2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:FM機器&Roger

補聴援助システムを使用するとなぜ聞こえが良くなるのか?

補聴器には、補聴援助システムという補助機器があります。この機器は、送信機に話しかけた音声が直接受信機をつけている補聴器に入る事により、非常に良い聞こえを得られるシステムとして有名です。中には、このシステムで全ての人が話して欲しいとお考えになる方もいます。

では、なぜこのように聞こえやすくなるのでしょうか、そして補聴器単体では、なぜこのような事ができないのでしょうか。今回は、補聴援助システムを使用するとなぜあんなにも聞こえが良くなるのかを記載していきます。

続きを読む

補聴援助システムRoger(ロジャー)が使える補聴器とは?

補聴器には、補聴援助システムというものがあります。こちらは、送信機、受信機を使用し、送信機に話した音声が直接補聴器に届くシステムです。このような機器を使用する場合は、補聴器に受信機をつける必要があります。

では、補聴援助システムの一種Rogerが使える補聴器には、どのようなものがあるのでしょうか。こちらに関する内容について載せていきます。

続きを読む

補聴援助システムを購入前に理解したい欠点の改善方法

難聴の子どもの聞こえを支援する補聴援助システム。このシステムは、非常に素晴らしい聞こえを提供してくれる頼りになる機器です。しかしその一方、とても厄介な一面を持っています。それは、使用する人と欲しい人が異なる事です。

この点は、補聴援助システムの欠点となる部分です。ここを改善しないと購入しても使用できない、あるいは活用できないという状況に陥りやすくなります。今回は、補聴援助システムについて、考えていくと共に、どのようにして、この欠点を改善していくかも記載していきます。

どんな道具も使えるようにならなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。それは、補聴援助システムも同様です。

なお、補聴援助システムの機能的な内容について不明な方は、こちらをご覧下さい。補聴援助システムであるFM機器、Rogerの両方について記載しています。

リンク:難聴児の聞こえを改善させるFM機器、Rogerとは

それでは、見ていきましょう。

続きを読む

FM機器、Rogerを活用してみよう〜場所編〜

昨日は、「FM機器、Rogerを活用してみよう〜機械編〜」を記載してみました。今回は、場所編です。

補聴器、人工内耳の聞こえを良くするFM機器、Rogerは、学校だけでなく様々な場所でも使用する事ができます。FM、Rogerの概要を記載しつつ、どのような場所で使用できるのか、例を上げていきます。

こちらの内容でより活用できるようになれば、幸いです。

なお、FM機器、Rogerについて理解している事が前提となっています。もし、不明なところがあれば、下記の内容をご覧になることをお勧めします。その方が、より理解できるようになります。

リンク:難聴児の聞こえを改善させるFM機器、Rogerとは

続きを読む

FM機器、Rogerをもっと活用してみよう〜機械編〜

FM機器やRogerといえば、お子さんが使用する場合、よく授業で使用される機器です。しかし、この機器はあくまでも通信機器ですので、それ以外にも使用できます。

例えば、テレビの音声を聞く、パソコンの音声を聞く……こういった場合にも有効活用できます。現在、機械から音を出すものは、非常に多くなってきました。これらのものがききにくいのなら、FM機器、Rogerを使う事で、さらによくなる可能性があります。もし、FM機器、Rogerを持っているのならもっと有効活用していきましょう。

今回は、様々なものを繋げてもっと活用いただくために、活用方法について載せていきたいと思います。

続きを読む

FM機器、Rogerの受信機設定の適切な決め方

FM機器、Rogerには、受信機の設定があります。FM機器、Rogerを使用するには、送信機のスイッチをいれる事、そして補聴器をFM機器、Rogerを受信できるようにする必要があります。この部分をしなければ、適切に音が補聴器に入る事がありません。

では、この設定方法には、どのようなものがあるのでしょうか。これらの設定方法を紹介すると共に、それぞれのメリット、デメリットについて記載していきます。

本来は、補聴器屋さんと相談する内容ですが、予め知っておくと適切に判断しやすくなります。

なお、FM機器、Rogerに関する概要については、こちらをご覧下さい。ちょっと記事内容をリニューアルしました。

リンク:補聴器の聞こえを拡張するFM機器、Rogerとは

続きを読む

FM補聴器、Rogerの選択方法を知ろう

ipad-820272_640

FM補聴器をご存知でしょうか。正しくは、FM機器を装着した補聴器になります。

FM機器は、補聴器に直接音声を入れられるシステムです。話し手につけてもらう送信機、聞き手の補聴器に装着する受信機、この二つにより、通常の補聴器よりも音声が非常に聞きやすくなる機器です。

では、FM機器には、どのようなものがあるのでしょうか。また、FM機器のような補聴援助システムには、Rogerと呼ばれる機器もあります。この二つはどのように異なるのでしょうか。

今回は、FM機器で有名なフォナック社の補聴援助システムを基準に、この二つの違いについて記載していきます。

続きを読む

FM、Rogerを購入するときは、維持費も考えよう

FM機器、Roger機器は、補聴器の聞こえを拡張してくれる優れた機器です。しかし、金額が高く、手に入りにくいのが問題視されています。また、自立支援法で支給される可能性があるとはいえ、まだまだ支給される率は低く、一部の方しか手に入りません。

そんなFM、Roger機器ですが、さらに気をつけなければならないことがあります。

それは、タイトル通り、維持費に関することです。

続きを読む

フォナック社よりロジャーフォーカス登場

補聴器メーカーフォナック社より、Roger Focusが登場しました。FM機器でいうアイセンス・マイクロのRogerバージョンです。

触った事がありませんので、概要のみまとめていきます。

なお、この内容は、FM機器のお話が出てきます。FM機器に関して知っておくとより理解しやすくなるでしょう。

リンク:難聴児の聞こえを改善させるFM機器、Rogerとは

それでは、見ていきましょう。

続きを読む

FM機器、Roger受信機の比較と選択方法

tower-820001_640

FM、Roger送信機と比べると受信機は、あまり悩む事がありません。

一般的には、補聴器の形状や購入時期で決まってしまう事、ほとんど選択肢がない事により、悩む事が少ないです。しかし、より良い選択をしたいとお考えの方のために、それぞれの利点、欠点を記載していきます。

例によって例の如く、フォナック社のもので比較をしていきます。また、子どもを対象としたエントリーになります。

なお送信機に関してはこちらをご覧下さい

リンク:送信機別の機能から考えるFM送信機の選択方法

リンク:難聴児に合ったFM機器、Roger送信機の選び方

今回は、受信機について見ていきましょう。

続きを読む

難聴児に合ったFM機器、Roger送信機の選び方

laptop-820274_640

FM機器、Rogerには、送信機、受信機の二つがあります。このうち選択に迷うのは、送信機の方です。

送信機にも色々種類があります。その種類によっても得意な事が異なります。

今回は、送信機の種類を網羅しつつ、児童用にどのような送信機を選んでいけば良いかを記載していきます。少々難しいお話しになりますが、参考になれば、幸いです。

なお、FM機器。Rogerの基礎を伺いたい場合は、こちらをお勧めします。とくにFM機器?Roger?の違いが不明な方は、ご覧になった方がこちらを理解しやすくなります。

リンク:難聴児の聞こえを改善させるFM機器、Rogerとは

続きを読む

送信機別の機能から考えるFM送信機の選択方法

FM機器の送信機は、どのように選択すればよいのでしょうか。送信機にも種類があり、それぞれ得意としている分野が異なります。

FMの送信機には、主に二つに分けられます。ピンマイク型、スティック型の二つです。これらは、使い方、用途によりどちらを使用した方が良いかが変わります。

今回は、それぞれが持つ機能を考えつつ、見ていきましょう。この内容は、児童がFMを使用するケースとして記載しています。

なお、あくまでもFM機器同士の比較になりますので、この点に注意してください。

現在発売されている機器で比較する場合はこちらをご覧下さい

リンク:通信送信機を機器同士で比較した場合

続きを読む

FM機器は、故障していない?気をつけたい仕様の事

FM機器とは、主に児童が使用する補聴器の聞こえを拡張させる機器です。送信機、受信機に分かれ、送信機のマイクに話しかけると直接音声が補聴器に伝わり、非常に良く聞こえるようになります。この機器は、補聴援助システムとも呼ばれています。

高い聞こえの効果を持つFM機器は、使い方を誤ってしまうと故障のような症状が出ます。故障かも!?と思ってもそれは、故障ではなく扱い方の問題だった……という例は、いくつかあります。

今回は、故障のような症状が出る例から、どんな仕様があるかを記載していきます。こちらを見ておくとFM機器を扱う際にも、より活用できるようになるでしょう。

なお、補聴援助システムには、FM機器の他、Rogerという通信機器があります。基本的には、同じ機器ですので、この機器についても記載していきます。何も記載していない場合は、FM機器とRogerは、同様の症状が出るとお考えください。別の症状が出るものだけ、FM機器、Rogerと分けていきます。

続きを読む

FMの故障症状一覧、当てはまる人はすぐに修理しよう

FM機器といえば、補聴器の聞こえを拡張してくれる機器です。現在、お子さんが使用するケースが多く、学校での授業や日常でも活用している子もいます。別名、補聴援助システムとも呼ばれます。

補聴器にも故障があるようにFM機器にも故障があります。では、どのような故障があるのでしょうか。今回は、こちらの故障内容について記載していきます。当てはまるものがあれば、すぐに補聴器屋さんへ持っていきましょう。早めに修理すれば、それだけ早く使えるようになります。

なお、FM機器の別にRogerという補聴援助システムがあります。こちらも基本同様ですので、Rogerを持っている方も同じようにお考えください。また、補聴器の故障については、含んでいませんので、その点はご注意ください。

続きを読む

アイセンスマイクロ有効活用例、補聴対象者の拡大

アイセンスマイクロという機器をご存知でしょうか。

補聴器メーカーのPhonak Japanより発売されている少し変わった機器です。主には、FM機器の聞こえチェックに使用されている機器ですが、現在、聞こえには問題ないけれども特定の場所で聞きづらい方に有効であると注目を浴びています。

今回は、そんなアイセンスマイクロとその有効症例について記載していきます。

続きを読む

進化した補聴援助システムRogerを使った感想

ux-787980_640

次世代の補聴援助システムRoger(ロジャー)。こちらは、FM機器よりも優れた通信機器です。FM機器の欠点であったものの改善やさらに騒がしい環境でも聞こえる様にした補聴援助システムです。

このシステムは、私自身気になっており、自分自身で使用してみました。その感想としては、ずいぶん良くなっている……と感じています。こちらは、音質が……ではなく、使い勝手が良くなっています。

では、FM機器と比べてどう良くなったのか、今回はそちらをテーマに見ていきましょう。Rogerは、FMと比べて非常に安定するようになりました。ここがRogerの良いところです。

続きを読む

難聴児の聞こえを改善させるFM機器、Rogerとは

child-817373_640

補聴器には、ある特定の機器を付属する事で、聞こえを拡張することができます。その一種がFM機器です。別名、補聴援助システムとも呼ばれています。こちらは、補聴器に受信機を装着し、話し手に送信機を使ってもらう事で、送信機に話した音声が直接補聴器に届くようになります。聞こえのクリアさ、音声の理解のしやすさは群を抜いており、非常に優秀な機器です。

現在は、FM機器以外にRogerという別の通信機器があります。この二つは通信方法が異なるだけであり、二つともやっている事は同じです。

今回は、このFM機器及び通信機器の概要から利点、欠点、関して記載していきます。

続きを読む