2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:補聴器ニュース

補聴器は、場所に合わせて調整するに対する素朴な疑問

woman-687560_640

補聴器の調整で聞く言葉といえば「補聴器は、場所に合わせて調整する事が大切です」があります。これは、その場、その場の音の環境に合わせて音を調節していくのが重要であるという意味です。その他「補聴器の購入選択は、場所やどんなところで聞きたいかをしっかり考えるのが重要なんです」という言葉も聞きます。

しかし、補聴器を装用している私は、いつも疑問に思っていました。はたして、その場所だけ聞きたいと思う事は、あるのだろうか……、そして、そのような調整方法で良いのだろうか……、という事です。

よく考えていただければわかりますが、その場所、あるいは、ある特定のシチュエーションで困っている事はあっても、その場所だけ困るという事は、ありえないからです。耳の聞こえが低下すれば、ある特定の場所だけでなく、他の場所も困っている事の方がむしろ考えられます。

今回は、こちらについて、私が思う事を記載していきます。

続きを読む

誰も言わない集音器をお勧めしない本当の理由

young-791849_640

よく集音器を購入しようとお考えの方から「集音器と補聴器は、どう異なるの?」という事を聞きます。果たして、この二つは、どのように異なるのでしょうか。そして、それぞれの機器は、どのような違いがあるのでしょうか。この二つの差について、しっかりと記載されているものは、意外にありません。

個人的に考える集音器をお勧めしない理由は、性能ではなく、耳に合っているかがわからないところです。誰も言いませんが、ここのデメリットは、非常に大きいものであり、決して無視できるものでは、ありません。

耳に合っているかわからないとは、どういう意味なのでしょうか。今回は、集音器をお勧めしない理由から、補聴器は、どのようにして耳に合わせているのか、そして、集音器と補聴器の違いの比較までして行きます。

集音器の最も大きいデメリットは、耳に合っているかわからない……この部分をしっかり理解する事ができるでしょう。

続きを読む

補聴器が変わらなければどう替わるのか

昨日は、「業界が変わらなければ、替わるかもしれないという発想」を記載しました。非常に参考になる話しで、いくら岩盤規制があったとしても、市場の力でいとも簡単に覆される可能性があるというお話です。さらに、それは身近なものでも起こりえる事でもあります。

こちらでは、一般的な内容を記載しました。では、補聴器業界ではどのようになるのでしょうか?

今回は、こちらについて考えていきます。

なお、こちらは、補聴器が変わらなくても、今後替わるかもしれないものも含めて記載していきます。

続きを読む

業界が変わらなければ替わるかもしれないという発想

マーケット感覚を身につけよう 著作ちきりん氏 という本があります。月200万PVというとてつもない量のアクセスがあるネットの中で有名な人物です。私は、この方のファンなのですが、この本の中に面白い記述がありました。

それは、タイトルの通り、「変わらなければ、替わるかもしれない」という事です。これは、どの業界にも言えることであり、自身が決して変わらないと言っても外部的要因により、とり替えられてしまう可能性がある事を示しています。

本書の中には、いくつかの例があり、非常に勉強になりました。この一部を記載してみます。

この内容を元に補聴器業界を含む、他の業界の事を考えてみるのも面白いと思います。

続きを読む

補聴器は将来セルフ商品になるかもしれない3つの理由

waiter-492872_640

補聴器は将来どのようになってくるのでしょうか。個人的には、タイトル通り、セルフ商品になってくると考えています。完全なセルフ商品になるかどうかは、わかりませんが、大半がこのようになってくる可能性はあると思っています。

セルフ商品とは、自分で購入して、自分で調整する事を指します。現在は、補聴器屋あるいは病院を受診して、聞こえを調べた後、補聴器を試して、購入……という流れです。IKEAやニトリで組立型の家具を販売しているのと感覚が似ています。

今回は、セルフ商品になるかもしれない理由について記載していきます。

続きを読む

未来のイヤモールド製作が垣間見える技術

耳の形状をスマホで撮影するだけで、その方、専用のイヤホンを作る技術があります。ownphonesというイヤホンなのですが、スマートフォンのカメラで撮影した耳のデータを使用し、3Dプリンターで、イヤホンを製造します。

なんとも凄い技術です。この技術は、イヤモールドにも使用できそうですね。耳を撮影するだけでイヤモールドができたら、どれだけすごいのでしょうか。妄想が止まりません。

今回は、こちらの利点、問題点について記載していきます。

続きを読む

補聴器は本当に年寄りくさいのか

補聴器を装用しない理由として、「年寄りくさいから」という理由を見ることがあります。過去に、補聴器を装用しない理由は何ですか?という問いに対し、「年寄りくさいから……」というアンケート項目にチェックが入っているのを何度か見た事があります。

では、果たして補聴器は、年寄りくさいのでしょうか?補聴器を装用している身からすると、とてもそのように思えません。

今回は、本当に補聴器は、年寄りくさいのか。という事に対し、考えていきます。

続きを読む

補聴器もクラウドファンディングされる時代になったようです

startup-593324_640

クラウドファンディングサイトINDIEGOGOより小型補聴器のクラウドファンディングがありました。

豆粒サイズの補聴器であり、現在の補聴器を簡易化したものです。既製された耳あな型の補聴器で、先端に耳せんをつけるタイプとなります。現在、開発中であり、購入者を探している最中のようです。

この形状のタイプ、シーメンスの耳あな補聴器にも似たようなものがありますね。

クラウドファンディングでついに補聴器開発も支援される事になりました。この変化は、すごい変化だと考えています。

今回は、こちらの補聴器の概要について記載していきます。

続きを読む

高齢者は補聴器を必要としていない?データから見える現状

ご高齢の方に、補聴器が売れない理由は、何でしょうか。一つの理由にタイトル通り、必要とされていないから、ではないかと考えています。

とあるブログにて面白いデータを発見しました。一人暮らしの高齢者の会話頻度に関する事です。こちらによると半数が一日に一度も会話をしていない事が判明しました。

個人的には、非常に考えさせられる内容でした。会話しない環境であれば、補聴器が必要だと思わないだろうなと感じたからです。

続きを読む

3Dプリンターが起こす流通革命、より楽になる補聴器使用者

よく考えてみれば、3Dプリンターは、補聴器業界に革命を引き起こすのではないか。再度、そんな風に思いました。

3Dプリンターが普及すれば、消費者(補聴器装用者)にとってはより便利な世界になります。

私が注目したのは、補聴器の消耗部品です。

3Dプリンターが普及した世界は補聴器業界をどのように変化させるのでしょうか。補聴器装用者側と企業側、双方の変化について記載していきます。

続きを読む

3Dプリンターは補聴器業界をどう変えるだろうか

久々にメーカーズ 〜産業革命が始まる〜 クリス・アンダーソン氏 著作を読みました。2年前の本ですが、色々と考えさせられるものがあります。2年経った今なお、驚く事もあります。

この本は、3Dプリンターについて書かれた本です。3Dプリンターは、どんな事ができるのか、何がすごいのか、それを教えてくれる本です。

今回は、こちらを読んだうえ、補聴器業界について考えていきます。

続きを読む

オーティコン社のc100発売から考える自立支援法ビジネス

workstation-405768_640

オーティコン社より、C100という自立支援法補聴器が発売されて早1ヶ月です。このC100、自立支援法補聴器の中では、非常に優位的であり、素晴らしい補聴器だと思います。

最近、各メーカー自立支援法補聴器の充実化に力を入れてきました。では、自立支援法補聴器は、力を入れるべきポイントだったのでしょうか。

今回は、オーティコンのC100の概要とこれらについて考えていきます。

続きを読む

補聴器を水の中に入れても復活する時代が来るかもしれない

面白い物を見つけました。水中にスマートフォンを入れても復活させる液体があるようです。こちらは、誤ってスマートフォンを水没させてしまった時に、使うものです。

この液体を使用すると、水没させても95%の確率で復活するそうです。名前もReviveaphone、そのまんまのネーミングセンスですね。

世の中には、こんな物も開発されているんですね。本当にすごいです。この技術、補聴器に応用できないでしょうか?ちょっと考えてみる事にしました。

続きを読む

補聴器アプリが知れ渡った世界を想像してみよう

補聴器アプリ……考えれば考えるほど、可能性に満ちている事に気が付きます。ここで、仮に補聴器アプリが認知された世界を考えてみる事にします。

果たして、補聴器アプリが浸透したら、補聴器を装用しているユーザー、補聴器を製造しているメーカーは、どのようになっていくのでしょうか。

今回は、こちらについて考えていきます。

続きを読む

補聴器アプリが変える補聴器市場

昨日補聴器のアプリに関して、記載してみました。

iPhoneの補聴器アプリは考えようによって、補聴器市場を大きく変えてくれるのでは?と考えています。いろんなものが、スマートフォンでできる時代になってきた現在に、あるべき変化なのかもしれません。

今回は、こちらについて記載してみます。

なお、前回のエントリーは、こちら

リンク:時代の変化、iPhoneを補聴器にするアプリが登場

続きを読む

時代の変化、iPhoneを補聴器に変えるアプリが登場

iphone-410324_640

ふ〜む……、スマートフォンもついにここまで来たんですね。iPhoneを補聴器に変えるアプリが登場したようです。iPhoneに無料アプリをインストールし、iPhoneを補聴器に変えてしまうアプリです。時代の変化を感じますね。

イギリスにあるエセックス大学(イングランドの大学)の研究者が開発したアプリです。動画を見る限り、意外と細かな調整ができる様ですね。 なお、こちらはiPhoneのアプリしかありませんので、Androidは使用不可になります。

続きを読む

日本補聴器販売店協会の補聴器修理延長保証サービスは、損?得?

ryabinsk-887017_640

日本補聴器販売店協会では、修理延長保証サービスを行っています。

補聴器を使用するにあたり、長く使用するなら故障は避けられません。耳に関しては、治療が難しいため、今後も長く補聴器を使用していくことになります。

では、この修理延長保証サービスは得なのでしょうか、それとも損なのでしょうか。

今回は修理に関する事と修理延長保証サービスについて考えていきます。

続きを読む

検索フォーム