2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:概要

補聴器で目指せる聞こえの改善と補聴器の実際のところ

補聴器で改善できるところは、どこまでなのでしょうか。そして、その改善と補聴器の実際のところについては、どうなのでしょうか。その点に関して会話形式にしてまとめてみました。補聴器に関して理解したい方は、参考にしてみてください。

では、レッラゴー!

続きを読む

聞こえにくい人に補聴器がしているたった一つの事

person-941311_640

少し前に、初めての方に補聴器を調整する際に行われている3つの事、という事で、初めての方に、どう補聴器は調整しているのか、そして、補聴器を装用した時に、どのような事を確認しているのか、という点について記載しました。

この内容の中で、説明が少し足りないかな……と思う内容がありまして、それは、補聴器がどのようにして、聞こえにくい人達の耳に合わせようとしているかです。さて、この部分は、わかりますでしょうか。補聴器は、単に音を大きくしているわけではありません。

補聴器がしている事は、その人の耳の感覚に合わせて音量の増幅値を変化させるというたった一つの事をしています。では、どのようにしているのか。この点が理解できると、より補聴器がしている事について理解する事ができます。

続きを読む

初めての方に補聴器を調整する際に行われている3つの事

ben-wiener-906552_640

補聴器を初めて装用する方には、どう補聴器の音は、調整しているのでしょうか。どこも、なかなか補聴器の調整に関しては、記載していません。こちらでは、どのように補聴器を調整しているのか、普段販売店の人が、どのような事に気をつけているのか、それらに関する内容について、記載していきます。

あくまでも私自身がやっている事ですので、参考程度にどうぞ。補聴器をどのように調整しているのかの全体的な内容が理解できれば幸いです。

続きを読む

聞こえにくいけど補聴器を使用しない人に思うつぶやき

denmark-1034165_640

ちょっと聞こえにくいけど、まだいいかな……。年寄りに見られたくない……。いやまだ、私はいけるはずだ!とお考えで、補聴器を装用しない方に思うのは「これで本当に良いのだろうか?」という事です。

そのように思う理由は、難聴が引き起こす事、人として幸せに過ごすには、どのような事が必要なのか、この二つの観点から思います。難聴の本質は、コミュニケーション障害にあり、聞こえにくいと、どうしても意思疎通がしにくくなります。

私自身難聴である事から、自分が普段考えている事を書いていきます。今回は、珍しくつぶやき系ですね。

続きを読む

補聴器を装用する事で得られる効果は、苦痛を減らせる事

girl-690614_640

補聴器を装用している私自身が思うのは、補聴器とは、聞こえを改善させる事で、対人関係を改善させるものである、という事です。そして、補聴器を装用して得られるものは、マイナス要素を減らす事で、精神が安定する事、あるいは、落ち込んでいる期間、回数を減らす事にあります。

誰でも悪口を言われたり、ハブられたり、上司との関係で上手く行かなければ悩む事になります。その痛みを和らげるのが、補聴器であると、私は、考えています。

続きを読む

補聴器は、こんな風に調整していますよ、というお話し

meeting-1002800_640

補聴器の調整は、どんな風に行っているのでしょうか。補聴器販売店に行って補聴器の調整をされた事がある方にとっては、馴染みがあるものですが、初めての場合は、よくわかりませんね。

という事で、こちらでは、実際に、耳の聞こえを計るところから、補聴器の調整に関して、記載していきます。補聴器販売店は、こんな風に補聴器を調整しています。

続きを読む

補聴器で耳は治す事ができるの?という問いに対する答え

「補聴器を装用する事で、耳は治りますか?」これは、良く聞かれる質問の一つになります。この問いに対する答えは、「聞こえの改善はできるけれども治す事はできません」となります。補聴器は、音を大きくする道具なのですが、耳の聞こえは、音を大きくすれば、簡単に改善できるかと言いますと、そうでもありません。

これは一体どういった事なのでしょうか。音が聞こえにくいから、お話しや周囲の音が聞きにくいのではないでしょうか。今回は、こちらに関して記載していきます。

続きを読む

補聴器は使用しなければならないのか?に関する私的答え

補聴器屋に居る頃、たまに言われた事の一つに「補聴器は装用しなければならないものなのか?」という事でした。ご自身の聞こえが低下した事、自身の体を補助する道具を受け入れる事は、それなりに苦痛を伴う事が多い様です。

今回は、この内容に関する私的答えを載せていきます。なお、結論を初めに言いますと「どちらでも良い」というのが、私の答えです。さて、これはどういった意味なのでしょうか。それについて、記載していきます。

続きを読む

難聴の方に対し、補聴器はどう音を大きくしているのか

補聴器は、どのように考えて音を大きくしているのでしょうか。そして、難聴の方の耳は、どのような特徴があるのでしょうか。こちらでは、補聴器がしている事について記載していきます。

難聴の方の耳は、一般の方に比べ、特殊な環境になっています。そのため、補聴器もそのような耳に合わせる仕組みになっています。では、補聴器がしている事について見ていきましょう。

続きを読む

補聴器はコミュニケーション障害を改善するために装用する

今現在、耳の聞こえが低下した際に取れる策は、耳を治療する事、補聴器を装用する事です。基本的に、耳鼻咽喉科を受診したのち、耳が治療不可の場合にのみ、補聴器を装用します。

一般的には、耳の聞こえを良くするものが補聴器です。しかし、個人的には、耳を良くするというよりもコミュニケーション障害を改善するために補聴器は装用するものだと思っています。なぜなら、難聴の問題点は、耳が聞こえなくなる事より、聞こえにくくなる事によって起こる事にあるからです。

今回は、そんな補聴器がしてくれる事、改善してくれる事について記載していきます。これを機に難聴について理解すると共に、補聴器がしてくれる事に関して、理解が進めば幸いです。

続きを読む

補聴器の役割は、耳の役割の代用をする事

toilet-paper-627032_640

補聴器の役割とは、どのようなものがあるのでしょうか。私自身、補聴器がしてくれている事を考えてみますと、タイトル通り、補聴器の役割は、耳の役割を代用してくれる事にあると思っています。

補聴器がしてくれる事は、音を大きくして、聞きやすくしてくれる事です。しかし、音を聞きやすくする事によって得られる効果は、聞こえやすくなる事ではありません。聞こえやすくなる事で、会話が増えたり、会話を楽しめるようになる事もあれば、周囲の音が聞こえるようになり、危機感知ができるようにもなります。

今回は、こちらについて記載していきます。補聴器は、音を聞こえやすくしてくれる道具ではありますが、本当の真価は、耳の役割を代用し、少しでも生活を楽になるようにする機器だと考えています。

続きを読む

補聴器の自動化から見えてくる理想の補聴器像

drill-444493_640

今現在、補聴器の音を自動で操作してくれるものが増えてきています。この機能は、補聴器の中に複数の音の設定を記録し、必要な場面場面に応じて、適切な音設定に切り換えてくれるものです。これにより、操作する必要がなく、補聴器自身が常に音の適切化を図っています。今の補聴器は、このような事をしてくれる補聴器が数多く出てくるようになりました。

ここで私自身は、一つ疑問を感じました。「なぜこのようなものが進んでいるのだろうか」と。私自身は、メーカー出身の人間ではありませんが、これに対する私なりの答えについて、記載していきます。個人的には、補聴器は使うものではなく、聞こえをサポートする道具だからだと考えています。

続きを読む

デジタル補聴器の概要とできるようになった事

ball-63527_640

今現在、主流の補聴器といえば、デジタル補聴器です。では、デジタル補聴器とは、どのような補聴器なのでしょうか。アナログ補聴器から、デジタル補聴器に変わり「デジタル補聴器になって性能が良くなりました」「デジタル補聴器になり、聞こえやすくなりました」など聞くことがありますが、これは、どのような意味なのでしょうか。

デジタル補聴器に関する説明は、色々とありますが、少々難しいように感じますので、こちらでは、簡単に書いてみます。補聴器に関する理解が進めば、幸いです。

続きを読む

難聴の問題点と特殊性から見る補聴器の役割

photographer-1210243_640

難聴とは、耳が聞こえにくくなる事を指します。では、難聴の問題は、何でしょうか?耳が聞こえにくくなる事でしょうか、それとも聞こえにくくなって起こる何かでしょうか。

私自身、生まれつきの難聴者ので、耳の事は、よく考える機会がありました。そんな私が思う事は、難聴とは、何とも不思議なものであるという事です。難聴そのものが引き起こす問題と難聴そのものにある特殊性……、これは、難聴独自にあるものではないかとも思います。

難聴の問題と特殊性とは、どのような意味なのでしょうか。この部分を記載すると共に、そこから考える補聴器の役割について、記載します。

考えると考えるほど、補聴器は、単に聞こえやすくする道具ではなく、色々な事を考えたうえで、音を補っていく必要があるのだと実感します。

続きを読む

補聴器は、なぜアナログからデジタルへ変化したのか

補聴器は、なぜアナログからデジタルへ変化したのでしょうか。補聴器を装用している人からすると少し疑問を感じた事は、ないでしょうか。もちろん、こちらは、自然と進化したわけではありません。他の物を見てみると未だにアナログちっくなものはありますし、デジタルとアナログが混合しているものもあります。例えば時計には、デジタルもアナログもあります。

アナログとデジタルの違いの一つに、音の増幅方法があります。補聴器の増幅方法の中には、リニア増幅、ノンリニア増幅というものがあります。マイクから入ってきた音そのものを決められた数値通りに増幅するのがリニア増幅であり、マイクから入ってきた音の大きさ別に増幅値を変更したのが、ノンリニア増幅です。今現在、デジタル補聴器では、ほぼノンリニア増幅で調整されています。ほぼと記載しているのは、補聴器によってリニア増幅にもできるからです。

では、なぜノンリニア増幅というものに変化してきたのでしょうか。そこには、難聴者の耳に関して良く考えた結果があります。

続きを読む

補聴器は、効果がない?に関する大きな誤解

aroni-738302_640

補聴器の装用を迷っている層には「補聴器は、聞こえない」「補聴器は、効果がない」と思っている方々が少なからず、いるのではないか、そんな風に思っています。補聴器を装用しても全ての事が理解できるわけではないのは、確かですが、それがイコール効果がないわけでもありません。少なくとも難聴者である私は、そのように考えています。

では、なぜそのような事が言えるのでしょうか。そして、なぜそのように感じやすいのでしょうか。

難聴者だからこそ、わかる視点から、補聴器について記載していきます。その答えは、難聴独自の症状と感覚である事が要因です。こちらの内容で、少しでも補聴器や耳について、理解いただければ、幸いです。

続きを読む

補聴器はやりたい事をするために装用しよう

補聴器の価値ってやはりそこにあるんだろうな……。こんな事を思わせるエントリーを見つけました。

リンク:“ちょっとしたバイト”から高スキル人材へ

こちらの内容は、マーケット感覚を身につける。という主題で、様々な物の価値をどのように考えるかを教えてくれる内容です。ちきりん氏が出した「マーケット感覚を身につけよう」は、非常に面白く、かつ物の価値を考えさせられる本でした。

さて、この内容(エントリー)を読み、思った事があります。補聴器の価値は、どこにあるのか。これは、非常に重要な内容であり、常に考えていかなければならない事です。当然ですが、補聴器の価値は、耳を聞こえるようにする事ではありません。

では、補聴器の価値とは、何でしょうか。改めて考えていきましょう。

続きを読む

補聴器を諦めてしまった方へ伝えたい補聴器の真価

補聴器の価値は、どこにあるのでしょうか。耳を聞こえるようにする事でしょうか。それとも耳の聞こえを改善させる事でしょうか。

私自身、補聴器の真価は、聞こえるようになる事ではなく、人と繋がれるようになる事であると考えています。それは、補聴器は、人とお話しする時に初めて必要とされ、そして人とのお話しを改善するものは、補聴器しかないからに他なりません。

今回は、なぜそのような事が言えるのか、そして、補聴器の真価とは何かを記載していきます。補聴器には、できない事もありますが、できる事もあります。そこから、補聴器の真価が見えてきます。

補聴器を諦めてしまった方が補聴器の真価を感じるようになれば、幸いです。

続きを読む

補聴器の耐久年数は5年、にまつわる謎と新たな判断基準

補聴器を購入するとき、「どのくらい補聴器は使用できますか?」「補聴器の耐久年数は、どのくらいですか?」という質問があります。それに対して良く聞く言葉は、「5年です」や「4~6年です」という言葉です。

しかし、よくよく考えてみるとこの考えは、少しおかしいのではないか……と感じます。

というのも、補聴器は修理して使用していくことが前提の機器です。世の中には、壊れたら新しいものを購入するタイプと修理し続けて使用していくタイプがあります。補聴器は、修理し続けて使用していくタイプです。

今回は、疑問に思うポイントと新たな考えた方について記載していきます。

続きを読む

言葉しか聞こえない補聴器はなぜできないのか

言葉しか聞こえない補聴器があれば……。補聴器を装用する方から、たまにこのような事を言われます。言葉が聞きにくく、普段思うようにコミュニケーションできない方からすれば、言葉しか聞こえない補聴器は、理想の補聴器です。しかし、今現在、このような補聴器は、未だ存在していません。

では、なぜ存在していないのでしょうか。メーカーは作る気がないのでしょうか。それとも技術的に難しいのでしょうか。実を言うと技術的には、そう難しくありません。しかし、こちらは、あえてそのようなものを作ろうとしていません。

今回は、言葉しか聞こえない補聴器を開発しない理由について、記載していきます。これには、耳の役割が大きく関係します。

続きを読む

検索フォーム