2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:難 聴

片耳のみ中等度難聴の補聴器における基本改善

片耳のみ中等度難聴の場合、主な改善方法としては、2つあります。それは、聞こえにくい耳に補聴器を装用し、改善させる方法と聞こえる耳に音を転送して改善させる方法です。

どんな場合にも聞こえにくい耳に補聴器を装用して改善させるかと言いますと、そのようなことはありません。聞こえにくい耳に補聴器をするという選択肢は、あくまでも聞こえにくい耳に補聴器を入れると効果が見込める人のみ行います。

あくまでも私のところでやっていることですが、どのように見分け、改善するのか。こちらに関して載せていきます。

改善の分かれ目は、音声が理解できるか、できないか

私のところでは、聴力以外にも音声がどのくらい理解できるのかを調べる語音明瞭度測定(ごおんめいりょうど測定)というものも行なっています。

耳には、どの周波数がどのくらい聞こえるのかを調べる聴力測定と、音声がどのくらい理解できるのかを調べる語音明瞭度測定があります。音を聞いてその音が何を意味するのかを理解するのは、脳がしていることですので、音が聞こえることと音声が理解できることは、異なることです。

例えば、聞いたことがない地名や会社名を言われると、聞き返す確率が高いのは、音が聞こえていないのではなく、その単語が頭の中(脳の中)にないため、理解しづらい状況です。専門用語も同様ですね。

何度か聞くとその言葉を覚え、すんなり認識できるようになるわけですが、この際、理解できるようになったのは、聴力が良くなったわけではなく、その言葉を覚え、その単語が来た際に、脳で認識できるようになったからです。

このように音が聞こえることと音声が理解できること(言葉や音の意味が認識できること)は、全く異なる状態なため、2つの測定があります。ここからが重要ですが、補聴器は、簡単に言えば単に音を大きくして聞こえを改善させることしかできません。つまり、認識する力が弱いと補聴器の効果は、望みにくくなります。

そのため、聞こえにくい現状を改善させるには、音声の理解力を調べ、その耳を活かせるのか、それともその耳を活かすのではなく、別の方法をとった方が良いのかを考えます。

結論から言えば、その耳を活かせるのであれば、聞こえにくい耳に補聴器を装用し、その耳を改善させます。それをしても効果が薄い場合は、聞こえにくい耳で理解するのではなく、音を聞こえる耳に転送して補い、聞きにくさを改善させていきます。

補聴器の効果を擬似化できる語音明瞭度測定

耳鼻科で行うことは少ないかと思いますが、私のところでは、それを調べるために、上記に出てきた語音明瞭度測定を行います。

測定をする部屋は、どこでも防音室で調べる。

測定をする部屋は、どこでも防音室で調べる。

聴力測定同様、このような防音室の中で、

語音明瞭度の場合は、こちら以外もあるが、耳の状態を調べる場合は、ヘッドホンをつけて調べる。

語音明瞭度の場合は、こちら以外もあるが、耳の状態を調べる場合は、ヘッドホンをつけて調べる。

ヘッドホンをつけ、聞こえる音量にして、あ、じ、は、などの一つの言葉を出していきます。

音声を聞き、どのくらい理解できるのか。聞こえた通りに紙に記載する。

音声を聞き、どのくらい理解できるのか。聞こえた通りに紙に記載する。

それを聞こえた通りに紙に記載し

書いたものを採点。調べることにより、音を入れることで、ちゃんと理解できるのか、そうでないのかがわかる。そのため、擬似補聴器効果測定としても使える。

書いたものを採点。調べることにより、音を入れることで、ちゃんと理解できるのか、そうでないのかがわかる。そのため、擬似補聴器効果測定としても使える。

その結果がどうなのか。それを確認します。

ちょうど良い音量から少し大きいくらいの音量でやるとその人の音声の理解力を調べることができます。

数値に関しては、このようになる。音の大きさと音声の理解力がどのくらいあるのか。それを一目で見られるようにしている。

数値に関しては、このようになる。音の大きさと音声の理解力がどのくらいあるのか。それを一目で見られるようにしている。

それを調べたのが、こちら。補聴器の適性を見る場合は、基本的に一番正解数が高いところを見ます。この場合は、縦軸の一番高い部分ですね。そこの数値の意味は、

明瞭度の数値の意味。この意味が非常に重要になる。

明瞭度の数値の意味。この意味が非常に重要になる。

このようになります。補聴器の効果ですが、基本的に50%以上はないと効果は望みにくいとされています。50%でも日常会話は、しばしば(多々、度々)理解できないことがあるレベルですが、ここから補聴器の適用になります。

耳の場合は、音が聞こえることと、音声が理解できることは異なるため、このような測定があります。こちらで耳の状況を理解し、どのように聞こえを改善させたら良いか。その方針を理解することができるようになります。

それぞれの改善方法

語音明瞭度測定の結果が良ければ(50%以上であれば)、聞こえにくい耳に補聴器を直接装用し、聞こえにくさを改善させた方が、聞きにくさは改善しやすくなります。

一般的な補聴器には、耳の穴の中に入れるものと、耳にかけるものがある。こちらは、耳の中に入れてしまうもの。

一般的な補聴器には、耳の穴の中に入れるものと、耳にかけるものがある。こちらは、耳の中に入れてしまうもの。

一般的な補聴器には、このような形状をしたものや

耳にかけて使用するタイプがこちら。補聴器の一般的な形状になる

耳にかけて使用するタイプがこちら。補聴器の一般的な形状になる

このような機器があります。

それでも聞こえる耳ほどには、なりませんが、全体的に感じている聞きにくさをより無くしていくことができます。

一方、明瞭度(音声の理解力、語音明瞭度測定の結果を示す言い方)が低く、明らかに効果は薄い、ない場合は、聞こえにくい耳で音を理解するのではなく、聞こえる耳で音を理解できるクロス補聴器で理解できるようにしていきます。

仕組みとしては、このようになります。

聞こえる耳に音を転送して聞く補聴器をクロス補聴器と呼ぶ。こちらは、耳にかけるタイプのクロス補聴器。

聞こえる耳に音を転送して聞く補聴器をクロス補聴器と呼ぶ。こちらは、耳にかけるタイプのクロス補聴器。

聞こえる耳に補聴器をのせ、聞こえない耳には、音を転送させる機器をのせます。すると、聞こえにくい耳にくる音を常時、聞こえる耳に送ってくれます。このように音を理解する道具が、今現在ではあります。

このような機器がでてきたのは、補聴器を直接、耳に入れても効果が望みにくい耳があるためです。明瞭度が低い耳は、音を入れて改善させるということができません、音を大きくしても音は聞こえるけれど、理解はできない、という状況になります。聞こえにくい耳に音を入れても改善できないのであれば、音を聞こえる耳に転送して改善したらどうか。そのような発想により、生まれたのがクロス補聴器です。

耳の状況によって改善方法は、違う

耳の場合、聞こえにくい耳に音を入れることで改善できるのか、できないのか。まず、ここから理解していきます。と言いますのも、音を入れて改善できない耳に音を大きくして聞きにくさを改善させる補聴器を装用しても、聞きにくいままになるからです。

耳には、音が聞きにくいというところと音声が聞きにくいという、この2つの部分の理解ができれば、あとは、自身の状況がどのようになっているのか。ちゃんと補聴器を装用すれば、聞きにくさは改善できるのか。その部分まで見れば、どのようによくしたら良いかがわかります。

それでも補聴器による聞こえの改善には、限度はあるのですが、補聴器で出せる限りの改善は、行うことができます。補聴器での改善は、限度がありますが、限度があるからこそ、ちゃんとやるべきことをしないと、聞きにくさは、ほとんど改善できません。

ということで、片耳のみ中等度難聴の方の基本改善ということで載せてみました。

続きを読む

ネットの情報を楽に収集する方法〜こんな風に私は、収集してます〜

たまに「なんでそんなに知っているんですか?」「なんでそんなに色々考えられるのですか?」みたいなことを言われるのですが、それは、日々、ネットでの情報収集を日課にしているためです。

これは、私自身、感じることですが、どんな人も情報をたくさんえることができれば、ある程度、色々と考えられると思っています。ということで、私がよく使用しているFeedyというサービスなのですが、こちらに関してご紹介します。

知っている人も多いかもしれませんが、知らない人のために。

続きを読む

聴覚障害者が健聴の人を超える時代は来るのか

teens-629046_640

2016年、リオパラリンピックで走り幅跳びの選手、マルクス・レーム選手が8m21cmと驚異的な記録をだし、金メダルを獲得しました。去年の記録では、この記録よりも上の、8m40cmの記録をだし、ロンドン五輪の走り幅跳びの金メダル記録を9cm上回りました。このことにより、障害そのものに関する議論は、もちろん、他の業界でも「うちらの業界でも健常者により近く、または、超えられる日が来るのでは?」と期待している業界もあるかと思います。

ということで私が関連する聴覚の世界はどうなのか。個人的に考えてみました。結論から言いますと、努力次第で可能。という結論に至りました。物事の整理をしていく意味で、私自身が考えたことを載せていきます。

なお、聴力が良くなる技術はさておき、良くなる技術があることを前提で考えてみました。

続きを読む

今ある聞こえを改善させる技術から、状況をより良くさせるには?

fashion-1478810_640

私自身、補聴器の販売をしていますが、その一方で、一難聴者でもあります。自分なりに補聴器は、自分の聞こえを改善させうる部分まで改善させていますが、それでもやはり聞こえにくい部分は、出てきます。

そこで、補聴器でできる部分を改善させつつ、自分自身の状況をより良くさせるには、どうしているのか。自分の考えとともに、やっていることに関して載せていきます。

続きを読む

補聴器の満足度が低いのは、ひどい販売店が多い?は考えにくい

christmas-1887306_640

先日、日本補聴器販売店が主催した研修会に参加し、その内容で本当に補聴器の満足度が上がるのか。と言う内容に関して、載せました。

中には、「満足度が低いのは、ひどい販売店が多いからだ」という声や「ちゃんと補聴器を調整できる人がいないからだ(ちゃんと補聴器を調整するってどう言う意味でしょう?)」と言うような疑問、投げかけをした方もいるかと思います。

私自身も考えながらやっているのですが、それに関しては、「本当にそうか?」と思うところがあります。ちゃんと補聴器を調整できる人は、ともかく(ちゃんと調整するの定義がかなり難しいのです)ひどい販売店があったとしても、全体の仕組みとして、良い販売店に案内するルートさえできていれば、そこに行かなくて済む状態になりますので、結局は、仕組みの問題になると考えています。

続きを読む

日本の補聴器に関する満足度36%。クレーム件数を減らせば改善するのか?

question-marks-2215_640

12月4日、一週間以上前のことですが、補聴器販売店協会が主催した補聴器販売者技能工場研修に参加しました。その際の共通認識としては、業界そのものの信用もそうですが、難聴者のQOL及び、補聴器販売に対する満足度を上げましょう。というお話でした。

で、この研修に参加した際、感じたことですが、販売店協会が考えているクレーム件数を減らせば、満足度は、上がるのか。というところに関しては、若干上がるかもしれませんが、それだけで、欧州や米国のように跳ね上がるか。と言われれば「それは正直、考えにくい」と感じています。

私自身が感じたことに関して載せていきます。

続きを読む

補聴器の内も外もすごい勢いで変化してきている

the-scenery-679011_640

う〜む、最近、なんかすごい勢いで、補聴器の内側も外側も変わってきているな・・・と感じます。内側というのは、補聴器業界、もしくは、補聴器そのものを表し、補聴器の外側というのは、補聴器業界外の変化になります。

もちろん、この変化は、今に始まったことではないのですが、ここ最近、さらに加速してきているような・・・と感じます。テクノロジーの変化は、早いですね。どちらかというと外の世界がやばい感じです。

そこで、私自身が気になったことを少しまとめていきます。

続きを読む

両耳が聞こえにくい方を補聴器で補う方法と補う5つのパターン

board-1614646_640

補聴器を購入する際、どの補聴器を購入しようか。どの機種を購入すれば良いのかとお考えになる方は、多いのではないでしょうか。補聴器を販売している私の場合、どの補聴器を購入すれば良いかを考える前に、どのように補ったら聞こえにくさが最大限、軽減されるのか。それを考えます。

どうしても補聴器を考える際、目に見える補聴器そのものしか見ない傾向がありますが、本当に聞こえをしっかりと改善したいのであれば、まず初めに見るべきは、自分の耳の状態であり、その耳の状態に適した補い方を理解することです。

どのような物事も目的があり、その目的に合う手段を選んでいきます。補聴器も同様で、自分の耳の聞こえにくさを改善させるという目的のために補聴器という改善手段を選択します。補聴器は、あくまでも聞こえを改善させる手段であり、補聴器を購入するというよりも自分の聞こえにくさを改善できるものは何か。という視点で選んでいく必要があります。

こちらでは、両耳が聞こえにくい方を補聴器で補う場合、どのように補ったら良いのか。どのような補うパターンがあるのか。耳の状態を理解すること~補聴器の補うパターンまで記載していきます。

もし、

  • 真剣に聞こえにくさを改善したい
  • しっかりと聞こえにくさを改善したい
  • 最大限、聞こえにくさを改善したい

とお考えでしたら、参考にしてみてください。

なお、あくまでも補聴器は、耳が治らなかった方が使用する機器です。もし、耳鼻咽喉科に行ったことがないのであれば、まずは、耳の状態をみていただきましょう。耳鼻科で改善できれば、補聴器をつける以上に聞こえにくさは改善できますし、安く済みます。

続きを読む

片耳のみ聞こえにくい方を補聴器で補う時に理解したい2つの補い方

beautiful-day-1374424_640

片耳のみ難聴の方は、どのようにして補聴器で補うのでしょうか。片耳のみ難聴と言いましても、様々なタイプがあります。

補聴器を購入するとき、どの補聴器を購入しようか、どの形状がいいのか、という目に見えやすい部分を気にする傾向があるのですが、まず始めに行わなければならないのは、どのように耳を補うかの方針を立てることです。どの補聴器にしようか、どの形状がいいかなと考えるのは、その後になります。

耳の状態には、補聴器でそのまま聞こえにくい耳を補った方が良い症状と、そうではなく聞こえる耳に音を転送して聞こえにくさを補った方が良い症状があります。

こちらでは、あくまでも私がしている補い方の選定方法に関して述べていきます。私の場合は、できる限りの不自由を軽減する。という方針で補聴器の選定を行なっています。

基本的に聞こえを改善させるプロは、どのようにしたら最もその人の聞こえにくさが改善されるか。という視点で考えて、方針を決めていきます。

こちらがご参考になれば幸いです。

なお、あくまでも補聴器は、耳が治療で治らなかったケースに使います。聞こえにくさを感じており、まだ耳鼻咽喉科を受診されていない場合は、初めに受診しましょう。耳が治れば、その方が金額の負担も少ないですし、聞こえの効果も高くなります。

続きを読む

インターネットで耳のことを調べても参考程度に

mac-459196_640

医療の情報に関して、インターネットで調べられる時代になったことにより、何か気になることがあれば気軽に調べられるようになりました。しかし、それらの情報は、参考程度にしておいた方が無難です。

最近、医療情報を検索されることも多くなり、それらのリテラシーが必要になってきましたので、その理由に関して記載していきます。

続きを読む

自分で補聴器の調整し、その情報が共有されたら、この業界は、もっと良くなるのではないか?

eye-784903_640

本日は、敬老の日ということで、一般的な補聴器販売店であれば、お店を開けているところも多いですね。あいにく私のところは、来られる方の平均年齢が30代なので、関係ありません(笑)。ということで今日はお休みです。個人的には、休日くらい、販売店に行くのではなく、自分のために楽しんでほしいと思っています。補聴器は、聞こえを良くさせる道具ですが、その本質は、人生の質を良くさせるものだからですね。なので、つけた後の生活が一番大事だよね〜と、私は思ってます。

さて、話は変わりまして、最近、少し思うのですが、仮に補聴器の調整を自分で行い、その情報が共有されたら、この業界は、もっと良くなるのではないか?と感じる事があります。自分というのは、聞こえにくい人のことで、簡単にいれば、自分の補聴器は、自分で調整する。ということです。補聴器に関連するところからは、否定や批判が来そうですが、個人的に思うことを載せていきます。

続きを読む

片耳難聴の方は、右側が聞こえにくいことが多い?お店に来てくれた人を調べてみた

hand-1248053_640

ちょっとしたことではあるのですが、当店の場合、徐々に片耳難聴の方が増えてきているため、ふと疑問に思ったことがあります。それは、片耳のみ聞こえにくい方は、どちらの耳が聞こえにくいのだろうか?ということです。正確には、片耳が聞こえにくく、こまっている人は、どちらの耳が聞こえにくいケースが多いのか。になります。

当初、どちらも同じだろうと考えていたのですが、調べてみた結果は、大きく外れ、タイトル通り、右耳が聞こえにくいことが多いことがわかりました。それも少しではなく、明らかな差があります。

今回は、こちらで調べてみた結果に関して載せていきます。あくまでも私のお店の場合ですので、ご参考程度にどうぞ。

続きを読む

小耳症の方は、3Dスキャンの技術でもっと良くなるのでは?というお話し

3d-791205_640

ちょっとした昔話。そういえば過去に小耳症の方にお会いしたことがあり、形成手術もしている方にお会いしたのですが、その方は、髪を長くして耳を隠していました。今現在は、どのような形成手術をするのか、不明な部分はあるのですが、昔に手術した方は、左右の耳の大きさが明らかに異なるため、耳を隠していたんだな……と思います。

小耳症とは、なんらかの原因により、耳がうまく作られない症状をさし、いわゆる奇形と呼ばれる症状です。あえて写真などは、載せないので、気になる方は、検索していただければとは思うのですが(検索時、手術の画像も出るので、血やそのような耐性がない方はしない方がいいかも)、仮に今現在も、そのような状況なら、もっと良くなるよな。と感じることがあります。それは、3Dスキャンや3Dプリンターを使った技術です。どこかでは活用されている気がしなくもないのですが、昔話もしつつ、この時に感じたことを載せていきます。

続きを読む

諦めるという選択肢のおかげで様々なものが生まれるというお話し

emperor-penguin-62982_640

補聴器や聞こえを補う道具には、補聴器以外にもあったりするわけですが、肯定的な諦めという意味で、諦めるという選択肢のおかげで様々なものが生まれているんだな……と感じる事が多々あります。私の方でよく扱っているクロス補聴器もそうですし、補聴器の仲間、人工内耳もそれに当てはまります。

初めに結論から言ってしまえば、これらのものは、補聴器で耳を補う事を諦めた事で、生まれたとも言えます。補聴器では、補えない、補いにくい方に、お勧めできる機器だからです。

続きを読む

Amazonのように補聴器のレビューがあったら?というお話しに真剣に考えた

girl-1561943_640

本日、Amazonのレビューを見ていて、考え事をしていました。それは、もしAmazonのように補聴器そのもののレビューがあったら、お客さんにとってはわかりやすいのでは?という事です。正直な事を言いますと、これは、お客さんから言われた案なのですが、私の場合、即刻、却下してしまいました。

その理由には、二つあります。なかなか面白いお話しであり、補聴器とは何なのかがわかる質問ですので、却下した理由に関して載せてみます。

続きを読む

ミライの授業を読んで学んだ3つの事

book-1550103_640

滝本哲史さんのミライの授業という本を読んでみました。私、この人のファンで、この方が書いている本は、ほとんど読んでいるのですが、今回の内容は、14歳向けに書かれた本で、過去の偉人がどのようにして、世界を変えたのか、常識を変えたのかが記載されており、勉強する意味を教えてくれる非常に勇気をくれる内容でした。

また、これからの社会についても書かれており、今現在、どのような世界に生きているのか、そして、自分は、どんな事ができるのかを教えてくれる良書でもありました。

正直、久々の良書ですので、ご紹介します。14歳ではなくても大人の方にもお勧めで(むしろ、そっちの人の方が響くものがあると思います)、日々の仕事がつまらない方や新しい事をしている人には、お勧めですね。

続きを読む

私が補聴器販売店を設立したのは、相談する場所を欲している人がいたから

road-909704_640

なんだか少々懐かしいな……と思いつつ、見ていました。

リンク:地ヂカラ通信、「地域に活力を」広がる創業支援

こちらには、補聴器販売店を開業するに辺り、日本政策金融公庫からお金を借りて開業した方のストーリーが描かれていました。創業支援の広告のようなものです。

私自身も実は、日本政策金融公庫から借りて起業した口です。自分一人で、事業プランを考え、どのように集客し、どのように儲けを得るのか、それに必要な費用と費用の使い道まできっちりと書き、経営するうえで必要なキャッシュフローもどのように動くのかという点まで、考えたうえで、相談しに行ったのを今でも覚えています。

学生時代、学校では、簿記(一応、日商2級程度は持っています)を勉強していたのですが、こんなところで役立つとは思いもせず、人生何があるか本当にわからないなと感じています。

相談後、日本政策公庫と親に借金して、お店を開業。そういえば何でお店を開業させたのか、整理して記載していなかったな……という事もあり、せっかくですので、書いていきます。

続きを読む

下手に自分の難聴を活かした仕事を選ばない方が良い4つの理由

water-lily-1510707_640

私自身、生まれつき難聴の人間ですが、このような仕事をしているせいか、定期的に「私も聞こえにくいのですが、この体を活かして補聴器業界はどうですか?」と聞かれる事があります。この意見に関して、私なりの返答をさせていただくと、下手に自分の難聴を活かそうと思わない方が良いという事です。

立て続けにご連絡いただいた事もあり、こちらに関して、私個人の意見を書いていきます。恐らく、気になっている人も多いと思いますので、一人の意見として、参考にしていただければ幸いです。

続きを読む