2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:購入時の知識

補聴器を小型化して得られたメリットとデメリット

補聴器の小型化。これには、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。補聴器は、技術が上がってくるにつれ、補聴器そのものの性能が上がると共に、形状まで小さくなってきました。

では、形状や性能が上がる事により、どのようなメリットがあるのでしょうか。こちらでは、補聴器の小型化について、利点、欠点を広く捉えていきます。

補聴器は、小型化する事で、より良い補聴器を提供できるようになってきました。しかし、その一方、気をつけなければならないところもあります。今回は、小型化について見ていきましょう。

続きを読む

音場閾値測定で目指す補聴器を装用した聞こえの目安

kleiber-1147221_640

音場閾値測定(おんじょういきちそくてい)とは、補聴器を装用した状態で、音を聞き、どのくらい小さい音が聞こえるようになったのかを調べる測定になります。聴力検査の補聴器版といえばわかりやすいかもしれません。

補聴器を装用している方は、聞こえるようになる感覚こそわかるものの、自分自身で聞こえの効果を確認する事はできません。恐らく、このページを見ている方もわからないのではないでしょうか。

また、医療従事者からすると、どのくらい聞こえるようになっているのかもわかりません。そのため、双方の理解を深めるためにこのような測定を使用しつつ、現状を理解していきます。

機器で聞こえを調べるのには、他にもあるのですが、今回は、音場閾値測定に関して記載していきます。音場閾値測定は、補聴器の効果を客観的に理解できる一つのツールです。

続きを読む

補聴器の種類から見る自分に合った補聴器の選び方

book-1149031_640

耳が聞こえにくくなり、補聴器の事を調べても、よくわからない。補聴器を調べてみて、いくつか種類がある事はわかったけれど、自分の耳には、どれが合うのか、どれが良いのかよくわからない。とお考えの方は、多いのではないでしょうか。

自分自身の耳に合う補聴器を探す場合には、まず、どのような選定基準があり、どのように選んでいくのか。そして、難聴別に問題となるものは、何なのか。というところを理解しなければなりません。補聴器の種類を調べたり、メーカーの補聴器を調べてみても適合するものがわからない理由は、選定基準がないからです。

どのようなものも選定基準がある場合は、どのようなものが良いのかわかります。自分がよく理解できるもの、あるいは、知っている物は、どんなものがよく、自分に合うのがなんなのかがよくわかるのではないでしょうか。一方、基準がないものは、わかりません。

という事で、今回は、選定基準について記載すると共に、補聴器の種類に関しても記載していきます。補聴器の選択に関し、参考になれば幸いです。

続きを読む