補聴器における両耳、片耳問題について


たまに耳鼻科さんで相談している方で、両耳とも補聴器の適性があり、聞きにくさを感じているのに関わらず、片耳で十分と言われていたり、耳のことは調べず、片耳だけつければ補聴器は、十分と説明された。と、聞くことがあります。

本当の意味で、片耳だけ補聴器を使う事で十分に改善できるのであれば個人的には、いいのですが、それで困っている人もおり「う〜ん・・・」と少し悩むことがあります。簡単に言えば、適切な説明がされておらず、そのせいで、困っている人が増えてきているのではないか、という事ですね。

大きい病院は、ほとんど聞かないのですが、個人でやっている小さいところでは、ちらほら聞きます(ちゃんとやっているところもあります)。そんな傾向を感じます。

補聴器は、片耳で十分?

これは、耳の状況によって変わるため、一概には言えないのですが、仮に両耳とも同じような聴力で、音声の理解度が、両耳とも効果の望める一定以上になっている場合は、両耳で聞きにくさを底上げしたほうが良い状態になります。

というのも補聴器では、耳を治せる部分まで改善させられないため、聞こえの底上げができるとできるほど、聞きにくさを軽減させることができるためです。

補聴器メーカーフォナックより引用

両耳とも補聴器の適合がある場合は、上記のように片方の耳だけに使った場合と両耳に補聴器を使った場合で、異なります。静かなところは、そこまで大きく変わらないのですが、騒がしいところでは、大きく変化してきます。

実際に片耳は、正常の範囲内にあり、もう片耳が聞こえない人を私の方では、お会いする機会が結構あるのですが、静かなところでは、良いけれども、騒がしいところでのお話や聞こえない耳側に人が来られると、途端に聞きにくくなると聞きます。

そもそもの部分として、耳は、両耳あって一つの働きをするようになっていますので、片耳で全部の状況を改善させるのは、残念ながらできないことです。

耳の状況により、両耳ともつけられないのであれば、それは、考慮して改善する必要がありますが、適性があるのであれば、できる限り、困らないようにする。という考えでやっていくべきではないか。と思うんですね。

個人的な感想

補聴器を使っており、かつ販売している人間から言えるのは、本当の意味で、片耳だけ補聴器をつければ、改善されるのであれば、片耳だけ装用で良い。しかし、そうでないのであれば、どうしたらより良くなるのか。という点を説明する必要はあるのではないかと感じます。

患者さんやお客さんは、別に補聴器を求めている訳ではなく、聞きにくさを改善したい。としてきている訳ですから、その見える形が補聴器なだけで、その補聴器により、補い方、聞こえの効果が異なるのであれば、それを理解した上で、合うのはどれかを相談したい。と、感じるのが今現在、多い考えです。

中には、そうじゃない人もいるかもしれないのですが、ほとんどの人は、そのように感じます。これは、あくまでも私が様々な人にお会いし、対応していると、そのように感じます。この点は、自分の体という非常にパーソナルな部分だからかもしれません。

説明するとすれば、例えば「◯◯さんの場合は、両方とも聞こえにくくなっているけど、両方とも補聴器の適性がある。一番聞こえやすくできるのは、両耳に装用することだけど、値段もそうなると高くなる。聞こえの効果を1番に考える場合は、両耳で、価格を抑えたいなら、まずは、片耳でも良い」というような状態でしょうか。

ここは、想像でしかないのですが、価格のことを気にされて、そのように言っているのかなと感じるのですが、そうでないとしたら、聞こえないということについては、そんな大したことではないと考え、適当にやっているのか。それとも感音性難聴だから何をやっても無駄、変わらないと諦めているのか。のいずれかだとは、思います。

何よりも困るのは、患者さんの方なので、ちゃんと状況が改善されるような情報提供はして欲しいなとは、感じます。中には厳しい方もいるとは思いますが、全員が全員そのような訳ではありません。まぁ補聴器業界の人がいうことではないのかもしれませんが。