購入する前に知っておきたいクロス補聴器の寿命と買い替えの注意点


クロス補聴器について、お考えの場合、実際にどのくらい使用できるのか。という部分に関しては、気になることだと思います。

はじめに結論から申し上げますと、基本的な使用年数は、5年前後になります。そして、補聴器の場合、壊れたら、そのまま新しいものを買う……という訳ではなく、修理して使い続けることができる製品です。

そのため、修理が中止になる頃が、補聴器の本当の寿命になります。それ以上、使い続けることが難しくなる時期といえばわかりやすいかもしれません。

今回は、こちらに関して、まとめていくと同時に故障しにくくする事や新しいクロス補聴器に変える際の、注意点に関してもまとめていきます。

補聴器は、修理中止時期が寿命

冒頭に記載しました通り、クロス補聴器の平均使用年数。この場合の使用年数とは、次の補聴器に変えるまでの年数で、こちらは、5〜6年になることが多いです。

実際には、この数値は、一般的な補聴器の使用年数になりますが、クロス補聴器も一般的な補聴器と変わりありませんので、同等に見ていただいても良いかと思います。

そして、ここからが重要ですが、補聴器は、修理ができる機器になります。そのため、修理ができなくなる時が、補聴器の寿命になります。

修理ができなくなる時期は、対象となる製品の発売中止から、5年間後になります。例えば、クロス補聴器を購入して、2年後に販売中止になった場合、2年+5年(修理保証期間)で、最大、7年間、修理し続けられるようになります。その場合は、7年後の修理そのものができなくなった時が、寿命になります。

新しいものに変えるタイミング、時期は、人によって異なり、平均的すると、5〜6年が多くなります。

実際には、聞こえにくさを改善できるなら、新しいもの、新製品をお求めになる方もいますし、今のクロス補聴器を長く使用したい。という方もいますので、短い方もいれば、長く使用する(6〜7年の使用)という方もいます。

このような現状ですので、平均すると5〜6年、になります。

少しわかりづらくて申し訳ないのですが、平均使用年数と本当の意味での寿命。というのがありますので、この点を理解できると、ご自身が使いたいようにクロス補聴器を使うことができるようになります。

少しでも長く保たせるためには?

クロス補聴器は、そんなにお安いものではなく、ポンポン買えるものでもないため、できるなら、良い状態で長く使用したい、という方もいらっしゃるかと思います。

少しでも長く保たせる場合、注意したいのが、故障で、その原因となるものは、過失か汗や湿気になります。

過失は、自分が踏んでしまったり、落としてしまったり……という過失の部分です。男性の場合は、ポケットにクロス補聴器を一時的にいれて、そのまま洗濯してしまった。みたいな事もあります。

それ以外には、機械ものなせいか、汗や湿気、というものにクロス補聴器は、かなり弱い状態です。

そのため、販売店さんによっては、このような簡易的な乾燥ケースを購入時につけてくれたりします。こういった乾燥剤、もしくは、補聴器専用の乾燥ケースがあったりするのですが、それを活用し、なるべく汗のダメージ、湿気のダメージをクロス補聴器に残さないことができると、その分、壊れにくくなり、保ちやすくなります。

それでも壊れてしまうときは、壊れてしまうのですが、故障の回数を少なくしたり、一回一回の保ちは、よくなります。敷いては、それが、寿命を長くすることにも繋がります。

MEMO
クロス補聴器は、どちらかというとクロス側の方が壊れやすく、かつ、修理の際も高額になりがちです。保たせるという事も必要ですが、なるべく両方ともケアして、良い状態で使用できると、寿命を延ばす事にも繋がります。

買い替え時の注意点

こちらは、あくまでも買い替えの際に注意しておきたいことについてまとめていきます。それは、【できれば故障前、補聴器が動いている時に買い替え相談をする】、こちらになります。

クロス補聴器を含む、補聴器は、買い替えの際、良くも悪くも聞こえの感覚が変化します。補聴器の種類や機種を変えると、聞こえ方というのは、結構、変わったりします。

その変わる、というのが良い方向に進めば良いのですが(聞こえる感覚が今までより楽になった、よく聞こえるようにんなった気がするなど)、一定数、悪い方向へ進むことがあります。例えば、変えると今までの音より響いて聞こえてしまう、聞こえるようになったことで、周囲が騒がしい。などです。

新しく補聴器を変える場合、今現在のクロス補聴器より、少なからず、高性能の補聴器を使うことになります。高性能の補聴器は、良くも悪くも聞こえを改善してくれますので、今まで以上に様々な音が聞こえやすくなります。

その効果は、音声の聞きやすさに繋がったり、時には、周囲の物音の聞きやすさにも繋がります。そして、人によっては、聞こえすぎてしまい、騒がしく感じたり、思っていたような聞こえではない。というような状態になる事もあります。

特に長年使っていたクロス補聴器の音に耳が慣れてしまっている事もあり、新しい音は、良くも悪くも自分にとっては、変わった音に感じます。

そのようなことがありますので、購入して、5〜6年くらい経過した頃に相談できると、仮に補聴器そのものが合わなくても、時間をかけて、合わせられるようにできたり、徐々に新しいクロス補聴器に慣れる時間が取れるため、スムーズに行きやすくなります。

一番避けたいのは、故障してしまい、7〜8年、年数が経過しているので、買い替えよう。というケースです。

このような時に仮に試したクロス補聴器が合わなかった場合は、合う期間まで、合わない補聴器を使い続けることになりますので、負担がかかりやすくなります。

どのようなケースでもクロス補聴器を買い替える際にスムーズにいくのでしたら、ご自身のタイミングで良いとは、思うのですが、中には、変えてみたら、あまりうまく行かなかった。というケースも体験しています。

そのため、なるべく今現在、使っているクロス補聴器が動いているうちに相談して、その動いている補聴器を活用しながら、徐々に新しい方へ移行する事が、一番良い方法なのかなと感じます。

この点が買い替えの際の注意点です。

まとめ

クロス補聴器は、修理ができる機器ですので、修理が中止、できなくなった頃が、寿命になります。クロス補聴器の平均使用年数は、5〜6年で、この周期で、新しいものへ変えていただいている事が多いです。

この年数は、だいたいこのくらい経過すると3世代、下手すると4世代くらい先の機器が出ており、今現在の聞こえをより改善させる事が可能になるかもしれない事、そして、修理そのものができなくなる時期が近づいている事、この2つにより、買い替える事が多くなります。

買い替えの際は、できればではありますが、今までの補聴器が使えるうちに行った方が、スムーズに行きやすくなります。そして、今までの補聴器は、予備で持っていただき、何か異変が起きた際や使っているものの様子がおかしくなった時、用に持っておき、使用できる状態にしておけると、仮に自分が困った際に使う事ができ、より困る事が少なくなります。

補聴器の使用年数は、だいたい5〜6年です。ただ、長く使おうと思えば、修理対応年数までは、使用できます。これが、クロス補聴器の寿命です。

クロス補聴器をより知りたい方へ

こちらは、クロス補聴器についてより詳しく知りたい方へ向けたクロス補聴器に関する内容をまとめたリンク集です。見たいところからご覧ください。

片耳のみ難聴の方が気になりやすい補聴器の金額や耳の事、そして、よく質問いただく内容に関しては、【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答にまとめています。

【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答

また、片耳のみ難聴の方を改善したお客様の症例解説ページもご用意していますので、お悩みの方は、参考にしてみてください。

お客様の症例改善解説ページは、こちら
聞きにくさの改善方法から補聴器の選定まで、実際にお客様の聞こえを改善させた解説付き症例集は、片耳のみ聞こえにくい方を良くさせた症例改善集(改善解説付)、にまとめています。

また、お客様の聞こえを改善させた例、全体は、お客様の症例改善解説ページにまとめています。

クロス補聴器の対象者から基本や効果について

クロス補聴器の種類や性能を理解する

クロス補聴器を使用する時に知りたい事

クロス補聴器の音の調節について

クロス補聴器、購入前に気になる事

クロス補聴器を購入した後は?

こちらが、聞きにくさやお悩みの改善にお役に立てば幸いです。