2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:効果確認

両耳、耳あな形のクロスにした場合の聞きにくさを数値化する方法

クロス補聴器の中には、両耳とも耳あな形を使うタイプがあります。こちらの欠点は、聞こえる耳が聞こえにくくなる傾向があるということです。

この部分ですが、とある測定を行うことで、聞こえにくくなっているのか、そうではないのか確認することができます。

続きを読む

補聴器を使った感覚を評価する3つのポイント

office-614273_640

補聴器を評価するやり方には、使った感覚を評価する主観評価、機械を使ってどれだけ聞こえを補えているかを確認する客観評価の二つがあります。補聴器の場合は、この二つを組み合わせて、補聴器の適合を考えていきます。

こちらでは、補聴器の主観評価に関してまとめていきます。補聴器をお考えの場合は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

補聴器の評価には、聞こえてくる音の感覚も含まれる

feet-538245_640

お店を構え、補聴器の販売をしてきてしばらくが経った。来店されるお客さん(本当に感謝だ)を対応すると様々な事に気が付かされる。補聴器を求める方の中には、補聴器で聞こえる事もそうだが、聞こえてくる音の感覚がよい事を求める方もいる。言葉にすると当たり前のように感じるが、それが本当に理解されているのか。を考えると微妙とも言える。

私がこのように感じるのは「高額な補聴器はどこに金額の差が出るのか」である。高額な補聴器は、騒がしいところでの聞き取りをなるべく下げないような機能の他に快適性を高める効果もある。そう聞こえてくる音の感覚を楽にしてくれるのだ。

今回はそれについて記載していこう。補聴器の事について理解が深まれば幸いだ。

続きを読む

自分の補聴器は耳に合っているの?という方にしている確認方法

sunflowers-268015_640

補聴器が耳に合っている、しっかり調整されている、この評価は、何と言いますか、非常に難しい問いかけですが(合っている、調整されているの定義次第でコロコロ変わりますので……)、私自身がしている確認方法は、今現在の聞こえを数値化し、目標値と比較する。ただそれだけです。

この方法には、簡易的に行うものから、みっちり行うものまであり、私自身は、お客さんにヒアリングをしつつ、使い分けています。では、どのような事を行うのでしょうか。見てみましょう。

続きを読む

生まれつき聞こえにくい私は、自分の聴力をどう改善させたか

bw-934485_640

補聴器を装用していると様々な方に耳の事を聞かれるのですが、その際に話題にでるのは「どのように耳を良くしたのか」「どのように考えて改善しているのか」という事でした。難聴者であり、かつ補聴器の販売をしているとなると、気になる方が多いようですね。

そこで、こちらでは、自分自身の耳をどのように改善させたのか。それについて記載していきます。基本的に私の場合、耳の状況を確認し、できるところまで改善させるという方法で、改善させていきます。これは、自分の耳に関してもかわりありません。

では、見ていきましょう。

続きを読む

耳に補聴器を合わせる基本的な調整スタンスと二つの軸

newspaper-412452_640

補聴器を装用すると、良くも悪くも聞こえるようになるわけですが、補聴器を調整するうえで、耳に合わせる軸というものが存在します。それは、音声が理解しやすくなっているのか、周囲の音は、我慢できる範囲内かの二つです。

補聴器を装用する人のほとんどの望みは「音声が理解できるようになりたい」となります。しかし、日々の日常には、人の声以外にも様々な音が存在しています。むしろ、人の声以上に多いですし、大きい音であるものも多々あります。そのため「音を大きくはするが、耐えられないほど大きくはしない」という風に考えて調整をしていきます。

続きを読む

補聴器を装用している私が初めに語音明瞭度を測定する2つの理由

trees-1279452_640

耳を調べる測定には、聴力検査と語音明瞭度測定(語音弁別能検査)の二つがあります。聴力検査は、どのくらいの聴力なのかを見る検査であり、語音明瞭度測定は、音声がどのくらい理解できるかを調べる測定です。

私自身、補聴器の相談が初めての場合、音声がどのくらい理解できるのかを調べる測定を行います。それには、補聴器を装用して目標値を定めるため、そして、どこまで改善できるのかを予めお客様に提示するため、この二つの理由があります。

こちらは補聴器を理解するうえでは非常に重要な内容です。では、なぜそんな事を行っているのか。見ていきましょう。こちらが理解できると、補聴器の実態を理解する事ができます。

続きを読む

補聴器使用中のイマイチ理解しにくい音の感覚を知る方法

equalizer-1095689_640

補聴器を装用している私自身が思うのは、補聴器を装用した際、音が聞こえる感覚こそわかるものの、その音の感覚は、果たして良いのか、悪いのかの判断がつかない事です。聞こえてきた音が大きい音だとしても、元々大きければそのように感じますし、聞こえてきた音が元々小さければ、小さいと感じます。これは、当たり前の事です。

補聴器は、耳が聞こえにくくなった方が装用するため、聞こえる感覚こそわかるものの、その聞こえ方が、良いのか悪いのかは、わかりにくい傾向があります。恐らく、何となくで装用している方も多いのではないでしょうか。

世の中には、大きく感じる音もあれば、小さく感じる音もあります。その感覚通り、自分が聞こえているのかを判断する事は、何も使用しないで行う場合、無理があります。

生まれつき聞こえにくい私が自分自身でしているのは、周囲の音のレベルを可視化し、自分自身がどのように音を感じているのかを客観的に評価する事です。これは、あるものを活用すると、簡単にできます。

続きを読む

中等度難聴の私が補聴器を使用して得られた効果を可視化してみた

book-1176256_640

さて、先日から語音明瞭度測定で理解できる3つの事生まれつき難聴の私が自分の聞こえにくさを可視化してみた、と語音明瞭度測定という言葉の理解力を調べる検査を通じてわかる事、理解できる事を記載してきました。こちらを行うと、様々な自分自身の状況がわかりますので、自分の状態を客観的に見やすくなる効果があります。私自身も耳が聞こえにくいので、客観的に見る事の大切さは、自分の経験から感じます。

次は、そんな私に補聴器を装用すると、どのような効果が得られるのか、という点について、記載していきます。語音明瞭度測定を通じてわかる事、最終章の幕開けです。

なお、語音明瞭度測定の見方が不明な場合は、先に語音明瞭度測定で理解できる3つの事をご覧下さい。

続きを読む

生まれつき難聴の私が自分の聞こえにくさを可視化してみた

mirror-1138098_640

さて、先日「語音明瞭度測定で理解できる3つの事」という内容をブログに書きましたが、今回は、その延長。自分の聞こえを可視化してみる事にします。先日書いた上記の内容は、語音明瞭度測定を行う事により、できる事を載せてみました。こちらを行うと、日常生活の困り度、状況が理解しやすくなります。

そこで、生まれつき聞こえにくい私が、どのような聞こえなのか、聴力からして、どのくらい聞こえにくさがあるのか、全て可視化してみる事にしました。私の聴力は中等度難聴です。その聞こえにくさは、どのようなものなのか。今、明らかにされます。

なお、本内容は、上記の内容をご覧にならないとチンプンカンプンになりますので、その点は、ご注意ください。※比較基準に使用される表に関しては、下記にも記載しますので、ご安心ください。

続きを読む

語音明瞭度測定の基礎と行うと理解できる3つの事

man-791049_640

語音明瞭度測定とは、音声を聞かせて、どのくらい言葉が理解できるのか、そして、どのくらい音量をあげたら、音声が理解しやすくなるのかを見る測定です。別名、語音弁別能検査とも呼ばれており、どちらも行う事、理解できる事は同じになります。

では、こちらを行うと、具体的に、どのような事がわかるのでしょうか。それは、タイトル通り、3つに集約されます。こちらでは、語音明瞭度測定の基礎から、理解できる事まで、記載していきます。こちらの測定に関して、理解されたい方は、ぜひ、参考にしてみてください。

続きを読む

補聴器におけるちゃんとした調整とは何か

補聴器におけるちゃんとした調整とは、何でしょうか。このように言いますとほとんどの方は「ちゃんと聞こえる事」と言いそうですが、では、そのちゃんと聞こえるとは、どのような意味なのでしょうか。

私自身、生まれつきの感音性難聴ですのでわかるのですが、感音性難聴の方は、補聴器を装用してもちゃんと聞こえる事はありませんし、装用すれば耳が治るわけでもありません。それなのに関わらず、相変わらず「補聴器をしっかりと調整する事が大切です」「ちゃんと調整してもらう事が重要です」という言葉を聞きます。果たして、この言葉は、どのような理由で使われているのでしょうか。個人的には、とても不思議に思います。

今回は、ちゃんと聞こえるという事の意味について考えると共に、私自身が考える「ちゃんと聞こえる」に関して、記載していきます。

続きを読む

補聴器を選ぶ前に知っておきたい装用感覚に関する思考

さて、先日から補聴器の適合に関する内容を記載しています。語音明瞭度に関する内容や音場閾値に関しては、まさに補聴器がどう適合しているのかを数値にして見る行為です。しかし、補聴器には、もう一つ、適合に関して判断しなければならないものがあります。それがタイトルの通り、補聴器の装用感覚です。

補聴器の装用感覚は、非常に判断が難しいものの一つであり、今現在「これが正解!」というものがありません。人の感覚は、千差万別であり、さらに難聴別に聞こえる音が異なる事もあれば、聞こえてくる音の感覚まで、異なります。このような状況では、ひとくくりに「これがベストである」と言えないのが現状です。

では、そのままうやむやにしてしまって良いのかと言いますと、私の場合、そのようには考えていません。ですので、今回は、こちらに関して、基本的な考えを記載しています。ただし、上に記載しました通り「これが正解」というものは、ありませんので、あくまでも私の思考となります。その点については、ご了承ください。

では、見ていきましょう。

続きを読む

補聴器の評価に必要な音場閾値測定に関する基礎知識

squash-793058_640

補聴器を装用する際、大切なのは、なんでしょうか。私は、装用した補聴器の評価方法だと考えています。補聴器を選択する際、ご自身の経験、ご自身が良いと感じたから補聴器を購入する……というケースは、多いと思うのですが、私自身は、そのように考えていません。なぜなら補聴器は、装用して聞こえる音の感覚こそ理解できるものの、どのくらい聞きやすくなっているのか、どのくらい聞こえが改善できているのかがわからないからです。

では、客観的に自分を評価するには、どのようにすれば良いのでしょうか。その評価に必要な測定が、音場閾値(おんじょういきち)測定です。今回は、この測定について記載していきます。個人的には、この測定も自分自身の実態を知るうえで、とても重要な測定であると考えています。

続きを読む

補聴器を選ぶ前に必要な語音明瞭度測定に関する基本知識

girl-869213_640

耳には、どれだけ音が聞こえるのかを調べるものと、どれだけ音声が理解できるのかを調べるものがあります。こちらは、後者に該当し、それを調べるものを語音明瞭度測定と呼びます。

こちらの特徴は、聴力検査とは異なり、音声がどれだけ理解できるのか。こちらを調べるもので、主に補聴器の効果は望めるのか、どのような耳の状態なのか、それを理解するために活用されます。

このような測定があるのは、補聴器は、単に耳に装用すれば良いというわけではないためです。補聴器には、効果を得やすい耳もあれば、ほとんど効果がない耳もあります。そして、補聴器は、どのような方にも効果がある魔法の機器ではありません。

今回は、補聴器を選択する前に自分の耳の状態を理解するために必要な語音明瞭度測定に関して記載していきます。補聴器で失敗したくなければ、この測定は、必要不可欠になります。

続きを読む

補聴器が合わないという場合に考えたい音の評価

補聴器を装用している方の訴えとして、最も多い事といえば、タイトル通り「補聴器が合わない」という内容です。補聴器を装用している方であれば、一度は考えた事があるのではないでしょうか。

もし、今現在このような疑問をお持ちであれば、私から一つ、質問があります。それは「補聴器が合っている状態とは、どのような状態を言いますか?」という事です。いかがでしょうか。この問いに答えられますでしょうか。

この質問に答えられ、合わないというのでしたら、間違いなく補聴器は合っていません。その場合は、補聴器の調整、あるいは、補聴器の相談に伺い、改善してもらう事が必要となります。しかし、もしこの質問に答えられない場合は、初めに、合っている状態とは、どのような状態をさすのか、ここから学んでいく必要があります。

では、なぜそのような事が言えるのでしょうか。今回は、こちらについて載せていくと共に、理由についても記載していきます。補聴器は、非常に評価が難しい機器であり、人により、適合している、していないの判断が曖昧になりがちなところがあります。この点を理解すると、より補聴器について理解しやすくなります。

なお、こちらの内容は、聞こえにくいという事で合わないと表現している場合を念頭において進めていきます。その点にご注意ください。

続きを読む

自分の耳の感覚と耳の測定データはどちらが正しい?

さて、先日自分の耳を疑ったお話しから、疑う事で得られるものという事で、耳の感覚を疑い、データを重視するようになった旨、記載しました。こちらをご覧になった方は「では、耳の感覚とデータはどちらが正しい?」と疑問を持ったかもしれません。

今回は、こちらの問いに関する答えを私なりの回答として、記載していきます。なお、結論から書きますと、どちらも正しい、となります。

続きを読む

自分の耳を疑ったお話しから、疑う事で得られるもの

昨日、記載した内容に、自分自身の耳を疑った事を載せました(リアナ・ウェン氏の動画を見て思う補聴器業界の未来のあり方)。もしかしたら、難聴になった方の中には、自分自身の事を疑った事がない方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、自分自身の耳を疑ったお話しを載せてみます。こちらは、あくまでも私自身が考えている事ですので、その点は、ご了承ください。

続きを読む

補聴器の音の聞こえ方は、どう理解すれば良いのか

the-strategy-1080536_640

補聴器の試聴や補聴器を装用する事により、聞こえやすくなった感覚はあるものの、一体どのように聞こえれば良いかは、自分自身で理解できないポイントです。このような状態だと補聴器を装用しても、果たしてこの補聴器で良いのか、本当に聞こえるようになっているのか、聞こえるようになるポイントまで、聞こえてるようになっているのかもわかりません。私自身も補聴器を装用していますが、自分自身の感覚だけでは、これらの事を理解できません。

では、どのようにして理解していけば良いのでしょうか。こちらでは、私自身が行っていた方法について述べていきます。重要なのは、視覚化です。補聴器は、全てにおいて視覚化する事で、状況が理解できます。そして状況を理解する事で、判断がしやすくなります。

続きを読む

補聴器の装用効果目標、語音明瞭度測定で評価するポイント

dart-444196_640

補聴器を装用した時の限界は、どのように判断したら良いのでしょうか。補聴器を装用する方は、感音性難聴と呼ばれる難聴であり、補聴器を装用したとしても、しっかりと音声が聞こえてくるとは、限らない難聴です。では、音声がどのくらい理解できていて、どのくらい聞こえるようになれば良いかの目標を立てる事はできないのでしょうか。

耳の検査には、語音明瞭度検査(語音弁別能検査)と呼ばれる検査があり、こちらで、おおよその改善数値、目標数値を知る事ができます。

今回は、補聴器の限界を適切に理解する事を目的とし、評価方法に関して記載していきます。こちらの内容で少しでも補聴器に関する理解が深まる事、そして、適切な補聴器に巡り会えたのなら幸いです。

続きを読む

検索フォーム