2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:プログラムスイッチ

補聴器にあるプログラムスイッチの3つの活用方法

mimosa-1381958_640

補聴器には、プログラムスイッチとよばれるものがある。このスイッチは、使う方もいれば、使わない方もいる。中には、どのような事に使うのかわからない方もいるだろう。ここで、よくあるプログラムスイッチの活用方法について紹介する。

なお、プログラムスイッチは使わなくてもよい機能でもある。無理に使う必要はなく、こちらに紹介したもので、自分に当てはまる事があれば、補聴器販売店に相談してみて欲しい。すると、より補聴器を活用しやすくなるだろう。

少しでも聞こえを良くする手立てが見つかれば幸いだ。

続きを読む

補聴器のプログラムの基礎を理解して、効果的に使おう

補聴器の中でなかなか理解されないものといえば、プログラムです。補聴器を購入した方であれば「騒がしい時には、ここを押してください。周囲の音が少し弱くなります」という風に言われた事があるかもしれません。それがプログラムです。今現在の補聴器には、プログラムはほぼついており、それを操作するボタンをプログラムスイッチと呼んでいます。

このプログラムは、なぜ存在しているか考えた事はありますでしょうか。実は、かなり合理的な理由で、プログラムは存在しています。今回は、このプログラムに関して記載していきます。そして、プログラムとボリュームについて使い分けできるようにしていきましょう。すると効果的に使用できるようになります。

続きを読む

補聴器のプログラムスイッチの概要と現在の傾向

補聴器には、プログラムスイッチと呼ばれるスイッチがついています。このスイッチは、ボタンを押す事で、中に記録してある音に切り換えてくれるスイッチです。

補聴器で操作するものの中には、ボリュームとプログラムスイッチの二つがあるのですが、いまいちよくわからないのが、このプログラムスイッチだと思います。

そこで、今回は、このプログラムスイッチに関して載せていきます。このスイッチの理解に役立てば幸いです。

続きを読む

検索フォーム