2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:難聴別

重度難聴の方に効果があるのは、補聴器ではなく人工内耳

photo-1428263197823-ce6a8620d1e1

補聴器の手引き書には、難聴別の改善方法や聴力ごとのお勧めの補聴器を書いているのですが、重度難聴の部分だけない事にお気づきの方もいるかもしれません。重度難聴の方のスペースだけないのは、タイトル通り、重度難聴の方の聞こえを最も改善させるのは、補聴器ではなく、人工内耳だからです。

人工内耳は、装用条件こそ厳しいのですが、その効果は、補聴器とは比べ物になりません。重度難聴の方には、補聴器ではなく、人工内耳をお勧めします。

続きを読む

左右の聞こえに差がある場合の補聴器選択方法

左右の聞こえに差がある場合、どのように補聴器を考えたら良いのでしょうか。補聴器は、耳の状況が異なれば、装用する補聴器も異なりますので、他の人が「私は、この補聴器を使用している」と聞いたとしても、参考にする事ができません。頭痛がする人に下痢止めを勧める事がないように、補聴器もその方に合ったものを勧める必要があります。

聞こえに左右差がある場合、左右差のレベル、どのような聴力かで、補い方が異なりますので、複雑になりやすい部分となります。こちらの内容が耳の理解とより良い補聴器選択に役立てば幸いです。

続きを読む

高度難聴を補聴器でなるべく改善させる方法

office-620817_640

高度難聴とは、聴力低下のレベルでも比較的、重いレベルで、補聴器がないと日常生活上の音は、ほとんど聞こえないレベルの難聴です。おそらく、ここまで聞こえにくさを放置している人は、いないかと思いますが、補聴器がなければ仕事や生活そのものに支障が出てしまう難聴レベルになります。

では、このような難聴の方は、どのように補聴器で聞きにくさを改善させれば、聞こえにくさをなるべく改善させることができるのでしょうか。

補聴器は、今現在の医療技術では、治療が不能な方が使用する機器です。耳が治るというレベルは、できないのですが、以下のように補えば、補聴器ができる限りの改善はできるようになります。

なお、耳を診てもらっていない方は、まず耳を診てもらいましょう。状況によっては、耳鼻咽喉科を受診することで、治る状況も存在します。補聴器を考えるのは、治療ができない耳であることがわかった後になります。

続きを読む

中等度難聴を補聴器でできる限り改善させる方法

person-891570_640

中等度難聴とは、平均聴力が50〜70dBの間にくる聴力で、このあたりから聞きにくさを感じ、仕事で支障が出たり、日常生活がしにくくなります。困ることが増えることから、補聴器を装用する方が多いのもこの聴力くらいからです。

そこで、こちらでは、補聴器の販売をしており、かつ私自身が中等度の難聴で補聴器を使用していることから、どのように改善させたら良いのか。どうしたらなるべく聞きにくさを改善できる状態にできるのか。こちらに関して記載していきます。

補聴器は、残念ながら耳を治すことはできない機器です。しかし、しかるべきやり方をすれば、補聴器が出せる限りの効果は出すことができます。重要なのは、その手法を学ぶことであり、かつ、実践することです。

補聴器以外の改善方法があれば良いのですが、聞こえが低下し、耳鼻科で耳が治せないとなった場合、今現在の改善方法は、補聴器で改善させるしかありません。

内容的には、ガチになりますので、内容が濃く、長くなってしまいました。本当に改善したい方のみご覧ください。

続きを読む

軽度難聴の方が自分に合った補聴器を選ぶ方法

document-428331_640

軽度難聴とは、平均聴力が25〜50dBの方を指します。難聴のランクとしては、最も軽いレベルではありますが、日々の日常の困り度も軽度であるとは限りません。ほんの少しのすれ違い、聞き間違いにより、疎外感やコミュニケーションのしづらさが出る事で、生活のしづらさを感じる事は、大いにあります。

では、軽度難聴の方には、どのような補聴器が合うのでしょうか。そして、補聴器にはどのような種類があり、それぞれの補聴器は、軽度難聴の方にとって、どのような補聴器となるのでしょうか。こちらでは、軽度難聴の方が「仮に補聴器を選ぶなら」という内容で必要な知識、考えを記載していきます。

補聴器についてお考えでしたら、ご参考にしてみてください。

続きを読む