2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:使用フォロー

補聴器は、どのくらい使える?主な使用時間と平均寿命

pocket-watch-598039_640

補聴器は、電池を入れて使う機器であり、電池を入れて使える時間もあれば、使用できる寿命もあります。では、実際にどのくらい使えるものなのでしょうか。こちらに関してまとめていきます。補聴器に関してお考えであれば、こちらに関して参考にしてみてください。

続きを読む

補聴器を使って慣れるものには、3種類ある

sun-flower-1536088_640

補聴器には、慣れが必要と言われることも多いのですが、この場合の慣れとは、なんでしょうか。それは、音が多く聞こえることと、音が大きく聞こえること、そして、音の質が変化することの3つです。言い換えれば補聴器を装用した時に感じる感覚に関して慣れるということになります。

補聴器に限らず、人の感覚を補うもの、サポートするものは、少なからず、このような慣れが必要なものが多くあります。なじみのある身近なものは、メガネ、コンタクトレンズでしょうか。少し前に補聴器を装用するとどうに聞こえる?という疑問の解を記載したのですが、こちらに関しても載せていきます。

続きを読む

補聴器を装用するとどうに聞こえる?という疑問の解

nature-471179_640

補聴器を装用する際、どのように聞こえやすくなるのか。それに関しては、良くも悪くも聞こえやすくなる。というのが正直な感想です。補聴器を使った時の想像をしようと思っても、普段、音を大きくするもの、例えばテレビや動画、音楽プレイヤーなどそれらの音を大きくするとは、やっていることが全く異なりますので、、少し解りにくいかもしれません。中には、こちらと同じ感覚で想像しており、補聴器で音を聞いた時のギャップに驚く方もいます。

補聴器を装用すると、音は大きくなりますが、それ以上に感じるのは、聞こえる範囲が非常に広がる。それが補聴器を装用している人間が感じることです。補聴器を装用することで、どのように聞こえが変化するのか、こちらに関して載せていきます。

続きを読む

補聴器を装用した時の聞こえを数値化するメリット

schutzengelchen-1690635_640

私の場合、自分の耳を合わせている感覚で、お客さんの耳に補聴器を合わせています。私の場合は、人の感覚は、わからないものだと考えた上で、感覚を数値化し、そのデータを見せつつ、お客さんの補聴器の調整をしています。

このようにしている理由は、自分自身が補聴器を装用しても、音が聞こえるようになっている感覚こそわかるけれども、どのくらい聞こえるようになっているのかわからなかったり、そもそも補聴器を装用した時に、どこまで聞こえるようになれば良いのかがわからないためです。補聴器を装用している身からすると、これらのことは、感覚だけでは判りにくいと思います。現に私の場合、数値にしないとわかりません。

聞こえを数値化することのメリットは、聞こえる感覚が可視化されることに加え、自分自身の状態を目標値と比較することで、感覚を相対的に理解しやすくなることです。

続きを読む

補聴器を使う場合、耳掃除はした方がいい?という質問の答え

ear-207405_640

補聴器を使う場合、心配になることの一つは、耳の掃除です。よく掃除した方が良いかとご心配される方もいるのですが、補聴器を使用していて、特に問題なければ掃除しなくても構いません。

普段、耳掃除をよくしている方もいらっしゃいますが、基本的に耳掃除は、月に一回程度で良かったりします。耳あかは、耳を守る役割をしているため、あまりにもやり過ぎてしまうと、耳を守るバリアをなくしてしまうほか、耳を傷つける要因にもなりかねません。

補聴器を装用する場合に関する耳掃除については、補聴器に影響ないなら、耳掃除はそんなにしなくてよいとなります。

続きを読む

髪の毛が多すぎると補聴器の音は聞きにくくなるというお話し

girl-1589845_640

補聴器を装用している人で、見えにくくしたいがために髪の毛を多くし、見えなくしている人もいるのですが、補聴器を使っており、かつ補聴器を販売している身からするとあまりオススメできるものではありません。その理由は単純で、髪の毛が多ければ、多いほど、音が髪に遮られ聞きにくくなるからです。意外に理解されていないのですが、耳周りの髪の量が多いと、補聴器の聞きにくさにつながります。

続きを読む

騒がしい中、補聴器で音声を聞きやすくするちょっとした裏技

checkmate-1511866_640

そういえばこんなものあったな……という事で、補聴器に関するちょっとした裏技についてご紹介。主に騒がしい中で聞きやすくするものになるのですが、そこまで使えるものではないので、少々微妙かもしれません。しかし、知っておくといざという時にもしかしたら活用できる……かも?

ということで記載していきます。

続きを読む

補聴器を装用するとおこる、こもる、響くにどう立ち向かうか

texture-1362877_640

補聴器を装用すると起こる事として、自分の声が大きく感じたり、トンネルの中に入った時ような声に感じる事があります。軽度〜中等度難聴の方に特に多い症状で、しばしばこの状態が装用の妨げになる事があります。

この現象には、対処法があります。しかし、その対処法は、良い部分もあれば悪い部分もあります。こちらに関する内容が、気になる方にとって役立てば幸いです。

続きを読む

ご両親に補聴器を使わせたいとお考えの方へ

home-1353389_640

この業界特有の事ですが、ご両親が聞こえにくくなり、意思疎通が難しくなった事により、無理矢理ご両親を耳鼻咽喉科、あるいは、補聴器販売店に連れて行き、補聴器の相談をする……という事が、度々あります。これは、耳鼻咽喉科でも、補聴器販売店でも、日々日常的に起こるため、そう珍しい事ではありません。

しかし、このような事をしますと、申し訳ありませんが、ほぼ補聴器は使われませんし、ケンカして、さらに仲が悪くなる事が多いです。言い換えれば、あなたの思い通りに、事が運ぶ事はありませんし、物事はさらにややこしくなります。

では、どのようにしたら良いのか。それについて、記載していきます。簡単な事ではありませんが、少しずつ改善させていくのが良い方法です。

続きを読む

初めて補聴器をつけると起こる2つの聞こえてくる音の変化

tulip-1290983_640

補聴器を初めて装用する際、どのような事が起こるのでしょうか。初めにどのような事が起こるのか理解していれば、対応も自ずとしやすくなりますし、受け入れもしやすくなります。

私自身生まれつきの難聴であり、補聴器を装用している身ですが、その経験から言いますと、補聴器は音響機器であり、音響機器で起こる事は、全て補聴器にも起こるという事です。補聴器から聞こえてくる音の感覚は、ビデオカメラで撮影した時の音にそっくりでもあります。

では、具体的にどのような事が起こるのか、早速見ていきましょう。大まかに分けると聞こえる音の感覚の変化(音質の変化)と聞こえるようになって起こる変化(体感の変化)の二つがあります。

続きを読む

補聴器を初めて使う時に乗り越える4つの山の対応策

biker-384921_640

補聴器を装用すると聞こえるようになるというのは、事実ですが、実際には、そこにたどり着くまでにいくつか超えなければならない山があります。さらに乗り越えるには少々時間もかかります。

では、乗り越える山には、どのような山があるのでしょうか。こちらには、乗り越える山に関して載せていきます。重要なのは、改善したければ山を超えるために補聴器を使い続ける事が大切になるという事、そして、初めは効果が出にくい事を理解する事です。

そして使い続けてある地点まで来ると一気に楽になります。そこまで来れば後は楽になります。

続きを読む

補聴器を見られるのが心配→そもそも見られないというお話し

soap-bubble-824591_640

補聴器を装用する際、見られるのが心配、あるいは、装用するのはいいけれど、ジロジロ見られるのが嫌だ。と感じている方もいらっしゃると思います。補聴器を装用している私が感じるのは、想像以上に見られないという事です。他人に関心がないのか、あるいは、自分の事に精一杯なのか不明ですが、見られません。

こちらに関し、私自身の経験を元にお話ししていきます。装用に関して、参考になれば幸いです。

続きを読む

使い初めの方に伝える耳かけ形補聴器の基本的な使い方まとめ

blonde-768681_640

どんなものも使い始めは、難しいものです。補聴器も使い始めは慣れず、操作を忘れてしまったり、機能の仕様を忘れたりする事があります。

そこで、こちらでは、使い初めの方に向け、耳かけ形補聴器の基礎に関して載せていきます。今現在、使用されている方にとって、何かしらお役に立てば幸いです。

続きを読む

耳かけ形補聴器とマスクの相性が段々良くなってきたというお話し

person-1127728_640

え〜、見事に風邪を引きましたが、やっと回復しました。その際、怪我の功名か、マスクをかける機会があったのですが、まさにタイトル通り、耳かけ形補聴器とマスクの相性が段々良くなってきているなぁ……と実感しました。

私自身、耳かけ形補聴器を装用しているのですが、昔のマスクは、耳にかける部分のヒモが細く、補聴器の内側にまで入り込む事で、補聴器に絡まる事がありました。しかし、今のマスクは、ヒモが太いものもあり、しっかり補聴器の一部で固定でき、入り込む事がありません。ちょっとこちらに関して、思う事を記載して行きます。

続きを読む

補聴器の音に慣れるために行う3つの事

補聴器を装用した時、補聴器の音が今までの耳の感覚と異なり、少々違和感を感じる事があります。補聴器を装用すると、良くも悪くも聞こえるようにしてくれるため、今までの耳の感覚の通りとは行きません。

では、補聴器の音に馴染みにくい、慣れにくい場合は、どのような事をしたら良いのでしょうか。今回は、補聴器の音に慣れるために行う事を記載していきます。

続きを読む

耳かけ形補聴器で髪の音がガサガサ聞こえる場合の改善は?

耳かけ形補聴器を使用していると、髪の毛が補聴器に当たり、ガサガサ聞こえてくる事があります。頻度が多くなければ、そう気になるものではないかもしれませんが、中には、音そのものが非常に気になってしまい方や、頻度が多く、気になるケースがあります。このガサガサ聞こえてくる感覚は、気にならない方は、気にならなくてよいのですが、気になる場合は、何とか改善したいものです。

では、そのような場合、どのようにして改善していけば良いのでしょうか。こちらに関する内容を記載していきます。

続きを読む

補聴器の装用が続かないという場合は、こうしてみよう

補聴器を初めて装用した場合、補聴器の音に馴染むため、補聴器を装用し続けます。その事については、私自身、このように考えています。初めて補聴器を装用する時における使用時間について、こちらの内容は、簡単に言いますと、使用できるだけ使用するという内容です。しかし、中には、なかなか使用できない方もいらっしゃいます。このような場合は、どのようにしたら良いのでしょうか。

それについては、段階的に補聴器の装用を行っていく事でうまく行く事があります。世の中、上手く行く方ばかりではありませんので、今回は、その段階について記載していきます。

続きを読む

もう少し楽に聞き返しても良いのではないだろうか

私自身、難聴の方とお話しする際、悩みすぎている方を見るとタイトル通り「もう少し楽に聞き返しても良いのではないだろうか」と思う事があります。これは、ただ適当に答えているわけではありません。一般の方を見てみると、聞こえないで適当に返答している事もあれば、聞こえなければ平然と聞き返しているからです。難聴の方の場合、中には、失礼にうつるのではないかという事で、必要以上に縮小してしまう方がいます。

あまりにも根詰めてしまっても自分自身の負担が増えるだけであり、何も良い事はありません。そのような事から、私は、もう少し楽になっても良いと思っていますし、楽に聞き返しても良いと思っています。

今回は、こちらに関して思う事を記載していきます。

続きを読む

補聴器におけるベント(空気穴)について

bird-1081980_640

補聴器には、ベントと呼ばれる空気穴を設ける事があります。この空気穴は、快適性を上げてくれる大変良いものではあるのですが、その代わり、欠点もあります。

ベントは、非常に効果がある反面、デメリットも強く出ます。やり過ぎに注意すると共に、デメリット部分が強く感じるようであれば、再度補聴器屋さんに相談してみましょう。どのような処置をしてくださるかはわかりませんが、現状に対し、何らかの処置をしてくださると思います。

なお、ベントについては、必要な方とそうでない方に分かれます。基本的には、低い音が比較的聞こえやすく高い音が聞こえにくい方に有効なものですので、誰にでも有効なものではありません。主な対象者は、軽度〜中等度難聴くらいであり、それ以上の聴力は、ベントを設ける事、そのものができない場合もあります。その点だけご注意ください。

では、ベントとはどのようなものでしょうか。早速、見ていきましょう。

続きを読む

補聴器からピー!っと聞こえるなら改善させよう

lake-1045414_640

補聴器を装用していると補聴器からピ〜ッ!となる事があります。これは、補聴器から音が漏れている事によって、ハウリングと呼ばれる現象が起こっているためです。もし、このような事が良く起こる、もしくは、聞こえると言う事があれば、早めに改善させてしまいましょう。その理由は、放っておくとどんどん酷くなってしまう可能性があるからです。

今回は、このハウリングの概要、改善方法について載せていきます。ただし、改善方法につきましては、基本ご家庭でできる事は、ほとんどありません。ハウリングがしている場合は、補聴器屋さんに行って改善してもらいましょう。

続きを読む

検索フォーム