2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:装用

お客さんに補聴器の調整者の本質を言われた話

先日、東京に台風が近づいていたため、強い雨が降っていたのですが、そんな中、わざわざきてくださったお客さんと面白い話ができましたので、メモ。

その方とお話ししたのは【補聴器の調整者として、何が重要か】ということなのですが、その点に関しては、「お客さん、患者さんを改善させようとしているか。という態度そのもの」ということでした。

なかなかに本質を得ているといいますか、そのままのように感じたため、このまま記載していきます。

続きを読む

補聴器は見られたくない!という方へ送るアドバイスと見えることで得られる3つの事

補聴器の事でお考えの方でも、まだまだ抵抗があり、補聴器について見えないものが良い。という方をたまにお見かけします。

よくWebでも雑誌でも見えない補聴器!みたいなものを書いているのを見かけますが、私の体感では、そのような補聴器を欲しいと思っているのは、だいたい3割ほどで、ほとんどの方は、自分の聞こえを最も改善できるものを欲します。

そのような場合、いわゆる「自分に合う補聴器がいい」と表現されます。補聴器は聞こえを改善させるためにありますので、当たり前ですね。

しかし、中には、補聴器を装用することに抵抗がある方もいるのも事実です。全体から見ると少ないとはいえ、抵抗があるとなかなか先に進むこともできません。そして、補聴器について相談してみると見えるものの方が良い。というようにアドバイスされることもあるかと思います。

もしかしたら考えたこともないかもしれませんが、実は補聴器に関してお伝えすると見えることによるメリットもあるのです。

私自身補聴器を使っており、かつ補聴器の販売もしている身から補聴器に関して見られたくない!とお考えの方へ少しでも先に進めるようアドバイスと補聴器に関する全体像の部分を今回は、記載していきます。補聴器についてしっかり理解できれば幸いです。

続きを読む

補聴器でどこまで補えるのかと聞こえのベースとなる部分

初めて補聴器を考えたり、補聴器について理解したいと考えても、なかなか補聴器については、わかりにくいのが現状です。補聴器に関して理解したい方にとって気になるのは「実際、補聴器ってどんなものなんだろう」というものだと思います。

ということで、今回は、

  • どこまで聞こえを補えるのか
  • 補聴器を使って聞こえる世界
  • 自分の聞こえを補える補聴器の判断
  • 聞こえのベースとなる部分は、どこなのか

の4つにわけ、基本となる部分に関して記載していきます。

補聴器をはじめに見た際は、どの形状にしようか、もしくは、どんなものがあるのかなど、どうしても見える部分に目が行きがちですが、それ以上に重要なのは、はじめに補聴器とはどんなものなのか。というところを理解することです。

続きを読む

補聴器を装用している私が感じる早期に補聴器をつける理由

耳が聞こえにくくなり、補聴器の検討をしているのでしたら、個人的には、やはりあった方が良いと考えています。もちろん補聴器を装用し、効果がある場合に限るのですが、補聴器がしてくれることは、結構あります。

こちらに関して、全体的な内容と実際に補聴器を使っている私自身が感じることについて載せていきます。

なお、結論から言いますと、私自身が感じる補聴器を早期装用する最大の理由は、心の負担を軽減させ、自分自身の自信を少しでも多く取り戻すことです。その部分が一番大きいと感じます。

続きを読む

治らないから使わないという方々に関する答え

さて、先日から色々と補聴器について学んできたクロブタ。先日は、深井さんが補聴器を使用している理由に関して話してくれました。しかし、その内容を聞くうちに少し気になることがクロブタには、ありました。それは、治らないから使わない。という考えについてです。

前々から深井さんは、補聴器では耳を治すことはできないけれど、改善させることはできると言っていました。そして、現に深井さんは、使用されています。が、一部では、治らないから使わないという方がいるというのも聞いています。

果たしてそのところは、どうなのか。気になったクロブタは聞いてみます。

続きを読む

難聴者の私が補聴器を使用している理由

先日、補聴器を装用するとどのように聞こえるのか。そのお話をきいていたクロブタ。話を聞いていて思ったのは、補聴器を装用すると、周囲の音や聞きたい音以外の音も多く聞こえると言うことでした。

よく補聴器は使い続けられない。雑音ばかりで使い物にならないと聞いていたクロブタは、もしかしてそこが使われない理由なのでは?と思い、ふと補聴器を使っている深井さんにお話を聞いてみます。

その際、深井さんから出た言葉は「私が補聴器を使っているのは、使うことによるメリット>デメリットだから」と言うことでした。その点に関して聞いていきます。

続きを読む

補聴器を装用すると聞こえる感覚とより聞こえやすくなる音

補聴器の調整に関して前回は、聞いていきましたが、次にクロブタが気になったのは、実際に補聴器を装用すると、どんな感じに聞こえるのか?というところでした。聞こえの改善の部分も気になりますが、実際に装用するとどんな風に感じるのか。その点に関して、質問してみます。

続きを読む

私の耳に補聴器は合いますか?という質問の解

book-1716308_640

私宛に問い合わせいただく内容で多いのは「このような耳なのですが、補聴器は合いますか?」という内容です。正直なところを言いますと、耳の状態を調べずに補聴器が合うか、合わないかは、わかりません。

耳は、感覚だけではわからないからこそ、様々な測定を行い、耳の状況を可視化します。そして、その状態から、どのように補ったら良いか。そして、効果はあるのか。それを見ていきます。

こちらでは、その考えと簡単な判別方法を載せていきます。基本的な部分に関して、ご理解いただきつつ、簡易法ではありますが、そちらでご判断いただければと思います。

なお、簡易法で悪かったとしても、耳の補い方には、様々な方法がありますので、あくまでもおおよそ程度にお考え下さい。悪かったとしてもそれを前提で考えていけば、補い方には、様々なものがありますので、聞こえにくさを改善できるケースもあります。

続きを読む

補聴器が合っているのか、そうでないのかを見る3つの要素

suyan-766428_640

補聴器が自分の耳に合っているのか、そうでないのか。それを見るのには、どのようにしたら良いのでしょうか。こちらでは、補聴器を販売している私自身が見ている基準に関して、載せていきます。

基本的にこれらの部分を確認すれば、少なからず失敗することはありません。そしてここからが重要ですが、補聴器は、自分の耳に合わないものより、合うものの方が多くなります。

以下の内容をご覧になり、自分の耳に合う補聴器について、ご自身と補聴器屋さんで探していきましょう。

続きを読む

補聴器の効果を見る語音明瞭度測定の基本

mountain-1209738_640

語音明瞭度測定には、補聴器を考える前に耳の状態を理解する測定と、補聴器装用後の効果を見るための測定の2つがあります。こちらの内容は、後者になります。

補聴器の効果の確認には、音場閾値測定とこの語音明瞭度測定があります。補聴器の効果を知る一種の測定ですので、どのように効果を確認するのか。そして、どのような状況であれば、良いと言えるのか。それについて見ていきましょう。

なお、この測定は、あくまでも軽度~中等度難聴、一部高度難聴(70dB付近くらいまで)の方までが対象です。重い高度~重度難聴までいくと補聴器を装用しても、補える部分に限りがあり、この数値は、低いままになります。その場合は、測定してもあまり参考になりませんので、ご注意ください。

続きを読む

補聴器の効果を決める要素とその重要度に関して考えてみた

book-1760998_640

本日は、お休みなので、ちょっと私が思ったことでも書いてみます。つい先ほど、補聴器の効果を決める要素の中で、重要度をつけるとしたら、どのようになるのか。それについて考えていました。んで、自分なりに考えてみた結果、

耳の補い方>補聴器の調整>補聴器の形状>補聴器の性能

という考えに行き着きました。どのように考えて、こちらにたどり着いたのか。それについて載せてみます。

続きを読む

知っておきたい補聴器の効果を決める2つの要素

sparrow-9950_640

補聴器の効果は、何で決まるのでしょうか。補聴器の性能でしょうか。補聴器の調整でしょうか。こちらに関しては、両方とも正解です。補聴器の効果は、性能+音の調整によって決まります。

補聴器は、単なる器にしかあらず、そこにどれだけ音を入れるのか、それが重要になります。どこまで聞こえるようにさせるか。というように表現した方がわかりやすいかもしれません。

補聴器を購入する場合は、なかなかわかりにくいかもしれません。どの補聴器を購入しようか、どの補聴器が良いのか。それに関して、迷いがちです。しかし、私からアドバイスするとしたら、補聴器を購入するというよりも聞こえを改善できるものは、どれで、かつ自分の予算の範囲内で購入できるのは、どれか。という視点でしていただくことをお勧めします。

続きを読む

どの補聴器が良いかぐだぐだ悩んでいる方へ送る2つのアドバイス

frog-947770_640

ブログを書いていますと、多々ある相談は「A、B、Cの補聴器を試したけれども、どれがいいのかよくわかりません」という内容です。お店に来てくれれば状況などもわかり、よりアドバイスができるのですが、そうではなくメールですと、確認できない事が多いため、うまく回答ができません。

これらの方々から連絡いただいた時に、彼ら、彼女らに共通する要素を感じます。それは、補聴器はどのようなものなのか、そして、補聴器を決める上でどのようにしたら良いかが不明なことです。

そして、その悩みを改善させるのにアドバイスするとしたら、

  • 基準を合わせたら購入できる範囲内のものを買う
  • 耳ベースで改善を考えてくれる人に改善を依頼する

の2つになります。

続きを読む

他で補聴器が合わなくてもそれ以外のところで補聴器が合う理由

anemone-1533515_640

補聴器が耳に合わないということで、補聴器の装用を断念するケースはあるかと思いますが、それにより、どうしても補聴器そのものが駄目であると感じがちです。しかし、補聴器は、調整する人の技術×補聴器の性能=補聴器の効果となりますので、他のところでダメでも、別のところで相談したら良くなったということはざらにあります。

その理由は、補聴器とは、あくまでも器で、補聴器の効果を決めるのは、補聴器ではなく、調整する人の腕だからです。たまに補聴器のメーカーを変えてみてどう感じるのか。ということで渡り歩く方もいるのですが、補聴器の販売をしている私からすると的外れになります。補聴器を変えることにより、聞こえてくる音の感覚は変わるかもしれませんが、聞こえの効果は、それほど大きく変わることはありません。

続きを読む

聞こえにくさが軽い内に補聴器をつけた方がいい3つの理由

snowdrop-1263455_640

たまに「少しだけ聞きにくいだけなので、このままでいいかな」「聞きにくいけれど我慢すればいいか」などお考えの方をお見かけします。本当の意味で、ほんの少しだったり、あまり困っていないのであれば構わないのですが、明らかに困っている場合は、医療機関への相談、補聴器の相談をおすすめします。

補聴器は、聴力低下が軽い内に装用した方が、聞こえにくさを改善できます。そのため、状況を改善させるのでしたら、早期に装用する事がおすすめです。どんな病気も早期の方が改善できるように補聴器も早期の方が聞こえの効果を改善できます。

続きを読む

補聴器は、どのくらい使える?主な使用時間と平均寿命

pocket-watch-598039_640

補聴器は、電池を入れて使う機器であり、電池を入れて使える時間もあれば、使用できる寿命もあります。では、実際にどのくらい使えるものなのでしょうか。こちらに関してまとめていきます。補聴器に関してお考えであれば、こちらに関して参考にしてみてください。

続きを読む

補聴器を使って慣れるものには、3種類ある

sun-flower-1536088_640

補聴器には、慣れが必要と言われることも多いのですが、この場合の慣れとは、なんでしょうか。それは、音が多く聞こえることと、音が大きく聞こえること、そして、音の質が変化することの3つです。言い換えれば補聴器を装用した時に感じる感覚に関して慣れるということになります。

補聴器に限らず、人の感覚を補うもの、サポートするものは、少なからず、このような慣れが必要なものが多くあります。なじみのある身近なものは、メガネ、コンタクトレンズでしょうか。少し前に補聴器を装用するとどうに聞こえる?という疑問の解を記載したのですが、こちらに関しても載せていきます。

続きを読む

補聴器を装用するとどうに聞こえる?という疑問の解

nature-471179_640

補聴器を装用する際、どのように聞こえやすくなるのか。それに関しては、良くも悪くも聞こえやすくなる。というのが正直な感想です。補聴器を使った時の想像をしようと思っても、普段、音を大きくするもの、例えばテレビや動画、音楽プレイヤーなどそれらの音を大きくするとは、やっていることが全く異なりますので、、少し解りにくいかもしれません。中には、こちらと同じ感覚で想像しており、補聴器で音を聞いた時のギャップに驚く方もいます。

補聴器を装用すると、音は大きくなりますが、それ以上に感じるのは、聞こえる範囲が非常に広がる。それが補聴器を装用している人間が感じることです。補聴器を装用することで、どのように聞こえが変化するのか、こちらに関して載せていきます。

続きを読む

補聴器を装用した時の聞こえを数値化するメリット

schutzengelchen-1690635_640

私の場合、自分の耳を合わせている感覚で、お客さんの耳に補聴器を合わせています。私の場合は、人の感覚は、わからないものだと考えた上で、感覚を数値化し、そのデータを見せつつ、お客さんの補聴器の調整をしています。

このようにしている理由は、自分自身が補聴器を装用しても、音が聞こえるようになっている感覚こそわかるけれども、どのくらい聞こえるようになっているのかわからなかったり、そもそも補聴器を装用した時に、どこまで聞こえるようになれば良いのかがわからないためです。補聴器を装用している身からすると、これらのことは、感覚だけでは判りにくいと思います。現に私の場合、数値にしないとわかりません。

聞こえを数値化することのメリットは、聞こえる感覚が可視化されることに加え、自分自身の状態を目標値と比較することで、感覚を相対的に理解しやすくなることです。

続きを読む

補聴器を使う場合、耳掃除はした方がいい?という質問の答え

ear-207405_640

補聴器を使う場合、心配になることの一つは、耳の掃除です。よく掃除した方が良いかとご心配される方もいるのですが、補聴器を使用していて、特に問題なければ掃除しなくても構いません。

普段、耳掃除をよくしている方もいらっしゃいますが、基本的に耳掃除は、月に一回程度で良かったりします。耳あかは、耳を守る役割をしているため、あまりにもやり過ぎてしまうと、耳を守るバリアをなくしてしまうほか、耳を傷つける要因にもなりかねません。

補聴器を装用する場合に関する耳掃除については、補聴器に影響ないなら、耳掃除はそんなにしなくてよいとなります。

続きを読む

検索フォーム