【席を気にしなく】ムンプス難聴の方、クロス補聴器で改善しました


30代、男性。小学生の頃になったムンプス難聴により、聞こえにくさを感じており、当店へご相談いただきました。

現在の状況ついてお伺いしてみますと、職場で聞こえない側から話されると非常にわかりにくかったり、会議や打ち合わせの際に、聞きにくい側に人が来られてしまうとかなりわかりにくくなってしまうとのことでした。

当店で改善を行なった結果

  • 聞こえない側から話されてもわかることが多くなった
  • 騒がしい中でも理解できることが増えた
  • 聞きにくい側に来られることの恐怖がかなり軽減した

とのことでした。

では、実際にどのようにして改善させていったのでしょうか。耳の状況から、実際に改善させた方法まで全て記載していきます。同じようにお困りの方は、ご参考にしてみてください。

お客様の状況

お客様の状況ですが

  • お名前:T・Wさん
  • 年齢:30代
  • 性別:男性
  • 聴力:左は健聴、右耳、重度難聴
  • 症状:ムンプス難聴
  • 備考:小学校3年生の時におたふくにかかり、失聴

となります。

聴力は、このようになります。

小学校3年生の頃におたふく風邪にかかり、そのまま失聴してしまい、治療はできない状況だったとのことでした。今現在、主に職場での聞き取りが難しいことが多く、聞こえない耳側から話されたり、打ち合わせや会議などで聞きにくさを感じることが増えてきたとのことでした。

それに加え、周囲が騒がしくなると、聞きにくさも増してしまうため、それらの部分も改善できたら良いとのことで、ご相談いただきました。

ということで、このような状況を改善していきます。

改善への考え

改善に関して結論から言いますと、クロス補聴器を装用して改善させる。こちらになります。

クロス補聴器とは、聞こえにくい耳側にくる音を聞こえる耳側へ転送する機器です。

主に聞こえなくなってしまった耳に補聴器を直接つけて改善できない人が使用する機器で、上記のような聴力の場合、聴力低下が大きいため、残念ながら補聴器で改善させることができません。

そのため、聞こえる耳側へ聞こえない側にくる音を転送するクロス補聴器で最大限、聞きにくさを改善していきます。

実際の対応

こちらについては、

  • 初回時の対応
  • クロス補聴器の形状選択
  • 最終内容

の三つに関して記載していきます。

初回時の対応

初回時の対応ですが、まずは、耳の状況を調べさせていただき、状況についてお伺い。その後、改善へのプロセスで記載した通り、お話ししました。ちょうどこちらにご連絡いただいたのもクロス補聴器に関することでしたので、そのままクロス補聴器に関して試してみることになります。

クロス補聴器には、いくつか形状があり、その中の一つを試聴。以下にどのような形状があるのかも紹介しますので、ご安心を。

クロス補聴器には、いくつか形状があり、その中の一つを試聴。以下にどのような形状があるのかも紹介しますので、ご安心を。

初回に試したのは、耳かけ補聴器、耳あなクロスのタイプです。こちらの試聴機を店頭で体験いただくと、聞こえない耳側から聞こえる感覚がわかるとのことで、そのまま日常生活上、職場でどう変化があるのか。試していただくことになります。

幾日か貸し出しし、様子を伺ってみると、

  • 聞きにくい側から話されてもわかることが多くなった
  • 騒がしい中でも聞きやすくなった
  • つけていると聞こえることで、安心感も出てきた

とのことでした。

聞こえがある程度改善されるとのことで、実際に色々と試しながら、ご自身の状態に合うものを探していくこととなります。

クロス補聴器の形状選択

クロス補聴器の形状選定ですが、種類と特徴として

このような状態になります。

こちらが両耳とも耳にかけるクロス

こちらは補聴器が耳かけ、クロスが耳あなのタイプ

こちらは両耳とも耳あなのタイプです。

このうち、両耳とも耳あなのタイプは、今現在、聞こえる耳側が聞きにくくなるため、対象外になりますので、実質

  • 両耳とも耳かけのクロス
  • 耳かけ補聴器、耳あなクロスの組み合わせ

のどちらかを選ぶことになります。

ということで、両方とも試聴して、どちらが合うのか。それを調べていくことになります。

耳かけ補聴器、耳あなクロスの組み合わせ

はじめに試聴したのは、こちらでした。

このクロス補聴器の特徴は、両耳とも耳にかけるタイプよりも

  • 騒がしい環境での聞き取りは、まだ良い
  • 人によっては、全般的に改善され評価が良い

の二つがあります。

片耳のみ難聴になった場合、基本的に

  1. 聞きにくい側から話されるとわかりづらい
  2. 騒がしい中での聞き取りがしづらくなる
  3. 複数の方とのお話が理解しづらくなる
  4. 音の方向感覚がわからない

の四つが起こります。そのうち、①〜③は、クロス補聴器で改善できることです。そして、耳かけ補聴器、耳あなクロスの組み合わせの特徴は、①〜③を全体的に改善できる事です。

実際に日常生活および職場で体験いただいたところ、全体的に聞きやすくなり、騒がしいところも聞きやすくなりつつ、職場でも聞こえにくい側から話されてもわかりやすくなったとの評価でした。

両耳とも耳かけ形のクロス

こちらは、周囲が騒がしい環境下でなければ効果が一番良いクロス補聴器です。

かなり大雑把ですが、イメージです。

かなり大雑把ですが、イメージです。

クロス補聴器ごとに聞こえる音の範囲というのが異なったりするのですが、かなり大雑把ですが、上記のようになります。騒がしい環境での聞こえは、耳かけ補聴器、耳あなクロスの方が聞こえるケースが多いのですが、それ以外の部分は、このタイプの方が評価が高いです。

そのため、

  • 主にオフィスの中で仕事をしており、そこでの聞き取りを重視したい
  • 会議や打ち合わせなどの囲んでお話する場合の改善を重視したい

という場合は、こちらがオススメです。

実際に試聴して、以前のものと同じく、日常生活、職場でも使えるよう貸し出しした結果、打ち合わせや会議などの距離が関係するものに関しては、こちらの方が聞きやすいとの評価でした。かつ、後ろからの音が耳かけ補聴器、耳あなクロスよりも聞こえるため、聞こえない側から拾える音そのものの範囲が広く、ご自身にとっては、こちらの方が改善度が大きいとのことでした。

騒がしい中での聞こえに関しては、耳かけ補聴器、耳あなクロスより少し劣るようですが、それでもわかるところもあるとの事で、こちらになりました。

最終的な決定

という事で、T・Wさんは、両耳とも耳かけ形のタイプに決まりました。

実際には、そのあとにこのようなものもつけました。

つけたものは、本体(ベージュ色)の下に透明な輪っかのようのなもの。これは、耳に固定する道具の一つ。

つけたものは、本体(ベージュ色)の下に透明な輪っかのようのなもの。これは、耳に固定する道具の一つ。

こちらは、クロス側につける耳の型を採取してクロスを固定するものです。

実は、耳かけクロスを使っていると耳のなかが痒くなる感覚があるとの事で、聞こえない耳側だけ、耳の型を採取して作るこのようなものを使い、かゆみを抑えつつ、クロスを固定するようにしました。

クロス補聴器には、このようなものもあります。

お客様の声

実際に当店でご相談いただいたお客様へご相談してみて、どうだったのか。素直に感想をいただきました。

どのような事でお困りでしたか

補聴器をお使いになってみていかがでしょうか

このお店で購入(相談)したのは、なぜですか

実際のアンケート

改善のまとめ

T・Wさんの場合、聴力低下が大きいため、一般の補聴器で、聞こえなくなった耳側につけて改善する。といった方法で改善ができません。そのため、クロス補聴器で改善させました。聞きにくさを感じているところで実際に改善でき、何よりでした。

試聴時から購入後まで、クロス補聴器があることにより、職場での対応やそれぞれ聞きにくかった部分で大変重宝しているとのことでした。今現在も仕事の際は、ずっと使用されています。

クロス補聴器については、治る部分までは行かない点はあるものの、聞きやすくなることにより、お話しがすごく楽になった。と伺っています。特に席の位置を気にしなくなったのが非常によかったとのことでした。職場の状況によっては、どうしても聞きにくい側に人が来ることがあり、聞きにくいことで集中して聞き、精神的に疲れてしまったりすることが多かったようです。

そのため、聞きにくい側に人が来るとそれだけで少し億劫な気分になったりしたようですが、そちら側でも聞こえるようになると、そのような負担は、グッと楽になり、重宝しているとのことでした。本当に何よりですね。

クロス補聴器にはいくつか形状がありますので、ご自身に合ったものを選べると良いでしょう。実際に使ってみて、その評価をするとよりわかりやすくなります。

という事で、こちらの内容がお悩みを改善させる手助けができたのなら幸いです。