2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:社会

時代の状況が変われば求められる教育も変わる

本日、ちょっとお客さんと面白い話ができ、そこことで少々思うことがありましたので、その件に関して載せてみます。

私自身、たまに小さいお子さんのご相談を受けることがあるのですが、その点で、確かに今の市場の動きと言いますか、今現在の若いお母さん、お父さんの求めるものに関し、日本の療育センター、もしくは、ろう学校、通級指導教室は、少し、停滞気味だなと感じることがあります。

それらに触れつつ、今現在の日本の状況と私がもし、小さいお子さんをもつ親だったらどうするだろうか?ということに関して、考えてみます。

ちなみに療育の関係者や教育関係者の方々へ喧嘩をうる内容ではなく、素直に私自身が感じたことになりますので、軽〜い気持ちでご覧いただけると嬉しいです。

続きを読む

ブログをやって感じるネット上の相談の難しさ

ブログやインターネットを活用し、それなりにアクセスが集まってくるようになってくると、相談にくる方も多くなってくるのですが、お店に相談にいらしてくれる方は、全くもって問題ないのですが、一番困るのは、メールだけの相談、もしくは、口頭だけの相談です。

これはどんなものもそうですが、専門的な部分が強くなると強くなるほど、どうしても販売員(対応者)と一般のお客さん(相談者)の知識量に偏りが出てきますので、相談というのは、難しくなります。補聴器に関してもそうで、販売員が欲しいと思う情報はお客さん側は知らなかったりします。

これは、知らないのが悪いということを言いたいのはなく、あくまでもそのようなことが起こりやすいので、ネット上だけの相談というのは、本当に難しいなぁ……と感じます。

この点について最近、感じることについて載せていきます。

続きを読む

ネット上には、仕事の役に立つものもある〜私が見ているサイト、仕事編〜

先日、私が見ている一部のものを紹介しましたが、今度は、仕事編。数は少ないのですが、多くの示唆を得られます。基本的に外資系のコンサルタント系やフリーランスのものが多く、彼らの経験や考えは、非常に参考になります。

仕事というと「自分の業界は特殊だから」というようなケースは、ありますが、基本的に、どこもそう変わりはありません。応用できるものは、多くあります。そして、一部、個人ブログなため、社会やそれらの経験から得られたことなども学べます。

今は、ネットで情報収集できる時代。生き方のような、考え方のようなものもありますが、自分の糧になるものは、どんどん吸収していきましょう!

続きを読む

ネットの発達により、個から得られる情報が多くなった

私は、根っからのネット好きですが、ネットがある時代に生まれて、本当に良かったなと思います。もちろん、ここまで発展したのは、ネットを普及させた人物や発明した人物がいるのは、いうまでもなく、かつ、情報提供が一般の方でも気軽に行えるようになったのが、要因でもあります。

私もブログという形で関連しますので、こちらでは、日々感じていることを載せていきます。

続きを読む

ご年配のお客さんから教えてもらうことは多い

職業柄、年配の方を対応するケースがあるのですが、年配の方々から教えられることも多いなと感じます。私の場合、ほとんどネット経由で、お客さんが来るので、30〜40代の方が多く、高齢者の方は、逆に少ない傾向があります。世の中の補聴器販売店の逆を行くのが当店の特徴ですw。

ネットで集客していると、面白いことに高齢者でもネットを使いこなしている人もおり、高齢者の方もご来店されます。そして、彼ら、彼女らのお話を聞いていると、自分自身も学べることが多いな。と感じます。

なお、ここでいう高齢者は、65歳以上を定義しています。

続きを読む

検索フォーム