バイクロス補聴器の性能の基本と聞こえとの関係


バイクロス補聴器は、主に片側が少し聞こえづらく、もう片耳が全く聞こえない。というような方が使用する、少し特殊な機器です。

この補聴器には、選ぶ要素として、形状(組み合わせ)と性能。の2つがあります。こちらでは、その性能の部分を扱っていきます。

こちらに書いていくことですが、購入するとしたら気になりやすい

  • 性能と聞こえはどう影響するのか
  • 性能の詳しい部分

の2つに関して記載していきます。こちらの補聴器が合う方は、参考にしてみてください。

聞こえの基本と性能の関係

初めに記載していくのは、聞こえの基本と性能の関係です。補聴器を使う身として気になるのは、補聴器の性能が上がると良さそうなのは、わかるけど、どのように聞こえが変化するのか。というところですね。

基本的に補聴器は、いくつかグレードがある。大体は、3つか4つほど。形状だけでなく、性能、いわゆるこのグレードを選ぶ必要がある。

基本的に補聴器は、いくつかグレードがある。大体は、3つか4つほど。形状だけでなく、性能、いわゆるこのグレードを選ぶ必要がある。

バイクロスに限らず、補聴器には、基本的にこのようにいくつかグレードがあります。補聴器で選ぶ要素の部分は、形状の他、この性能、言い換えればグレードがあります。一番良いものから一番下のものだと、2〜3倍くらいお値段が違いますね。これらの部分は、どのようなところに違いがあるのでしょうか。

まず初めに知っておきたいのは、補聴器の効果に関しては、聴力ごとに異なる改善目標値までちゃんと補えたかどうか。というところで決まることです。

これは、性能によって決まるのではなく補聴器の調整によって決まります。性能が良い悪いは、関係なく、どこまで音を入れられたか。によって大半が決まります。

補聴器で聞こえを改善させる場合、大きく聞こえに影響するのは、その聴力における改善目標値まで、ちゃんと補聴器で聞こえを改善させること。その部分は、あまり性能は関係ない。

補聴器で聞こえを改善させる場合、大きく聞こえに影響するのは、その聴力における改善目標値まで、ちゃんと補聴器で聞こえを改善させること。その部分は、少し性能が関わるものの、大きくは関係ない。

上記に記載しているのは、補聴器を装用した状態を把握できる音場閾値測定というものの測定値です(▲がそうです)。これが、ちゃんと聞こえると良いところまで数値が出ていると、出ているだけ、聞こえの効果は感じやすくなります。これは、補聴器の効果をちゃんと確認しながら、調整していくことでよくすることができる点であり、補聴器の性能はあまり関係ありません。

じゃあなぜ、こんなににも金額の違いが出るの?となってきますが、それは、どこで聞きやすくするか。という部分によって変化します。補聴器は、ちゃんと補うと補うほど、聞こえをよくできますが、そうすると、周りの音で気になる音が出てきたり、周囲の音に邪魔されてしまい、聞きにくさを感じることが徐々に出てきます。

補聴器のグレード別、イメージは、こちらがわかりやすい。静かなところは、全部、大丈夫だけれども、騒がしいレベルが大きくなると、大きくなるほど、それらの音に邪魔される確率が増えてしまうため、抑制機能が強いものの方が、邪魔されにくく、かつ、気になりやすい音を抑えてくれたりする。

補聴器のグレード別、イメージは、こちらがわかりやすい。静かなところは、聞こえを補うだけで、大丈夫だが、騒がしいレベルが大きくなると、大きくなるほど、それらの音に邪魔される確率が増えてしまう。性能が良いものは、抑制機能を強くして聞き取りを邪魔されにくくし、かつ、気になりやすい音を抑えてくれたりする。それが性能の違い。

静かな環境であれば、聞こえにくくなった部分を補い、聞こえさせるだけで改善することも多いのですが、騒がしい環境や物音が多い環境だと、聞こえを改善させると、今度は、周りの音も聞こえるようになり、少なからず、聞きたい声が阻害されたり、邪魔されることが増えてきます。

そのような環境でも手助けしてくれるものは金額が高くなります。例えば、周囲の音を抑えて、音声を中心的にとる機能(指向性と言います)があったりしますが、そのような機能の良いものを使ったり、聞こえを改善させると改善させるほど、気になりやすい特定の音を抑える機能などが入っていると、入っているほど、金額は上がってきます。

補聴器の場合、基本部分である音を調整し、耳を補う(耳を聞こえる様にする)。という機能はどの補聴器にも搭載されています。ですので、どの補聴器でも聞こえにくさを補う。ということはできるようになっています。

いい値段のものとそうでないものの違いは、聞こえを補った後の騒がしい環境でなるべく聞きにくくならないよう支援してくれたり、聞こえるようになった後に気になりやすい音を抑制する機能があるか、ないか、または、優れているか、そうでないかになります。

高い補聴器じゃないとちゃんと補えないのではないかとご心配な方もいますが、どのような機器でも今現在は、それなりにちゃんと補えるようになっています。

バイクロス補聴器の性能、3点

では、具体的にどのような機能があるのでしょうか。基本的には

補聴器の性能は、いくつかあるが、大きく分けると、この3つに分かれる。

補聴器の性能は、いくつかあるが、大きく分けると、この3つに分かれる。

この3点になります。

音を調整するチャンネル

こちらは、補聴器を調整する際に重要になるチャンネルというものです。

こちらの赤で囲まれている部分ですね。いくつか数値が書いてありますが、数値の数が多いと多いほど、細かく調整できるようになります。

チャンネルは、補聴器で聞こえを改善させる際の核となる部分。ただ、最近は、グレードが下のものでも、それなりにちゃんと改善できる様になってきた。

チャンネルは、補聴器で聞こえを改善させる際の核となる部分。ただ、最近は、グレードが下のものでも、それなりにちゃんと改善できる様になってきた。

例えば、これが8chですが、8chですと、調整の部分が8つに分かれています。この調整の数をチャンネルと言います。20chであれば、20個分かれており、8chであれば、8個、分かれています。

このチャンネルが影響するものは

  • 基本の改善目標値までちゃんと改善させる
  • 気になる音を下げる際に極力、そこだけ下げやすい

の2つです。音を上げ下げする理由は、上記の2つの内、どちらかの理由によるものが多いです。聞きにくいので上げる、もしくは、気になる音があるので下げる。ですね。

その際、チャンネルの数が多いとそこだけ上げる。そこだけ下げる。というのがしやすくなります。

▲が補聴器あり、赤い▲が、補聴器で聞こえを目指せると良い数値。横に並んでいるものは、目標まで出ており、▲が下にあるものは、足りない状態。この様に確認すると、どこが足りており、どこが足りないかがわかる。そして、チャンネルの数が多いと、その足りていないところだけを補ったりするのがしやすい。

▲が補聴器あり、赤い▲が、補聴器で聞こえを目指せると良い数値。横に並んでいるものは、目標まで出ており、▲が下にあるものは、足りない状態。この様に確認すると、どこが足りており、どこが足りないかがわかる。そして、チャンネルの数が多いと、その足りていないところだけを補ったりするのがしやすい。

例えば、上記のように補聴器を調整している際、一部だけ、改善目標値まで上がっておらず、あげたほうが聞きやすくできるかもしれない。という場合は、細かく調整できるものですと、その部分だけをあげやすくなります。大雑把なものだと、それ以外も含めて増幅してしまう。ということが起こります。

このようなことができるのが良い補聴器の利点です。ただし、この部分は、人によるのですが、ほとんどの人は、12chくらいあれば、個人的には、いいとは思います。上記の改善目標値も、確認する部分は、8個(250Hz、500Hz、750Hz、1000Hz、1500Hz、2000Hz、3000Hz、4000Hzの8つ)ですので、そこまで多くは必要ありません。

聞こえているところと聞こえにくくなっているところで聴力が大きく差がある方など特殊なケースでない方は、調整するチャンネルの数だけでいうと、12ch以上は、そこまで大きく変わる要素ではありません。それ以上の性能のものは、音を抑制する機能だったり、騒がしい中での聞こえの支援の力の方が、変わります。

騒がしい中での聞き取りをなるべく低下させない機能

こちらは、主に指向性と呼ばれるものです。

指向性のイメージ。全部の方向から音を拾うのではなく、人が会話をする際には、前を向いてお話しする習性を利用し、聞く範囲を絞って改善させるやり方を指向性と呼ぶ。

指向性のイメージ。全部の方向から音を拾うのではなく、人が会話をする際には、前を向いてお話しする習性を利用し、聞く範囲を絞って改善させるやり方を指向性と呼ぶ。

全部の音を聞くのではなく、聞く範囲を狭めることで、その方向からの音を中心的に聞くようにしたものです。今現在のものは、それよりもさらに向上し、声にフォーカスして、聞くようになってきました。それにより、騒がしくてもなるべく聞きにくくならないように支援してくれます。

この機能は、確かにあると、騒がしい中でも阻害されにくくはなるのですが、それでも聞きにくくなってしまう時は、あります。全体的に支援はしてくれるのですが、どのようなところでも改善するわけではありません。ですのであるに越したことはない機能ではあります。

そして、その機能の性能はグレードにより、大きく変化します。

なお、補聴器によっては、ないものも存在します。例えば

こちらは、ない状態です。こちらの場合は、自分の耳という指向性を使うため、ない状態になります。

バイクロス補聴器には、他に両耳とも耳あなのタイプがありますが、こちらはあります。こちらは、自分の耳+機器の指向性も使うタイプになります。

快適性を上げる機能

最後は、快適性を上げる機能です。

快適性を上げる機能には、主にこちらがあります。これらは、補聴器が音響機器であることから、なるべく欠点や不当に感じやすい部分を軽減させるための機能になります。

補聴器を装用すると起こる変化は、上記のような状態になります。聞こえるようになるのは、良いのですが、一部、音響機器だからこそ感じる部分があります。それが、②の部分です。

例えば、少し騒がしい環境になると、サーっという音やザワザワ……とした音がしたり、風がマイクに当たるとザーッと大きな音がします。

これは、別の機器、例えば、ボイスレコーダーでも同様の症状が出たりします。何かザワザワした音が常に聞こえていたり、少し物音が大きく感じたり、様々です。

また、風の音がマイクに当たったりすると結構な音量で聞こえます。携帯電話でお話する際、風が強いとザーザー聞こえて、相手が何を言っているのかわからない。ということが起こりますが、それは、補聴器にも起こります。

このように補聴器は、音響機器ならではの欠点もあります。

それらを軽減するのがこの快適性を上げる機能になります。性能が上がると上がるほど、抑制する機能が強くなったり様々な抑制機能がつき、快適性をあげてくれます。

この主な内容は

  • 暗騒音を軽減する機能
  • 風の音を抑制する機能
  • 突発的な大きな音を抑制する機能
  • 反響音を軽減する機能

の4つがあります。

暗騒音を軽減する機能

暗騒音とは、補聴器をつけると、なんとも言えないような音が常にしているような感覚で聞こえる音です。ザワザワ……、サーッという音で、慣れてくると、その音がしていても気にならなくなったりするのですが、つけ初めは、特に感じやすい音です。

この感覚は、音声の聞き取りを邪魔することもあるため、今現在の補聴器では、なるべく抑制し、邪魔されない様にしています。

価格が上がると上がるほど、大雑把に抑制するのではなく、ノイズとわかるところだけ抑制したりすることができ、誤まって音声も一緒に抑制する。というのが無くなります。抑制の精密さがグレードによって変化します。そのため、グレードが上なものほど、自然に聞こえる。という評価が多くなります。

なお、たまに車の音や周囲の音を抑制するという様におっしゃる方がいますが、車の音を消したり、周囲の音を消すことはできませんので、ご注意ください。

風の音を抑制する機能

こちらは、そのままですが、大きく聞こえやすい風の音を抑制する機能です。こちらが入っていると、風がマイクに当たったりしても、大きい音で聞こえず、抑制して聞こえ、快適性を上げることができます。

難点としては、この機能は、高額な補聴器からしか入っていないことです。ビジネスクラスからしか入っていないため、それなりに高価になってしまう点ですね。

突発的な大きな音を抑制する

補聴器の欠点の一つは、この突発的な大きな音が気になりやすいことです。その時にびっくりすることもあります。例えば、ドアをバタンッ!と閉めた音や、食器同士が当たって、ガチャガチャうるさかったりすると、人によっては、結構、きつい感覚になったりします。

それらを抑制してくれるのが、この機能です。この機能の効果は、それなりにあるのですが、価格も高価になります。基本的にビジネスクラス以上に搭載されるため、その点が欠点ですね。

反響音を抑制する機能

最後は、この反響音を抑制する機能になります。補聴器は、特定の部屋の中や反響しやすいところですと、音が二重に聞こえたり、音の輪郭が掴みづらくなり(言葉がぼやける様な感覚ですかね)、よくわからなくなることがあります。それをなるべくさせない様にするのが、この機能です。

反響音と言いますか、機械っぽい感覚も軽減されるため、人によっては、補聴器から聞こえる音がより自然になる。と表現する方もいます。ですので、個人的には、狙った意図以外でも評価されることがある機能だという印象があります。

この機能は、現在、一番上のランクにしか搭載されていないため、高額になるのが唯一の欠点ですね。

バイクロス補聴器の性能のまとめ

バイクロス補聴器に関する性能に関しては、上記の通りです。重要なのは、性能は、聞こえを上げるためのものというよりは、聞こえを改善させた際に起こりやすい、周囲の音を抑制したり、聞きにくくなりやすい部分をなるべく聞きにくくならない様に支援してくれる機能を性能と呼んでいるところです。

この機器で聞こえを改善させる場合は、ちゃんとご自身の聴力から必要となる改善目標値までちゃんと音を入れることが一番重要です。その点に関しては、今現在、ほとんどの補聴器でできる様になってきていますので、その部分は、性能とは、少し異なります。

そして、聞こえを補うと、周囲の音や様々な音が聞こえる様になるのですが、その音の部分を抑制してくれたり、聞きにくくなりやすい部分で支援してくれるものが性能。となります。

なお、おそらくこの部分だけを見てもよくわからないのが正直なところだと思います。ですので、実際には、補聴器を試聴しながらこれらの内容を理解するとよりわかりやすくなります。試聴してみて、どんな風に感じるのか。そして、どう聞こえが改善されるのか。それをグレード別に体験してもいいですし、上記の表を見ながら、どんな感じなのかを、感じるのも良いでしょう。

一つアドバイスするとしたら、自分の感覚である主観的な評価と機能的な評価である客観評価。この2つを組み合わせると、なんとなくですが、自分の中で基準や感覚がわかってきます。それらがわかる様になると、選びやすくなります。

実際には、金額の面もありますので、その部分も考慮しながら考えていく必要はあるのですが、主観と客観。その2つを見比べながら選べると、自分にとってあう補聴器は、探しやすくなります。

ということで、こちらが参考になれば幸いです。