2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の調整

当店で行なっている補聴器の調整は、以下の通りです。

なお、こちらは、一般の補聴器となり、片耳のみ難聴の方が対象となるクロス補聴器は、別のやり方をして、調整をしています。クロスの場合は、クロス補聴器における調整をご覧ください。

当店で行なっている調整を要約しますと、上記のようになります。

基本的には、聴力図から、補聴器で補える目標値を定め、補聴器を調整後、どのように聞こえているのかを確認。その際、聞こえの数値と目標とする聞こえの数値、そして、今現在、感じている音の大きさの体感値を比べていきます。

音は入れられれば良いのですが、中には、大きく感じすぎてしまい、辛くなることもあります。そのため

  • 今現在、聞こえている数値
  • 改善の目標とする数値
  • 今現在、感じている音の体感

この3つを比較しながら、どの部分まで改善させるか。こちらを相談しながら、補聴器の調整を行なっています。

なお、以下ですが、まず補聴器の調整とは、どのようにやるのか。というところから、ご説明していきます。

補聴器の調整とは

補聴器の調整とは、基本的に聴力低下した耳を補う際に行われるものです。人によって、聴力の低下具合が異なるため、

  • 耳の状態を調べる
  • 補聴器で音を設定する
  • その状態で使ってみる

というプロセスで改善していきます。

耳の状態を調べる

補聴器を合わせる上で、一番始めに出てくるのは、耳の状態を理解することです。

主に聴力検査をしたデータを用いて、補聴器の調整を行なっていきます。

補聴器で音を設定する

聴力検査をした後は、

そのデータを入力し、補聴器を調整していきます。

補聴器の調整画面は、このようになっており、各周波数をそれぞれ細かく大きくしたり、小さくしたり、調整できるようになっています。厳密には、この細かさは、補聴器の性能によって異なります。

補聴器をつけてみて、全体的な音の大きさを確認したり、気になりやすい音を聞かせ、使える範囲内を目指し、音を大きくしていきます。

その状態で使ってみる(チェック)

チェックには、いくつか方法があります。

そのまま補聴器を貸し出しして、日常生活、職場でどのように聞こえるのか。聞こえる音を体感的に感じてもらう方法と補聴器を装用した状態を機器で調べ、どのように聞こえているかを知る方法です。

当店の場合は、補聴器を装用した状態をまず調べて状況を確認し、その後、貸し出しをして、実際にどのように感じるのか。日常生活上で、どんな感じに改善されるかを理解できるようにしています。

そして、

  • 補聴器を調整する
  • 補聴器の状態をチェックする(測定、日常生活などで使用)

を繰り返し、より良い状態へしていきます。

改善のポイント

補聴器を耳に合わせる調整に関してですが、いくつかポイントがあります。

それは、

  • 改善目標を知る
  • 現状を把握する
  • 体感、目標、現状を理解し、改善できるところまで改善させる

の三つです。

重要なのは、聞こえを改善させる目標値を理解し、現状を把握する術を知り、改善できるところまで改善させていくことです。

補聴器を装用するだけでは、体感しかわかりませんので、ちゃんと目に見える形にして、どこまで改善しているのか(これを客観評価と言います)をちゃんと把握することがとても重要です。

改善目標を知る

補聴器には、聞こえを改善させる目標値があります。これは、例えば、視力が低下した際に、1.0や2.0まで改善させることと同意です。

当店の場合は、補聴器の専門医の学会、聴覚医学会の補聴器適合指針2010の内容を基本ベースとして、改善目標を決めています。

具体的には、以下のような内容になります。

audiology-03

(3)評価方法

ファンクショナルゲインが聴力の半分(ハーフゲイン)であるか、装用域値が1000Hzで35dB以内であればよい。ファンクショナルゲインは、低音域ではハーフゲインより少なくてもよく、高音域の利得は補聴器の性能上ハーフゲインが得られない場合がある。

評価例(図11)

補聴器適合例と適合不十分例を示した。▲印は低音及び高音部をのぞき非装用時の域値のほぼ半分のファンクショナルゲインを得ており適合例と言える。■印の場合は、ゲインが不足しており、適合不十分例といえる。

Audiology japan 53,2010 補聴器適合検査の指針(2010)聴覚医学会より引用

補聴器には、補聴器を使用した状態を調べられる音場閾値測定というものがあります。

これは、補聴器を装用した状態で、どのくらい聞こえるのか。を各周波数別に測定することができます。聴力測定の補聴器版といえばわかりやすいかもしれません。

赤い△が補聴器を装用した時の目標値。△は、補聴器をつけていない時の測定値。こちらを行うと単純にどこまで聴力が改善できているのかをみることができる。

赤い△が補聴器を装用した時の目標値。△は、補聴器をつけていない時の測定値。こちらを行うと単純にどこまで聴力が改善できているのかをみることができる。

こちらの特徴は、聴力検査をベースにしていますので、補聴器をつけていない状態が、聴力検査と同じような位置に出ることです。つまり、単純にどこまで聴力が改善しているのかをみれる測定になります。

その測定の改善目標を聴覚医学会の補聴器適合指針2010の内容を基本ベースに決めていきます。とはいえ、上記の内容だと非常にわかりにくいため、少し解説をしますと、聴力の半分を目標値にするか、1000Hzを35dB以内にするか。のどちらかで良い状態です。

こちらを採用しているのは、この判断基準に従った方が明らかに改善している方が多いためです。

なお、実際には、これよりも判断基準は、厳しくし、より改善できるようにしています。

その詳細に関して理解したい場合は、こちらをご覧ください。

リンク:補聴器の調整と聞こえを改善させる目安

現状を把握する

補聴器を調整した後に行うのが、どのくらい補聴器を装用することで、良くなっているのか。になります。実際には、設定した目標と比較し、現状どうなのか。を確認していきます。

確認方法は、先ほど出たものと同じく、音場閾値測定を行なっていきます。

こちらは、聴力検査と同じように部屋の中で行います。

スピーカーから音を出し、どのくらい聞こえているのかを補聴器を装用した状態で調べます。

補聴器で重要なのは、補聴器をつけた感覚以外にもちゃんと数値にしてみて、どうなのか。を確認できるようにすることです。

赤い△が補聴器を装用して目指す目標値。▲が補聴器を装用した状態。△が補聴器なしの状態。状況を調べると、どこが改善しているかも、どのように改善しているのかも、目標まで改善しているのかも全部、わかるようになる。

赤い△が補聴器を装用して目指す目標値。▲が補聴器を装用した状態。△が補聴器なしの状態。状況を調べると、どこが改善しているかも、どのように改善しているのかも、目標まで改善しているのかも全部、わかるようになる。

測定することで、状況をこのように可視化することができるようになります。その数値と目標値が比較できるようになると現状が理解できるようになります。

体感、目標、現状を理解し、改善できるところまで改善させる

最後は、測定した数値と初めに設定した目標値を比較します。その後、現状の聞こえの体感を確認します。

数値の見方は、赤い△が改善目標値、▲が補聴器を装用した現状値、△が補聴器を装用していない時の数値。となる。

数値の見方は、同じく赤い△が改善目標値、▲が補聴器を装用した現状値、△が補聴器を装用していない時の数値。となる。

例えば、今現在、補聴器を装用している体感としては、少し音が物足りないことがある状態で少し大きくても大丈夫そうだ。そして、実際に補聴器の装用状態を測定してみると、少し足りない。ということがあれば、目標値まで大きくしてみてどうか。を試みます。

目標値や改善値が全く同じでも体感で評価は変わる。大きくしても大丈夫なら大きくして、より改善させるが、中には、それができない方もいるため、目標値、現状値、体感値のこの三つを比較することが、重要になってくる。

目標値や改善値が全く同じでも体感で評価は変わる。大きくしても大丈夫なら大きくして、より改善させるが、中には、それができない方もいるため、目標値、現状値、体感値のこの三つを比較することが、重要になってくる。

逆に先ほどの測定数値が全く同じでも、体感としては、結構大きい状況の場合、それ以上の改善は、ストップします。むやみに音を入れると、場合によっては、頭痛や吐き気につながることもあるためです。

このように

  • 実際に今聞こえている状況はどうなのか
  • 自分の聴力の場合、どこまで目指せれば良いのか
  • 聞こえている状況の音の体感としては、どうなのか

がわかるようになると、どのように改善したら良いかがわかるようになります。

そして、音の調整とチェックを繰り返し、できる限り、目標値まで改善させていきます。目標値まで改善できると、改善度は、自ずと高くなります。

ただし、目指せる場合に限ります。

まとめ

当店の場合、上記の三つを確認しながら、調整をしていきます。

実際には、

  • 補聴器の調整
  • 状況のチェック(お店で測定)
  • 日常生活、使用する場所でのチェック

という流れで確認していきます。調整をする場合、これらを繰り返していきます。

この際の、

  • 自分の聴力に対する目標値
  • 補聴器を使って聞こえている数値
  • それぞれの数値の見方、意味

などは、全部、お客様へご説明し、状況に関しては、ご自身で理解できるようにしています。

そして、補聴器の調整状態に関しても

パソコンのディスプレイを二つにわけ、お客様自身が見れるようにもしています。

当店の場合、このようにして、なるべく聞こえを改善できるようにしています。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。