補聴器販売において難聴の体は、諸刃の剣


たまにお客さんから「深井さんの場合、ご自身の経験を活かせていいですよね」や「うまく自分の状況を利用していますよね」というように言われたりするのですが、個人的には、この体(書いている人は、生まれつき難聴の人です)は、諸刃の剣だな……と感じます。

結論から言ってしまうと、自分自身でちゃんと改善できていたり、その体を使って理解できること、知れることを利用できる場合は、いいのですが、自分の体を自分でよくできていない場合は、逆に信頼を失う危険性もあります。

私が感じる難聴の体でいいことは

あくまでも私が感じていることですが、メリットとしては

  • 補聴器を実際に聞いた感覚がわかる
  • 補聴器を扱った感覚がわかる

というようないわゆる使っている人の視点で考えることができる点です。使っていると、どんな時にどんなことが起こるかもだいたい自分で経験していますので、それらを含めた相談ができるというのは、個人的にも大きいかなと感じています。

中には、難聴者の気持ちがわかるというようなことを言われますが、個人的には、ちょっとここはよくわかりません。難聴に対する考え、受け入れ、感覚は、人によってだいぶ異なるな。と個人的には、感じます。

例えば、私自身は、生まれつき難聴であり、補聴器に関して全く抵抗はありません。使って聞こえやすくなる、生活が楽になるのであれば、使って、どんどんよくしていく。という思考の持ち主です。基本的な思考もそうで、自分の生活が良くなるものは、どんどん取り入れ、よりよくしていくようにしています。

しかし、中には、補聴器に関して非常に抵抗があったり、使うくらいなら聞こえにくいままでいい。という方もいます。そのような方からすれば、私の存在など、訳がわからないと思います。

難聴に関する思考は、人により、大きく異なるので、一概には言いにくい。というのが個人的な感想ですね。

聞こえの改善と難聴の体の関係

一番気になるのは、この点かと思うのですが、正直、この点は、人によるというのが、正直な感想です。

と言いますのも、耳の状態は、人によって大きく異なりますので、自分と似たような方は、自分の経験も含めて改善できますが、それ以外の方は、全部数値にして、聞こえが改善できるところまで、しっかりやる。というようにしています。

逆に言えば、自分とは、違うということを認識しているからこそ、目に見える形にして全部確認し、どのような方でも改善できるようにしています。

もし、皆、自分と同じようにして改善できるのであれば、感覚だけで調整してしまいますから。

とは言え、私の場合、自分の体ですら、全部数値化し、改善できるところまで改善させているため、どの人にも応用できるようなやり方ではあります。

聞こえを改善できていない人に相談したいと思うか

諸刃の剣と記載したのは、まさにこの点です。自分の体を改善できていない人に果たして相談したいと思うのだろうか?ということですね。私の場合、仕事柄、この点をよく気にします。

例えを出すなら、太っているダイエッター。正しくダイエットしたいと考えた時に、太っているダイエッターにそれをお願いしたいか。ということです。おそらくほとんどの人が「まず自分の体をなんとかしようか」と思うはずです。ちなみに私は、そう思います。

幸い私は自分で納得するところまで改善できていますので、良いのですが、そうでない方は、逆に自分のスキルの低さを表してしまうことになりかねませんね。

まとめ

ということで、難聴の体は、諸刃の剣。ということでした。難聴の人で、補聴器の販売や耳の医療に携わっている人は、全体の2〜3%くらいかと思いますので、なかなかそのような人は巡り合わないかもしれません。

ただ、彼ら、彼女らも恐らく実感していると思いますが、その体で利用できるところもあれば、その体ゆえに気をつけないといけないところもあります。

私の場合、幸い利用している点が多いので、今のところ益でしょうか。この体だからこそ、自分の体で実験なんてこともできますし、実際に使った感覚がわかるからこそ、その先のことを考えたり、よりよくするために色々とやっていたりします。

もちろん、この体でよかったなんていう気はありませんが、できることに目を向けて考えていった結果ではあります。

意外にみなさん、考えないことかと思いますが、私は、諸刃の剣だと思っていますね。