを感じるのであれば、改善できるようになってきたケースです。そして、もし聞きにくさがあるのでしたら、改善させた方が良いケースでもありますね。

補聴器も徐々に良くなってきた

私自身は、仕事柄、補聴器の調整や聞こえにくい方々へ補聴器で聞こえを改善させていたりするのですが、明らかに3~5年ほど前よりも、聞こえについては、改善できることが増えてきました。

上記の三つに関しては、なかなか改善しにくかった部分があるのですが、今現在はそれなりに改善できるようになつてきました。技術の進歩ってすごいですね。

技術の進歩には、ハードの部分とソフトの部分があります。ハードは、補聴器のことで補聴器の性能などが関わります。そしてソフトの部分は、補聴器を調整する技術です。その二つがよくなり、徐々に改善できるようになってきている感覚があります。

もちろん中には、厳しいケースもありますので、全員が全員より良くできるとは言えないのは、申し訳ないのですが、改善の幅、改善できる人の割合。それは、増えているように感じますね。

何かとネガティヴなことが多いのですが、補聴器も補聴器で頑張っている部分はあります。

ちなみにこの内容を書いていて思ったのは、メーカーですね。ちゃんと良いものを作っているのであれば、それをちゃんと伝えればいいのに。って思います。

聞こえにくい人がより良くなったり、救える人が増えるって、とても良いことですし、聞こえにくい方にとっては、すごく救いだったりします。

悪質なものを作っているのであれば、それはすべきではありませんが、本当に良くなるものなら、どんどんそのようなことも広めて欲しいとも思いますね。

と、以上、日記帳でした。


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム