2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

お使いの補聴器が聞きにくくなってしまった場合の対応

補聴器を使っていると様々なことが起こります。例えば、最近少し聞きにくくなったかも?と感じたり、急に聞こえが低下したりです。

頻度としては、少ないものの、これらのことが起こった場合、当店では、再度補聴器の調整をし直すことも行なっています。

補聴器の再調整

補聴器の再調整ですが、

  • 調整:現状の状態に合わせる
  • 確認:各種測定を行い、状況の把握
  • 代金:無償
  • 備考:全て一からやり直すケースから、少し修正するケースまで様々です

となります。

実際には、状況によって異なるのですが、少し変化した程度、もしくは、少し聞きにくいと感じる程度でしたら、現状の把握を行い、その後、今まで使っている状態をベースに補聴器の調整を行なっていきます。

逆に聴力の変動が起こってしまい、以前の状態と大きく異なる場合は、一からやり直し、その聴力に合わせて、再度、調整をし直していきます。

それぞれのパターン別、対応

それぞれ起こりうるパターンですが、

  • 少し変化したかも?
  • 急に聞こえなくなってしまった

の二つがあります。状況としては、1の方が多いのですが、たまに2のケースもあります。

少し変化したかも?

少し聞きにくくなったかも?という場合は、まず、現状を明らかにしていきます。明らかにするのは

  1. 特性:補聴器からどのように音が出ているのかを調べる
  2. 音場:補聴器装用時の聞こえの効果を調べる
  3. 聴力:場合によっては、こちらも調べます

の三つです。基本的によく行うのは、①〜②になります。これらが過去のものと変化がないかをまず確認します。

そして、たまに、聴力も調べ、変わりがないかを調べます。補聴器の方に変わり、もしくは、悪くなっている要因があれば、それを直していきます。

しかし、どうもそちらに原因がない場合は、補聴器の調整を変えていき、より良い方向へ行けるようにしていきます。

急に聞きにくくなってしまった

この場合は、まず治療及び病院さんの方が先になります。治療や残念ながらなすすべがなかった場合、再度、補聴器を合わせていきます。

その場合は、再度

  1. 聴力測定を行い、状態の確認
  2. 補聴器の調整をし、耳に合わせる
  3. 補聴器を装用した状態の確認(お店での効果チェック)
  4. 補聴器の使用チェック(日常生活上でのチェック)

を繰り返し、より良い状態にしていきます。

お客様の状況によって変化しますが、また2〜5回ほど通っていただき、状況をより良い方向へ変えていきます。

より良い聞こえへ

聞こえにくくなることや聴力低下は、ないに越したことはありませんが、起こりうることでもあります。その場合、当店では、このように対応し、より良い方向へ変えて行けるようにしています。

基本的にやることは、補聴器の調整と同様なのですが、現状を確認し、目標を定め、そして、そこまで改善させていく。これが、基本です。

仮にこのような状態になったとしても、当店では、再度、より良い状態へ直しています。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。