2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:基本事項

補聴器を使用する気がない人に、補聴器は難しい

先日は、「補聴器の効果が残念ながら見込めない人」というエントリーを記載しました。こちらは、補聴器そのものの効果が見込めない人がいるという内容でした。しかし、補聴器が合わない人を広い範囲で考えてみると、効果が見込めない人以外にも、タイトル通り、使用する気がない人も当てはまります。

では、なぜそんな事が言えるのでしょうか。仮に聞こえにくいのであれば、補聴器を装用させてあげる事で、聞こえが改善し、その人にとっても良いのではないか……このように考えている方もいらっしゃると思います。この点は、私自身難聴だからこそわかる事と補聴器が行う補聴の方法にヒントがあります。今回は、こちらについて記載していきます。

続きを読む

補聴器の効果が残念ながら見込みにくい人

highlighter-1103715_640

補聴器を装用する事で、聞こえるようになる……というのは、その通りです。しかし、中には、補聴器の効果が残念ながら見込めない人、あるいは、効果が薄い人がいます。補聴器そのものの性能が悪いという事ではなく、耳の状況によっては、補聴器が提供する補聴方法では、効果がありません。

では、どのような方がそれに当てはまるのでしょうか。今回は、こちらについて、記載していきます。なお、こちらの効果がないというのは、状況的に聞きたい音が非常に聞き取りにくい、理解するのが難しい場合を指します。

早速見ていきましょう。

続きを読む

初めて補聴器を装用した時の自分の経験

boy-950563_640

先日より、初めて補聴器を装用する時における使用時間について初めて補聴器を使用する時、場所はどこからが良いのか、など、初めて補聴器を使用する際における事について、記載してきました。初めて補聴器を装用すると、良くも悪くも環境が変化します。補聴器を装用した時に起こる変化やどのようにしたら、無理せず、かつ早く馴染むのかについて、記載したのが、上の二つになります。

ここで、補聴器を装用している私自身の経験に関しても記載してみます。それは、初めて補聴器を装用した時の経験です。その時、どんな事が起こったのか、そしてその経験から、補聴器装用について、どのように考えるのか、それらについて記載していきます。

続きを読む

初めて補聴器を使用する時、場所はどこからが良いのか

先日は、初めて補聴器を装用する時における使用時間についてという事で、初めて補聴器を装用する時、どのように使用すれば良いかについて記載してみました。初めて補聴器を装用する時は、様々な音が聞こえ、新しい聞こえになると共に、今までの聞こえとおさらばしなければなりません。それが感覚を変えるという事です。

では、場所については、どうなのでしょうか。前回では、場所については、触れていません。場所、環境によっても聞こえてくる音や音の量、音の強さは、異なります。今回は、この点について私がしていた事を記載していきます。私の答えは、「基本、どこでも可」となります。

続きを読む

初めて補聴器を装用する時における使用時間について

補聴器屋さんで補聴器を借りた時、もしくは、補聴器を購入した時、初めて補聴器を装用する時は、どのくらいから使い始めるのがベストなのでしょうか。ここは、お話しする人によって、ものすごくバラバラであり、決まりもありません。

初めて補聴器を装用する時は、様々な事が起こります。今まで聞こえていた感覚と異なる感覚になる事で、色々な事に気が付く反面、気が付きが多くなる事により、疲れてしまう事もあります。聞こえにくかった分が一気に聞こえてくるようになるのですから、それは、当たり前でもあります。むしろ、変化が感じられない場合は、あまり聞こえるようになっていないとも取れます。

では、そのような事が起こるのなら、どのくらい使用する事から始めるのが良いのでしょうか。こちらでは、私自身がしていた事について記載していきます。私の答えは「使用できるだけ使用する」になります。

続きを読む

難聴の問題点と特殊性から見る補聴器の役割

photographer-1210243_640

難聴とは、耳が聞こえにくくなる事を指します。では、難聴の問題は、何でしょうか?耳が聞こえにくくなる事でしょうか、それとも聞こえにくくなって起こる何かでしょうか。

私自身、生まれつきの難聴者ので、耳の事は、よく考える機会がありました。そんな私が思う事は、難聴とは、何とも不思議なものであるという事です。難聴そのものが引き起こす問題と難聴そのものにある特殊性……、これは、難聴独自にあるものではないかとも思います。

難聴の問題と特殊性とは、どのような意味なのでしょうか。この部分を記載すると共に、そこから考える補聴器の役割について、記載します。

考えると考えるほど、補聴器は、単に聞こえやすくする道具ではなく、色々な事を考えたうえで、音を補っていく必要があるのだと実感します。

続きを読む

耳の事を伝えづらいという方は、こう考えてみよう

私のブログでは、難聴の改善方法として、耳の事を周囲に伝える事をお勧めしています。しかし、たまに私宛へ送られてくる問い合わせメールを見てみると「伝える勇気がない」「どうしても言えない」というような内容が多くあります。これらを見る度に「みんな伝えにくいんだな……」と感じています。

そこでタイトル通り、耳の事を伝える際、少し考え方を変えてみてはどうだろうか?という事を記載していきます。耳の事を伝えるのは、自分のためではなく、相手のためです。難聴は、コミュニケーション障害ですので、全ては、相手を思いやる事から、始まります。

続きを読む

「補聴器の音が不自然」は、どうして起こるのだろうか

driver-1149997_640

たまに補聴器の音が不自然……という方をお見受けします。補聴器そのものが壊れている事によって不自然という事であれば、修理する事で直るのですが、補聴器から聞こえてくる音、そのものが不自然というのもあります。この不自然とは、どのようなものなのでしょうか。

私自身、補聴器を装用していて思うのは「耳の事を理解しない状態で装用すれば、確かに不自然に感じてもおかしくないな……」という事です。それは、補聴器とは、耳の聞こえを補う機器だからです。

耳の聞こえを補う補聴器は、なぜ「補聴器の音が不自然」と感じやすいのでしょうか。今回は、こちらについて見ていきましょう。

続きを読む

補聴器は、なぜアナログからデジタルへ変化したのか

補聴器は、なぜアナログからデジタルへ変化したのでしょうか。補聴器を装用している人からすると少し疑問を感じた事は、ないでしょうか。もちろん、こちらは、自然と進化したわけではありません。他の物を見てみると未だにアナログちっくなものはありますし、デジタルとアナログが混合しているものもあります。例えば時計には、デジタルもアナログもあります。

アナログとデジタルの違いの一つに、音の増幅方法があります。補聴器の増幅方法の中には、リニア増幅、ノンリニア増幅というものがあります。マイクから入ってきた音そのものを決められた数値通りに増幅するのがリニア増幅であり、マイクから入ってきた音の大きさ別に増幅値を変更したのが、ノンリニア増幅です。今現在、デジタル補聴器では、ほぼノンリニア増幅で調整されています。ほぼと記載しているのは、補聴器によってリニア増幅にもできるからです。

では、なぜノンリニア増幅というものに変化してきたのでしょうか。そこには、難聴者の耳に関して良く考えた結果があります。

続きを読む

補聴器から聞こえるノイズや仕様による音を理解しておこう

air-trunk-237728_640

補聴器を装用すると実に様々な音が聞こえるようになります。周囲のざわつく音、歩く音、遠くで何かしている音。聞こえてくる音は、非常に多彩です。しかし、中には、補聴器の仕様により、そのように聞こえている事があります。

では、補聴器から聞こえてくる仕様の音とは、どんな音なのでしょうか。ここで、補聴器を数十年使用している私の体験より、補聴器を装用すると聞こえる仕様の音を記載していきます。これらのものは、他の方法を選択することで、解決できるものもあれば、解決できないものもあります。

それでは、見ていきましょう。

続きを読む

補聴器は、効果がない?に関する大きな誤解

aroni-738302_640

補聴器の装用を迷っている層には「補聴器は、聞こえない」「補聴器は、効果がない」と思っている方々が少なからず、いるのではないか、そんな風に思っています。補聴器を装用しても全ての事が理解できるわけではないのは、確かですが、それがイコール効果がないわけでもありません。少なくとも難聴者である私は、そのように考えています。

では、なぜそのような事が言えるのでしょうか。そして、なぜそのように感じやすいのでしょうか。

難聴者だからこそ、わかる視点から、補聴器について記載していきます。その答えは、難聴独自の症状と感覚である事が要因です。こちらの内容で、少しでも補聴器や耳について、理解いただければ、幸いです。

続きを読む

補聴器を初めて装用する方に伝えたい装用後の世界

woman-872122_640

補聴器を装用する際、どのような事が身に起こるのでしょうか。補聴器を装用する時のイメージは、できるかもしれませんが、実際にどのような事まで起こるのかを適切に理解できている方は、少ないように感じています。

補聴器は、良くも悪くも聞こえるようにしてくれます。注意が必要なのは、都合の良い聞こえには、してくれない事です。

今回は、補聴器を装用している私自身が、補聴器を装用した時に起こる事を記載していきます。これらの内容をご覧になり、補聴器を装用する際、少しでも抵抗が少なくなれば幸いです。

「こんな変化がある」「装用するとこう変わる」というものが予めわかっているケースとわからないケースでは、補聴器の受け入れにも差が出ます。初めて補聴器を装用する方には、装用後に起こりうる事を予め知っておくと適切に対応しやすくなると考えています。

では、早速見ていきましょう。

続きを読む

補聴器はやりたい事をするために装用しよう

補聴器の価値ってやはりそこにあるんだろうな……。こんな事を思わせるエントリーを見つけました。

リンク:“ちょっとしたバイト”から高スキル人材へ

こちらの内容は、マーケット感覚を身につける。という主題で、様々な物の価値をどのように考えるかを教えてくれる内容です。ちきりん氏が出した「マーケット感覚を身につけよう」は、非常に面白く、かつ物の価値を考えさせられる本でした。

さて、この内容(エントリー)を読み、思った事があります。補聴器の価値は、どこにあるのか。これは、非常に重要な内容であり、常に考えていかなければならない事です。当然ですが、補聴器の価値は、耳を聞こえるようにする事ではありません。

では、補聴器の価値とは、何でしょうか。改めて考えていきましょう。

続きを読む

補聴器を諦めてしまった方へ伝えたい補聴器の真価

補聴器の価値は、どこにあるのでしょうか。耳を聞こえるようにする事でしょうか。それとも耳の聞こえを改善させる事でしょうか。

私自身、補聴器の真価は、聞こえるようになる事ではなく、人と繋がれるようになる事であると考えています。それは、補聴器は、人とお話しする時に初めて必要とされ、そして人とのお話しを改善するものは、補聴器しかないからに他なりません。

今回は、なぜそのような事が言えるのか、そして、補聴器の真価とは何かを記載していきます。補聴器には、できない事もありますが、できる事もあります。そこから、補聴器の真価が見えてきます。

補聴器を諦めてしまった方が補聴器の真価を感じるようになれば、幸いです。

続きを読む

聴力を補う際に理解しておきたい感覚を補うという意味

耳の聞こえを補うとは、どのような事なのでしょうか。耳の聞こえが低下すると生活に困る事から、補聴器を装用するようになります。ある人は、適切に補聴器を使用し、ある人は「補聴器は合わない」「補聴器は雑音ばかりする」このような声を聞きます。

これらの事は、正解でもありますが、不正解でもあります。重要なのは、耳の聞こえを補うとは、どのような事かをしっかり理解する事です。耳の聞こえを補う事は、残念ながら都合のよい聞こえにする事ではありません。

続きを読む

補聴器の効果を出すために知っておきたい四つの事

macbook-577758_640

補聴器の効果を感じる方とそうでない方は、どこが違うのでしょうか。そして、補聴器の効果をできるだけ感じるようにするには、どのようにしたら良いのでしょうか。

聞こえにくい方にとって、補聴器で効果を感じるようになる事は、とても良い事です。今まで聞きにくい事で、できなかった事ができるようになれば、それはすごく良い事ですし、その不自由が少しでも改善されればより自身の環境が良くなります。

そこで改めて考えてみました。これらの方々は、どこが異なるのか……。ここで効果がある方の特徴をまとめてみると四つに集約されました。

もし、難聴で悩んでいるという事でしたら、こちらをご覧になり、聞こえの改善にお役立てください。

続きを読む

しっかり理解したい補聴器を早めに装用する3つのメリット

book-863418_640

補聴器を早めに装用するメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。よく言われる補聴器を早く装用するメリットは、聞き取りを良い状態でキープできる事、若い頃ほど、補聴器に馴染みやすい、慣れやすい、という事です。しかし、早期装用のメリットは、これだけではありません。

難聴の本質は、コミュニケーション障害です。このコミュニケーション障害による弊害も補聴器を早期装用する事により、軽減できます。これが、三つ目のメリットです。

今回は、一般的に言われている事にプラスして、私自身が考える早期装用のメリットについても記載していきます。早期装用して、聞こえを改善させていくと共に、コミュニケーション障害の被害も少なくしていく事が、難聴を改善させるうえで、重要になります。

続きを読む

多くの人が誤解している補聴器が慣れるという状態

boy-59171_640

私自身補聴器を装用しているのですが、いつも「慣れる……」という言葉にちょっとした疑問を感じます。その疑問は、正しくその言葉を使用しているか……という疑問です。補聴器を販売する視点から見るとこの言葉は、非常に魅力的です。補聴器が合わない理由を慣れの所為にできてしまいます。

その事から、補聴器を販売する時になんでもかんでも「慣れますよ」なんて使用しているのではないか……。そんな疑問もあります。

結論から言うと「慣れ」はあります。ただし、この慣れは、慣れるものと慣れないものがあります。

ここで、補聴器屋での勤務経験があり、かつ生まれつきの難聴者(補聴器使用歴20年になりました)の私が、慣れるという事、馴染むために必要な事に関して記載していきます。

補聴器の事をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

では見ていきましょう。

続きを読む

補聴器の耐久年数は5年、にまつわる謎と新たな判断基準

補聴器を購入するとき、「どのくらい補聴器は使用できますか?」「補聴器の耐久年数は、どのくらいですか?」という質問があります。それに対して良く聞く言葉は、「5年です」や「4~6年です」という言葉です。

しかし、よくよく考えてみるとこの考えは、少しおかしいのではないか……と感じます。

というのも、補聴器は修理して使用していくことが前提の機器です。世の中には、壊れたら新しいものを購入するタイプと修理し続けて使用していくタイプがあります。補聴器は、修理し続けて使用していくタイプです。

今回は、疑問に思うポイントと新たな考えた方について記載していきます。

続きを読む

補聴器の装用タイミングを理解する2つのポイント

clocks-1054799_640

補聴器を装用するタイミングは、いつが良いのでしょうか。こちらは、伺う人により、異なる答えが来ます。ある人は「聴力がこのくらいまで下がったら……」ある人は「聞こえにくさを感じた時……」と言います。

私自身は、聞こえにくさを感じた時に補聴器は装用する方が良いと考えています。なぜなら難聴は、聞こえにくさだけが影響するわけではないからです。そして、聞こえにくさを感じており、それによる精神的苦痛を和らげられるのであれば、たとえ軽度の聞こえであっても補聴器の効果があると考えています。

さて、これは、なぜなのでしょうか。その内容について述べていきます。

続きを読む

検索フォーム