2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:買い換え

クロス補聴器を購入したけれど騒がしいところで思うように聞こえない方へ

teddy-1338809_640

過去に、クロス補聴器の耳かけ形を購入したけれども思うように聞こえない、あまり意味がない、聞きにくさが強いため、タンスに閉まっているという方は、いらっしゃいますでしょうか。このようなケースの場合、耳かけ形のクロス側を耳あな形に変える事で、聞こえの改善ができます。

当店の方で、ちょうど、改善できた例がありますので、お聞こえにお悩みの方の参考になれば幸いです。

続きを読む

お使いの補聴器が聞こえにくいとお困りの方へ送る聞こえを改善させる方法

window-1231894_640

最近、補聴器を別のところで購入したけれども聞きにくい、メガネ屋さんで購入したけれども、なかなかうまくいかないという方のご相談が増えてきました。

補聴器を使用しても聞こえにくいという理由は様々です。しっかりと補聴器の調整がされていても、耳の限界上、難しい方もいますし、補聴器の調整でもう少し、改善の余地があるという事で、こちらで良くする施策を施し、よくできた方もいます。

これらの方々をご対応させていただき、一定の改善ポイントが見えてきましたので、こちらに記載してみます。聞こえにくさにお悩みの方へ改善するヒントとなれば幸いです。

続きを読む

補聴器を新しくする時に起こる感覚の乖離とその改善方法

girl-690717_640

さて、補聴器を新しく買い換える際、たまにですが、感覚の乖離が激しい方がいます。今まで感覚のみで合わせてきた場合によく起こるのですが、新しい補聴器を装用しても異質にしか感じず、今までの補聴器の方が良いというケースです。

今までの補聴器でもしっかり聞こえており、その状態が聞こえとしてよい状態であれば何もいう事はありませんが、仮にその状態ではなく、もっと聞こえが改善できる場合は、その感覚が時として仇になる事もあります。

この場合、私がやっているのは、補聴器の効果を数値化する事と快適性と補聴器の効果、どちらを優先するかを決めていただく事でした。この二つを行うと、目指すべきポイントがわかり、感覚だけに左右される事はなくなります。

続きを読む

補聴器を長く使用する場合の落とし穴とそれを回避する方法

bottles-1149662_640

私自身は、補聴器を長く使用するか、しないかは、個人の判断で良いと思っている人間です。聞こえていれば長く使用していいですし、平均使用年数ほどで買い換えても、その人の自由です。

ただ、補聴器を長く使用する場合、ちょっとした落とし穴がありますので、その点だけご注意ください。それは、補聴器の修理が効かなくなる頃合いがあるという事です。

そして一番最悪なパターンは、補聴器が故障し、高額修理になるため、買い換えを検討せざるを得なくなったが、前のデータがなく、補聴器がなかなか耳に馴染まないというパターンです。このようになると、場合によっては、補聴器を活用できなくなったりします。

こちらでは、このような落とし穴にはまらないよう、最低限の注意として回避方法に関して載せていきます。なお、初めに結論を書きますと、修理対応期間中に買い換える事と長く付き合える販売店を探す事となります。こちらを意識いただければ、困る事は軽減できます。

続きを読む

補聴器を買い換えるタイミングの実際のところ

summer-still-life-783347_640

補聴器を買い換えるタイミングに関しては、様々です。平均5年とはよく言われますが、これよりも早く買い換える方もいれば、もっと長く使われる方もいます。私自身、タイミングとしては、いつでも良いと考えています。

ただし、これには条件があり、補聴器でしっかりと耳を補えている場合となります。聞こえにくい補聴器を使っており、かつ新しくする事によって聞こえが改善するのであれば、それは新しい補聴器の方が、よりよい生活が手に入ります。その場合は、新しい補聴器に買い換えた方が、使っている方にとってよい事になります。

初めに結論を書くとタイミングはいつでもよいけれども聞こえている事が条件、となります。

続きを読む

補聴器の買い換え時、同じメーカーが良いのか、別メーカーが良いのか

apple-256263_640

補聴器を買い換える際、同じメーカーにする方が良いのか、それとも別メーカーにした方が良いのか。たまに迷ってらっしゃる方がいます。この内容の結論としては「装用して使えて、効果が出れば何でも良い」となります。

今現在の補聴器は、良くも悪くも調整が自由になってきていますので、おおよそではありますが、前の補聴器を参考にして、音の調整をする事ができます。それにより、以前の補聴器のような装用感覚で別メーカーでも使用できるようにもできます。

今回は、買い換え時に関する事をまとめていきます。

続きを読む