2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:調整

これからの補聴器販売に求められるのは、板前的職人

補聴器の世界ですが、急激に良くなってきているなぁ……と最近感じるようになりました。なぜ、そんなことを感じるかと言いますと、補聴器のフィッティングに関して、おそらくディープラーニングやPDCAを繰り返して学習し、かなり正確に調整できるようになってきた。というのがあります。

何を持って正確というべきかは、人によって異なるのですが、ちゃんと改善できるところまで改善させる。しっかりと聞こえを改善させる場合において、重要な聞こえの数値が、本当の意味で、フィッティングソフトと現実の効果が一致しつつあるので、今まで必要とされてきた人とこれから必要となる人が違うのではないか。とも感じます。

ちょっとこの点に関して記載していきます。ちなみに結論から言うと、タイトル通り、板前的職人であり、素材を活かせるやり方ができる人が、今後、より求められてくる。と私は感じます。

続きを読む

同じ補聴器でも調整する人によって聞こえは違う

cactus-1059633_640

補聴器を長く使用している方とお話しすると、様々な気付きを得られるのですが、最近、妙に納得したのが、タイトル通り、同じ補聴器でも調整する人によって聞こえは、違うという事です。ついこの間、私が扱っているメーカーを前に試した事がある方が来られ、実際に試したところ、聞こえの改善ができました。ご本人は不思議そうにしていましたが、こちらからすれば、別に不思議な事ではありません。

こちらは、そのままの意味で、同じ補聴器でも調整する人によって聞こえ方は、違ったりします。補聴器って、不思議ですね。なぜそのような事が起こるかと言いますと、最終的には、補聴器メーカーが推奨する値ではなく、補聴器をフィッティングする人の調整で音が決まるからです。ですので、例え同じ補聴器でも聞こえ方は、異なったりします。

そして補聴器は、どのように耳に合わせていくかが重要になってきますので、その考え方によっても聞こえや調整の方法は変わります。

続きを読む

私がしている補聴器の調整方法は、数値で確認する事

magnifying-glass-562570_640

ありがたい事に様々なお客さんが来られ、かつお話ししていて感じる事は、補聴器の販売店によって、色々とやり方が違うんだなぁ……という事です。こんな風に対応してくれた、ある販売店では、こんな風に補聴器の確認をしてくれた。違うお店に訪ねられる場合は、どちらかというと悪い評価が多かったりするのですが、一方で、良い評価をしてくださっているお客さんもいます。

個人的には、やり方に正解はなく、まぁ聞こえにくさが改善できればそれで良いのではないかと考える人間なのですが、ここで、私がしている補聴器の調整方法に関して、少々ざっくりではありますが、記載していきます。タイトルにもう答えが出ていますが、私の場合は、数値にして確認し、補聴器の調整をしています。

続きを読む

補聴器の音が耳に合わない場合に考えられる三つの事とその改善方法

snow-man-592022_640

補聴器の音が耳に合わない。これほど辛い事はないだろう。音が強く感じすぎてしまい、耳が痛くくなれば補聴器を装用する事が難しくなるし、難しくなれば、補聴器で改善できたところも諦めざるを得ない。音が小さい場合もそうだ。聞こえにくい状態でずっといるのは、何とも心苦しい状況となる。

では、このような場合、どのような方法を使って改善していくのだろうか。こちらでは、私自身がしている事を紹介しよう。基本的には、補聴器販売店でしかできない方法となるが、少しでも耳に関する理解が進めば幸いだ。

続きを読む

補聴器の聞こえを数値化して初めて補聴器の効果を実感したお話し

new-brighton-1239724_640

最近「すみません、補聴器の状態を見てくれませんか?」という依頼が増えてきた。このような方々を対応してみて感じるのは、案外、聞こえを数値化して自分の状況を理解している方がいないのだと思う。

もちろん、それに関して、善し悪しをいう気はない。補聴器を購入する時に、必ずやらなければならない事ではないし、義務づけられている訳でもない。良くも悪くも自由だ。そして評価の対象はそこだけでもない。ただ、私は、自分自身の感覚を理解するためには、必要な事だと考えている。

ある日、一人の青年が訪ねてきた。「すみません、自分の聞こえに補聴器が合っているのかわからないので見てもらいたいのですが」私は快く引き受けた。

続きを読む

補聴器販売店がしている補聴器の調整の一連の流れ

reading-1209174_640

補聴器の調整は、補聴器を使っている人からすると、よくわからないものだと思います。色々とごちゃごちゃやって、何かしている部分はわかるかもしれませんが、それが何を表すのか、どうなのかは、理解しにくい部分があります。

そこで、私がどのように補聴器の調整に関してやっているのか。ちょっとした流れに関して、記載していきます。補聴器の理解が少しでも進めば幸いです。

なお、以下の内容は、フォナックというメーカーのものを使用しています。それ以外のメーカーのソフトは、わからないので、ご了承ください。

続きを読む

聴力検査で聴力が下がった?という場合にする補聴器の確認と調整

fountain-pens-1393979_640

補聴器を長く装用していると、聴力が低下する、変動するという事があります。この部分は、起こりやすい方もいれば、起こりにくい方もおり、人により、大きく異なります。

そのような場合、私の方で行っているのは「聴力の測定をした後、補聴器を装用した状態も測定し、ヒアリングを繰り返しながら調整をしていく」となります。具体的には、現状と過去のデータあるいは、目標とする数値と見比べ、どのような状況かを初めに把握します。その後、その現状についてご説明し、どのようにしていくかを決めていきます。

なお、これらの事は、耳鼻咽喉科に行った後である事に行う事となり、聴力変動が小さい場合において当てはまるものとなります。この点だけご注意ください。

続きを読む

音を区別する事の難しさと音を調整する事の意味を考える

昨日は、補聴器の抑制機能に関する内容を記載してみました。今回は、それに関係する内容です。抑制機能系に問題の核となるのは、タイトル通り、聞く必要がある音、ない音の区別です。

この区別がつかないと本来は聞こえていなければならないのに関わらず、聞こえないようにしてしまう可能性があります。それでは、耳の聞こえを補っている……とは、とても言えない状態になりかねません。

この部分は、考えると考えるほど、音の区別はかなり難しいことに気が付きます。今回は、この事で思う事を記載していきます。

続きを読む

検索フォーム