聴神経腫瘍摘出により聞こえなくなった方、クロス補聴器で改善しました


40代、女性。聴神経腫瘍の摘出手術により、聞こえなくなってしまった方より、状況改善のご相談をいただきました。

現状に関してお伺いしてみますと今年の夏頃、聴神経腫瘍を摘出する手術を行い、右耳が聞こえなくなってしまったとのことでした。聞こえなくなった後、聞きにくいことにより、ご自身に自信を持つことができず、今現在できる改善を行い、前に進みたい。という事でご相談を承りました。

改善を行ったところ

  • 以前だったら聞こえなかった声も聞こえるようになった
  • 騒がしい中での聞き取りに関してしやすくなった
  • クロス補聴器があると安心して仕事ができるようになった

との事でした。状況がよくなり、本当に何よりです。

では、どのようにして改善させていったのでしょうか。こちらに関して記載していきます。同じような状況の方は、ご参考にしてみてください。

お客様の状況

お客様の状況ですが、

  • お名前:J・Oさん
  • 年齢:40代
  • 性別:女性
  • 聴力:右耳、重度難聴
  • 症状:聴神経腫瘍
  • 備考:手術時に聞こえなく

となります。

聴力に関しては、このようになります。耳に関しては、聴神経腫瘍を摘出する際の手術により、聞こえなくなってしまったとの事でした。しかし、聴神経腫瘍は、腫瘍が大きくなる前に摘出しないと後々命に関わるため、仕方がない部分でもあります。

状況については、冒頭の通りです。普段は、そこまで聞こえにくさを感じることは無いようですが、仕事がサービス業なため、騒がしい環境下が多く、そこでの聞きにくさを気にされていました。仕事に復帰するまで、少しお時間があるようでしたので、その間に相談し、仕事復帰の際、よりよくしていくこととなりました。

という事で、こちらの状況をよくしていくため、改善していきます。

改善のプロセス

結論から言いますと、聴力低下が非常に大きいため(ほぼ失聴)、クロス補聴器で改善させていくこととなりました。

クロス補聴器とは、聞こえる耳側へ聞こえない耳側にきた音を送る少し変わった機器です。聞こえる耳側に補聴器をつけ、聞こえない耳側にクロスをつけます。

すると、聞こえない耳側にくる音を常時、聞こえる耳側へ送ってくれるようになります。

あまりにも聴力低下が大きいと聞こえない耳側に補聴器を装用しても、聞こえが補えません。そのため、このような変わった機器も補聴器の世界にはあります。

少し気になるのは、左側の聴力です。一般的に聞こえている人は

この0〜10dBのラインで聞こえていたりします。そして、

0〜25dBの間は、正常のラインです。数値だけで見ると、正常のラインより、少し出ている部分もありつつ、その範囲に収まっている部分もあります。

補聴器の世界には、バイクロスと呼ばれる

聞こえない耳側の音は、まだ聞きやすい耳側へ転送し、少し聴力低下している耳は、そのまま補うという補聴器もあります。言い換えれば、聞こえを補聴器で補える側は、補聴器で補って、聞こえを補聴器で補えない耳側は、クロスで転送するという補聴器です。

左耳の状況をお伺いしてみると、そちらの方から話される場合には、問題なく聞こえるとのことでしたので、クロス補聴器で聞こえない耳側を補っていくことになります。

実際の対応

こちらについては、

  • 初回時の対応
  • クロス補聴器の選定
  • 職場での試聴と最終的な状態

の三つに分けて記載していきます。

初回時の対応

初めは、状況をお伺いし、耳の状況を確認。そして、改善のプロセスに関してお伝えしました。ちょうど、こちらにいらしたのが、クロスという片耳難聴を改善させるものをご覧になり、もしかしたらご自身の状況をよくできるのではないか。とお考えになっていたとの事でした。

という事で、早速クロス補聴器に関して試聴をすることになります。それぞれの特徴をお話しつつ、初めに試聴したのは

両耳とも耳にかけるタイプでした。幾日か貸し出しし、様子をお伺いしてみますと、そこまで大きく改善される感覚はないものの、聞きやすくなっている感覚は、感じるとのことでした。

という事で、さらに試聴を重ね、状況をよくしつつ、形状選定も行なっていくことになります。

クロス補聴器の形状選定

クロス補聴器には、選択肢として主に二つあり

  • 両耳とも耳かけ形のクロス
  • 耳かけ補聴器、耳あなクロス

の二つです。厳密には、もう一つのタイプもあるのですが、現在、聞こえる耳側が聞こえにくくなるため、選択肢の中には、入れていません。

改めて状況を整理しますと、

  • 普段(静かなところ)は、ほとんど困ることはない
  • 騒がしい環境下になると聞きにくくなり、困りやすくなる

という事で

こちらの耳かけ補聴器、耳あなクロスを幾日か試すことになります。

すると周囲の音が入りにくいぶん、聞きやすい感覚がある、騒がしい中では、まだ聞きやすくなるとのことでした。

二つのクロスは、音を拾う範囲が少々異なり、騒がしい中での評価は、まだ耳かけ補聴器、耳あなクロスの方が優位にあります。

そのため、こちらのもので改善させていくことになります。

職場での試聴と最終的な決定

耳かけ補聴器と耳あな形クロスには

厳密には、この二つがあります。形状を重視するか、それとも電池の持ちを優先して大きいタイプにするかです。

J・Oさんは、この二つの中間、補聴器側は、小さい形状、クロス側は、大きい形状にしました。補聴器は、小さいタイプの方が使いやすく、耳がそれなりに大きいので、クロス側は、大きいタイプでもできる大きさはあまり変わらないと考えたためです。

そして、電池の寿命が短いのは、クロス側ですので、そちらを保つようにし、補聴器側は、そのまま小さいタイプにしました。2種類の電池を使用しなければならない欠点はありますが、その代わり、使いやすい形に落ち着くよう、こちらで考えて製作しました。

最終的に職場にも復帰し、その場で使っていただいた感想をお伺いしたところ

  • 今までだったら聞こえなかった声が聞こえるようになった
  • ある程度、騒がしくても聞こえることが増えた
  • 補聴器があることにより、安心感があり、仕事の際は、安心できる

とのことでした。今まで休業中で、そこまで使う機会がなかったため、パッとしなかったのですが、職場では、あると心強くあると安心できるようです。完全に全てが改善できた訳ではないのですが、現状をよりよくでき、何よりでした。

お客様の声

実際に当店をご利用になったお客様から、ご相談した感想に関してお伺いしてみました。

どのようなところでお困りでしたか?

補聴器をお使いになってみていかがでしょうか

このお店で購入(相談)したのはなぜでしょうか

実際のアンケート

ご協力、ありがとうございます。そして、状況の改善ができ、こちらとしては、何よりです。

改善のまとめ

J・Oさんの場合、聴力を確認した後、聴力失聴状態で、全く聞こえていないため、クロス補聴器という少し変わった機器で改善させました。

一応、今のところですが、聴神経腫瘍で聴力低下したケース、厳密には、手術をした後に失聴したケースは、聴力低下が非常に重く、全く聞こえなくなるケースをよくみます。そのような場合は、J・Oさんのようにクロス補聴器を装用して、聞こえを改善させるのが、ベストな補い方です。残念ながら補聴器で聞こえなくなった耳を補えないためですね。

補聴器を使って補うケースは、まだ補える範囲内(聴力)である40〜70dBくらいで、それよりも重い場合は、クロス補聴器の方が効果が高くなります。どのように補えば、今現在の技術で最良の結果が得られるのか。それを考えながら改善を行うのが重要です。

J・Oさんの場合、突然、腫瘍ができている事がわかり、手術し、その後、失聴とご自身の状況が急に変化した状態でした。そのため、お気持ち的には、マイナスな部分もあったのですが、聞こえるようになる事で、少しずつ自信を取り戻し、今現在、お仕事に関してもするようにまで、改善されました。

趣味のスポーツもするようになり、徐々によくなっていったのは、本当に何よりです。治せない点は、誠に申し訳ないのですが、こちらでできる限りの改善をさせていただき、現状を変える事ができ、よかったなと思っております。

という事で、こちらの内容が同じような境遇の肩の参考になれば幸いです。