2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

書いている人の詳細

本人+お店の写真。本人は、148cmしかないので、かなり小さいです

初めまして、このブログを書いている深井と申します。このブログは、生まれつき耳が聞こえにくいこと、補聴器の販売をしていること、この2つの視点で書いています。補聴器の情報は、なかなかなく、インターネットで検索することが当たり前になってきた今、補聴器に関して適切に理解したいとお考えの方に向けて書いています。

私の目的は、単純で、聞こえにくい人がどのようにしたらより良い生活を送れるようになるか。その情報を出すことです。

あくまでも私は、補聴器を販売する側の人間ですが、補聴器を販売するということは、聞こえにくい方をより良い生活を送れるようにすること。と考えています。

このブログをご覧になり、少しでもより良い生活を手に入れられたのであれば幸いです。

自己紹介

ということで、以下、私自身に関する基本的な紹介を

  • プロフィール
  • 耳のこと
  • 補聴器の使用履歴
  • 補聴器の状態

の4つに分けて記載して行きます。

プロフィール

  • 名前:深井 順一
  • 生年月日:1986年7月1日
  • 生まれ:静岡県静岡市葵区
  • 育ち:千葉県市川市
  • 住んでるところ:お店(東京都墨田区)近辺

生まれは、静岡県になります。ただ、小学校1年生くらいまでしかおらず、あまり記憶がありません。父の転勤に合わせ、小学校2年生の頃に千葉県市川市に引っ越し、そこからずっと千葉県市川市にいました。

今現在は、お店を運営していることもあり、お店の近くである東京都墨田区の本所吾妻橋駅、近辺に住んでいます。

耳のこと

私の場合、生まれつきの難聴になります。耳については以下の通りです。

  • 病名:スティックラー症候群
  • 難聴:感音性難聴
  • 聴力:中等度難聴(両耳)
  • 発見:幼少期
  • 通院:国立成育医療センター
  • 備考:補聴器の装用は、小学2年生から

私の場合は、スティクラー症候群と呼ばれる遺伝性の病気です。幼い頃に両親がなかなか言葉を発声しないことから、病院に行ったところ、難聴が発覚。診断としては、スティクラー症候群で、感音性難聴ということでした。

スティックラー症候群とは、優性遺伝の疾患で、聴力低下の他

  • 視力低下(高度近眼)
  • 変形性関節症(体の関節が変形したり、痛みが出たりする)

もあります。しかし、私の場合は、聴力低下くらいしか気にしていません。目は、メガネ及び、コンタクトで補えますし、今のところ、体に関しては、全然大丈夫な状態です。

補聴器をつけ始めたのは、小学校2年生の頃からになります。そこから、一部有名ではありますが、国立成育医療センターに行っていました。私が行っていた頃は、渋谷にあった国立小児病院という名前で、のちに国立大蔵病院と統合し、現在の国立成育医療センターになります。

聴力に関しては、最も使われる4分法で右:60db 左:62.5dbです。詳細は、以下の通りになります。

現在の私の聴力

現在の私の聴力です

聴力としては、典型的な中等度難聴になります。幸いにも進行型の難聴ではないため、子供の頃からずっとこのような聴力でした。

耳には、音を大きく入れるとどれだけ音声が理解できるのかを調べるものがある。その結果がこちら。私の場合、補聴器の適性は、非常にある状態だった。

耳には、音を大きく入れるとどれだけ音声が理解できるのかを調べるものがある。その結果がこちら。私の場合、補聴器の適性は、非常にある状態だった。

また耳の場合、音声を理解する力というものもあったりするのですが、それは、かなり良好な状態でした。ですので、小さい頃から補聴器を装用し、補聴器があった方が良い生活をしてきました。

補聴器の使用履歴

小学2年生から補聴器を使用しているとなると、補聴器もいくつか使用しています。私が使ってきた補聴器について紹介しますと

  • 小学2年生の頃:初めは耳あな形補聴器を購入(ワイデックス)
  • 小学5年生の頃:耳かけ形補聴器へシフト(ワイデックス)
  • 中学2年生の頃:オーティコンの耳かけ形を購入
  • 専門学生の頃:ワイデックスの耳かけ形補聴器を購入
  • 社会人:補聴器販売店にいたので、フォナックの補聴器を使用
  • 今現在:フォナックの補聴器を使用

となります。

補聴器には、主に耳の中に入れる耳あな形補聴器と耳かけ形補聴器の2つがあります。

耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。

耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。

こちらが耳の中に入れられる耳あな形補聴器。

耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。

耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。

こちらが耳にかけて使用する耳かけ形補聴器です。

私の場合、中等度の難聴ですので、どちらも対応が可能です。ただ、耳が飴耳ですので、初め耳あな形補聴器を使用していましたが、音が聞こえなくなる回数が多くなってしまい、めんどうに感じ、それ以降は、耳かけ形補聴器を使ってきました。

過去の自分の補聴器。自腹で買ったため、当時の価格で、45.6万也。

今現在は、自分が取り扱っているフォナック社の耳かけ形補聴器を使用中で、両耳に補聴器をつけ、なるべく聞きにくくならないようにしています。

補聴器の状態

今、使用している補聴器の状態ですが、このようになります。

今現在の補聴器の聞こえ。改善させるべきところは、きっちり改善させている。

補聴器の状態を可視化する測定の一つ。聴力検査と同じ見方で、横が周波数、縦が音の強さ。上にあると上にあるほど、聞こえは良い状態になる。この測定で、目指すべきところまで改善できている場合は、補聴器の効果も必然的に高くなる。

補聴器には、装用した状態を可視化するツールがあります。こちらはその一つ、音場域値測定と呼ばれるもので測定した状態です。

基本的に補聴器を装用した状態で、500Hz、1000Hz、1500Hz、2000Hzあたりが、30〜40dBの間にあると良好になります。特に1000Hz、1500Hzは、35dB以上は行きたいところで、私の場合は、ちゃんと自分の補聴器もそのように調整しています。

そのほか、補聴器を装用した状態でどんな風に音声が聞き取れているのか。というのも調べられたりするのですが、その(語音明瞭度)測定に関しては、以下の通りです。

補聴器を装用した状態の語音明瞭度測定の結果。良い評価は出ているが、正直、少々、覚えてしまっているところもあるので、参考程度に。

見方は、縦軸が正解率、横軸が音の大きさ。音の大きさ別に調べられるため、どのくらいの音声がどのくらいの正解率なのかを調べることができる。

こちらは、音声をどのくらい理解できるのか。それを見ることができるのですが、縦と横の見方が重要になります。縦軸の音の大きさに関しては、

  • 70dB:少し大きな声の方
  • 60dB:普通くらいの声の方
  • 50dB:少し声が小さい方
  • 40dB:声が小さい方

となります。そして、横軸のおおよその意味は、

になります。ポイントは、声の大きさの50dB、60dBです。人の会話は、ここの部分が多いため、この部分が良好だと補聴器の効果も感じやすくなります。40dBも聞こえているといいのですが、この部分の改善は、結構至難です。

数値的には、良い状態で、私の場合は、自分の体感と測定ツールを使用した客観的な評価の二つを組み合わせて、より良い状態に改善させました。

補聴器販売店とお店を開くきっかけ

今現在、私の場合は、自分で補聴器販売店を運営し、日々、お客さんの対応をしています。このような仕事につくきっかけ、そして販売店を自分でやるきっかけに関しては、以下の通りです。

補聴器販売の仕事をするきっかけ

生まれつき難聴で補聴器を使っていましたが、病院さんに相談しに行っても、補聴器販売店に相談しに行ってもなかなかうまく相談ができず、自分の状態を自分でよくするため、この業界に入りました。自分で耳及び、補聴器について学ぶためですね。

入ったところは、理研産業(株)というところで、東京もしくは、横浜の方で主に仕事をしていました。対応は、児童〜大人、ご年配の方まで幅広く対応していました。幸いにも腕が良い人も多くいましたので、それらの方々から学ばせてもらい、自分自身で改善させていきつつ、仕事をこなして行くようになります。

そして、最終的には、7年ほど勤め、退職することになります。

お店を開くきっかけ

補聴器販売店に勤めていた頃、なかなか耳の改善ベースで相談することが難しかったこと、もっと聞こえ及び生活そのものをよくさせる方法はないか。それを外の世界で探すため、退職しました。

それと同時にインターネットの世界に出会い、ブログを始めることになります。ブログを始めた理由は、ネットで調べても耳のことや補聴器の情報はなかなかなかったためです。であれば、自分の知識をWeb上にあげることで、1人でも多くの方を救えるのではないか。そう思い、始めることになります。

Webで情報発信し続けると、

  • あなたに見て欲しい
  • 実際にあなたからアドバイスをいただきたい
  • あなたに補聴器の相談したい

という方の声が多くなってしまい、かつ、自分自身で情報を出していることの責任を取る意味でも、お店をたて、対応できる体制を整えるようになります。

ちなみに、外の世界にも耳の状態をより良くさせる、もしくは、より改善させるものを探しに行きましたが、結局、今現在の技術では、補聴器で改善させることが一番であることもわかりました。

それらのことがあり、お店をたて、今現在は、様々な方の対応を行なっています。会社員の時代ではできなかった改善ベースでの相談をできるような体制を考え、日々、実践しています。

また、耳や補聴器に関する情報が、Web上に少ないこともあり、情報発信するようにも、しています。

安心して相談するために、私がお店でしている3つのこと

当店では、安心して相談するために

  • 補聴器は試聴からスタート
  • 改善ベースでの耳、補聴器のご説明
  • 予約制&土日営業

の三つを行ない、お客さんの対応をしています。

補聴器は試聴からスタート

当店の場合、基本的に

のような流れで進みます。初めは

  1. 耳の状態の確認
  2. 耳の状況からどのように補ったらより良くなるのか
  3. その場合における形状、性能別特徴のご説明
  4. 試聴、貸出

という順に進みます。貸出や試聴を通じ、補聴器について理解する期間を設けることで、安心して相談できるようにしています。

補聴器の説明を受け、かつ実際に使用してみた結果、あると良い、考えたいとなった方のみ当店では相談を進めています。

まだいいかな……と感じたり、考えたい……という場合は、そのままご返却いただけます。

改善ベースでの耳、補聴器のご説明

こちらは、基本的に

  • 耳の状態のご説明
  • 補聴器でどのようになれば良いのかの説明
  • 補聴器の形状及び性能別の説明

を行い、補聴器に関して理解できるようにして行きます。

少々難しい内容も含むため

資料を用意し、なるべくわかりやすく説明したり、測定をした時の数値については、

  • 測定したものの見方、意味
  • 測定結果は、どのような状態だったのか
  • 補聴器を装用した場合、どこまで目指せると良いのか

なども書いて説明しています。

説明に使用した実際のもの。図の見方がわかるようになると自分の状況は非常に理解しやすくなる。

説明に使用した実際のもの。図の見方がわかるようになると自分の状況は非常に理解しやすくなる。

こちらは、聴力について調べたもので、

補聴器を使用した時の効果測定の一つ。こちらも見方がわかると補聴器使用時の状況がわかるため、非常に重要になる。

補聴器を使用した時の効果測定の一つ。こちらも見方がわかると補聴器使用時の状況がわかるため、非常に重要になる。

こちらは、補聴器を装用した状態を調べたものです。これらの見方についても説明しています。

私の場合、基本的には、補聴器を装用した状態を測定する客観評価を中心に補聴器を合わせていきます。

補聴器は残念ながら耳に装用するだけでは、聞こえる感覚しかわかりません。音が聞こえる感覚と客観評価の二つを合わせることで、より良くすることができます。

予約制&土日営業

しっかりと対応するには、それなりに時間も必要なため、当店は、予約制にしています。このようにすることで

  • お客さんが感じている疑問や不安にしっかり答えられる
  • ちゃんと自分の状況を把握するための測定ができる
  • 理解すべきところを理解しつつ、お客さんのペースで相談できる

ということができるようになりました。

私自身がしたいのは、補聴器を売りつける事ではなく、聞こえを改善させ、その方の生活をより良くさせる仕事です。お時間がかかったり、お手数おかけしてしまうのは、誠に申し訳ないのですが、このようにし、しっかりと対応できるようにしています。

また、働いている方も多いため、土日は営業し、対応しやすくしています。

ご利用になったお客様の声

実際にお店をご利用になったお客様の声を記載して行きます。

  • 片耳難聴の方
  • 両耳難聴の方

の二つがありますので、それぞれ分けて記載して行きます。ご参考にしてみてください。

片耳難聴の方

左耳が全く聞こえない方、クロス補聴器で改善

どのようなことでお悩みでしたか

実際にご相談になり、補聴器を使ってみてどうでしたか

こちらのお店で購入された理由は何でしょうか

実際に記載いただいた内容

突発性難聴で右側が聞こえなくなった方、クロス補聴器で改善

どのようなことでお悩みでしたか

実際にご相談になり、補聴器を使ってみてどうでしたか

こちらのお店で購入された理由は何でしょうか

実際に記載いただいた内容

右耳が全く聞こえない方、クロス補聴器で改善

どのようなことでお悩みでしたか

実際にご相談になり、補聴器を使ってみてどうでしたか

こちらのお店で購入された理由は何でしょうか

実際に記載いただいた内容

両耳とも難聴の方

生まれつき難聴の方、両耳とも補聴器装用で改善

どのようなことでお悩みでしたか

実際にご相談になり、補聴器を使ってみてどうでしたか

こちらのお店で購入された理由は何でしょうか

実際に記載いただいた内容

左右で聴力さがある方、左耳のみ補聴器を装用し改善

どのようなことでお悩みでしたか

実際にご相談になり、補聴器を使ってみてどうでしたか

こちらのお店で購入された理由は何でしょうか

実際に記載いただいた内容

低域が聴力低下した方、両耳とも補聴器装用で改善

どのようなことでお悩みでしたか

実際にご相談になり、補聴器を使ってみてどうでしたか

こちらのお店で購入された理由は何でしょうか

実際に記載いただいた内容

最後に

以上、私自身に関することを説明しました。私のプロフィールからお店でやっていること、全て記載してみました。

お店に関しては「自分だったらこのようなお店に行きたい」を考えて、作っただけですが、お客さんに評価を聞きますと意外に受け入れられていて何よりだなと感じています。

お店に関しては、

  • 名称:パートナーズ補聴器
  • 住所:東京都墨田区東駒形3-18-10 エグゼクトビル601
  • 電話&FAX:03-5809-7586
  • 客層:20〜40代の方が多いです

営業日時に関しては

header-time02

となります。

当店は、都営浅草線の本所吾妻橋駅A0出口より徒歩2分のところにあり、場所は

こちらになります。

もし、何かお困りだったり、聞こえにくいことでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。ご連絡の際は、お電話いただきますか以下のフォームを利用いただき、ご連絡願います

その際は、私の方でできる限りの手助けをさせていただきます。よろしくお願いいたします。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。