2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

両耳とも聞こえにくいケースの対応

両耳とも聞こえにくいケースにつきましては

上記の通り、対応しています。初回は、耳の状況を確認させていただき、どのように補ったら良いのか。それらについて調べ、補聴器の説明から、試聴、日常生活、仕事場で試せるよう貸出を行います。

幾日か貸出し、補聴器があった方が生活が良くなる、仕事上の不便さを軽減できるとなった場合、どの補聴器を購入するのか。その相談を行なっていきます。決まりましたら、ご用意し、お渡しです。主にこのような流れで対応しています。

①補聴器を理解するための期間

こちらで行なっているのは、

  • 耳の確認(聴力や音声の理解度)
  • 耳に合う補聴器の説明
  • 補聴器の効果確認
  • 補聴器の試聴(貸出)

の4つとなります。基本的に初回では、これらのことを行います。

耳の確認

こちらで行うのは、

  • 聴力測定
  • 語音明瞭度測定

の2点です。聴力測定は、どのように音が聞こえているのかを調べる測定で、語音明瞭度測定は、音を大きく入れた時に音声がどれだけ理解できるかを調べる測定です。

もし、これらを病院さんで検査し、データがありましたら、ご持参いただけると非常に助かります。ない場合は、こちらでお調べします。

両耳とも聞こえにくい場合、主には、両耳とも補聴器を装用し、聞こえにくさを改善させるか、マイナーではありますが、聞こえを補える耳には、補聴器を装用し、聞こえを補えない状態の耳には、クロスと呼ばれる音の送信機をつけるバイクロスと呼ばれる補い方があります。

どのように補えば、状況が改善しやすいかは、耳の状況によって異なりますので、耳の状況を調べ、どのように補ったらできる限り不自由を軽減できるのか。はじめにこちらを調べていきます。

それぞれのケースと耳に関する知識

補聴器で耳を補う場合、理解しておきたいのは、補聴器では、補える音の範囲に限界があること、そして、補聴器を装用しても聞き取りの改善に向かない耳があること。この2つです。そのため、初めに行わなければならないのは、耳に音を入れることで改善ができるのか。こちらを調べることとなります。このステップを省略すると、思うように効果は出ません。

補聴器を選定する場合、

  • 音がどれだけ聞こえるのか
  • 音声がどれだけ理解できるのか

の2つを調べます。音がどれだけ聞こえるのかでは、聴力測定で調べられ、音声がどれだけ理解できるのかは、語音明瞭度測定で調べることができます。

この2点を行うと、どのような耳かがわかるようになりますので、補聴器でどのように補ったら良いかもわかるようになります。調べた際に起こりうるケースですが

  1. 両耳とも補える範囲で、明瞭度が良いケース
  2. 片方は、聞こえを補えるが、もう片方は、効果が薄いケース
  3. 両方とも効果が薄いケース

の計3つに分類されます。初めに結論から述べていきますと

  1. 両耳とも補聴器を装用して補う
  2. バイクロスで補う
  3. 両耳とも補聴器を装用して補う

となります。

両耳とも補える範囲内で明瞭度が良いケース

こちらは、両耳とも音を大きくして耳に伝えることで、効果が出るタイプですので、両耳に補聴器を装用し、できる限り、聞きにくさを改善できるようにしていきます。

こちらに当てはまるのは、

このような聴力で

このような明瞭度であった場合です。聴力は、重いと重いほど、補聴器の効果は薄くなり、軽度〜中等度くらいがもっとも改善値が高くなります。そして、音声を理解するのに重要な指数である明瞭度が60%以上であれば、補聴器の効果は出やすくなります。

耳の状態を調べて見て、このような状況であれば、両耳に装用した方が聞こえにくさは、一番改善できます。

片方は聞こえを補えるが、もう片方は効果が薄いケース

こちらは、バイクロスと呼ばれる少し変わった補聴器で改善していきます。通常、このようなケースですと、片耳のみ(聞こえを補える耳側のみ)装用することも多いのですが、片耳のみですと、一番聞きにくい聞こえにくい側からの音の理解が困難になるため、できる限り、不自由度を軽減するために、バイクロスで改善していきます。

こちらに当てはまるのは、聴力が

このようなケースです。この場合、片方は、補聴器の効果が見込め、もう片方が聴力が重すぎて(全く聞こえない状態で)補聴器の効果が望めないケースとなります。

他には、聴力が仮に先ほどと同じでも、片側の明瞭度が極端に落ちているケースもあります。

明瞭度の%の理解度に関しては、以下の通りです。

補聴器の場合、この数値が50%以下になると音声を理解したいという要望は、ほとんど叶えられなくなります。それ以上に実際に語音明瞭度測定を行うと、ご自身の耳の感覚でどのように理解できるのかを体験できますので、より効果の有無を実感できます。

補聴器で補える耳には、補聴器を装用して補うのが一番良いのですが、残念ながらそのような耳でないこともあります。その場合は、聞こえない耳側で音を聞くのではなく、まだ音を理解できる方の耳に聞こえない側の音を送り、かつ補聴器を装用している耳側は、そのまま聞こえを補う。というやり方をするバイクロスで、できる限り、聞こえにくさを改善していきます。

両耳とも補聴器の効果が薄いケース

こちらは、両耳とも補聴器を装用し、できる限り、聞こえにくさを補えるようにしていきます。

当てはまるケースは、両耳とも語音明瞭度が低下している方です。

語音明瞭度が低下している場合、残念ながら補聴器を装用しても聞こえにくさも強く感じるケースが多いです。この場合の改善としては、なるべく改善できるよう両耳に補聴器を装用することです。

補足:両耳とも重度難聴の場合

両耳とも重度難聴の方も補聴器の効果が薄いケースに当てはまりますが、こちらの場合は、人工内耳をお勧めします。手術をするリスクはありますが、そちらの方が聞こえにくさは改善できます。

人工内耳に抵抗がある方は、ご相談をお引き受けしますが、基本的に私がおすすめするのは、人工内耳です。

まとめ

耳には、音を大きく入れれば聞こえにくさが改善できる耳とそれをしてもほとんど効果がない耳があります。そのため、耳の状況を調べ、どのような耳なのかをはじめに確認します。その後、どのように補ったら良いのかを考えていきます。

当店では、なるべく聞こえにくい状況を改善するために耳の状況から確認をしていきます。

耳に合う補聴器の説明

こちらでは、

  • 耳の状況説明
  • 補える補聴器の説明

の2つを行なっていきます。基本的に調べた耳の状況を説明し、どのように補ったらよいかを説明。その後、耳を補える補聴器を見ながら、相談を進めていきます。この際、実際に耳に補聴器をつけながら相談を進めていきます。

補聴器の効果確認

その次に行うのは、補聴器の効果確認です。補聴器は、耳に装用するだけではどのくらい聞こえているのかがわからないため、装用した状態を数値で確認していきます。この際、主にお話するのは、

  • お客様の聴力から目指せる改善の目標値
  • 視聴している補聴器は、どのくらい聞こえを補えているのか

の2点です。

なお、初めの段階では、目標となる音量まで入れることが難しいケースが多いため、現状の聞こえを確認しながら、最終的にどのくらい聞こえを改善したら良くなるのかなどもお話ししています。

補聴器の試聴(貸出)

補聴器の感覚を体験いただいたり、効果の確認が終わりましたら、補聴器の貸出を行います。当店の場合は、日常生活で補聴器があることで、どのように変化するのか、職場でどのように聞こえるのか、体験できるよう貸出も行なっています。

幾日か補聴器を試聴し、補聴器があった方が日常生活が楽になる、職場で仕事がしやすくなる、あった方が良いとなった場合、次のステップに進みます。

②補聴器を決める期間

補聴器があった方が生活が楽になったり、補聴器の購入を希望する場合、どの補聴器にするのか。こちらについて決めていきます。行うことは、単純で

  • 補聴器ごとの特徴を再確認
  • 希望する補聴器の試聴、製作

の2つを行います。再度、改めて補聴器に関して、どのような補聴器にするのかを相談し、その補聴器を用意したり、試聴、貸出を行います。

補聴器には、耳の型を採取して製作するものもありますが、この段階で、そのようなタイプの補聴器を製作し、実際に試聴できるようにしています。

③補聴器のお渡し

どの補聴器にするかが決まりましたら、ご用意後、お渡しして終了です。この際、今後の補聴器の相談に関しても行います。

補聴器の場合、製品によっては、汚れや目詰まりによって音が出なくなる、聞こえにくくなるものもあります。定期的にメンテナンスすることで、聞こえる状態をキープできるようになりますので、定期的なメンテナンスをお勧めします。

このメンテナンスは、当店にご来店いただくか、ご自身でやっていただくかの2つに一つとなります。ただ、お忙しい方でも機能の確認のため、6ヶ月に1度は、ご来店をお勧めしています。

当店の流れのまとめ

当店では、基本的にこのような流れで相談を承っています。始めに耳の状態を確認し、どのように補ったら良いのかを調べ、聞こえにくさを最も改善できる方法は、なんなんなのか。それを調べていきます。

その後、補聴器の試聴や貸出を通じ、補聴器のことを理解いただきながら、ご相談を進めていきます。補聴器の貸出を行っているのは、お店だけで聞いても日常生活でどのように変化があるのか、実際に使いたい場所、例えば職場では、どのような変化があるのかがわからないためです。

実際に貸出を通じ、理解いただきながら、仮にあった方が良いのであれば、どのような補聴器が良いのか。こちらの相談を継続していきます。その後、相談を進め、購入する補聴器が決まったらお渡しです。

当店では、このようにご対応しています。

ご利用になったお客様の声

  • 名前:S・Iさん
    性別:女性
    年齢:30代
    症状:軽・中等度難聴
    改善:両耳とも耳かけ補聴器
    備考:10年ほど前から聴力低下

Q 当店にご相談される前は、どのようなことでお悩みでしたか?

仕事中にとっさの声かけに反応することができなかったり、相手の話が聞き取りずらかったりしました。

Q 当店を知ってすぐに来店されましたか?されなかった場合は、どのような不安がありましたか?

比較的早かったと思います。

Q 実際にお使い(ご購入)になっていかがですか?素直なご感想をお聞かせください

仕事中の指示にすぐ反応できるようになったことがすごく良かったと思います。

Q 他にも似たような販売店があったのにも関わらず、なぜ当店でご購入されたのでしょうか?

色々と相談できそうであったのと、勉強されているのだろうとブログの内容を見て思ったからです。

  • 名前:H・Iさん
    性別:女性
    年齢:30代
    症状:中・高度難聴
    改善:両耳ともCIC補聴器
    備考:幼い頃から聞こえにくい

Q 当店にご相談される前は、どのようなことでお悩みでしたか?

聞き取りが悪く、日常生活に支障が多かった。アラーム音が聞こえなない、会話の聞き返しが多いなど。

Q 当店を知ってすぐに来店されましたか?されなかった場合は、どのような不安がありましたか?

すぐに予約をしました。

Q 実際にお使い(ご購入)になっていかがですか?素直なご感想をお聞かせください

生活の支障が軽減しました。人との交流にも前向きになれそうです。

Q 他にも似たような販売店があったのにも関わらず、なぜ当店でご購入されたのでしょうか?

丁寧な説明。聞こえない人の気持ちを理解して下さる点。

  • 名前:Y・Tさん
    性別:男性
    年齢:70代
    症状:中等度難聴
    改善:両耳ともRIC補聴器
    備考:H24に大動脈解離となり、聴力低下
    備考:補聴器に関しては、すでにお持ち

Q 当店にご相談される前は、どのようなことでお悩みでしたか?

メガネ店や補聴器販売店で相談したが、あまり聞こえが良くならなかった。何度か調整してもらったが、状況はあまり変わらなかった。周囲の音や物音でよく会話が邪魔されてしまい、聞きにくい状態だった。

Q 当店を知ってすぐに来店されましたか?されなかった場合は、どのような不安がありましたか?

ブログの中で「近くの販売店でいいよ」とのことで、近くで見てもらったけど、うまく行かなかった。その後、遠くにはなるけど、こちらに来店した。

Q 実際にお使い(ご購入)になっていかがですか?素直なご感想をお聞かせください

聞こえが良くなり本当にありがたいです。以前の補聴器では、聞きにくいところ、お話ができなかったところができるようになり、聞こえにくい事によるストレスは少なくなりました。音が大きくなりすぎて、頭がワーンとする事もなく聞こえるようになったので良かったです。ありがとうございます。

Q 他にも似たような販売店があったのにも関わらず、なぜ当店でご購入されたのでしょうか?

補聴器を実際に試して見て聞こえが見違えるように良くなった事、聞こえの感覚を目で見えるようにしてくれた事。補聴器専門店でもしてくれなかったので、自分の状態を理解した状態で相談できたのがよかったです。

FAQ:よくあるご質問

Q 試聴はどのくらいできますか?

A 基本的に7〜10日を一区切りとし、それを数回繰り返せます。段階にもよりますが、①の段階では、1〜2回ほど、②では、2〜4回ほどで終わるケースが多いです

Q 補聴器を借りる場合は、お金がかかりますか?

A 基本的には、かかりません。貸出は、無償で行なっており、かつ、ケースや使用する電池に関しても無償で貸出しています。ただし、故障や紛失した際は、実費をいただきますので、その点にご注意ください

Q 耳鼻咽喉科で耳を調べてもらったのですが、そのデータがありません。そのような状況でも相談していただけるのでしょうか?

A はい、大丈夫です。基本的に補聴器で必要な耳のデータは、当店で調べられるようにしていますので、問題ありません。ただ、お持ちであれば、持参いただけると助かります

Q 補聴器を購入するまで何回通えば良いのでしょうか?

A 初回を含めて、4〜6回で終了することが多いです。このくらいを目安にお考えいただければ幸いです。

Q 補聴器を試聴してみて調子が良かったのですが、すぐに購入できますか?

A 誠に恐れ入ります、当店でお貸出ししている補聴器は、試聴用となりますので、製品をご用意する必要があります。製品によっては、カラーを選択したり、一部、耳の型を採取して作るものもあるため、ご用意するお時間が必要となります。

Q お店に行くのは若い方が多いようですが、高齢者でも対応してくれますか?

A はい、大丈夫です。当店の場合は、インターネットからのお問い合わせが多く、そのため、若い方が多い状態になっています。耳が聞こえにくく、お悩みな方であれば、どなたでもお引き受けしています。

Q 購入する際は、補聴器のみ購入すれば良いのでしょうか?

A はい、おっしゃる通りです。補聴器を使用し続ける場合、電池やその他、故障を軽減させる乾燥剤が必要となります。当店の場合は、こちらに関して、補聴器ご購入時にサービスでつけております。電池に関しては、補聴器一台につき、3パック付属し、補聴器ご購入時から、使える状態にしています。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。