2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:症状

病院へは行った方が良い?難聴の症状とチェック方法

日々、いつも通り暮らしていて急に聞こえにくくなったり、あるいは、少し聞きにくくなったような……と感じた時、どのような時に耳鼻咽喉科に行き、どのような時にそのまま安静にしていれば良いのでしょうか。このような事は、意外に気になるところだと思います。

結論から申し上げますと、耳の場合、自然治癒する事は、あまりありません。一部のものは、自然治癒する事はありますが、ほとんどないため、以下に記載する症状が見られた場合、早急に耳鼻咽喉科を受診する事をお勧めします。

耳の病気は、早めに治療を始められるかにより、その後の改善度に影響します。

続きを読む

耳が聞こえにくいという事は、状況を認識しにくいという事

聞こえにくくなる事については、意外に理解しているようで、理解しきれていない部分もあると思います。例えば、聞こえにくくなると一番始めに困るのは、人との会話です。しかし、耳には様々な役割があり、会話以外にも役割があります。

では、どのような役割があるのでしょうか、意外に理解しているようで、理解しきれていない部分とは、どのような事が考えられるのでしょうか。今回は、こちらについて記載していきます。

音が聞こえにくい事は、状況を認識しにくいという事です。こちらに関するある事が起こります。難聴の事をしっかり理解するのは、ご自身の耳の理解に繋がります。

続きを読む

難聴が引き起こす症状とその改善方法

tulip-1228564_640

難聴の症状には、どのようなものがあるのでしょうか。また、難聴になるとどのような事が起こるのでしょうか。症状を早く改善したいと思う一方、自分の身に何が起こっているのか不安に思う方は、多くいらっしゃると思います。

難聴には、色々な種類があり、症状もバラバラです。しかし、難聴の種類、難聴を起こす場所、それらを知る事により、どのような症状が出るかも理解できるようになります。

こちらでは、難聴の症状について細かく記載していくと共に、改善方法についても記載していきます。こちらを見る事で、ご自身の耳の聞こえを改善させる手段、行動指針が見つかれば、幸いです。

続きを読む

耳の各器官の役割から難聴の基礎を理解しよう

squirrel-493793_640

耳の聞こえが低下する原因は、どんなものがあるのでしょうか。難聴には、様々な種類が存在するため、難聴によって原因は異なります。

しかし、基本的な種類は、感音性難聴(かんおんせいなんちょう)、伝音性難聴(でんおんせいなんちょう)、混合性難聴(こんごうせいなんちょう)の三つです。これらを覚えておくことで、どこに原因があり、どんな改善方法があるか理解しやすくなります。

これらは、耳のどこに原因が発生するかで、症状が異なります。今回は耳の仕組み、役割を記載しつつ、それぞれの難聴の原因と改善方法を見ていきましょう。

続きを読む

【重要】誰も言わない聴力低下すると起こる3つの症状

bible-1216063_640

音が聞こえにくくなるとどのような事が起こるのでしょうか。難聴とは、耳が聞こえにくくなる事を指します。音が聞こえにくくなると単純に音が聞きにくくなるだけではありません。難聴になった方が体験するのは、音が聞きにくくなる事により、言葉が聞きにくくなる事です。しかし、それ以外にも耳は、音を活用していますし、耳特有の障害も起こります。

今回は、音が聞こえにくくなる事により、どのような事が起こるのかを記載していきます。こちらにより、難聴の理解、聞こえにくくなる事による被害、そして聞こえの改善に役立てば幸いです。

続きを読む

検索フォーム