クロス補聴器の使い方とスムーズに使うために覚えておいたほうが良い事


クロス補聴器を試聴する際や使う際ですが、基本的にできることや電池のアラームに関して、覚えておくと、補聴器を活用しやすくなります。

そして、使い方によっては、聞こえの部分に影響する事もありますので、その部分を含めて載せていきます。

こちらでは、初めてクロス補聴器を使用する方のために、覚えておいた方が良いことをいくつか記載していきますので、理解しつつ、クロス補聴器を活用して、聞こえをより良くしていきましょう。

クロス補聴器の基本的な使い方

クロス補聴器は、

このように補聴器とクロス、の2つを使用して聞きにくさを改善していく機器になります。

操作について覚えることは、

  • クロス補聴器の付け方
  • 電源の入れ方と電池の交換
  • 音量や音の変え方

の主に3つしかありません。

操作方法に関しては、厳密には、クロス補聴器の種類によって少し異なるのですが、一般的な耳にかけるタイプで説明を行なっていきます。

クロス補聴器の付け方と聞こえを改善させるためのポイント

基本的に今現在のクロス補聴器は、補聴器側は、必ず、耳にかける物を使用します。

小さいタイプは、耳の裏に隠れてしまうため、少し見辛くなります。

小さいタイプは、耳の裏に隠れてしまうため、少し見辛くなります。

それをつけた状態がこちらです。耳の上に乗っており、少しみづらいのですが、装用されている状態です。

ポイントは、耳に補聴器本体を掛けてから、耳の中にイヤホンを入れていくことです。

補聴器の先端は、このようになっており、この部分は、耳に掛けた後に入れる方が装用しやすくなります。そして、ここをしっかりと耳の中に入れる事が大切です。

この先端から、音が出ていますので、耳の中にしっかり入れられると、そのまま、聞きにくさの改善に繋がります。

なお、ここでもしできるのであれば、このスポーツロックもつけることをオススメします。

こちらは、耳の中に入れたイヤホンを耳から抜けにくくしてくれるものです。クロス補聴器の音は、このイヤホンから出ているため、これが耳から抜けてきてしまうと、抜けた分、聞きにくくなります。

そして、耳の中は、口を動かしたり、話したり、噛んだりすると、自然と動きますので、耳から徐々に抜けてきてしまいます。

その抜けてくるのを防止するのが、スポーツロックです。これがあると、クロス補聴器の聞こえを安定させることにつながるため、聞こえを改善させる際には、あるとベストです。

ただ、人によっては、あるとクロス補聴器そのものを付けづらくなったりしますので、そのようなケースは、外した方が良かもしれません。

しかし、使えるのであれば、この部分もしっかり行うことで、聞きにくさの改善をより効果的に行えるようになります。ちょっとしたことですが、ここは、かなり重要な部分です。

MEMO
スポーツロックおよび、イヤホンを耳の中にしっかり入れる事は、あくまでも補聴器側の方になります。クロス補聴器は、補聴器側(聞こえる耳側に装用する機器)とクロス側(聞こえない耳に装用する機器)の2つがあり、上記の内容は、この補聴器側に関する内容です。クロス側は、固定さえできれば、どのような状態でも大丈夫です。

電源の入れ方と電池の交換のポイント

クロス補聴器は、どの種類も簡単に操作できるようになっています。

電源に関しては、電池が入っている部分があり、電池を入れると電源ON、電池を切ると電源OFFに直接、繋がっています。

赤い丸の部分の蓋をしめると電源ON、蓋を開けると電源OFF

赤い丸の部分の蓋をしめると電源ON、蓋を開けると電源OFF

クロス補聴器を使用しない時や夜寝る前など、使わない時は、このように切っていただくと電池に関しては、効果的に使用することができます。

電池の交換は、初めは、少しわかりづらいのですが、電池には、このような平らな面と

このように平らではない面があります。

平らな面を上にし、そのまま電池を入れれば、交換完了です。たったこれだけで、交換ができます。

交換の目安ですが、今現在の補聴器は、電池がなくなってきますと、アラームを鳴らしてくれます。そのアラームが聞こえたら、交換の合図です。

交換のアラームが聞こえたとしても、使い続けることはできますが、なるべくそのまま交換してしまった方がベストです。

無理に使い続けますと、ある時、ばったり、聞こえなくなりますので、アラームが聞こえたら、なくなりかけている事を理解し、聞こえているうちに交換した方が、困ることは、少なくなります。

MEMO
電池のアラームは、だいたい聞こえなくなる約30分前くらいを目処に聞こえるようになっています。そのため、なったからといってすぐに消えるわけではありません。ただ、電池がなくなりかけているのは、事実ですので、聞こえているうちに交換した方が、活用しやすくなります。

音量や音の変え方

クロス補聴器は、自分で音量を変えることもできます。

こちらは、設定の一つですが、音量を操作する設定のものです。

操作する場所は、このような部分にあり、右側と左側で音を変化させる物が異なったりします。※フォナックの補聴器だけかもしれません。

音の設定に関しては、販売店や病院さんによって異なりますので、細かい内容は、そちらで伺えると良いでしょう。

こちらも知っておくと、試聴や使う際に自分なりに音を変えられるようになりますので、結果的に、自分なりにクロス補聴器を使えるようになり、活用しやすくなります。

クロス補聴器の電池アラームの注意点

さて、先ほど、電池に関して記載しましたが、クロス補聴器の場合、片耳で全てを聞いている状態になります。

補聴器側の電池アラームもクロス側の電池アラームもどちらも聞こえる耳側につけている補聴器から聞こえます。

そのため、補聴器側がなくなった時の電池アラームの音とクロス側がなくなった時の電池アラームの音は、違う音がします。同じ音だと、どちらがなくなったかわからなくなってしまうためです。

デモという欄で、実際のアラームの音を聞くことができるようになっています。これで一度、聞いておくと、理科しやすくなります。

デモという欄で、実際のアラームの音を聞くことができるようになっています。これで一度、聞いておくと、理科しやすくなります。

こちらに関しては、使うクロス補聴器の種類によって異なりますので、お店の人に伺えると良いです。こちらは、補聴器そのものを調節するパソコンの画面なのですが、補聴器を接続すると、実際にアラーム音は、どのような音がするのか。を聞くことができます。

こちらで予め、聞けると、どちらがなくなったのか。が、判断しやすくなります。

ただ、基本的にクロスの方が電池の消費は、多く、補聴器側の方がまだ保ちやすい状態です。ですので、クロスの方が交換の頻度は、高くなります。

細かい点ですが、理解しておくと、使いやすさが上がりますので、ここも重要なポイントです。

まとめ

基本的には、上記の通り、クロス補聴器を装用する事、電池に関する事、音量を操作する事、の3つに感して、理解できていると、使いやすくなります。

重要なのは、装用の部分と電池のアラームでしょうか。装用は、しっかりできるとその分、聞こえの改善に繋がり、かつ、安定して改善させることができるようになります。

また、電池のアラームは、少し難しく、混乱しやすいのすが、予め理解しておけると、クロス補聴器そのものを活用しやすくなります。

補聴器そのものが活用しやすくなれば、様々なところで聞きやすくなりますし、聞こえるようになる事で、聞きにくことによるストレスの軽減、変な空気を作ってしまう事も少なくできます。

という事で、クロス補聴器の使い方とスムーズに使うために覚えておいたほうが良い事について、まとめてみました。少しでも参考になれば、幸いです。

クロス補聴器をより知りたい方へ

こちらは、クロス補聴器についてより詳しく知りたい方へ向けたクロス補聴器に関する内容をまとめたリンク集です。見たいところからご覧ください。

片耳のみ難聴の方が気になりやすい補聴器の金額や耳の事、そして、よく質問いただく内容に関しては、【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答にまとめています。

【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答

また、片耳のみ難聴の方を改善したお客様の症例解説ページもご用意していますので、お悩みの方は、参考にしてみてください。

お客様の症例改善解説ページは、こちら
聞きにくさの改善方法から補聴器の選定まで、実際にお客様の聞こえを改善させた解説付き症例集は、片耳のみ聞こえにくい方を良くさせた症例改善集(改善解説付)、にまとめています。

また、お客様の聞こえを改善させた例、全体は、お客様の症例改善解説ページにまとめています。

クロス補聴器の対象者から基本や効果について

クロス補聴器の種類や性能を理解する

クロス補聴器を使用する時に知りたい事

クロス補聴器の音の調節について

クロス補聴器、購入前に気になる事

クロス補聴器を購入した後は?

こちらが、聞きにくさやお悩みの改善にお役に立てば幸いです。