【聞こえない方に人が来ても怖くなく】突発性難聴により聴力低下した方、クロス補聴器で改善


30代、女性。数年前に突発性難聴になり、右耳が聴力低下してしまい、当時、治療を行うものの、残念ながら聴力は改善せず、片耳が聞きにくい状況となってしまいました。

聞きにくいことにより、気がつかず、他人から見たら、無視したように思われたり、それにより、少し気まずいことになってしまったりなど、聞きにくいことで、様々な部分で不便を感じるようになり、改善のご相談をいただきました。

ご相談の結果

  • 聞きにくい側から話されても、わかることが増えてきた
  • 聞こえない方に人が来ても怖くなくなった
  • 少し騒がしいところくらいなら、聞こえることが増えてきた

とのことでした。聞きにくさが減り、かつ、聞こえない側に人が来たとしても、怖さがなくなって本当に何よりです。

では、どの様に改善させていったのでしょうか。こちらに関して記載していきます。

お客様の状況

まず、お客様の状況ですが、

  • お名前:K・Kさん
  • 年齢:30代
  • 性別:女性
  • 聴力:左耳、中等度難聴
  • 症状:突発性難聴により、聴力低下(2007年、発症)
  • 備考:治療したけれども残念ながら改善せず

この様になります。

聴力の重さは、中等度の難聴になります。中等度の耳といっても、音声がわかりづらくなる聴力のレベル(対面での会話が、ほぼ半分わかるか、わからないかくらいです)にはなりますので、実感としては、結構わかりづらい状態です。

現状に関してお伺いしてみますと、片耳のみ聞こえにくいことで、そちらからの呼びかけに気がつきにくく、呼ばれていても気がつかなかったり、周囲が騒がしくなると、途端に聞こえにくくなってしまうため、特に仕事の場で困ることが多い。との事でした。

基本的に片耳のみ聞こえにくい場合は、これらの部分が当てはまったりするのですが、全部、当てはまるとのこと。そして、特に②と③に困るとのことで、状況を改善させていくことになります。

改善の方法

結論から言いますと、クロス補聴器で改善させて行くことにしました。

まず、片耳のみ難聴の方は、

  • 補聴器で聞こえを改善させる
  • クロス補聴器で改善させる

の2つの選択肢があります。耳の状況をそのまま活かせるのであれば、補聴器で改善させ、残念ながらそれができない場合は、クロス補聴器という少し変わった機器で、改善させていきます。

補い方に関しては、聴力によっても異なる。完全に聞こえないレベルまで低下している場合は、補聴器は無理だが、まだ補えるレベル(60〜65dBくらい)は、補聴器での適合例もある。

補い方に関しては、聴力によっても異なる。完全に聞こえないレベルまで低下している場合は、補聴器は無理だが、まだ補えるレベル(60〜65dBくらい)は、補聴器での適合例もある。

聴力をみてみると、補聴器で改善できる範囲内ではあるのですが、

しかし、仮に補聴器で補うのであれば、音を入れた時にどれほど理解力が得られるのか。が重要になる。その数値が低いと、補聴器をつけても効果は薄くなる。測定の結果、どうも低いことがわかり、クロス補聴器へ。

しかし、仮に補聴器で補うのであれば、音を入れた時にどれほど理解力が得られるのか。が重要になる。その数値が低いと、補聴器をつけても効果は薄くなる。測定の結果、どうも低いことがわかり、クロス補聴器へ。

問題は、音声を理解できるレベルは、どのくらいか。という部分です。突発性難聴は、感音性難聴の一種ですので、音が聞こえにくくなる部分に加え、音声の理解がしにくくなる。という部分も発生します。

この数値は、人によって異なるため、音声の理解度がどのくらいあるのかを人それぞれ見る必要があります。K・Kさんの場合は、この測定結果と行なった感想を聞きますと、正解しているところも聞こえたというよりも当てずっぽうで、かつ、理解できる。という感覚が、あまりないようでした。

それらのことから、補聴器で補うのは、ほぼ効果が見込めないと考え、クロス補聴器で改善させていくことになります。

実際に行なった事

実際に行なった事ですが、いくつかに分けて記載していきます。

初回にした事

初回にご来店いただいた際にしたのは、状況の確認〜補聴器の試聴です。耳のことをお伺いしながら、上記の測定を行い、補う方針に関して決めていきました。補う方針というのは、補聴器で補っていくのか、クロス補聴器で補っていくのか。という部分ですね。

耳の状況を説明後、改善に関しては、最も効果が見込めるクロス補聴器で改善していくこととなります。K・Kさんに関しても、耳の状況的にクロス補聴器をやってみたいとのことでしたので、試聴から初めていくこととなります。

今現在の状況を確認しますと、騒がしいところでの聞き取りを重点に改善したいとのことで、このようなタイプから試聴してみることにしました。

幾日か試聴した結果ですが、

  • 騒がしいところは、厳しいこともあるが、聞こえることも増えた
  • 聞こえない側から話される怖さが減った
  • 周囲がうるさくなければ、聞こえることが増えた

とのことで、色々とクロス補聴器に関して、考えていくことになります。

クロス補聴器の形状選定

補聴器に関して選んでいく場合、形状の部分を決めていく必要があります。

クロス補聴器には、主に上記の3つがあります。両耳とも耳あなタイプは、K・Kさんの場合、聞こえる耳側が聞こえにくくなってしまうため、選択肢としては、無しにし、それ以外のもので選んでいきます。

初めにこのタイプを試聴しましたが、こちらのタイプの特徴としては、

クロス補聴器の中では、全体的に改善できる傾向があるのが、このタイプの特徴。特にクロス補聴器の場合、騒がしい中が厳しかったりするのだが、まだ、こちらの方が改善できる傾向がある。

クロス補聴器の中では、全体的に改善できる傾向があるのが、このタイプの特徴。特にクロス補聴器の場合、騒がしい中が厳しかったりするのだが、まだ、こちらの方が改善できる傾向がある。

になります。あくまでも聞こえの効果の補足ですが、お客さんからの評価を聞きますと、このような傾向を感じます。

その次に、比較として、こちらを試聴しました。両方とも耳にかけるタイプですね。

複数の方とのお話の体感は、3.5くらい。両耳とも耳かけのタイプは、音を拾う範囲が広いのか、聞こえる感覚はあるものの、逆に音を拾いすぎる感覚もある。それ故、騒がしいところでの聞き取りは、少し低下しやすい。

複数の方とのお話の体感は、3.5くらい。両耳とも耳かけのタイプは、音を拾う範囲が広いのか、聞こえる感覚はあるものの、逆に音を拾いすぎる感覚もある。それ故、騒がしいところでの聞き取りは、少し低下しやすい。

聞こえの特徴としては、このような状況になります。実際に使っていただくと

  • 後ろから聞こえる感覚が結構ある
  • 前の声が耳あなクロス、耳かけ補聴器に比べ、入りにくい
  • 静かなところや音が多くなければ聞こえる感覚はある

とのことでした。

職場が少し騒がしいことと、全体的な聞きやすさの評価をすると、耳あなクロス、耳かけ補聴器の方が良いとのことで、こちらに決定になります。

最終的な決定

さて、最後ですが、実際には、耳あなクロス、耳かけ補聴器のタイプには、

形状の大きさが2つあります。電池の寿命をとるか、扱いやすさをとるか。という部分になるのですが

最終的には、大きい方を選択され、扱いやすさを重視されました。

こちらで決定です。

お客様の声

実際にご相談いただいて、どうだったのか。その点に関してお客様に聞いてみました。

どのようなことでお困りでしたか?

実際にクロス補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか?

実際のアンケート

ご協力ありがとうございます。完全に改善することは難しい点は申し訳ないのですが、少しでもよくなり、かつ、聞こえない方に人が来たとしても、怖くなくなったのは、非常に良いことかなと、感じます。

片耳のみ聞こえにくいと、無視している訳ではないのに関わらず、そのように見られてしまう。いわゆる誤解が多くなってしまうのですが、耳が聞こえにくいなどは、外見ではわからないため、どうしてもそのような傾向があります。

自分としては、そのようなことをしたつもりはなくてもそのように取られてしまうと、人間関係も少しかわってきてしまいますので、その点が辛いところですね。中には、精神的なストレスがすごくかかるとも聞いていますので、私が想像している以上に、そのような部分を気にしている方は、多いと思っています。

そのような誤解を少しでも軽減できたり、気にすることがなくなるというのは、すごい大きなことだと思っています。それらの部分で貢献できたのであれば、こちらとしては、何よりです。

突発性難聴の方の改善、まとめ

今回のケースに関しては、耳の状況を確認し、クロス補聴器の方が良いと考え、改善していきました。実際には、上記のような聴力でも、補聴器を使うケースはあるのですが、音声を理解する力が数値以上に低下している傾向があったため、クロスで改善させています。

突発性難聴になった場合は、聴力もバラバラですし、耳の状況も様々です。ですので、耳の状況を把握しながら、良い選択をしていく必要があります。

アンケートでもご記入いただいたのですが、全てが良くなった訳ではありません。特に周囲が騒がしいと、どうしても音声の部分がかき消されてしまうような状態になりやすく、理解する。という部分は、少なくなってくる傾向があります。

しかし、それでも聞きやすくなる部分はあり、例えば、呼びかけに気がつきやすくなったり、隣に人が来ても気がつくことが増えれば、自ずと、ご自身にも自信を持つようになってきます。そして、誤解も少なくなると、精神的なストレスも軽減されてきます。

全てを改善できた訳ではないのですが、それらの部分は、より良くすることができ、できる限りの改善ができたのは、こちらとしては、幸いでした。

ということで、こちらが参考になれば幸いです。