2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:現在

この業界をよりよくするために必要なものと個人的にやりたいこと

新年あけまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。さて、新年あけて、早速ですが、個人的にこの業界をよりよくするために必要なこと、自分がやりたいと思っていること、この2つに関して、載せていきます。

実行するかはともかく、難聴の方や難聴になってしまった方々がよりよくなる世界を考えた際に、これらのことは、必要かなと感じています。

新年あけて暇なので、載せていきます(ww

続きを読む

新製品発表で密かにちょ〜気になっているエクスパンションの改善

girl-1721432_640

先日、フォナックのセミナーに参加し、個人的に、密かに気になっているものがあります。それは、エクスパンションと呼ばれる要素です。新しい補聴器では、こちらに関して、より効果的に行う仕様になったとか。

補聴器を調整する人間としては、ここが一番気になったところです。マーケティング的思考では、先日書いた内容が気になったところですね。

ちょっとこちらに関して、私が感じたことをまとめていきます。

続きを読む

【2016年12月】フォナック新製品セミナーへ参加してみた

img_0283-1

私のところで、取り扱っている補聴器のメーカー、フォナックさんが新製品を発表するとのことで、セミナーに参加してきました。正直、感想としては、想像以上で、考えさせられることも多々ありました。

セミナー内容を一部記載すると共に、私自身が感じたこと、思ったことも載せていきます。

続きを読む

補聴器販売者技能向上研修に参加してみた

img_0278

先日(12月4日)、一般社団法人日本補聴器販売店協会が主催した補聴器販売者技能講習研修に参加してみました。約400人ほどの人が来たようで、多くの補聴器販売に携わる方々が参加。補聴器の適切な販売を目指し、基礎的な内容の講習会でした。

参加した手前、こちらに関して簡単にまとめていきます。なお、参加して感じたことの詳細や疑問に感じたこと。自分の考えは、後日に記載していきます。まずは、概要をまとめていきます。

続きを読む

新しい補聴器サービスの形か?オンラインサポートの補聴器システム

instagram-1474234_640

面白い内容がありましたので、取り上げてみます。

リンク:「補聴器&オンラインサポート」を定額で提供 シンガポール発のサービスが日本上陸

こちらの内容は、補聴器をオンラインでサポートするサービスになります。聴力測定から補聴器の提供まで、行う新しい形のサポートシステムを提供するシンガポールの会社が、どうやら日本に上陸したようです。個人的には、なかなか面白いサービスだなと思い、見てみました。一応、調べられるものは、一通り調べたうえですが、ちょっとご紹介します。

続きを読む

補聴器のイメージが損なわれる事について思う事

補聴器は、何かとネガティブに捉えられる事が多いのですが、これについて思う事があります。それは、イメージが損なわれるとどのような事が起こるかです。こちらについて考えてみると、見事なまでに悪い事しか思い浮かびませんでした。

さて、補聴器のイメージが損なわれるとどのような事が起こるのでしょうか。こちらについて考えてみた事を記載していきます。基本的には、装用している方にも、これから装用使用としている方にもデメリットとなる事があります。

続きを読む

Webの発達により変わるアクセスルート

私自身、ブログを書き続けて思う事は、Webに情報がある事で、補聴器業界そのものに、大きな変化が出てくるのではないかという事です。Webにただ情報があるだけでは、変わらないのですが、ほんの少し、加工をすると、Webの可能性が見えてきます。それが、求めている方のアクセスルートの変化です。

はてアクセスルート?と思う方もいらっしゃると思いますので、今回は、こちらについて記載していきます。個人的には、Webの発達により、大きく業界そのものが変化すると思っていますし、そうなって欲しいとも思っています。

続きを読む

意外と知られていない補聴器の技術が使われているイヤホン

earphones-893156_640

補聴器の技術が一部使用されているものにカスタムイヤホン、イヤーモニターと呼ばれるイヤホンがあります。これは、耳の型を採取し、その人の耳の形に合わせたイヤホンです。よくアーティストさんが耳に合わせたものを装用しているものがありますね。あちらに補聴器の技術が使用されています。

では、これらのイヤホンには、どのような技術が使われているのでしょうか。今回は、そちらについて見てみましょう。補聴器の技術は、難聴の人だけでなく、様々な人に役立てている事がわかります。

続きを読む

補聴器は、場所に合わせて調整するに対する素朴な疑問

woman-687560_640

補聴器の調整で聞く言葉といえば「補聴器は、場所に合わせて調整する事が大切です」があります。これは、その場、その場の音の環境に合わせて音を調節していくのが重要であるという意味です。その他「補聴器の購入選択は、場所やどんなところで聞きたいかをしっかり考えるのが重要なんです」という言葉も聞きます。

しかし、補聴器を装用している私は、いつも疑問に思っていました。はたして、その場所だけ聞きたいと思う事は、あるのだろうか……、そして、そのような調整方法で良いのだろうか……、という事です。

よく考えていただければわかりますが、その場所、あるいは、ある特定のシチュエーションで困っている事はあっても、その場所だけ困るという事は、ありえないからです。耳の聞こえが低下すれば、ある特定の場所だけでなく、他の場所も困っている事の方がむしろ考えられます。

今回は、こちらについて、私が思う事を記載していきます。

続きを読む

誰も言わない集音器をお勧めしない本当の理由

young-791849_640

よく集音器を購入しようとお考えの方から「集音器と補聴器は、どう異なるの?」という事を聞きます。果たして、この二つは、どのように異なるのでしょうか。そして、それぞれの機器は、どのような違いがあるのでしょうか。この二つの差について、しっかりと記載されているものは、意外にありません。

個人的に考える集音器をお勧めしない理由は、性能ではなく、耳に合っているかがわからないところです。誰も言いませんが、ここのデメリットは、非常に大きいものであり、決して無視できるものでは、ありません。

耳に合っているかわからないとは、どういう意味なのでしょうか。今回は、集音器をお勧めしない理由から、補聴器は、どのようにして耳に合わせているのか、そして、集音器と補聴器の違いの比較までして行きます。

集音器の最も大きいデメリットは、耳に合っているかわからない……この部分をしっかり理解する事ができるでしょう。

続きを読む

補聴器は本当に年寄りくさいのか

補聴器を装用しない理由として、「年寄りくさいから」という理由を見ることがあります。過去に、補聴器を装用しない理由は何ですか?という問いに対し、「年寄りくさいから……」というアンケート項目にチェックが入っているのを何度か見た事があります。

では、果たして補聴器は、年寄りくさいのでしょうか?補聴器を装用している身からすると、とてもそのように思えません。

今回は、本当に補聴器は、年寄りくさいのか。という事に対し、考えていきます。

続きを読む

補聴器もクラウドファンディングされる時代になったようです

startup-593324_640

クラウドファンディングサイトINDIEGOGOより小型補聴器のクラウドファンディングがありました。

豆粒サイズの補聴器であり、現在の補聴器を簡易化したものです。既製された耳あな型の補聴器で、先端に耳せんをつけるタイプとなります。現在、開発中であり、購入者を探している最中のようです。

この形状のタイプ、シーメンスの耳あな補聴器にも似たようなものがありますね。

クラウドファンディングでついに補聴器開発も支援される事になりました。この変化は、すごい変化だと考えています。

今回は、こちらの補聴器の概要について記載していきます。

続きを読む

高齢者は補聴器を必要としていない?データから見える現状

ご高齢の方に、補聴器が売れない理由は、何でしょうか。一つの理由にタイトル通り、必要とされていないから、ではないかと考えています。

とあるブログにて面白いデータを発見しました。一人暮らしの高齢者の会話頻度に関する事です。こちらによると半数が一日に一度も会話をしていない事が判明しました。

個人的には、非常に考えさせられる内容でした。会話しない環境であれば、補聴器が必要だと思わないだろうなと感じたからです。

続きを読む

オーティコン社のc100発売から考える自立支援法ビジネス

workstation-405768_640

オーティコン社より、C100という自立支援法補聴器が発売されて早1ヶ月です。このC100、自立支援法補聴器の中では、非常に優位的であり、素晴らしい補聴器だと思います。

最近、各メーカー自立支援法補聴器の充実化に力を入れてきました。では、自立支援法補聴器は、力を入れるべきポイントだったのでしょうか。

今回は、オーティコンのC100の概要とこれらについて考えていきます。

続きを読む

補聴器を水の中に入れても復活する時代が来るかもしれない

面白い物を見つけました。水中にスマートフォンを入れても復活させる液体があるようです。こちらは、誤ってスマートフォンを水没させてしまった時に、使うものです。

この液体を使用すると、水没させても95%の確率で復活するそうです。名前もReviveaphone、そのまんまのネーミングセンスですね。

世の中には、こんな物も開発されているんですね。本当にすごいです。この技術、補聴器に応用できないでしょうか?ちょっと考えてみる事にしました。

続きを読む

日本補聴器販売店協会の補聴器修理延長保証サービスは、損?得?

ryabinsk-887017_640

日本補聴器販売店協会では、修理延長保証サービスを行っています。

補聴器を使用するにあたり、長く使用するなら故障は避けられません。耳に関しては、治療が難しいため、今後も長く補聴器を使用していくことになります。

では、この修理延長保証サービスは得なのでしょうか、それとも損なのでしょうか。

今回は修理に関する事と修理延長保証サービスについて考えていきます。

続きを読む

検索フォーム