クロス補聴器を使っていて影響を受ける機器とその対策


クロス補聴器は、精密機器で補聴器ともあり、いくつかの検査機器に引っかかったり、影響を受けたりします。

中でも注意が必要なのは、MRIになります。こちらを行う際に、補聴器を使用していると、壊れてしまいます。それ以外にも壊れる事はないにしても、ノイズが聞こえたり、影響を受ける機器があります。

こちらでは、使っていると影響を受ける機器をまとめると共にその対策に関して記載していきます。

クロス補聴器を使っていく場合は、これらのものに注意して使っていきましょう。

クロス補聴器が影響を受ける機器

クロス補聴器を含む、補聴器ですが、いくつかの検査機器、もしくは、機器に反応することがあります。

それは、

  • MRI
  • 防犯ゲート類
  • 空港の持ち物検査(金属探知機)

などが当てはまります。この中で特に気をつけなければならないのは、MRIになります。

MRI

MRIは、脳の状態を見る時に使われたりする検査機器で、MRIを使った検査を行う場合、クロス補聴器は、必ず外す必要があります。

MRIで検査をする際、強い電磁波を使ったりするのですが、電磁波により、金属類がMRIにくっ付いてしまい、そのまま壊れてしまうか、取れなくなることがあります。

検査を行う前に何らかご説明があるとは思うのですが、覚えておいたほうがいいでしょう。

なお、MRIに限らず、病院で身体の検査をする際は、予めクロス補聴器を外しておくか、つけている事を申し出て、つけたままでも大丈夫か、伺った方が、病院さんにとっても、ご自身にとっても良い状態にできます。

防犯ゲート

クロス補聴器は、防犯ゲートのような磁場を発生させるような機器に関して影響を受けます。一時的に、ノイズがするのですが、これは、仕様で、これのせいで壊れる事はありません。

私自身も補聴器をつけているのですが、防犯ゲートを潜るたびにブーン…と聞こえたり、がガガガッ…と聞こえることがあります。

一般的なお店ですと入り口にあったりするのですが、大きいデパートだったりしますと入り口で突然、ノイズがしたりします。

そのような場合は、ほぼ防犯ゲートによるノイズですので、気にしなくても大丈夫です。

こちらは、このような音がする。という事を覚えておけば大丈夫です。

空港の持ち物検査(金属探知機)

MRIと少し似ているのですが、クロス補聴器も金属探知機に引っかかります。

そのため、空港で検査する際ですが、外して検査をする必要があります。こちらも覚えておきましょう。

とはいえ、こちらも事前に説明があるかと思いますので、その際に外せれば大丈夫です。

検査機器を受ける時の対策

上記のものを見ていただくと、防犯ゲート以外は、何らかの検査機器で測定をする際に影響を受けていることがわかります。

そのため、病院での検査を含む、検査類を受ける際ですが、できれば、クロス補聴器を使用している事を検査技師の方にお伝えできたり、話せるとベストです。

その際ですが「補聴器をつけているのですが、つけたままでも大丈夫でしょうか?」と伺えば大丈夫です。

仮に外すことになっても、大きめの声で話してもらえたり、色々と気遣ってくれる検査技師の方もいます。

片耳のみ難聴の場合は、状況によっては、そのままでも聞こえている可能性もありますので、あまり意味がないかもしれませんが、伝えておけると、お互いにとって意思疎通はしやすくなります。

私自身も補聴器を装用していますが、検査の際は、必ずお伺いしています。最近では、歯の治療の際、レントゲンを取ることになったのですが、その際にも、私の場合は、伝えて、調べる時だけ外すことになりました。

このようにクロス補聴器を含む、補聴器を使用している場合は、補聴器を使っている事をお伝えできるようになると、壊れたり、変になったりしなくなります。

まとめ

クロス補聴器は、数こそ少ないですが、影響を受ける機器がいくつかあります。特に病院で検査する機器は、影響を受けることが多々あるので、自分が補聴器を使っている事を言えるようになるとベストです。

それか、それらの際には、補聴器を外しておくか。の2つに一つになります。

防犯ゲートに関しては、謎のノイズがするため、初めは、びっくりするかもしれませんが、こちらは、仕様だと思い、使っていきましょう。

クロス補聴器を使うようになった場合、検査機器類には、気をつけていきましょう。

これから新しい検査機器も出てくる可能性がありますので、補聴器については、自分で伝えられるようになっていると、クロス補聴器に関しては、より有効に使えるようになります。

クロス補聴器をより知りたい方へ

こちらは、クロス補聴器についてより詳しく知りたい方へ向けたクロス補聴器に関する内容をまとめたリンク集です。見たいところからご覧ください。

片耳のみ難聴の方が気になりやすい補聴器の金額や耳の事、そして、よく質問いただく内容に関しては、【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答にまとめています。

【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答

また、片耳のみ難聴の方を改善したお客様の症例解説ページもご用意していますので、お悩みの方は、参考にしてみてください。

お客様の症例改善解説ページは、こちら
聞きにくさの改善方法から補聴器の選定まで、実際にお客様の聞こえを改善させた解説付き症例集は、片耳のみ聞こえにくい方を良くさせた症例改善集(改善解説付)、にまとめています。

また、お客様の聞こえを改善させた例、全体は、お客様の症例改善解説ページにまとめています。

クロス補聴器の対象者から基本や効果について

クロス補聴器の種類や性能を理解する

クロス補聴器を使用する時に知りたい事

クロス補聴器の音の調節について

クロス補聴器、購入前に気になる事

クロス補聴器を購入した後は?

こちらが、聞きにくさやお悩みの改善にお役に立てば幸いです。