書いている人の詳細

初めまして、このブログを書いている深井と申します。このブログは、生まれつき難聴者である私の視点、そして、補聴器を販売している人の視点、この2つで記載しています。

最近、ようやく補聴器や耳に関する情報がネット上に増えてきたなと思ったら、どれも同じような事が書いてあり、なかなか欲しい内容が見つからない。という方に向けて、補聴器で聞こえを改善させる方法を中心的に記載しています。

私自身、生まれつき耳が悪く、そのため、補聴器を装用しています。そんな私自身が思う事ですが、聞こえにくい人は、別に補聴器が欲しいと考えているのではなく、聞きにくさを改善をしたい。というのが心情かと思います。

しかし今現在のネットの内容は、補聴器の内容が大半で、どのようにして聞きにくさを無くしていくのか。どのようにすれば自分の状態は改善されるのか。という改善に関する情報はほとんどありません。

そのため、このブログでは、どのようにしたら聞きにくさが改善できるのか。補聴器についてもどのような違いがあり、どのように選ベば、活用しやすい補聴器を得られるのか。と、使用者の視点で記載するよう心掛けています。

私の目的は、単純明快で、聞きにくさにお悩みの方を一人でも多く減らす。こちらになります。もちろん、補聴器を装用しても今現在、改善できない部分があるのは、補聴器を使用している私自身、重々承知です。

しかし、然るべき事をすれば、治るまではいかないにしても、生活をしやすくする。職場での対応をしやすくする。ということは、少しずつできるようになってきました。

このブログに記載してある内容が少しでも聞きにくさの改善に役立てば幸いです。

自己紹介

まずは、自己紹介です。

書いている人の情報

  • 名前:深井 順一
  • 生年月日:1986年7月1日
  • 生まれ:静岡県静岡市葵区
  • 育ち:千葉県市川市北国分
  • 住んでるところ:お店(東京都墨田区)近辺

生まれは、静岡県になります。ただ、小学校1年生くらいまでしかおらず、あまり記憶がありません。父の転勤に合わせ、小学校2年生の頃に千葉県市川市北国分に引っ越し、そこからずっとそこ(千葉県市川市)にいました。

就職の際、初めは、東京勤務でしたので、実家(千葉県市川市)から通っていましたが、一時期、神奈川県の横浜の方にある勤務先に変更になり、横浜市の保土ケ谷区にも2〜3年ほど、住んでいたこともあります。

今現在は、東京でお店を運営していることもあり、お店の近く(東京都墨田区)に住んでいます。

耳について

私は生まれつきの難聴者ですが、耳については以下の通りです。

  • 病名:スティックラー症候群
  • 難聴:感音性難聴
  • 発見:幼少期(幼稚園生くらい)
  • 通院:国立成育医療センター
  • 聴力:両耳とも中等度難聴
  • 装用:補聴器は、小学2年生の頃につけました
  • 備考:耳以外に視力低下、いくつかの関節症あり

私の場合は、スティクラー症候群と呼ばれる遺伝性の病気です。幼い頃に両親がなかなか言葉を発声しないことから、病院に行ったところ、難聴が発覚しました。

診断名としては、スティクラー症候群という遺伝性の疾患で、耳については感音性難聴ということでした。私の場合は、難聴以外にも骨の骨格異常や視力低下などもあるのですが、難聴以外は、気にしたことがありません。

今現在の聴力。典型的な中等度難聴になる。

今現在の聴力。典型的な中等度難聴になる。

聴力に関しては、このようになります。低い音より、高い音の方が聞きにくくなっており、一般的な中等度難聴になります。

このくらい聞きにくくなっていると補聴器がないと、会話が難しい状態です。補聴器は、小学2年生の頃からつけ、今現在に至るまでつけ続けています。

関連する記事
聴力データの見方がわからない場合は、オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさをご覧ください。

補聴器歴と使用している補聴器

小学2年生から補聴器を使用しているとなると、補聴器もいくつか使用しています。ここでは、私が使ってきた補聴器でも紹介します。

  • 小学2年生の頃:初めは耳あな形補聴器を購入(ワイデックス)
  • 小学5年生の頃:耳かけ形補聴器へシフト(ワイデックス)
  • 中学2年生の頃:オーティコンの耳かけ形を購入
  • 専門学生の頃:ワイデックスの耳かけ形補聴器を購入
  • 社会人:補聴器販売店にいたので、フォナックの補聴器を使用
  • 今現在:フォナックの補聴器を使用

となります。

補聴器には、主に耳の中に入れる耳あな形補聴器と耳かけ形補聴器の2つがあります。

耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。

耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。

こちらが耳の中に入れられる耳あな形補聴器。

耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。

耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。

こちらが耳にかけて使用する耳かけ形補聴器です。

私の場合、中等度の難聴ですので、どちらも対応が可能です。ただ、耳が飴耳ですので、初め耳あな形補聴器を使用していましたが、音が聞こえなくなる回数が多くなってしまい、めんどうに感じ、それ以降は、耳かけ形補聴器を使ってきました。

過去の自分の補聴器。自腹で買ったため、当時の価格で、45.6万也。

今現在は、自分が取り扱っているフォナック社の耳かけ形補聴器を使用中です。

自分の聞こえを改善させた方法について
私の場合、自分で補聴器の調整や選択をし、聞きにくさを改善させました。その内容を知りたい方は、中等度難聴の補聴器販売員が自分の耳を補聴器で改善した方法をご覧ください。長くなりますので、別ページにまとめています。

経歴

2007年に理研産業株式会社(補聴器の販売会社)へ入社。そこで、7〜8年ほど認定補聴器技能者の元で、働いていました。

初めに東京の事務所に配属され、のちに横浜の事務所に配属。東京では、ご年配の方を中心に対応し、横浜では、児童を中心に対応。様々な人を対応してきましたので、オールマイティーに対応ができるように。

一時期、別のことをしていたのですが、2016年2月にお店を立て、独立。今現在は、20〜60代を中心に聞きにくさの改善やお困りごとの改善を行なっています。

資格

医療機器の販売および貸与営業所管理者の資格は取得しています。

また、補聴器には、認定補聴器技能者という資格があるのですが、今現在、講習を受けつつ取得中です。

私の場合、補聴器を販売するというよりも、どのようにしたら聞きにくさを感じている人がより改善できるようになるのか。の方に興味があり、そちらを優先して学ぶようにしてきました。

その結果、補聴器の資格取得は、完全に後手に回ってしまい、今現在は、時間を作りながら、取得している最中です。

実績

お客様の耳の状況から、どのように改善したのか。実際にご来店された方の評価、そして、このような聴力の場合、どのように改善を行えると良いのかの解説は、お客様の症例改善解説ページ、一覧にまとめています。

また、講演に関しては、

で講演依頼をいただき、補聴器に関する事や私自身について講演を行いました。

それ以外には、いくつかの聾学校さんや通級指導教室さん(耳が聞こえにくい子供が通う施設の事です)でも講演した事があります。

ただ、今現在は、時間を取りにくいことから、講演依頼は、お引き受けしておりません。予め、ご了承いただければ幸いです。

お客様のご対応について

私自身がよくご相談いただくケースは

  • 片耳難聴の方の聞こえの改善
  • 両耳とも軽度〜中等度難聴の方の聞こえの改善
  • 使用している補聴器の買い替えのご相談

の3点です。

どのケースも基本的には、補聴器の貸出を行い、実際に日常生活や職場で使用できるようにしています。

そして、補聴器があった方がよくなると感じた段階で、どのような補聴器が良いかを相談し、適する補聴器を探していきます。

片耳難聴の方

片耳のみ難聴の場合、聞こえを改善させる手段が

  • クロス補聴器を装用する
  • 一般的な補聴器を装用する

の2つがあります。

はじめに各種耳の状況を測定させていただき、耳の状況からどちらの方が改善できるのかを含め、全体的にご説明させていただきます。

その後、補聴器の試聴期間を設けて、補聴器があると良いとなったら、どのような補聴器が良いのかを決めていきます。

補聴器を決めていく際も試聴をしながら、いくつか試せるようにし、ご希望の補聴器を選べるようにしています。

片耳のみ難聴の方とは、具体的に

  • 生まれつき片耳が聞こえない方
  • 突発性難聴により、聴力低下してしまった方
  • ムンプス難聴により、聞こえなくなってしまった方
  • 聴神経腫瘍摘出手術により、聞こえなくなってしまった方
  • 外リンパ瘻により、聴力低下してしまった方
  • 事故により、片耳のみ、聞こえなくなってしまった方

などの方々が当てはまります。

補聴器の試聴期間を設け、ご自身のペースで相談できるようにしています。

片耳のみ難聴の改善症例集
実際に改善したケースに関しては、片耳のみ難聴の方の改善症例集にまとめています

両耳とも軽度〜中等度難聴の方

両耳とも軽度〜中等度難聴の方で補聴器で良くするキーポイントは、補聴器で改善させると良い部分、これを改善目標値と呼んでいるのですが、できれば、その部分までしっかりと改善させることです。

そのため、補聴器を使用した感覚は、もちろん、補聴器を耳に装用した状態も把握し、今現在の状態は、良いのか、もう少し改善させる余地はあるのか。適切な位置まで改善できているのか。を把握しながら、改善していきます。そして、補聴器の状況に関してもお客様にご説明しています。

基本的には、補聴器の貸出からスタートし、聞こえの改善から、試聴することでわかる補聴器の扱いやすさ、操作のしやすさ。それらを確認しつつ、補聴器の形状、性能の選定を行い、ご自身に合った補聴器を提供しています。

両耳とも難聴の方の症例改善集
実際に改善したケースに関しては、両耳とも難聴の方の改善症例集にまとめています

使用している補聴器の買い替え相談

使用している補聴器が5〜6年もしくは、それ以上に使用されており、買い替えを検討している。または、元々通っていたところがなくなってしまった。というようなケースも対応しています。

このようなケースでは、まず、耳の状況からご使用の補聴器の状態を確認させていただきます。補聴器の状態は、ご自身で使っている感覚から、補聴器を装用した状態まで測定し、現状がどのような状態なのかを把握していきます。

その後、その内容をお伝えすると共に、もっとより良くできるのであれば、その改善方法についてお伝えします。

そして、補聴器の試聴や補聴器使用時の測定の結果をみながら、適した補聴器を探していきます。

こちらも一般的には、補聴器の貸出からスタートし、聞こえの改善から、試聴することでわかる補聴器の扱いやすさ、操作のしやすさ。それらを確認しつつ、補聴器の形状、性能の選定を行い、ご自身に合った補聴器を提供しています。

他店購入の方の症例改善集
実際に改善したケースに関しては、他店購入でうまくいかなかった方の改善症例集にまとめています

無料でご相談お引き受けしています

耳や補聴器に関するご相談は、無料でお引き受けしています。補聴器の試聴や貸出に関しても、無料で行なっています。

何かお悩み事やご相談ごとがございましたら、以下のお問い合わせフォームか、ご連絡先より、ご連絡ください。

営業日に関しては、上記の通りです。営業日より、一日以内で返信しております。

お電話でのご連絡は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

また、以下のフォームよりお送りしたのに関わらず、返信がない場合は、誠にお手数ですが、お電話でご連絡03-5809-7586(青色の部分をクリック、タップで当店へ電話繋がります)、いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 お名前 必須

 メールアドレス 必須

 相談内容をご記入ください 必須