補聴器の試聴(クロス補聴器)

こちらでは、当店で行なっているクロス補聴器の試聴について載せていきます。当店での相談の流れは、

このようになります。はじめに試聴から行い、補聴器をつけることで、どのように日常生活、あるいは、職場での生活が変わるのか、こちらを体験いただいた後、ご希望の方は、その先の相談を行なっていきます。

試聴できるクロス補聴器

当店で試聴できるクロス補聴器は、

になります。クロス補聴器の場合、形状による組み合わせになるのですが、全部で上記の3つとなります。その内、初回では、①、②が試聴できます。③は、耳の型を採取して作る必要があるため、初回では、お試しすることができません。

これらの違いですが、上記の通りです。当店では、比較的評価が高い②(耳あな形クロス、耳かけ補聴器)を試聴いただくことが多いです。こちらのみ

このように既製品を作り、試聴できるようにしています。そのため、もしご依頼、ご相談したい場合は、聞こえにくい耳側もお教えいただけると非常に助かります。

当店では、クロス補聴器に関する説明を行いながら、実際に耳につけていただき、どのような感じなのか、どのように聞こえるかなども試聴を通じて理解できるようにしています。

試聴でしていること

当店での試聴で行なっていることですが、

  • お店で効果の確認
  • ボリュームの設定

の2つとなります。

クロス補聴器の効果確認

クロス補聴器の場合、実際に耳につけていただき、どのように音を感じるのか。聞こえない耳側から聞こえる音や両方の音が片耳に入る感覚をお店で体験いただきます。

静かな場所では、聞こえている耳側で全て聞こえてしまうため、聞こえる耳側を塞いで、聞いていただいたり、聞こえない側に電話を当てていただき、確認したりしています。

ボリュームの設定

こちらは、ご自身で補聴器の音量を調節できる機能です。補聴器の音のベースとなる部分は、お店の方で設定しますが、その状態は、仮の状態ですので、聞きにくいと思った時に音量を上げたり、逆に音が大きいなと思ったら音量を下げられるよう、ご自身である程度、柔軟に対応できるようにして、試聴や貸出を行なっています。

また、ご自身で調整できるようにしているのは、どのくらいの音量にすると良いのか。それを見るためでもあります。自由に操作できると、それらの部分もわかりやすくなります。

確認後、貸出

これらの部分を設定したり、確認したのち、日常生活や職場で体験いただくために補聴器の貸出を行います。

貸し出しの期間は、1週間〜10日をワンセットとし、1〜3回繰り返せるようにしています。大体の方は、1〜2回ほどで、補聴器ありなしによる効果を体感いただいています。

補聴器の選定の際の試聴

補聴器を試聴(貸出)してみてよかった方は、次に補聴器の選定に移ります。クロス補聴器には、選ぶ要素としては

  • 形状の組み合わせ
  • 性能

の2つがあります。これらをお客様のご希望を伺い、相談しながら、試聴を通じて決めていきます。

試聴する補聴器に関しては、お店にあれば、すぐにできますし、ないものや製作する必要がある耳あな形のクロス、及び補聴器などについては、約1週間ほどで用意できます。用意する場合は、耳の型を採取し、その人、専用のものをお作りします。

当店での試聴に関するまとめ

当店では、このように試聴について行なっています。はじめに補聴器を試聴いただき、試聴を通じて、補聴器に関して理解できるようにしています。

貸出をしている理由は、お店の中だけでは、なかなかどのようになるのかがわからないためです。実際にお困りである日常生活や職場で、どのような変化があるのか。それらについてご自身で理解いただければ、補聴器の効果に関しては、わかりやすいかと考えています。

その後、あった方が良いとお考えになった方のみ、どの補聴器にするのかの相談に進めていきます。このように行い、安心して相談できるようにしています。