2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:基本事項

低音障害の方を実際に対応して学んだ3つのこと

先日【実例】低音障害型感音難聴の方を補聴器で改善した方法に関して記載しました。こちらに関しては、実際に対応した内容を記載してみたのですが、難しい症例の一つですので、実際に私が対応して学んだこと、得られたことに関してもシェアできればと思い、こちらも記載してみます。

前回のものがお客さん用とするなら、こちらは、補聴器を実際に調整する方、向けと行ったところでしょうか。どちらかというと感想的なものですが、載せていきます。

続きを読む

もらった質問から補聴器販売の本質とすべきことについて考える

最近、様々な問い合わせをいただくことと自分自身を内省していることもあり、補聴器販売に関して思うことがあります。0ベースから考え、どのようにすることがもっとも理想的なのか、それをよく考えます。

これに関しては、補聴器の販売という仕事はどうあるべきか。というところに焦点を当て、考えているわけですが、自分が考える補聴器販売とは、やはり聞こえの改善度を重視した、もしくは、そのほかの要素を網羅した上で、対応者(販売員)と受け手(お客さん)が一緒になって目的に向かい、歩めるようにすること。だと考えるようになりました。

こちらに関して感じることを載せていきます。

続きを読む

難聴者に必要な音を届けられる補聴器選定法

補聴器を適切に提供したいと考えたとき、出力に関してはどのように見れば良いのでしょうか。

補聴器を提供する側の視点であれば、耳の聞こえに対して少し余裕を持たせて補聴器選定を行います(少し聞こえが低下したとしても補えるように考えます)。

しかし、選定が不慣れな方ですと、カタログに書いてある記述と聴力だけで判断しがちです。これでは、本当に適した補聴器選定ができているかがわかりません。

曖昧な方法ですと、販売後も心配になってしまいますね。そんな事にならないような方法があります。

今回は、補聴器に携わっている方へ向けた内容です。

続きを読む

検索フォーム