就職及び、バイト、パートの面接時、耳のことをいうのか問題について


引き続き先日の「神奈川県聴覚障害者福祉センターの難聴者サロンに参加してみた」に関連する内容なのですが、難聴の体で生きていると、タイトルの通り、働く際の面接時に耳のことをいうのか、言わないのか問題というのがあったりします。人によって、意見が分かれるのですが、私は、言う派になります。

厳密には、この部分は、自分自身が耳のことに関してどうのように感じているのか。によっても、変わってくるのですが、言う派の意見を述べていきます。

難聴者サロンには、そのような話は出てこなかったのですが、人によっては感じている部分もありますので、共有できるところは、共有できるといいかと思いますので、載せていきます。

なお、こちらの内容は、難聴の方で、主に手帳がない方が対象になります。手帳がある方は、障害者雇用などがあるため、ちょっと事情がまた変化するためですね。

結論から

結論から記載しますと、言わないと後々面倒なことになるからです。聞こえにくいことがバレた際にどう説明したら良いかわからないですし、聞こえにくいのが事前にわかっていたら採用していなかったなんて言われた日には、さすがに落ち込みます。

なおかつ、嘘をついていた、もしくは、申告していなかったという部分に関しては、その内容はともかく、自分自身の信用を落とすことになりかねません。コミュニケーション障害は、その個人の信用がどのくらいあるかによっても、障害レベルが変化します。信用のレベルが高ければ受け入れてくれることが増えるようになり、信用のレベルが低くなると、どのような発言も受け入れられなくなってきます。これは、身近なところでも感じる方もいるのではないでしょうか。

そして、今現在の技術では、どうしても耳を治すことはできませんので、聞こえにくい部分が出てしまいます。それは、すなわち、隠していてもいずれバレると言うことです。

そんな面倒なことに巻き込まれたくなかったため、私の場合は、学生の頃にしたアルバイトでも就職の際の面接でも耳のことは、全てのところで伝えていました。

私と耳

このようなお話をする際に、重要になってくるのが、その人が耳のこと、難聴に関してどのように感じているか。もっと端的にいえば、耳のことを受け入れているのか、そうでないのか。という点でも変化します。

その点に関しては、私の場合、生まれつき難聴なせいか、聞こえにくい状態が当たり前のように育ってきたため、受け入れている状態になります。受け入れていると言うと少し変な感じなのですが、聞こえにくい状態が当たり前なので、難聴についても「まぁ生まれつき耳は悪いからね」程度にしか感じていません。

それよりも、私としては、この体でどう生きていこうか、というところにしか興味がありません。最終的には、「このような体で生まれたけれども、まぁいい人生だったよね」で死ねるのが、個人的な最終目標だったりします。

伝えれば意外と受け入れてくれるところはある

さて、少し話題が逸れましたが、こちらを読んでいる方に伝えたいのは、耳のことを伝えれば意外に受け入れてくれるところもあるということです。そのようなところで働けるのが一番良いのかなと思います。と言うのも一番避けなければならないのは、理解がないところで働くことだからです。

難聴の本質は、コミュニケーション障害ですので、理解が得られない場合、その障害のレベルが一気に高くなります。そのようなところは、むしろ採用されない方が良いのです。

耳のことに関して受け入れられていない、もしくは、耳のことに関して話すのは、少し勇気がいることかもしれません。しかし、言った方が後々は楽になります。全てがそのままよくなる、そのまま良い状態がずっと続くとは言いませんが、後々面倒なトラブルには、巻き込まれる可能性は減らせると私は、思っています。

いう場合のポイントは二つ

ではどうやって言えば良いの?ということですが、私なりに感じるポイントは、二つです。それは

  • 難聴だけどなるべく補聴器で改善させていることを伝える
  • 話す際は、社会的信用が高いワードを使う(あれば。嘘はダメよ)

の二つです。

簡単にいえば、悪いままにしているのではなくなるべくその状態を改善させていることを伝える事。そして、その話に信ぴょう性や納得度をさらに高めるために社会的信用が大きいもの、例えば病院などのワードをだすこと。その二つです。

例えば私の場合だと、

  • 生まれつきの難聴
  • 補聴器を装用して聞こえを改善させている
  • 病院は、国立成育医療センター(就職する前はそうでした)

となりますので「すみません、私は、両耳とも生まれつき耳が悪く、補聴器をつけています。国立成育医療センターという国内でも屈指の大きなこども病院で耳について診てもらっているのですが、それでも補聴器で耳を治すには至っていない状態です。しかし、補聴器をつけて、改善できるところまでは、改善させています」といったところでしょうか。

そのあと「ですので、もしかしたら少し聞きにくて間違えてしまったり、集中していたりすると、聞こえていなかったりするかもしれません。ただ、今、このようにお話できている通り、聞こえるときは、こんな感じでやりとりできています」と伝えられれば良いですね。

実際には、こんなに念入りに伝えたことはないのですが、このようにお話できると話された側からすれば、耳は治らないかもしれないけど、なるべくよくはしているんだなということは、伝わると思います。

個人的に感じるポイントは、悪いままにしているのではなく、ちゃんとその点は、改善させている、もしくは、改善させようとしている点が見えることです。

あとは、ちゃんと病院で診てもらっていることが言えるとさらに信憑性が増し、よくなるのかなと感じます。

まとめ

ということで、私の場合は、耳のことを言う派になります。どうしても耳について、自分が受け入れられていなかったり、言う勇気がない、もしくは、どんな風に言ったら良いのかわからない。と言う方もいるかと思いましたので、その点に関しても書いてみました。

一番避けなければならないのは、理解が得られない場所で働くことです。これは、もう控えめに言っても地獄ですので、オススメしません。と言いますか、健康な人でもその人に関して受け入れられていない職場、もしくは、否定的な職場は、地獄そのものです。難聴が加わると、さらにコミュニケーション障害が起こりますので、より悪化しやすくなります。

耳のことを言うのは、勇気がいることだとは思います。ただ、言い続けていれば人は少しずつ慣れていきます。私もアルバイトの頃から言い続けてきてわかったことですが、意外に受け入れてくれるところはありますので、勇気をだした分、先は、楽になります。

あとは、入ったら一生懸命やることです。その点に関して参考になるのは、リンク:上司に評価される(小手先の)仕事術になります。主に転職に関する内容ですが、本当にその通りだなと思いますので、この点もできる限りやっていきましょう。

Good Luck!