2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:耳あな形補聴器

音場閾値の効果は、補聴器の形状により変わるのか?→変わる

cat-1647775_640

先日、補聴器の調整と聞こえを改善させる目安を記載しましたが、ここで気になることが出てくるかと思います。それは、補聴器の形状により、この効果は、異なるのか。という点です。

こちらに関しては、あくまでも当店の場合ですが、Yesになります。メーカーにより、厳密には、補聴器ごとの調整方法、音量設定が異なりますので、全てのメーカーに共通するかは全くわからないのですが、当店で扱っているフォナックのメーカーは、異なります。

結論から言いますと、耳あな形補聴器の方が、音場閾値測定の結果は、良くなります。私自身、数多くの方々に音場閾値測定を行なってきましたが、その中で気がついたのは、形状ごとに変化するということでした。少々、不明確な部分があり、まだまだ明確になっていないことも多いのですが、耳あな形の方が結果が良くなる。その部分に関しては、わかってきたことになります。

続きを読む

耳あな形補聴器の納期と作る際に知っておきたい3つの事

cloves-1395915_640

補聴器には、耳かけ形補聴器、耳あな形補聴器、ポケット形補聴器の三つがありますが、主に販売されているのは、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器です。耳あな形補聴器は、オーダーメイド補聴器とも言われており、その人の耳の型を採取して、製作します。

そのため、一般の補聴器以上に納期がかかったり、あるいは、耳にしっかりと固定するがゆえの欠点もあります。こちらでは、耳あな形補聴器を作ろうかな?とお考えの方のために、知っておきたい事をまとめてみました。お考えの場合は、参考にしてみてください。

続きを読む

フォナックの耳あな形補聴器が地味に改良されていた

pretty-woman-1509956_640

私のところでは、フォナックというメーカーの補聴器を扱っています。今現在、主流の補聴器(クラス、性能のもの)があるのですが、気が付いた事として、耳あな形補聴器のマイクが地味に改良され、風切り音が入りにくくなっている事がわかりました。

今までの耳あな形補聴器のマイクは、むき出しになっており、風の影響を受けやすかったのですが、今現在のマイクは、風がマイクに当たりにくくなっており、カナルサイズのものでも軽減できている事がわかりました。今までは、CICという耳の中に入れる補聴器でなければ改善が難しかったのですが、これは、地味に良い改良点です。

こちらに関する気付きに関して載せていきます。このようにユーザーが本当の意味で邪魔と感じる音を無くしてくれる努力をしてくれるところは、本当に感謝ですね。

続きを読む

補聴器販売している私が耳あな形補聴器を優先して販売する理由

girl-1507680_640

補聴器の種類には、主にポケット形補聴器、耳かけ形補聴器、耳あな形補聴器の三種類があります。私の場合、ご希望がある場合は、そちらを優先しますが、それがない場合、耳あな形補聴器を勧める事が多くなります。

もちろん、耳あな形補聴器を使っても問題無い方が対象となり、多くは、軽度〜中等度難聴の方に当てはまります。

形状は、好きに選んでいいというような風潮はありますが、使用している、あるいは、聞こえにくい方に試聴を繰り返している身としては、そのような事は感じていません。形状によっても効果は、変わります。

厳密には、補聴器は、音響機器ですので、マイクを置く位置で大きく聞こえが変化します。どの形状もマイクを置く位置は変化しますので、それに伴い、効果も異なります。

ここで私自身が耳あな形補聴器を優先して販売する事に関して載せていきます。

続きを読む

難聴者であり補聴器販売をしている私が耳あな型補聴器にこだわる理由

red-head-767078_640

私自身生まれつきの難聴であり、補聴器の販売までしている身ですが、どのような補聴器も耳に適合するなら、迷わず、耳あな型補聴器をお勧めしています。一部の人からは「耳あな教」「耳あな型補聴器にこだわりすぎじゃない?」とたまに言われるのですが、補聴器を使用している身から考えると、やはりこちらに落ち着きます。

私自身がよく考えるのは、どのようなものが最もお客さんにとって良いのか。になります。私なりの結論は、生活をサポートできる補聴器。ただそれだけです。それを実現しやすいのは、耳あな型補聴器ではないか。と考えました。

では、どのような理由からなのでしょうか。ちょっと私の思考を覗いてみましょうか。

続きを読む

耳あな形補聴器をお勧めする状況別環境7選

girls-529013_640

補聴器には、主に耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器の二つがあります。この二つは、形状が異なる事により、少々性能が異なるのですが、それ以上に異なるのは、状況別対応のしやすさになります。

結論から書いてしまいますと、耳あな形補聴器は、耳の穴の中に入れてしまうため、耳にかかるもの、耳付近にくるものを着用した時に、影響を受けにくく、非常に使い勝手が良い補聴器となります。性能面も優秀ですが、日常生活上で使用するという観点でも優秀です。

続きを読む

耳あな形補聴器がお勧めな人と形状によるメリット、デメリット

girl-797837_640

耳あな形補聴器とは、耳の穴の中に入れて使用するタイプの補聴器です。耳の穴の中に入ってしまう補聴器から、耳の入り口や耳そのもの覆って使用するタイプまで様々なものがあります。こちらでは、そんな耳あな形補聴器の特徴から利点、欠点について記載していきます。

耳あな形補聴器は、耳の穴の中に入れるだけあって多くの恩恵を受けられると同時に、使えない方からお勧めできない方もいます。

こちらでは、耳あな形補聴器全般について記載していきます。補聴器を選ぶ際に役立てば幸いです。

続きを読む

耳あな形補聴器の特徴とこの補聴器が合う人

coffee-break-1177540_640

補聴器の形状には、いくつかあり、その中の一つに耳あな形補聴器があります。耳あな形補聴器は、補聴器を耳の穴の中に入れてしまう事によるメリット、デメリットがある補聴器です。

では、この補聴器は、どんな補聴器なのでしょうか。そして、どのような人が合うのでしょうか。今回は、そちらについてまとめていきます。この補聴器は、合う人には、とても良い補聴器ですが、合わない人には、製作する事すらできません。極端ではありますが、適合するならお勧めの補聴器となります。

続きを読む