両耳とも聞こえにくいケースの対応

両耳とも聞こえにくいケースにつきましては

上記の通り、対応しています。初回は、耳の状況を確認させていただき、どのように補ったら良いのか。それらについて調べ、補聴器の説明から、試聴、日常生活、仕事場で試せるよう貸出を行います。

幾日か貸出し、補聴器があった方が生活が良くなる、仕事上の不便さを軽減できるとなった場合、どの補聴器を購入するのか。その相談を行なっていきます。決まりましたら、ご用意し、お渡しです。主にこのような流れで対応しています。

①補聴器を理解するための期間

こちらで行なっているのは、

  • 耳の確認(聴力や音声の理解度)
  • 耳に合う補聴器の説明
  • 補聴器の効果確認
  • 補聴器の試聴(貸出)

の4つとなります。基本的に初回では、これらのことを行います。

耳の確認

こちらで行うのは、

  • 聴力測定
  • 語音明瞭度測定

の2点です。聴力測定は、どのように音が聞こえているのかを調べる測定で、語音明瞭度測定は、音を大きく入れた時に音声がどれだけ理解できるかを調べる測定です。

もし、これらを病院さんで検査し、データがありましたら、ご持参いただけると非常に助かります。ない場合は、こちらでお調べします。

両耳とも聞こえにくい場合、主には、両耳とも補聴器を装用し、聞こえにくさを改善させるか、マイナーではありますが、聞こえを補える耳には、補聴器を装用し、聞こえを補えない状態の耳には、クロスと呼ばれる音の送信機をつけるバイクロスと呼ばれる補い方があります。

どのように補えば、状況が改善しやすいかは、耳の状況によって異なりますので、耳の状況を調べ、どのように補ったらできる限り不自由を軽減できるのか。はじめにこちらを調べていきます。

こちらに関して、より詳細を理解したい場合は、こちらをご覧ください。

リンク:両耳が聞こえにくい方を補聴器で補う方法と補う5つのパターン

耳に合う補聴器の説明

こちらでは、

  • 耳の状況説明
  • 補える補聴器の説明

の2つを行なっていきます。基本的に調べた耳の状況を説明し、どのように補ったらよいかを説明。その後、耳を補える補聴器を見ながら、相談を進めていきます。この際、実際に耳に補聴器をつけながら相談を進めていきます。

補聴器の効果確認

その次に行うのは、補聴器の効果確認です。補聴器は、耳に装用するだけではどのくらい聞こえているのかがわからないため、装用した状態を数値で確認していきます。この際、主にお話するのは、

  • お客様の聴力から目指せる改善の目標値
  • 視聴している補聴器は、どのくらい聞こえを補えているのか

の2点です。

初めの段階では、目標となる音量まで入れることが難しいケースが多いため、現状の聞こえを確認しながら、最終的にどのくらい聞こえを改善したら良くなるのかなどもお話ししています。

なお、当店で行なっている補聴器の調整に関しては、こちらに詳しく載せています。

リンク:補聴器の調整

補聴器の試聴(貸出)

補聴器の感覚を体験いただいたり、効果の確認が終わりましたら、補聴器の貸出を行います。当店の場合は、日常生活で補聴器があることで、どのように変化するのか、職場でどのように聞こえるのか、体験できるよう貸出も行なっています。

幾日か補聴器を試聴し、補聴器があった方が日常生活が楽になる、職場で仕事がしやすくなる、あった方が良いとなった場合、次のステップに進みます。

②補聴器を決める期間

補聴器があった方が生活が楽になったり、補聴器の購入を希望する場合、どの補聴器にするのか。こちらについて決めていきます。行うことは、単純で

  • 補聴器ごとの特徴を再確認
  • 希望する補聴器の試聴、製作

の2つを行います。再度、改めて補聴器に関して、どのような補聴器にするのかを相談し、その補聴器を用意したり、試聴、貸出を行います。

補聴器には、耳の型を採取して製作するものもありますが、この段階で、そのようなタイプの補聴器を製作し、実際に試聴できるようにしています。

③補聴器のお渡し

どの補聴器にするかが決まりましたら、ご用意後、お渡しして終了です。この際、今後の補聴器の相談に関しても行います。

補聴器の場合、製品によっては、汚れや目詰まりによって音が出なくなる、聞こえにくくなるものもあります。定期的にメンテナンスすることで、聞こえる状態をキープできるようになりますので、定期的なメンテナンスをお勧めします。

このメンテナンスは、当店にご来店いただくか、ご自身でやっていただくかの2つに一つとなります。ただ、お忙しい方でも機能の確認のため、6ヶ月に1度は、ご来店をお勧めしています。

当店の流れのまとめ

当店では、基本的にこのような流れで相談を承っています。始めに耳の状態を確認し、どのように補ったら良いのかを調べ、聞こえにくさを最も改善できる方法は、なんなんなのか。それを調べていきます。

その後、補聴器の試聴や貸出を通じ、補聴器のことを理解いただきながら、ご相談を進めていきます。補聴器の貸出を行っているのは、お店だけで聞いても日常生活でどのように変化があるのか、実際に使いたい場所、例えば職場では、どのような変化があるのかがわからないためです。

実際に貸出を通じ、理解いただきながら、仮にあった方が良いのであれば、どのような補聴器が良いのか。こちらの相談を継続していきます。その後、相談を進め、購入する補聴器が決まったらお渡しです。

当店では、このようにご対応しています。