2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:補足事項

補聴器で音楽を聞くには?

musician-349790_640

補聴器で音楽を聞くには、どのようにしたら良いでしょうか。補聴器を装用しながら、ヘッドホンをかけたり、あるいは、補聴器を外し、ヘッドホンをかけるといった事は、想像に容易いのですが、それ以外に、補聴器そのものを利用して音楽を聞く方法は、ないのでしょうか。

補聴器には、ある特殊な機器を使用したり、あるいは、補聴器そのものが特殊なものであれば、音楽をより効果的に聞くことが可能になります。実際には、音の好みもありますので、気に入るかどうかは、別の問題なのですが、今回は、どのようなものがあるのかをご紹介します。

続きを読む

自立支援法の補聴器と一般の補聴器の違い

補聴器には、身体障害者手帳を取得して、交付を受けられるものがあります。俗に言う自立支援法対応補聴器と呼ばれる補聴器です。この自立支援法補聴器は、一般的な補聴器と何が異なるか、ご存知でしょうか。こちらでは、その違いについて記載していきます。

なお、初めに結論を書かせていただきますと、違いは、金額の差になります。これは、どのような意味なのでしょうか。早速みていきましょう。

続きを読む

片耳が難聴の方の補聴器助成金について

tutor-606091_640

片耳が難聴で、補聴器を購入したい。でも、少しでも負担を減らすために、助成金制度はないだろうか……という質問をたまにいただきます。この問いに関する答えは、ありますが、条件もあり、非常に厳しいのが現状です。

こちらでは、どのような制度があるのかを載せていきます。参考になれば幸いです。

続きを読む

難聴改善のために必要な+αを考える

私自身が常々考えている事の一つに「難聴は、どのようにしたら改善できるのか」というものがあります。私自身も補聴器を装用していますが、つくづくこれのみで、改善させる事は、難しいと感じてしまいます。恐らく、今現在の難聴の方は、補聴器を装用するようになり、聞こえる世界に入った喜びがある反面、中々コミュニケーションが改善されなかったり、聞こえる時、聞こえない時の差により、落ち込んでしまう事もあるのではないでしょうか。これは、聞こえを改善させたい、より良い生活を送りたいと考えている方にとっては切実な内容です。

こちらでは、なぜそう思うのか、そして補聴器を装用する以外に行える私なりの改善方法について記載していきます。

続きを読む

うそをついて身体障害者手帳を取得するのはやめよう

身体障害者手帳を取得すると補聴器購入時、助成金、補助金を得られる事から、うそをついて取得される方を、見る事があります。身体障害者手帳を取得する際、耳の聞こえを検査するのですが、検査が反応性(耳の場合、どの位置で聞こえたかは、患者しかわからない)である事を利用し、本来の数値より重くせかけ、手帳の基準をクリアする……という手法です。

個人的に思うのは、このような事はやめた方が良いという事です。これは、悪いからダメという事ではなく、信用を失うからやめた方が良いと考えています。それは、どういった意味なのでしょうか。今回は、こちらに関して記載していきます。

続きを読む

補聴器における購入費助成制度は主に二つ

補聴器には、国が用意している助成を受けられる制度、または、市、区が用意している制度を用いる事で、助成を受けられる場合があります。どのような制度を受けるかにより、助成の金額は、異なりますが、少しでも負担を少なくしたいという場合は、有効です。

では、どのような制度があるかを早速見ていきましょう。

続きを読む

初めて補聴器を購入する場合において、外さないポイント

補聴器を初めて購入しようとお考えの場合、カタログを見ても、イマイチ何が書いてあるのかわからなかったり、あるいは、どのようなポイントを持って補聴器を購入したら良いのかはわかりにくいものです。そして、初めて補聴器を考える際、補聴器の金額の高さもあって、躊躇しがちです。外したらどうしよう?合わなかったらどうしよう?このように考えていてもおかしい事ではありません。

そのような方のために、今回は、補聴器について、外したくないポイントを絞ってお伝えしようと思います。補聴器には、ベースとなる部分と、その他の聞こえを良くさせる、あるいは、色々な事ができるようにする部分があります。ベースの部分さえ外さなければ、補聴器は、金額を抑えたものでも聴覚を補う事ができます。

続きを読む

補聴器の買い換えはいつがベストか

補聴器を使用している際に、悩むポイントの一つといえば、補聴器の買い換えのタイミングです。これは、いつが良いのでしょうか。補聴器は、金額の事もあり、気軽に購入できるものでもありません。しかし、自分自身にとっては、とても大切な機器です。これらの事があり、悩む方が多いのではないかと思っています。

私自身が考えている事ですが、基本的に補聴器の買い換えは「いつでも良い」という風に考えています。いくつか注意しなければならない点はあるものの、それらを除けばいつでも構いません。今回は、この考えについて載せていきます。

そして、長く補聴器を使用するうえで、知っておきたい事も載せていきます。補聴器は、必ず長く使用しなければならないものでもありませんし、壊れるまで使用しても良い機器です。それぞれの人に合った使い方をすれば、問題ありません。その手助けをする知識をお伝えします。

続きを読む

補聴器は同じ金額を出したとしても効果が異なる場合がある

昨日、ふと思った事ですが、両耳に装用する、片耳に装用するというのは、見方を変えれば、今あるお金をどう有効活用するのかにも影響してくるなぁ……と思いました。このように考えるきっかけは、ある場所に自分自身がコメントした際「おや?これは見方を変えるとこういう事だよな?」と感じたのです。

お金という観点から見ると、両耳、片耳の選択肢を間違えた場合、例え、同じお金を払ったとしても、効果が異なるという、ある意味損をするやり方をしている事に気が付きます。今回は、単に私が思った事を載せていきます。

続きを読む

【実例】中等度難聴者が補聴器を装用するとどう改善されるのか

reading-925589_640

補聴器を装用するとどれだけ聞こえが改善するのでしょうか。こちらは、難聴者しかわからないことであり、表現も難しいです。

目が見えにくい方が、どれだけ見えやすくなったかを言葉だけで説明するとしたら、非常に難しく感じるのではないでしょうか。見えるということでも、元がどのように見えていたか、今どのように見えているか、そして変化してどのように変わったかが必要です。

今回は、私の体験を通じて、補聴器を装用するとどれだけ聞こえるようになるか、どのように聞こえるのか、その変化は、どんなものなのかを表現してみます。

なお、音に関しては、聞く位置、環境により変化します。あくまでも目安程度にご覧下さい。

続きを読む

補聴器適合の論文から見る、理想の補聴器選択方法

environmental-protection-326923_640

補聴器の選択。これは、非常に難しいものです。適切に耳に合う補聴器を決める方法、どのようにしたらお客さんに補聴器を適切に合わせる事ができるのか、これらは、まだまだ確立されているものではありません。

そんな中、目に止まった物があります。慶應義塾大学、医学部の耳鼻咽喉科が書いた論文には、病院で行っている補聴器相談の様子が描かれていました。

リンク:聴覚医学会 当科補聴器外来における比較試聴システムの試み

こちらは、病院で行われている補聴器相談の論文であり、補聴器適合に最も適した方法は、どんなものかも記載されていました。補聴器に携わる方、必見の論文です。

個人的にも参考になる部分が非常に多くありましたので、今回は、こちらについて記載していきます。

続きを読む

補聴器を小型化して得られたメリットとデメリット

補聴器の小型化。これには、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。補聴器は、技術が上がってくるにつれ、補聴器そのものの性能が上がると共に、形状まで小さくなってきました。

では、形状や性能が上がる事により、どのようなメリットがあるのでしょうか。こちらでは、補聴器の小型化について、利点、欠点を広く捉えていきます。

補聴器は、小型化する事で、より良い補聴器を提供できるようになってきました。しかし、その一方、気をつけなければならないところもあります。今回は、小型化について見ていきましょう。

続きを読む

検索フォーム