2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:基本事項

補聴器は、効果がない?に関する大きな誤解

aroni-738302_640

補聴器の装用を迷っている層には「補聴器は、聞こえない」「補聴器は、効果がない」と思っている方々が少なからず、いるのではないか、そんな風に思っています。補聴器を装用しても全ての事が理解できるわけではないのは、確かですが、それがイコール効果がないわけでもありません。少なくとも難聴者である私は、そのように考えています。

では、なぜそのような事が言えるのでしょうか。そして、なぜそのように感じやすいのでしょうか。

難聴者だからこそ、わかる視点から、補聴器について記載していきます。その答えは、難聴独自の症状と感覚である事が要因です。こちらの内容で、少しでも補聴器や耳について、理解いただければ、幸いです。

続きを読む

補聴器を初めて装用する方に伝えたい装用後の世界

woman-872122_640

補聴器を装用する際、どのような事が身に起こるのでしょうか。補聴器を装用する時のイメージは、できるかもしれませんが、実際にどのような事まで起こるのかを適切に理解できている方は、少ないように感じています。

補聴器は、良くも悪くも聞こえるようにしてくれます。注意が必要なのは、都合の良い聞こえには、してくれない事です。

今回は、補聴器を装用している私自身が、補聴器を装用した時に起こる事を記載していきます。これらの内容をご覧になり、補聴器を装用する際、少しでも抵抗が少なくなれば幸いです。

「こんな変化がある」「装用するとこう変わる」というものが予めわかっているケースとわからないケースでは、補聴器の受け入れにも差が出ます。初めて補聴器を装用する方には、装用後に起こりうる事を予め知っておくと適切に対応しやすくなると考えています。

では、早速見ていきましょう。

続きを読む

補聴器はやりたい事をするために装用しよう

補聴器の価値ってやはりそこにあるんだろうな……。こんな事を思わせるエントリーを見つけました。

リンク:“ちょっとしたバイト”から高スキル人材へ

こちらの内容は、マーケット感覚を身につける。という主題で、様々な物の価値をどのように考えるかを教えてくれる内容です。ちきりん氏が出した「マーケット感覚を身につけよう」は、非常に面白く、かつ物の価値を考えさせられる本でした。

さて、この内容(エントリー)を読み、思った事があります。補聴器の価値は、どこにあるのか。これは、非常に重要な内容であり、常に考えていかなければならない事です。当然ですが、補聴器の価値は、耳を聞こえるようにする事ではありません。

では、補聴器の価値とは、何でしょうか。改めて考えていきましょう。

続きを読む

補聴器を諦めてしまった方へ伝えたい補聴器の真価

補聴器の価値は、どこにあるのでしょうか。耳を聞こえるようにする事でしょうか。それとも耳の聞こえを改善させる事でしょうか。

私自身、補聴器の真価は、聞こえるようになる事ではなく、人と繋がれるようになる事であると考えています。それは、補聴器は、人とお話しする時に初めて必要とされ、そして人とのお話しを改善するものは、補聴器しかないからに他なりません。

今回は、なぜそのような事が言えるのか、そして、補聴器の真価とは何かを記載していきます。補聴器には、できない事もありますが、できる事もあります。そこから、補聴器の真価が見えてきます。

補聴器を諦めてしまった方が補聴器の真価を感じるようになれば、幸いです。

続きを読む

聴力を補う際に理解しておきたい感覚を補うという意味

耳の聞こえを補うとは、どのような事なのでしょうか。耳の聞こえが低下すると生活に困る事から、補聴器を装用するようになります。ある人は、適切に補聴器を使用し、ある人は「補聴器は合わない」「補聴器は雑音ばかりする」このような声を聞きます。

これらの事は、正解でもありますが、不正解でもあります。重要なのは、耳の聞こえを補うとは、どのような事かをしっかり理解する事です。耳の聞こえを補う事は、残念ながら都合のよい聞こえにする事ではありません。

続きを読む

補聴器の効果を出すために知っておきたい四つの事

macbook-577758_640

補聴器の効果を感じる方とそうでない方は、どこが違うのでしょうか。そして、補聴器の効果をできるだけ感じるようにするには、どのようにしたら良いのでしょうか。

聞こえにくい方にとって、補聴器で効果を感じるようになる事は、とても良い事です。今まで聞きにくい事で、できなかった事ができるようになれば、それはすごく良い事ですし、その不自由が少しでも改善されればより自身の環境が良くなります。

そこで改めて考えてみました。これらの方々は、どこが異なるのか……。ここで効果がある方の特徴をまとめてみると四つに集約されました。

もし、難聴で悩んでいるという事でしたら、こちらをご覧になり、聞こえの改善にお役立てください。

続きを読む

しっかり理解したい補聴器を早めに装用する3つのメリット

book-863418_640

補聴器を早めに装用するメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。よく言われる補聴器を早く装用するメリットは、聞き取りを良い状態でキープできる事、若い頃ほど、補聴器に馴染みやすい、慣れやすい、という事です。しかし、早期装用のメリットは、これだけではありません。

難聴の本質は、コミュニケーション障害です。このコミュニケーション障害による弊害も補聴器を早期装用する事により、軽減できます。これが、三つ目のメリットです。

今回は、一般的に言われている事にプラスして、私自身が考える早期装用のメリットについても記載していきます。早期装用して、聞こえを改善させていくと共に、コミュニケーション障害の被害も少なくしていく事が、難聴を改善させるうえで、重要になります。

続きを読む

多くの人が誤解している補聴器が慣れるという状態

boy-59171_640

私自身補聴器を装用しているのですが、いつも「慣れる……」という言葉にちょっとした疑問を感じます。その疑問は、正しくその言葉を使用しているか……という疑問です。補聴器を販売する視点から見るとこの言葉は、非常に魅力的です。補聴器が合わない理由を慣れの所為にできてしまいます。

その事から、補聴器を販売する時になんでもかんでも「慣れますよ」なんて使用しているのではないか……。そんな疑問もあります。

結論から言うと「慣れ」はあります。ただし、この慣れは、慣れるものと慣れないものがあります。

ここで、補聴器屋での勤務経験があり、かつ生まれつきの難聴者(補聴器使用歴20年になりました)の私が、慣れるという事、馴染むために必要な事に関して記載していきます。

補聴器の事をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

では見ていきましょう。

続きを読む

補聴器の耐久年数は5年、にまつわる謎と新たな判断基準

補聴器を購入するとき、「どのくらい補聴器は使用できますか?」「補聴器の耐久年数は、どのくらいですか?」という質問があります。それに対して良く聞く言葉は、「5年です」や「4~6年です」という言葉です。

しかし、よくよく考えてみるとこの考えは、少しおかしいのではないか……と感じます。

というのも、補聴器は修理して使用していくことが前提の機器です。世の中には、壊れたら新しいものを購入するタイプと修理し続けて使用していくタイプがあります。補聴器は、修理し続けて使用していくタイプです。

今回は、疑問に思うポイントと新たな考えた方について記載していきます。

続きを読む

補聴器の装用タイミングを理解する2つのポイント

clocks-1054799_640

補聴器を装用するタイミングは、いつが良いのでしょうか。こちらは、伺う人により、異なる答えが来ます。ある人は「聴力がこのくらいまで下がったら……」ある人は「聞こえにくさを感じた時……」と言います。

私自身は、聞こえにくさを感じた時に補聴器は装用する方が良いと考えています。なぜなら難聴は、聞こえにくさだけが影響するわけではないからです。そして、聞こえにくさを感じており、それによる精神的苦痛を和らげられるのであれば、たとえ軽度の聞こえであっても補聴器の効果があると考えています。

さて、これは、なぜなのでしょうか。その内容について述べていきます。

続きを読む

補聴器を装用する人は、自声の響き、こもりを理解しておこう

soundboard-785798_640

補聴器を装用する事によって起こる事に、自声の響き、こもりというものがあります。これは、補聴器を耳の中に入れる事によって起こる事であり、自分の声が大きく聞こえる現象を言います。補聴器を装用する事によって、全体的に聞こえが良くなる事も関与して、自分の声が大きく聞こえやすくなるのですが、それにプラスして、耳の中で低く響いた感覚を感じる事もあります。

これらは、補聴器を装用する際に起こる事ですので、こちらに関して理解しておきましょう。馴染む事が一番の方法ではありますが、それがしにくい場合に備えて対策に関しても載せていきます。補聴器が活用しやすくなれば幸いです。

続きを読む

難聴の販売員はメリット、デメリット、どちらが多い?

難聴の補聴器販売員は、メリット、デメリットどちらを多く感じるのでしょうか。私自身、補聴器の販売員をやっていました。そこで感じたのは、メリットよりデメリットの方が多いような……と感じています。

では、難聴の方が補聴器販売員になることによるメリット、デメリットには、どのような事があるのでしょうか。こちらに加え、障害についても考えていきます。

続きを読む

補聴器を不要と考えている方へ伝えたい補聴器の効果

補聴器を装用するとどのような効果があるのでしょうか。そして、補聴器は、何をもたらしてくれるのでしょうか。今現在、補聴器に対するイメージは、あまり良いものではありません。これでは、本来必要としている層にも、使って欲しい層にも補聴器が届きにくくなります。さらに補聴器を装用すれば、聞こえの環境が改善できる方にも届かなくなってしまいます。

では、補聴器は、そんなに悪いものなのでしょうか。補聴器は、言葉が聞き取りにくいから必要ない機器なのでしょうか。ここで、私自身が思う、補聴器について記載してみます。補聴器は、皆さんが知る通り、完全な機器ではないのは確かです。しかし、だからといって、全く効果がないものでもありません。その理由について、記載していきます。

続きを読む

言葉しか聞こえない補聴器はなぜできないのか

言葉しか聞こえない補聴器があれば……。補聴器を装用する方から、たまにこのような事を言われます。言葉が聞きにくく、普段思うようにコミュニケーションできない方からすれば、言葉しか聞こえない補聴器は、理想の補聴器です。しかし、今現在、このような補聴器は、未だ存在していません。

では、なぜ存在していないのでしょうか。メーカーは作る気がないのでしょうか。それとも技術的に難しいのでしょうか。実を言うと技術的には、そう難しくありません。しかし、こちらは、あえてそのようなものを作ろうとしていません。

今回は、言葉しか聞こえない補聴器を開発しない理由について、記載していきます。これには、耳の役割が大きく関係します。

続きを読む

補聴器は雑音がする?のホント、ウソ

aircraft-847693_640

補聴器は、よく雑音がすると言われます。「雑音がひどい……」「雑音ばかりで使い物にならない……」補聴器屋に来るお客さんの中には、恐る恐る来られていた理由が「雑音が多い」だった事もありました。

補聴器は雑音がする。この答えは、正解でもあり、不正解でもあります。重要なのは雑音は何を意味するかを知る事です。さて雑音とは何でしょうか?

今回は、そんな雑音につい記載していきます。補聴器に関する理解が少しでも深まれば幸いです。

続きを読む

通信販売、ヤフーオークションで補聴器を購入するのは失敗の元

mailbox-983081_640

最近、通信販売やヤフーオークションで補聴器を売買しているサイト、あるいは、人をちらほら見かけるようになりました。通信販売やヤフーオークションは、安値で購入できるところが魅力的ですが、補聴器の場合、致命的な弱点が存在します。

そのため、通信販売、ヤフーオークションで補聴器を購入するのは、失敗の元となります。どんな事があったとしても自分自身に合う補聴器は、通信販売、ヤフーオークションで手に入る事はありません。

では、なぜそんな事が言えるのでしょうか。その理由について、記載していきます。補聴器は、その人の耳の聞こえに合わせる機器です。そして、その聞こえは、千差万別であり、同じ聞こえの方は、ほとんどいません。ここがポイントになります。

続きを読む

耳鼻咽喉科と補聴器販売店、補聴器相談する際の利点、欠点

tulip-690320_640

補聴器の相談をする場所といえば、耳鼻咽喉科と補聴器販売店があります。では、この二つは、どのように異なるのでしょうか。この二つに関するそれぞれの利点、欠点に関して記載していきます。

どちらも一長一短ですので、自分の状況に合わせて、耳の相談をする事が重要です。

なお、こちらに記載している内容ですが、耳鼻咽喉科に行っても耳の治療ができなかった状態である事が前提となります。まずは、耳鼻咽喉科で相談し、耳の状態を良くする事ができるのか、できないのかを確認する事が大切です。

補聴器は、あくまでも耳の治療ができない方が使用する機器となります。

続きを読む

アナログ補聴器とデジタル補聴器の聞こえ方は全く別物

person-731159_640

アナログ補聴器とデジタル補聴器の聞こえ方の違い。どんな違いがあるのでしょうか。

これらを理解するとより自分の聞こえに合わせる方法が見出せるかもしれません。

最近のデジタル補聴器は、アナログのような聞こえにしたり、デジタルの聞こえにする事もできます。

アナログ補聴器とデジタル補聴器の違いは、他のサイトでもありますので、それぞれの利点、欠点と個人的思考を混ぜて記載していきます。

全ての物には、利点があれば、欠点もあります。アナログ補聴器、デジタル補聴器も同様です。

続きを読む

難聴を相談する耳鼻咽喉科の探し方と補聴器相談の形式

耳が聞こえにくくなった……耳に違和感を感じる……そんな時、相談する場所といえば、耳鼻咽喉科です。しかし、耳鼻咽喉科は、文字通り、耳、鼻、喉とあり、それぞれ得意とする科が異なります。耳の事が得意な先生もいれば、鼻が得意な先生、あるいは、喉が得意な先生など、様々な先生がいます。

では、難聴の事を相談したいと考えた時、どのように適切な耳鼻咽喉科を見つけたら良いのでしょうか。こちらでは、見つける方法と補聴器相談の形式について記載していきます。耳の聞こえについて相談でき、少しでも状況が改善されれば、幸いです。

続きを読む

場合によっては逆効果?補聴器出張相談の利点、欠点

自宅に来てくれて補聴器の相談ができる。これは、非常に便利です。家の中で相談できれば、補聴器屋に行かずゆったり相談できます。必要なもの全て、補聴器屋がもってきてくれますので、非常に楽な事になります。

しかし、物事には必ず良い点もあれば、悪い点もあります。これは、補聴器の出張相談も同様です。

今回は、補聴器の出張相談の利点、欠点についてあげていきます。どのような利点、欠点があるか理解した上で、出張相談は利用しましょう。

続きを読む