2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:基本事項

他で補聴器が合わなくてもそれ以外のところで補聴器が合う理由

anemone-1533515_640

補聴器が耳に合わないということで、補聴器の装用を断念するケースはあるかと思いますが、それにより、どうしても補聴器そのものが駄目であると感じがちです。しかし、補聴器は、調整する人の技術×補聴器の性能=補聴器の効果となりますので、他のところでダメでも、別のところで相談したら良くなったということはざらにあります。

その理由は、補聴器とは、あくまでも器で、補聴器の効果を決めるのは、補聴器ではなく、調整する人の腕だからです。たまに補聴器のメーカーを変えてみてどう感じるのか。ということで渡り歩く方もいるのですが、補聴器の販売をしている私からすると的外れになります。補聴器を変えることにより、聞こえてくる音の感覚は変わるかもしれませんが、聞こえの効果は、それほど大きく変わることはありません。

続きを読む

聞こえにくさが軽い内に補聴器をつけた方がいい3つの理由

snowdrop-1263455_640

たまに「少しだけ聞きにくいだけなので、このままでいいかな」「聞きにくいけれど我慢すればいいか」などお考えの方をお見かけします。本当の意味で、ほんの少しだったり、あまり困っていないのであれば構わないのですが、明らかに困っている場合は、医療機関への相談、補聴器の相談をおすすめします。

補聴器は、聴力低下が軽い内に装用した方が、聞こえにくさを改善できます。そのため、状況を改善させるのでしたら、早期に装用する事がおすすめです。どんな病気も早期の方が改善できるように補聴器も早期の方が聞こえの効果を改善できます。

続きを読む

いくつも補聴器屋さんを回っている人は、人に注目しよう

knowledge-1052010_640

たまにいくつも補聴器屋さんを回っている人を見かけるのですが、そのような方にアドバイスしているのは、ものに注目するのではなく、人に注目すること、ということです。補聴器を販売している身から言えるのは、こちらですね。

なぜそのようなことが言えるのか。補聴器の販売をしている身から言えることを伝えていきます。

続きを読む

補聴器は、どのくらい使える?主な使用時間と平均寿命

pocket-watch-598039_640

補聴器は、電池を入れて使う機器であり、電池を入れて使える時間もあれば、使用できる寿命もあります。では、実際にどのくらい使えるものなのでしょうか。こちらに関してまとめていきます。補聴器に関してお考えであれば、こちらに関して参考にしてみてください。

続きを読む

補聴器を使って慣れるものには、3種類ある

sun-flower-1536088_640

補聴器には、慣れが必要と言われることも多いのですが、この場合の慣れとは、なんでしょうか。それは、音が多く聞こえることと、音が大きく聞こえること、そして、音の質が変化することの3つです。言い換えれば補聴器を装用した時に感じる感覚に関して慣れるということになります。

補聴器に限らず、人の感覚を補うもの、サポートするものは、少なからず、このような慣れが必要なものが多くあります。なじみのある身近なものは、メガネ、コンタクトレンズでしょうか。少し前に補聴器を装用するとどうに聞こえる?という疑問の解を記載したのですが、こちらに関しても載せていきます。

続きを読む

補聴器を装用するとどうに聞こえる?という疑問の解

nature-471179_640

補聴器を装用する際、どのように聞こえやすくなるのか。それに関しては、良くも悪くも聞こえやすくなる。というのが正直な感想です。補聴器を使った時の想像をしようと思っても、普段、音を大きくするもの、例えばテレビや動画、音楽プレイヤーなどそれらの音を大きくするとは、やっていることが全く異なりますので、、少し解りにくいかもしれません。中には、こちらと同じ感覚で想像しており、補聴器で音を聞いた時のギャップに驚く方もいます。

補聴器を装用すると、音は大きくなりますが、それ以上に感じるのは、聞こえる範囲が非常に広がる。それが補聴器を装用している人間が感じることです。補聴器を装用することで、どのように聞こえが変化するのか、こちらに関して載せていきます。

続きを読む

補聴器を装用した時の聞こえを数値化するメリット

schutzengelchen-1690635_640

私の場合、自分の耳を合わせている感覚で、お客さんの耳に補聴器を合わせています。私の場合は、人の感覚は、わからないものだと考えた上で、感覚を数値化し、そのデータを見せつつ、お客さんの補聴器の調整をしています。

このようにしている理由は、自分自身が補聴器を装用しても、音が聞こえるようになっている感覚こそわかるけれども、どのくらい聞こえるようになっているのかわからなかったり、そもそも補聴器を装用した時に、どこまで聞こえるようになれば良いのかがわからないためです。補聴器を装用している身からすると、これらのことは、感覚だけでは判りにくいと思います。現に私の場合、数値にしないとわかりません。

聞こえを数値化することのメリットは、聞こえる感覚が可視化されることに加え、自分自身の状態を目標値と比較することで、感覚を相対的に理解しやすくなることです。

続きを読む

補聴器を使う場合、耳掃除はした方がいい?という質問の答え

ear-207405_640

補聴器を使う場合、心配になることの一つは、耳の掃除です。よく掃除した方が良いかとご心配される方もいるのですが、補聴器を使用していて、特に問題なければ掃除しなくても構いません。

普段、耳掃除をよくしている方もいらっしゃいますが、基本的に耳掃除は、月に一回程度で良かったりします。耳あかは、耳を守る役割をしているため、あまりにもやり過ぎてしまうと、耳を守るバリアをなくしてしまうほか、耳を傷つける要因にもなりかねません。

補聴器を装用する場合に関する耳掃除については、補聴器に影響ないなら、耳掃除はそんなにしなくてよいとなります。

続きを読む

補聴器を使っている私が補聴器の効果をすぐ出せる調整にする理由

cat-1634369_640

昨日、補聴器は、すぐに効果は出ない。は本当なのか?という内容を記載しましたが、その続きになります。私自身は、なるべく補聴器の効果は、早く出すようにしています。それには、幾つか理由がありますが、一番感じているところは、早ければ早いほど、負担もかかりにくく、かつ生活の質が良い状態を長くできるためです。

補聴器の調整は長くかかるというのは、個人的には、お客さんや患者さんの負担を考えていないようであまり好きになれない考えです。中には、長くなるケースはありますが、短くできるところは、短くし、負担を軽減することも必要ではないかと、私は思います。補聴器は、聞こえにくい人のためにあるものであり、補聴器のために聞こえにくい人がいるわけではありません。

続きを読む

補聴器は、すぐに効果は出ない。は本当なのか?

child-1543766_640

補聴器を使っており、販売もしている私からすると少々、不思議に感じるのですが、たまに補聴器販売店で「補聴器は、すぐに効果は出ない。2〜3か月かけて、調整していくもの」や「2〜3ヶ月我慢し続けて、使用していくもの」と聞くのですが、これは、本当なのでしょうか?

実を言うとつい先日まで、この発想に私も捉われていたのですが、自分なりに補聴器の調整の定量分析をすると、必ずしもそうでないのではないかと思うことが増えてきました。もちろん、元々補うのが難しい方や補聴器を最大限活かすということをすれば、時間は必要ですが、それなりの効果は、初めて試聴する場合でも出すことができます。

続きを読む

補聴器をたくさん試聴するより、良いお店を見つけよう

glasses-1246611_640

たまに補聴器をたくさん試聴すれば、自分にとって良いものが手に入るとお考えの方がいますが、そのようなことはありません。補聴器は、試聴する数を増やせば増やすほど、何が良いのかは、逆にわかりにくくなります。試聴したものの感覚を忘れるからですね。

それ以外に、補聴器の場合、わかりにくい要素がいくつかあります。今回は、その点を踏まえつつ、抜け出す方法に関して載せていきます。結論から言えば、補聴器をたくさん試聴するよりも、自分にとって良いと思えるお店を探すことが重要です。

続きを読む

補聴器の効果が期待できる聞こえを補える範囲

sheep-1642874_640

補聴器は、耳の聞こえを補える機器ですが、残念ながら上限があります。それは、あまりにも聴力が軽い場合は、補聴器で補える範囲以上の聞こえとなり、効果を感じにくくなりますし、逆に、あまりにも重い場合は、耳を補いにくくなりますので、人工内耳という機器の方が、聞こえの改善度が高まります。

では、補聴器の効果が(概ね)期待できる聴力や補聴器で補える範囲は、どのあたりなのでしょうか。こちらに関して載せていきます。軽すぎても、重すぎても補聴器は、効果が期待できません。しかし、試してみてどう感じるのか。それを確認することは、とても重要です。

続きを読む

髪の毛が多すぎると補聴器の音は聞きにくくなるというお話し

girl-1589845_640

補聴器を装用している人で、見えにくくしたいがために髪の毛を多くし、見えなくしている人もいるのですが、補聴器を使っており、かつ補聴器を販売している身からするとあまりオススメできるものではありません。その理由は単純で、髪の毛が多ければ、多いほど、音が髪に遮られ聞きにくくなるからです。意外に理解されていないのですが、耳周りの髪の量が多いと、補聴器の聞きにくさにつながります。

続きを読む

補聴器が、耳を治すところまでいけない3つの理由

time-371226_640

補聴器は、聞こえにくさを改善させる道具ではありますが、残念ながら耳を治すところまで改善させることは、できません。これには、幾つか理由があり、その理由に関して、述べていきます。

なお、はじめに補足をしますと、補聴器は、確かに耳を治すことはできないのですが、補聴器を装用することで改善できることはあります。仮に医師から耳を治せないと言われた場合、現状を改善させるには、補聴器を使用し、聞こえる音を大きく聞こえるようにして改善させることとなります。耳は治せないかもしれませんが、現状で困っている幾つかのことは、改善させることができます。

続きを読む

騒がしい中、補聴器で音声を聞きやすくするちょっとした裏技

checkmate-1511866_640

そういえばこんなものあったな……という事で、補聴器に関するちょっとした裏技についてご紹介。主に騒がしい中で聞きやすくするものになるのですが、そこまで使えるものではないので、少々微妙かもしれません。しかし、知っておくといざという時にもしかしたら活用できる……かも?

ということで記載していきます。

続きを読む

どうやって良い補聴器販売員を見抜くかについて

signpost-20032_640

当店も早いもので、今現在、運営7ヶ月目で、来月で8ヶ月目になります。初めは、全然人が来ない状態でしたが、今は、連日、人が来るようになりました。そのせいか、ブログの内容も実際にお客さんとお話しした内容を参考に書いたり、話題となったものを書いたりしています。それが一番ですね。

さて、先日、お客さんとお話ししていて話題に上がったのは「どうやって良い販売員を見抜くか?」という事があったのですが、私から言えるのは、正直、よくわからないという事です。唯一できる事は、お話しを聞いてみて、耳を改善させる方法をお話ししてくれるか、補聴器で改善させる方法をお話ししてくれるか、その違いを理解するくらいしかないように感じます。

続きを読む

語音明瞭度で安易に補聴器の適性判断を行うべきではないのかもしれない

japan-970705_640

私の場合、測定できる方には、基本的に補聴器の効果を数値に落とし込んで、評価をしているのですが、最近、語音明瞭度の測定結果で、むやみやたらに補聴器の適性判断を行うべきではないのかもしれない……と思う事があります。それは、補聴器を装用する事で、耳(ヘッドフォン使用)の語音明瞭度の最良値を超える事があるためです。

語音明瞭度測定とは、どのくらい音声が理解できるかの数値化したものであり、補聴器の効果を見定める一種の測定となります。音が聞こえる事と、音が理解できる事は、異なり、中には、音を大きくしても聞き取りに貢献しない方もいます。このような傾向が出ると、残念ながら補聴器を装用しても効果が得られる事は少なくなります。

しかし、最近、補聴器の効果を測定したり、その方の耳の理解度を測定する内に、耳の測定をした数値の最良値より、補聴器を装用して得られる聞こえの最良値が上回る事が増えてきました。仮にそのような事が起こるのであれば、適切に判断できていると言えないのではないか、そして、仮にこの数値が低くても、諦める必要はないのではないか、そんな風にも考えるようになりました。

続きを読む

補聴器の適性音量を知るのに重要なのは、色々な音量を試す事

soldier-917947_640

補聴器を装用していておおよそ適切な音量を知るには、色々な音量を試す事が重要です。初めて補聴器を装用する際は、補聴器からどのように聞こえるのか、どのくらいの音量が良いかがわかりにくいかと思いますが、その際、意識していただきたいのは、色々な音量を試す事です。

様々な音量を試す事により「その音量にすると、どんな風に聞こえるのか」という知見が溜まり、おおよその適性音量がわかるようになります。自分がどのように音を感じるのか、その体感値から、音量を決めていけると、自分にとって良い音量は理解しやすくなります。

続きを読む

聞こえにくくて困っていると言っているのに「様子を見ましょう」と言う医者に思う事

sunset-174276_640

当店の場合、このブログを見てくださり、そこから、補聴器の相談やお問い合わせをいただくのですが、思いのほか、患者さんが聞こえにくくて、仕事や人の集まりで困っていると言っているのに、医師から「様子を見ましょう」と言われ、困ったまま放置される事が多い事にびっくりしています。

生まれつき聞こえにくい私から言えるのは、しっかりと患者さんが求めている事について対応して欲しいという事です。最近、立て続けに依頼を受けたため、こちらに関して私が思う事を載せていきます。

続きを読む

今まで聞こえにくい人が聞こえる世界に入った瞬間に起こる事

gift-553149_640

私のお店は、補聴器を販売するお店ですので、日々、試聴依頼や補聴器のご相談を承っているのですが、たまに、補聴器を装用すると、驚く程、表情や人が変わるような方がいらっしゃいます。それだけ、異なる世界であり、聞こえるようになって、今までしにくかった事ができるのではないか、なんか聞こえる感覚がすごい!と感じ、自然にそのような表現をしてしまうのだと思います。

このような表現を見ていると、本当に聞こえやすくなっているんだなと感じたりする反面、少々、面白く感じたりもします。聞こえの世界に入るという事は、このような驚きがあります。

続きを読む

検索フォーム