2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:補足事項

重度難聴の改善の際に考える2つの選択肢

重度の聴力障害の場合、耳が治療できないケースでは、改善させる方法として、補聴器を装用するか、人工内耳と言われるものを使うか。この2つに一つになります。

人工内耳とは、耳を手術して、耳の中に機械を埋め込み、聞こえを改善させる機器で、補聴器は、そのまま耳に装用し、聞こえを改善させる機器になります。

この2つの機器ですが、何を重視するか。それにより、選択が変わります。あくまでも私自身が実際にお客様に説明していることを載せていきます。

続きを読む

補聴器を装用すると、聞こえは低下するのか?

補聴器をつけることで、耳の聞こえの低下が進むのではないか。とご心配な方もいらっしゃるのですが、実際に補聴器を装用する場合、聞こえが低下しない可能性は、0ではありません。

補聴器は、音を大きくして耳に伝えるものになりますので、今までよりも耳に負担がかかるのは、確実です。より聞こえにくくなるリスクは当然あります。こちらに関して載せていきます。

続きを読む

ものが先ではなく、耳が先。というお話

私のブログには、聞こえの改善思考で記載しているせいか、結構、お問い合わせをいただくのですが、皆、なんと言いますか、もの、もしくは、型に当てはめて考える人が多いな……と感じます。

耳の改善の場合、もの(補聴器や治療技術)が先なのではなく、耳が先です。耳の状況がどのようになっているのか。それによって対処方法や改善させる方法が異なるためですね。

続きを読む

軽度難聴の方に補聴器が有効か、そうでないかの見分け方

少し難しい内容になるのですが、軽度難聴の場合、補聴器の効果が望めるのか、難しいのか、聴力データだけではわかりにくいことがあります。その場合、私の方で行なっているのは、耳ベース(聴力データ)で考えるのではなく、補聴器ベースで考え、改善が見込めるか、そうでないかを判断しています。

少し専門的な内容が入りますが、なるべくわかりやすく記載していきます。

続きを読む

補聴器で補える聴力は、どのくらいから?

book-pages-1313474_640

補聴器の使用を考える前に「どのくらいから補聴器は使えるのだろうか」「少し聞きにくいくらいだけれど補聴器は、効果があるのだろうか」このような疑問をお持ちの方は、いらっしゃいますでしょうか。

補聴器は、聞こえを改善させる機器ではありますが、その改善度、聴力をより良くさせる数値に関しては、限度があります。そのため、あまりにも聴力が良い方や補聴器を装用して目指す改善値付近の場合は、ちょっと効果を得にくい傾向があります。

こちらでは、補聴器で補える聴力から、補聴器は、どこまで改善させられるものなのか。それについて載せていきます。数値で理解できれば、より補聴器に関しては、理解しやすくなります。

続きを読む

補聴器の使用年数(寿命)と買い替えサイクル

cat-179842_640

補聴器は、お値段がすることもあり、どのくらい使用できるのか。使い続けていけるのか。こちらが気になる方もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、一つの補聴器の使用年数は、約5年になります。一度買えば一生使えるものではなく、ある程度、買い替えの頻度があります。

質問をよくいただくこともあるため、こちらに関してまとめていきます。

続きを読む

私が補聴器相談時、補聴器の試聴後から補聴器選定をしている理由

heart-box-1373480_640

補聴器の相談には、いくつか方法や形式がありますが、私の場合、少々時間がかかる方法を採用しています。それは、補聴器の試聴からはじめ、試聴した結果から、補聴器選定を考える。という方法です。とくに初めての方の場合は、そのようにしています。

どんなものでもすぐに済んだ方がお客さんにとっても負担が少ないのですが、このようにしているのは、試聴してみたり、使ってみることで初めてわかることが多いからです。

今回は、こちらに関する理由に関して載せていきます。

続きを読む

補聴器販売店がしている補聴器の貸し出しについて

book-283250_640

補聴器は、体験しないとどのようなものなのかわからないため、補聴器販売店では、試聴できるものを用意し、補聴器の試聴や貸出を行っています。メガネをかけたことがない人が、メガネをかけるとどのように見えるようになるのかはわからないように、補聴器も、今の現状がどのように変わるのかは、補聴器を付けてみないとわかりません。補聴器の場合は、金額がうえである事からも、より慎重になります。

今回は、補聴器販売店がしている補聴器の貸し出しに関して、まとめていきます。どんなものが借りれて、どのくらい試せるのか、補聴器の貸出に関して、知っておきたい点をまとめてみました。

続きを読む

補聴器の返品や交換は、できるの?という質問に関する答え

moon-1635250_640

たまに聞かれる事の一つに、補聴器の返品や交換は、できるのか。というものがあります。結論から言いますと、できる製品とできない製品があります。補聴器の場合、購入した後に返品というのは、なかなか無かったりするのですが、試聴中の段階で、どの補聴器が良いか、試してみる事があるため、その際の交換は、良くあります。

補聴器の中には、耳の型を採取し、一から作らなければならないものもあり、その場合は、実際に作ってみて試してみるほかありません。既成品は、そのままデモ機器がありますので、大丈夫なのですが、ないものの場合は、どうしてもそのような傾向があります。

では、補聴器の返品や交換というのは、実際どうなのでしょうか。こんな事を書くのは、私くらいかもしれませんが、可能か、不可能か、そして、どのような時にそれが発生するのか、まとめて記載していきます。

続きを読む

営業とは、困っている事を改善させる仕事

person-1357485_640

営業とは、何でしょうか。私は、困っている事を改善させる仕事だと思っています。表面的には、それで物を販売しているのですが、やっている事は、困っている事を改善させる。ただそれだけになります。

世の中には、様々なものがあり、それぞれ異なった特性を持ちます。それらを理解し、お客様に適切なものを提供するのが営業ですね。私のブログをご覧になって来店された方の中で「深井さんがブログで書いている事ってかなり特殊ですよね?」とたまに言われる事がありますので、私自身が考えている営業に関して載せていきます。

続きを読む

補聴器を使う覚悟を決めた方に伝える3つの事

friends-640096_640

何らか聞こえにくくなり、その改善方法が補聴器を装用する事だった。今まで聞きにくかったけれども、これ以上、聞こえにくい事を放置するのは、マズいかもしれない……。そのようにお考え、使う覚悟を決めたのでしたら、その場合におけるアドバイスとしては、三つあります。

それは、相談にかかる時間、補聴器を使うと起こる事、補聴器を使い続ける事の重要性、の三つです。これらの内容で今現在、お困りの事が改善できれば幸いです。

続きを読む

どの補聴器メーカーがおすすめか……とお悩みの方へ

dog-624951_640

補聴器を購入しようとWebサイトを調べていると様々な補聴器メーカーがある事に気が付きます。補聴器のメーカー一つでも様々な補聴器があり、さらに補聴器メーカーにもたくさん種類があると、どれを選んだら良いのか正直よくわからないのではないでしょうか。

その問いに答える内容としては、新しく補聴器を考える方は、補聴器メーカーはあまり関係なく、補聴器をすでに使っている方は、その補聴器がうまく耳に合っている事が前提ですが、同じメーカーの方がすんなり行く事があります。そして、それ以上に大切な事もあります。

今回は、こちらの内容に関してお答えしていきます。

続きを読む

初めて補聴器の相談をする際に意識したい3つのポイント

girls-1312750_640

初めて補聴器の相談をする際に意識したいのは、お店に行った経緯について話す事、耳の状態に関して話す事、耳のデータがあれば持っていく、この三つです。その理由は、耳の状況によって現状の改善方法が異なるためです。この三つを意識していただければ、良い相談をする事ができます。

なお、耳鼻咽喉科で補聴器販売店を紹介された時も同様です。早速見ていきましょう。

続きを読む

ガサガサ、カチカチ聞こえる場合は、耳あな形補聴器の方がお勧め

cheers-839865_640

補聴器を装用していると様々な音が聞こえてくるのですが、その中でも聞かなくてよい音もあります。それは、周囲の音ではなく、耳に装用している状況からくる余計な音です。

これらの音は、慣れてしまえば問題ありませんが、別に対して聞く必要もありません。その代表例が、マイクに何かが当たり、ガサガサ聞こえる音、メガネのツルが補聴器に当たり、カチカチいう音です。

これらに関しては、マイクにものが当らないようにする事が改善策ですので、耳あな形補聴器がお勧めとなります。では、どうしてそのようになるのでしょうか。補聴器を装用している方には、どのような事が起こるのかも含めて、記載していきます。

続きを読む

購入前に知っておきたい一つ辺りの補聴器電池の使える目安

cactus-1063094_640

補聴器には、電池が必ず必要になります。では、この電池は、どのような電池なのでしょうか。そして、一つ辺り、どのくらい使えるのでしょうか。こちらがわかると、電池を交換するタイミング、交換の頻度もわかりますし、補聴器の選択基準の一つとして捉える事もできます。

基本的に補聴器の電池は、4種類あり、補聴器によって使える電池が異なります。短いものですと一つ55〜75時間使用でき、大体3〜5日に一度交換します。長いものですと一つ300時間〜470時間使用でき3週間〜一ヶ月に一度交換します。

では、電池ごとには、どのように異なるのでしょうか。使用できる電池の目安に関して、電池ごとに記載していきます。

続きを読む

補聴器相談初めての人が押さえておくべき購入にかかる時間

clock-772953_640

補聴器が欲しい、補聴器を検討している。またまた、この日に補聴器を試してみたい。お客さん側からしたら、様々な希望があります。では、この際、補聴器を購入する時にかかる時間は、どれくらいなのでしょうか。ざっと見積もってみると3週間〜1ヶ月くらいは、かかります。※状況により大きく変化します。

え〜!なんでこんなに時間がかかるの?という方もいると思いますので、補聴器を購入する際の時間に関して記載していきます。なお、こちらは、私のお店に関する事ですので、他は知りません。しかし、おおよそこのくらいはかかる傾向があります。

続きを読む

補聴器の成果についてしっかり理解する重要さ

photographer-16022_640

補聴器で重要な事は何?と聞かれたら、私自身は「補聴器の成果についてしっかり理解する事」だと考えています。言い換えれば、できる事とできない事を理解し、補聴器とはどのようなものなのかを理解するという事です。

では、補聴器とは、どのようなものなのでしょうか。そして、成果とは、どのようなものなのでしょうか。私自身、生まれつき聞こえにくい身ですが、この身で考えている事を載せていきます。

続きを読む

補聴器装用者の私が補聴器の買換を希望するお客さんにしている事

girl-421038_640

補聴器を購入する形式は様々で、新しく購入する人もいれば、今ある補聴器から買い換える形で補聴器を購入する人もいます。初めて補聴器を購入する方と補聴器を買い換える場合における説明の方法は、誰もが異なります。初めての方は、基礎から入りますが、買い換える方の場合、希望によって、説明が異なります。

お問い合わせを受けた事もあり、こちらに関して、どのようにしているかについて載せていきます。ぜひ、ご参考にしてください。

続きを読む

対人関係を意識した補聴器の音調整

person-1153168_640

補聴器の音の調整は、どのような考えがあるのでしょうか。この点は、調整する人によって非常に別れる点であり、考え方も人それぞれです。私自身は、対人関係を意識した補聴器の音調整を行っています。

補聴器を装用する理由は、一体何でしょうか。音が聞こえるようになる事でしょうか。それとも、音声を聞くためでしょうか。この点を深く考えた結果、私自身は、このような調整をしています。

続きを読む

防水補聴器と防滴補聴器の防水機能の違いと注意点

補聴器の世界には、防水補聴器と準防水補聴器があります。前者は、一般的なイメージである防水であり、水の中に入れても大丈夫なタイプです。

一方、準防水補聴器は、水の中に入れる事は、大丈夫なものの、それを繰り返す内に、内部に浸水する可能性がある補聴器です。このため、私自身は、準防水補聴器を防滴補聴器と呼んでいます。これには、

  • 過信しすぎるとすぐに壊れる
  • 生活防水程度と思った方が保ちやすい

この二つがあります。

数日前、私宛にご質問いただいた事もあり、情報共有という意味で、こちらに関して記載していきます。

続きを読む

検索フォーム