書いている人の詳細

初めまして、このブログを書いている深井と申します。また、パートナーズ補聴器というお店の運営者です。

このブログは、生まれつき難聴で補聴器を使って生活している事、補聴器の販売を実際に行なっている事、この二つの視点で書いています(旧ブログ名・2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ)。補聴器の情報は、なかなかなく、インターネットで調べることが増えてきた今、補聴器に関して、しっかりと理解したい方へ向けて記載しています。

あくまでも私は、補聴器を販売する側の人間ですが、補聴器を販売するということは、聞こえにくい方をより良い生活を送れるようにすること。と考えています。

なお、今現在は、補聴器で聞こえを改善させることを中心に記載していますが、その内、それ以外のものも扱っていこうと考えています。私の目的は、単純で、聞こえにくい人がどのようにしたらより良い生活を送れるようになるか。その情報を出すことです。

そして「より良い生活を送れるようにすること」は、補聴器を販売する以外にもあります。それらを含めて、情報提供できればどんどんよくできるのではないか。そのように考え、ブログに関しては、書いています。

自己紹介

ということで、以下、自己紹介をしていきます。

運営者情報

  • 名前:深井 順一
  • 生年月日:1986年7月1日
  • 生まれ:静岡県静岡市葵区
  • 育ち:千葉県市川市北国分
  • 住んでるところ:お店(東京都墨田区)近辺

生まれは、静岡県になります。ただ、小学校1年生くらいまでしかおらず、あまり記憶がありません。父の転勤に合わせ、小学校2年生の頃に千葉県市川市北国分に引っ越し、そこからずっとそこ(千葉県市川市)にいました。

就職の際、初めは、東京勤務でしたので、実家(千葉県市川市)から通っていましたが、一時期、神奈川県の横浜の方にある勤務先に変更になり、横浜市の保土ケ谷区にも2〜3年ほど、住んでいたこともあります。

今現在は、東京でお店を運営していることもあり、お店の近く(東京都墨田区)に住んでいます。東京は知っているようで知らないところも多く、まだまだ探索がいがありますね。

耳について

私は生まれつきの難聴者ですが、耳については以下の通りです。

  • 病名:スティックラー症候群
  • 難聴:感音性難聴
  • 発見:幼少期
  • 通院:国立成育医療センター
  • 聴力:両耳とも中等度難聴
  • 備考:耳以外に視力低下、いくつかの関節症あり

私の場合は、スティクラー症候群と呼ばれる遺伝性の病気です。幼い頃に両親がなかなか言葉を発声しないことから、病院に行ったところ、難聴が発覚しました。

診断名としては、スティクラー症候群という遺伝性の疾患で、耳については感音性難聴ということでした。私の場合は、難聴以外にも骨の骨格異常や視力低下などもあるのですが、難聴以外は、気にしたことがありません。

現在の私の聴力

現在の私の聴力。典型的な中等度難聴。

聴力に関しては、このようになります。一般的な中等度難聴であり、補聴器がないと、会話が難しい状態です。補聴器は、小学2年生の頃からつけ、今現在に至るまでつけ続けています。

補聴器歴と使用している補聴器

小学2年生から補聴器を使用しているとなると、補聴器もいくつか使用しています。ここでは、私が使ってきた補聴器でも紹介します。

  • 小学2年生の頃:初めは耳あな形補聴器を購入(ワイデックス)
  • 小学5年生の頃:耳かけ形補聴器へシフト(ワイデックス)
  • 中学2年生の頃:オーティコンの耳かけ形を購入
  • 専門学生の頃:ワイデックスの耳かけ形補聴器を購入
  • 社会人:補聴器販売店にいたので、フォナックの補聴器を使用
  • 今現在:フォナックの補聴器を使用

となります。

補聴器には、主に耳の中に入れる耳あな形補聴器と耳かけ形補聴器の2つがあります。

耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。

耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。

こちらが耳の中に入れられる耳あな形補聴器。

耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。

耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。

こちらが耳にかけて使用する耳かけ形補聴器です。

私の場合、中等度の難聴ですので、どちらも対応が可能です。ただ、耳が飴耳ですので、初め耳あな形補聴器を使用していましたが、音が聞こえなくなる回数が多くなってしまい、めんどうに感じ、それ以降は、耳かけ形補聴器を使ってきました。

過去の自分の補聴器。自腹で買ったため、当時の価格で、45.6万也。

今現在は、自分が取り扱っているフォナック社の耳かけ形補聴器を使用中です。

補聴器の状態

補聴器は、形状以上に聞こえの効果、言い方を変えればどこまで聞こえを改善させているかの方が重要だったりするのですが、私の場合は、補聴器で改善できる限りの部分まで改善させています。

補聴器には、主に改善させる目標値が存在する。その目標値と補聴器をつけて聞こえている数値がこちら。見方は、オージオグラムと同じで、それぞれの周波数がどのくらい聞こえているのかを表し、上にあるとあるほど、聞こえやすい状態になる。

補聴器には、主に改善させる目標値が存在する。その目標値と補聴器をつけて聞こえている数値がこちら。見方は、オージオグラムと同じで、それぞれの周波数がどのくらい聞こえているのかを表し、上にあるとあるほど、聞こえやすい状態になる。

補聴器には、聴力レベルのように補聴器を装用した状態で、どのような聞こえなのか。それを調べる測定があります(音場閾値測定といいます)。私が補聴器を使って得られている結果は、上記の状態です。

補聴器は、聴力レベルによって改善できる数値や目指せる改善値が異なったりします。私の聴力に対して、目指せればよい改善数値は、赤の▲で表示されている部分です。そして、実際に改善させている数値は、▲の部分になります。

ほとんど同じ位置か、少し改善値が高い状態ですね。実際には、この測定結果と日常生活で使ってみて、周囲の音や様々な音がうるさすぎなければ良い状態になります。

私の場合は、自分で自分の聞こえを改善させています。そのおかげで、仕事もできていますし、日々の生活も困ることが格段に少なくなりました。まさに補聴器さまさまな生活を送っています。

もちろん、補聴器は、耳を治すことはできないものですので、私自身も聞こえにくい時や聞こえない時はあります。しかし、補聴器がない状態ですと、ほぼ会話ができないレベルから日常会話はほとんど問題ないレベルまで改善していますので、あるのとないのとでは、雲泥の差があります。

こちらは、音声の理解がどのくらいできるのか。を知る語音明瞭度測定。補聴器ありが▲、補聴器なしが△になる。横が音の大きさで縦が正解数になる。

こちらは、音声の理解がどのくらいできるのか。を知る語音明瞭度測定。補聴器ありが▲、補聴器なしが△になる。横が音の大きさで縦が正解数になる。

なお、補聴器には、補聴器を使った状態でどのくらい音声が理解できるのか。こちらを調べるものもあります。私が補聴器を使った状態の音声の理解度は、こちらの通りです。

先ほどの測定と同じなのですが▲が補聴器あり、△が補聴器なしとなります。縦軸が正解%。横軸が音の大きさです。基本的に

  • 70dB:大きい声の方
  • 60dB:普通の声の方
  • 50dB:少し声が小さい方&3〜4m離れたところからのお話
  • 40dB:声が小さい方

で見ていただくとわかりやすくなります。それぞれあることにより

  • 70dB:80%→100%
  • 60dB:25%→95%
  • 50dB:0%→95%
  • 40dB:0%→80%

まで改善しました。何度もやっているため、少し内容を覚えてしまっている可能性は、否定できないのですが、自分でここまで改善させています。

私自身は、感音性難聴ではありますが、まだ音声を理解する力の部分が強く、補聴器を使うことで、大きく改善を見込めるタイプの耳になります。それを自分なりに改善した結果が、上記の結果になります。

経歴

学校卒業後、理研産業株式会社へ入社。そこで、7年ほど認定補聴器技能者の元で、働いていました。

初めに東京の事務所に配属され、のちに横浜の事務所に配属。東京では、ご年配の方を中心に対応し、横浜では、児童を中心に対応していました。

様々な経験をしてきましたので、子どもから成人の方、ご年配の方まで、幅広い対応が可能です。

補聴器販売員としての私

上記の内容は、私自身のことになりますので、こちらでは、補聴器販売員としての私をまとめていきます。それは

  • 販売員としてお店で行なっている事
  • 私がよく相談を受けるケース

の二つがあります。

販売員としてお店で行なっている事

私自身、販売員としてお店で行なっている事は、

  • お客様のお考え、ペースで聞こえを改善させる事

の一点になります。耳の状況がどの様な状況なのか〜補聴器の形状、性能まで、それぞれの利点、欠点などもお話させていただき、情報を共有した上で、どの様な補聴器が良いのか、どの様な状況なら良いのか。それらを相談できる様に意識しています。

情報の共有ができると、お客様の考えと実際に改善している側の考え、双方の意見を入れながら、補聴器の選定、聞こえの改善ができるようになり、結果的に良い状態にしやすくなります。

その様な対応ができる様、資料を用意したり、貸し出しを通じて補聴器に関して理解できる様にし、より良い選択ができる様にしています。

お店に関する詳細は:当店のご紹介をどうぞ

私がよく相談を受けるケース

私自身がよく相談を受けるケースは

  • 片耳難聴の方
  • 両耳とも軽度〜中等度難聴の方

の2点です。

片耳難聴の方

当店は、片耳のみ難聴の方から改善依頼をいただくことが多く、おかげさまで、クロス補聴器、補聴器の特徴からどのように改善させたら良いか、各補聴器の形状ごとに、どのような特徴があるのかなど、一通り理解することができました。

初めは、片耳のみ難聴の方の改善方法はわからなかったのですが、一番初めにご相談いただいた2015年から、お客様に協力いただきつつ、クロス補聴器の特徴や補聴器で改善させた場合の状況などを一つ一つ理解し、今現在では、それらの知識で、お困りの方を改善しています。

具体的には、

  • 生まれつき片耳が聞こえない方
  • 突発性難聴により、聴力低下してしまった方
  • ムンプス難聴により、聞こえなくなってしまった方
  • 聴神経腫瘍摘出手術により、聞こえなくなってしまった方
  • 外リンパ瘻により、聴力低下してしまった方
  • 事故により、片耳のみ、聞こえなくなってしまった方

などの方々が当てはまります。

実際に対応した例に関しては、片耳のみ難聴の方の改善症例集にまとめていますので、興味がある方は、のぞいてみると良いかもしれません。

両耳とも軽度〜中等度難聴の方

こちらのケースも依頼いただくことが多いのですが、私自身、両耳とも中等度難聴で、自分自身で聞きにくさを改善しています。

同じような聴力の方やもしくは、少し軽いくらいであれば、自分自身をよくさせた方法をそのまま適応させることができるケースもありますので、よりよくできることが多いです。

実際には、耳の状況や補聴器の状況により、これらの部分は、変わってしまうのですが、それなりに効果を出せることが多くなります。

なお、私の場合は、基本、聞こえの状態を可視化し、補聴器で改善できる範囲を初めに目標として決め、なるべく聞きにくさを改善できるようにして改善しています。

こちらに関しては、実際に対応した例、両耳とも難聴の方の改善症例集をご覧いただけるとわかりやすいかもしれません。

なお、全部の改善ケースは、こちらになります。

リンク:お客様の症例改善の紹介

まとめ

以上、自己紹介でした。このブログは、こんな人間が書いています。補

聴器に関することは:補聴器で耳を改善させる手引書 こちらにまとめています。何かお探しであればこちらを見ていただけるとわかりやすいかもしれません。

私のところでも補聴器のご相談に関しては、承っておりますので、何かお悩み事があれば、お気軽にご相談ください。

よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム

ご相談ごとにつきましては、こちらよりお願いいたします。

営業日に関しては、上記の通りです。営業日より、一日以内で返信しております。

なお、お電話でのご連絡は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

 お名前 必須

 メールアドレス 必須

 相談内容をご記入ください 必須