私がクロス補聴器、バイクロス補聴器という特殊な機器を扱い始めた理由


私のところでは、クロス補聴器、バイクロス補聴器という少し変わった機器を扱っていたり、どんな風に改善できるのか。そして、実際にどうよくなるのか。というのを結構、前からやっていたりします。

これらの機器をやり始めたきっかけは、お客さんに実際にお会いし、より改善できるのであれば、良いよね。と簡単なきっかけでした。お客さんと協力しながら、どのような状況なのか、本当に改善されるのか。という部分に関して調べていくうちに、効果そのものがわかるようになり、今現在は、対応する方には、普通におすすめしていたりします。

調べたきっかけには、もう一つの部分もあるのですが、この2つが合う方は、かなり特殊な方で、大抵、補聴器で聞こえを補えない方になります。※バイクロスのみ、片側だけ、補えない方になります。

そのような方々の不便な部分が、より軽減できるのであれば、これほどすごいものはありません。

クロス補聴器とバイクロス補聴器

クロス補聴器やバイクロス補聴器というのをご存知ない方のために記載しますと、クロス補聴器というのは、主に片耳のみ難聴になり、その耳が補聴器で補えない方に適応する補聴器です。適応するというと少し表現が変なのですが、実際には、補聴器では、改善できない耳なため、クロス補聴器しか、もう改善方法がないというのが正しい表現ですね。

こちらは、簡単に言えば、聞こえる耳側へ聞こえない耳側にくる音を転送する機器です。片耳のみ難聴の方は、結構、特殊なケースが多く、もう片耳が全く聞こえなかったり、補聴器の適合が残念ながらない方が多いです。そのような状況を改善させるための機器が、このクロス補聴器です。

また、バイクロス補聴器も同様で、クロス補聴器の応用版で、まだ聞きやすい耳側も補聴器の役割をさせ、もう片耳のクロスは、音をまだ聞きやすい耳側へ転送するものです。

これがどのような方に使用されるかと言いますと、片側が補聴器の適応なし、もう片方は、補聴器で補えば効果的に補える。というケースです。このようなケースでは、当然ですが、聞こえない耳側の方が聞こえにくさを感じていますので、音が転送できるものがあるだけでも、結構、聞こえるようになります。

できなかったことができるように

これらが素晴らしいなと思うのは、今まで改善できなかったことを改善できるようにしたことです。そもそもの部分ではありますが、上記の機器があう方は、元々、補聴器で改善できなかった層ですので、それらの人達にある意味、希望を与えられたのは、良いことだと思っています。

クロス補聴器は、片耳のみ難聴の方。バイクロス補聴器も、片耳が全然機能しない方。それぞれの部分がさらに改善されるようになってきたのは、良いことです。

で、ここでそもそもの部分になるのですが、片耳のみ難聴の方や片耳が全く機能せず、かつもう片耳も聞こえにくさがある方とお話しすると、やはり困っていることや、聞きにくさがある事を聞きます。その方々が別に困っていないのであれば、私も特に気にかけないのですが、実際に困っており、その改善が少なからずできるようになったというのは、大きな進歩ではないかと思うんですね。

今までは、そのような方々は諦めるしかありませんでした。しかし、できるようになり、それにより、救われる人がいるのであれば、とても素晴らしい事だと、私は、思っています。少なくとも、こんなブログをカタカタ書いている人間より、遥かに素晴らしいことは、間違いありませんね。

もちろん、補聴器ですので、完全に全てが改善されているわけではないのですが、聞こえにくさをより、なくすことができ、それによって、できることが増えたり、聞きにくさが少なくなったり、心の負担が少なくなっている現状を見ている私からすると、本当にすごいことだと思っています。

できることを増やす

私も常々思っているのですが、悩んでいる人が多いのであれば、やはり少しでも多く、できることを増やす。という事は、非常に価値があることだと思っています。新しいものは、知らないと、拒否されがちなのですが、それらの機器を使うことで、良くなっている人もいます。

もちろん考え方を誤ると、別のやり方のほうが改善できる。なんてことになる可能性はありますので、気をつけなければならないのですが、もうちょっと新しい技術、一般ではない技術にも目を向けてもいいんじゃないかなと感じるんですね。

やったことがないから諦めるではなく、患者さん、お客さんの状況をより良くできるなら、試してみる。そのようになると、もっとこの業界は良くなると思っています。

何が言いたいかと言いますと、新しい技術に拒否反応を起こすのではなく、患者さんベース、お客さんベースに見て、貢献できるようにすることが、一番大事なのではないか。ということを言いたかっただけです。

できることができる人には当たり前の事かもしれませんが、できない人からすれば、できることが増えるというのは、とても価値があることですから。