2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:測定方法

両耳、耳あな形のクロスにした場合の聞きにくさを数値化する方法

クロス補聴器の中には、両耳とも耳あな形を使うタイプがあります。こちらの欠点は、聞こえる耳が聞こえにくくなる傾向があるということです。

この部分ですが、とある測定を行うことで、聞こえにくくなっているのか、そうではないのか確認することができます。

続きを読む

中等度難聴の私が補聴器を使用して得られた効果を可視化してみた

book-1176256_640

さて、先日から語音明瞭度測定で理解できる3つの事生まれつき難聴の私が自分の聞こえにくさを可視化してみた、と語音明瞭度測定という言葉の理解力を調べる検査を通じてわかる事、理解できる事を記載してきました。こちらを行うと、様々な自分自身の状況がわかりますので、自分の状態を客観的に見やすくなる効果があります。私自身も耳が聞こえにくいので、客観的に見る事の大切さは、自分の経験から感じます。

次は、そんな私に補聴器を装用すると、どのような効果が得られるのか、という点について、記載していきます。語音明瞭度測定を通じてわかる事、最終章の幕開けです。

なお、語音明瞭度測定の見方が不明な場合は、先に語音明瞭度測定で理解できる3つの事をご覧下さい。

続きを読む

生まれつき難聴の私が自分の聞こえにくさを可視化してみた

mirror-1138098_640

さて、先日「語音明瞭度測定で理解できる3つの事」という内容をブログに書きましたが、今回は、その延長。自分の聞こえを可視化してみる事にします。先日書いた上記の内容は、語音明瞭度測定を行う事により、できる事を載せてみました。こちらを行うと、日常生活の困り度、状況が理解しやすくなります。

そこで、生まれつき聞こえにくい私が、どのような聞こえなのか、聴力からして、どのくらい聞こえにくさがあるのか、全て可視化してみる事にしました。私の聴力は中等度難聴です。その聞こえにくさは、どのようなものなのか。今、明らかにされます。

なお、本内容は、上記の内容をご覧にならないとチンプンカンプンになりますので、その点は、ご注意ください。※比較基準に使用される表に関しては、下記にも記載しますので、ご安心ください。

続きを読む

語音明瞭度測定の基礎と行うと理解できる3つの事

man-791049_640

語音明瞭度測定とは、音声を聞かせて、どのくらい言葉が理解できるのか、そして、どのくらい音量をあげたら、音声が理解しやすくなるのかを見る測定です。別名、語音弁別能検査とも呼ばれており、どちらも行う事、理解できる事は同じになります。

では、こちらを行うと、具体的に、どのような事がわかるのでしょうか。それは、タイトル通り、3つに集約されます。こちらでは、語音明瞭度測定の基礎から、理解できる事まで、記載していきます。こちらの測定に関して、理解されたい方は、ぜひ、参考にしてみてください。

続きを読む

補聴器の評価に必要な音場閾値測定に関する基礎知識

squash-793058_640

補聴器を装用する際、大切なのは、なんでしょうか。私は、装用した補聴器の評価方法だと考えています。補聴器を選択する際、ご自身の経験、ご自身が良いと感じたから補聴器を購入する……というケースは、多いと思うのですが、私自身は、そのように考えていません。なぜなら補聴器は、装用して聞こえる音の感覚こそ理解できるものの、どのくらい聞きやすくなっているのか、どのくらい聞こえが改善できているのかがわからないからです。

では、客観的に自分を評価するには、どのようにすれば良いのでしょうか。その評価に必要な測定が、音場閾値(おんじょういきち)測定です。今回は、この測定について記載していきます。個人的には、この測定も自分自身の実態を知るうえで、とても重要な測定であると考えています。

続きを読む

補聴器を選ぶ前に必要な語音明瞭度測定に関する基本知識

girl-869213_640

耳には、どれだけ音が聞こえるのかを調べるものと、どれだけ音声が理解できるのかを調べるものがあります。こちらは、後者に該当し、それを調べるものを語音明瞭度測定と呼びます。

こちらの特徴は、聴力検査とは異なり、音声がどれだけ理解できるのか。こちらを調べるもので、主に補聴器の効果は望めるのか、どのような耳の状態なのか、それを理解するために活用されます。

このような測定があるのは、補聴器は、単に耳に装用すれば良いというわけではないためです。補聴器には、効果を得やすい耳もあれば、ほとんど効果がない耳もあります。そして、補聴器は、どのような方にも効果がある魔法の機器ではありません。

今回は、補聴器を選択する前に自分の耳の状態を理解するために必要な語音明瞭度測定に関して記載していきます。補聴器で失敗したくなければ、この測定は、必要不可欠になります。

続きを読む

補聴器装用と選択の決め手、聴力よりも重要な語音明瞭度

glasses-272399_640

補聴器の装用を希望された時「私の耳は、左側が悪いので悪い方に装用してください」と言われることがあります。患者さん、お客さん側からの申し出は、よくわかるのですが、残念ながら耳鼻咽喉科、補聴器販売店は、その理由の通りにすることは、ありません。それは、補聴器を装用する判断基準が異なるからです。

耳の事を理解している方は、聴力レベルではなく言葉を聞き取る力がある耳に補聴器を装用します。そして、時には、特殊な補聴器を装用して、聞こえを補う効果を最大限引き出すようにします。耳には、聴力以外にも言葉を聞き取る力というものが存在しており、人によって左右ごとに異なる場合もあります。

こちらでは、語音明瞭度の基礎から、なぜ重要なのかも記載していきます。重要なポイントは、音が聞こえる事と、音が理解できる事は、異なるという事です。

続きを読む

音場閾値測定で目指す補聴器を装用した聞こえの目安

kleiber-1147221_640

音場閾値測定(おんじょういきちそくてい)とは、補聴器を装用した状態で、音を聞き、どのくらい小さい音が聞こえるようになったのかを調べる測定になります。聴力検査の補聴器版といえばわかりやすいかもしれません。

補聴器を装用している方は、聞こえるようになる感覚こそわかるものの、自分自身で聞こえの効果を確認する事はできません。恐らく、このページを見ている方もわからないのではないでしょうか。

また、医療従事者からすると、どのくらい聞こえるようになっているのかもわかりません。そのため、双方の理解を深めるためにこのような測定を使用しつつ、現状を理解していきます。

機器で聞こえを調べるのには、他にもあるのですが、今回は、音場閾値測定に関して記載していきます。音場閾値測定は、補聴器の効果を客観的に理解できる一つのツールです。

続きを読む

検索フォーム