2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:補聴器

音場閾値測定で私が平均的に数値を補っている三つの理由

補聴器の調整には、現状、ルールはなく、かく各々が自分なりに調整している状態です。言い換えれば、聞こえを改善させるゴールは、共通ですが、そこにたどり着く手段が皆違う。という状態ですね。

日々、私の方では、音場閾値測定という補聴器で補えている数値を見れるもので、平均的に改善させるようにしています。その理由は、単純にこの方が改善できることが多いためです。

今回は、こちらに関して記載していきます。

続きを読む

補聴器の調整において、どのようにより良い改善を求めるか

最近、なぜか補聴器販売店の方々から、問い合わせを受けたり、補聴器の調整や改善のやり方に関して聞かれますので、こちらについて記載してみたいと思います。

あくまでも私がやっている方法ですが、このようにすると、やったことがない聴力の方でもそれなりに改善できるようになります。ただ、前もって言いますと、これをすれば完璧!という技術的なものではなく、あくまでも考え方+技術の二つが入ります。

続きを読む

軽・中等度難聴への補聴器の改善幅が上がってきた

私自身、常日頃から、どこまで改善できるのかを考えながら、改善をしていたりするのですが、このような考えで行なっていると、様々な学びがあったりします。

先日「原因不明の感音性難聴で軽・中等度難聴の方、補聴器で改善」という内容を記載したのですが、そこから感じたのは、より小さい音が聞こえるようになることで、改善の幅が徐々に上がってきているな。ということです。

続きを読む

私が補聴器の貸出、試聴をしている3つの理由

補聴器の試聴や貸出に関して、しているお店も今は、徐々に増えてきているかと思うのですが、私自身が補聴器の貸出や試聴をしているのは、お客さん側に使ってもらったり、安心して相談するためという側面もありつつ、私自身が、どのような補聴器を使ったら、このお客さんは、よりよくできるのか。それを見るためでもあります。

補聴器は、体験型の商品であり、使ってみないとわからないところも多くあるため、そのようにしています。今回は、その理由をもう少し、細かく記載していきます。

続きを読む

低音障害の方を実際に対応して学んだ3つのこと

先日【実例】低音障害型感音難聴の方を補聴器で改善した方法に関して記載しました。こちらに関しては、実際に対応した内容を記載してみたのですが、難しい症例の一つですので、実際に私が対応して学んだこと、得られたことに関してもシェアできればと思い、こちらも記載してみます。

前回のものがお客さん用とするなら、こちらは、補聴器を実際に調整する方、向けと行ったところでしょうか。どちらかというと感想的なものですが、載せていきます。

続きを読む

自分が目指すものに少しずつ近づいてきたこととそれを実現させた方法

私自身、生まれつきの難聴者で補聴器の販売をしていたりするのですが、ようやく…ようやく自分がすべきことができるようになってきたな……と感じることが増えてきました。

やっていることは、補聴器の販売ですが、私がしたいのは、聞こえにくい人の支援であり、補聴器を販売するというよりも支援をするために販売する、というスタンスでやっていたりします。

続きを読む

営業時間変更のお知らせとそれをするきっかけ

業務といえば業務連絡ですが、今まで9時~18時までの営業を9時~17時までの営業に本日より変更することとなりました。それ以外は、変わりありません。お休みは、月・木・祝日です。

その理由に関してですが、今まで18時まで対応していたのは、遅くに来る人がいた時に対応するためだったのですが、蓋を開けてみればびっくり。ほとんどそんな人はいませんでした。

であれば、さっさと切り上げて、考える時間やブログを書いたり、内容を考える時間にしたいな。というのが本音で、そのようにすることにしました。

続きを読む

私がお店をやる上で考えたこと

私自身、生まれつきの難聴者で、かつ補聴器を販売するお店をやっていたりするわけですが、そうしますと、不思議がられたり、どんな風にお店については、考えたのですか?など聞かれることがあります。自分の場合、単に私が難聴者なので、自分がいきたいと思えるお店は何か。を考えて作っただけにすぎなかったりします。

それを考えた上で実行したら、一般的な補聴器販売店と真逆なことを行うことになったのですが、来てくださるお客さんや実際に相談いただき、その方々とお話しすると、このやり方も一つの正解なんだなと感じます。

ということで、ちょっとこちらに関して載せていきます。たまには、こんなお話も良いですね。

続きを読む

補聴器でよりよくできるようになった3つの難聴ケース

お店には、様々な聴力の方が来られるのですが、最近、数年前の状態に比べ、聞こえを改善できるケースが増えてきたな。と感じることが多くなってきました。

少し昔の場合、うまく調整できず、改善がほぼできなかったケースもあるのですが、今現在は、改善できることが増えてきています。

実際には、聴力低下のレベルやその他の要素(音声を理解する力の有無など)によって変わり、かつ、まだうまく改善できないケースもあるのですが、改善できるようになってきたなぁと感じるケースは、徐々に増えつつあります。

今回は、こちらのケースについてまとめていきます。

続きを読む

値段が悩みなら買え、値段以外が悩みなら買うなは、まさにその通り

補聴器を購入する際に何かと話題になるのは、値段ですね。個人的にも正直、安いとは言えないものですので、お悩みになる点は、わかります。

ここで、どのように考えたら良いか。その点に関して、私なりにいつも考えていることが、タイトル通り、「値段が悩みなら買え、値段以外が悩みなら買うな」というものです。

この言葉、どこで聞いたか忘れてしまったのですが、なかなかに物の本質をついており、素晴らしい言葉だと思います。私自身も最近はこれを意識して、購入しています。

このようなことを書くと「高いものを買えってか!?」と思う方もいるかもしれませんが、この言葉を見ていただければわかる通り、私が言いたいのは「自分が欲しいものを買いましょう。ただし、手が届く範囲で」ということです。

続きを読む

補聴器は見られたくない!という方へ送るアドバイスと見えることで得られる3つの事

補聴器の事でお考えの方でも、まだまだ抵抗があり、補聴器について見えないものが良い。という方をたまにお見かけします。

よくWebでも雑誌でも見えない補聴器!みたいなものを書いているのを見かけますが、私の体感では、そのような補聴器を欲しいと思っているのは、だいたい3割ほどで、ほとんどの方は、自分の聞こえを最も改善できるものを欲します。

そのような場合、いわゆる「自分に合う補聴器がいい」と表現されます。補聴器は聞こえを改善させるためにありますので、当たり前ですね。

しかし、中には、補聴器を装用することに抵抗がある方もいるのも事実です。全体から見ると少ないとはいえ、抵抗があるとなかなか先に進むこともできません。そして、補聴器について相談してみると見えるものの方が良い。というようにアドバイスされることもあるかと思います。

もしかしたら考えたこともないかもしれませんが、実は補聴器に関してお伝えすると見えることによるメリットもあるのです。

私自身補聴器を使っており、かつ補聴器の販売もしている身から補聴器に関して見られたくない!とお考えの方へ少しでも先に進めるようアドバイスと補聴器に関する全体像の部分を今回は、記載していきます。補聴器についてしっかり理解できれば幸いです。

続きを読む

補聴器でどこまで補えるのかと聞こえのベースとなる部分

初めて補聴器を考えたり、補聴器について理解したいと考えても、なかなか補聴器については、わかりにくいのが現状です。補聴器に関して理解したい方にとって気になるのは「実際、補聴器ってどんなものなんだろう」というものだと思います。

ということで、今回は、

  • どこまで聞こえを補えるのか
  • 補聴器を使って聞こえる世界
  • 自分の聞こえを補える補聴器の判断
  • 聞こえのベースとなる部分は、どこなのか

の4つにわけ、基本となる部分に関して記載していきます。

補聴器をはじめに見た際は、どの形状にしようか、もしくは、どんなものがあるのかなど、どうしても見える部分に目が行きがちですが、それ以上に重要なのは、はじめに補聴器とはどんなものなのか。というところを理解することです。

続きを読む

耳のことを正しく伝えるって想像以上に難しい

お店をやっていると様々な人が来店されるわけですが、ちょっと考えさせられることが最近続きます。それは、タイトル通り、耳のことを正しく伝えるというのは、想像以上に難しいということです。耳のことに限りらず、特殊なもの、専門的な分野であるほど、その難しさというのは、共通する部分があるのではないかと感じます。

どんなことがあったのか。ということになってくると思いますので、それについて記載していきます。結論から記載しますと今現在、様々なところで情報を得られるようになり、得られるようになったはいいけれども正しく理解することが難しく、挫折する方をたまに見かけます。その方をどう減らすか。その点ですね。

続きを読む

クロス補聴器の聞こえ改善より行うために私が今、試していること

先日、クロス補聴器の欠点と調整する上で注意したい1つのことのようなことを記載しましたが、これにプラスして、今現在、私の方でさらにしていることに関して載せていきます。

前回の内容には、クロス補聴器の欠点と言いますか、問題点に関して記載しました。その点に関して、前回の内容だけでは、改善しにくい部分もありますので、さらにその部分を改善できないか。それを今、お客様と協力しながら行なっています。

その点についても記載してみます。

続きを読む

クロス補聴器の欠点と調整する上で注意したい1つのこと

そういえばサマーフォーラム2017でお話しした際に、このブログをみている方から一つ質問がありまして、それは、クロス補聴器については、どう調整すればいいのか、どう調整しているのか。というものです。

このブログ経由で、クロスのことを知る方も多いかと思いますので、今回は、クロス補聴器の問題点から、調整に関することを記載していきます。クロス補聴器は、ちゃんと補聴器そのものに関して理解すればよりよくすることはできるようになります。

以下の内容は、専門外の人にもわかるよう記載していきますので、片耳難聴の方もしっかり理解しておきましょう。そうするとより改善できるかもしれません。( ´∀`)/ 

続きを読む

yahoo知恵袋系に返答できる人は、ある意味すごい

昨日、もらった質問から補聴器販売の本質とすべきことについて考えるという内容を書いてみたのですが、さらに思うことがあり急遽記載。個人的には、返答する人は、ある意味すごいなと思います。私だったら、あまり書けないんですよね。

ちょっとこの点に関しても、記載してみます。

続きを読む

もらった質問から補聴器販売の本質とすべきことについて考える

最近、様々な問い合わせをいただくことと自分自身を内省していることもあり、補聴器販売に関して思うことがあります。0ベースから考え、どのようにすることがもっとも理想的なのか、それをよく考えます。

これに関しては、補聴器の販売という仕事はどうあるべきか。というところに焦点を当て、考えているわけですが、自分が考える補聴器販売とは、やはり聞こえの改善度を重視した、もしくは、そのほかの要素を網羅した上で、対応者(販売員)と受け手(お客さん)が一緒になって目的に向かい、歩めるようにすること。だと考えるようになりました。

こちらに関して感じることを載せていきます。

続きを読む

これからの補聴器販売に求められるのは、板前的職人

補聴器の世界ですが、急激に良くなってきているなぁ……と最近感じるようになりました。なぜ、そんなことを感じるかと言いますと、補聴器のフィッティングに関して、おそらくディープラーニングやPDCAを繰り返して学習し、かなり正確に調整できるようになってきた。というのがあります。

何を持って正確というべきかは、人によって異なるのですが、ちゃんと改善できるところまで改善させる。しっかりと聞こえを改善させる場合において、重要な聞こえの数値が、本当の意味で、フィッティングソフトと現実の効果が一致しつつあるので、今まで必要とされてきた人とこれから必要となる人が違うのではないか。とも感じます。

ちょっとこの点に関して記載していきます。ちなみに結論から言うと、タイトル通り、板前的職人であり、素材を活かせるやり方ができる人が、今後、より求められてくる。と私は感じます。

続きを読む

補聴器を装用している私が感じる早期に補聴器をつける理由

耳が聞こえにくくなり、補聴器の検討をしているのでしたら、個人的には、やはりあった方が良いと考えています。もちろん補聴器を装用し、効果がある場合に限るのですが、補聴器がしてくれることは、結構あります。

こちらに関して、全体的な内容と実際に補聴器を使っている私自身が感じることについて載せていきます。

なお、結論から言いますと、私自身が感じる補聴器を早期装用する最大の理由は、心の負担を軽減させ、自分自身の自信を少しでも多く取り戻すことです。その部分が一番大きいと感じます。

続きを読む

徐々にクロス補聴器が広まってきたなぁというお話し

お店をやっていると様々な方とお話ししたり、問い合わせ、電話がきたりするのですが、そこで思うのは、クロス補聴器について徐々に広まってきたな……と思うことです。

クロス補聴器は、片耳難聴の方で、かつその聴力低下した耳が補聴器で補えない場合に使う補聴器です。そのため、一般的な補聴器と異なり、なかなか調整した人、扱ったことがある人も、いないのですが、そのような方も増えてきているように感じます。

続きを読む

検索フォーム