2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の調整

当店で行なっている補聴器の調整は、以下の通りです。なお、こちらは、一般の補聴器となり、片耳のみ難聴の方が対象となるクロス補聴器は、別のやり方をして、調整をしています。クロスの場合は、クロス補聴器における調整をご覧ください。

当店で行なっている調整は、上記のようになります。基本的には、聴力図から、補聴器で補える目標値を定め、補聴器を調整後、どのように聞こえているのかを確認。その際、聞こえの数値と目標とする聞こえの数値、そして、今現在、感じている音の大きさの体感値を比べていきます。

音は入れられれば良いのですが、中には、大きく感じすぎてしまい、辛くなることもあります。そのため

  • 今現在、聞こえている数値
  • 改善の目標とする数値
  • 今現在、感じている音の体感

この3つを比較しながら、どの部分まで改善させるか。こちらを相談しながら、補聴器の調整を行なっています。

①聞こえを補う目標値を決める

まず初めに行うのは、聞こえを補う目標となる数値を決めることです。こちらを定め、お客様にどこまで改善できれば良いかの数値に関して説明しています。

聞こえ改善の目標値の決め方は、オージオグラムを見て決めていきます。目標値は、聴覚医学会で発表されている補聴器適合指針2010を参考にしています。その内容は、以下の通りです。

audiology-03

(3)評価方法

ファンクショナルゲインが聴力の半分(ハーフゲイン)であるか、装用域値が1000Hzで35dB以内であればよい。ファンクショナルゲインは、低音域ではハーフゲインより少なくてもよく、高音域の利得は補聴器の性能上ハーフゲインが得られない場合がある。

評価例(図11)

補聴器適合例と適合不十分例を示した。▲印は低音及び高音部をのぞき非装用時の域値のほぼ半分のファンクショナルゲインを得ており適合例と言える。■印の場合は、ゲインが不足しており、適合不十分例といえる。

Audiology japan 53,2010 補聴器適合検査の指針(2010)聴覚医学会より引用

実際には、その内容+私自身の経験を混ぜ、より改善できるようにしています。

②現状を調べる

次に実際に補聴器を調整した後、補聴器でどのように聞こえているのか、聴力ベースで見れるようにしていきます。こちらは、音場域値測定を行うとわかるようになります。

音場域値測定とは、

聴力検査と同じく、このような部屋の中で行い、

スピーカーから音を出し、音が聞こえたら、ボタンを押す。というような流れで、調べる測定です。こちらは、補聴器を使っている状態の聴力測定とも言えます。

こちらの概要は、以下の通りです。

こちらを調べると補聴器を装用した状態で、どのくらい聞こえているのかを調べることができます。

③聞こえの数値と体感値を比較する

調べ終わったらその数値と、聞こえを改善させるための目標値、そして、実際に補聴器を装用して聞こえている音の感覚を比べながらどのくらい音を入れて行ったら良いかを相談していきます。

例えば、目標値までちゃんと補え、補聴器を使用中、少し大きく音が感じることがあっても苦痛に感じることはない。となった場合は、良好であることがわかります。

しかし、逆に目標値まで補うと音が大きくて苦痛に感じる、ということでしたら、そこまで大きくする一歩手前まで音を抑える。といったことを行います。

  • 今現在聞こえている数値
  • 聞こえ改善の目標値
  • 今現在感じている音の体感

この3つを比較しながら調整し、その方の耳をできる限り、改善させていきます。

まとめ

補聴器は、耳に装用するだけでは、どのように聞こえるのかの体感はわかってもどこまで聞こえているのかまでは、わかりません。そのため、当店では、補聴器の聞こえを可視化し、どのくらい聞こえているのか、そして、その数値は、改善させるために必要な目標となる部分まで入っているのかも確認し、調整をしています。

また、人によっては、音を大きく入れると辛くなる方もいますので、音の感覚について確認しながら調整しています。そして、状況によっては、無理に目標値まで目指すことはしません。

音に関しては、人それぞれ感覚が異なりますので、

  • 現状聞こえている数値
  • 改善の目標となる数値
  • 現状の音の体感

の3つをそれぞれ比較しながら当店では、調整を行なっています。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。