2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:子ども

子どもの難聴と耳を補ううえで重要な事

子どもの難聴とは、どのようなものなのでしょうか。そして、耳の聞こえが低下しているとどのような事が起こるのでしょうか。意外にもここは、知られていないところです。子どもの難聴も基本、大人の難聴と同じです。しかし、異なる部分もあります。それは、学習していくには、耳の聞こえを補う事が必要不可欠である事です。

大人の難聴は、耳の聞こえが低下するだけですが、子どもの難聴は、耳の聞こえが低下する事により、学習する力も阻害されてしまいます。これらを防ぐために、耳の聞こえを補う補聴器はあります。

今回は、子どもの難聴から、補聴器の役割を見ていきましょう。こちらをしっかりと理解しているのと理解してないのでは、熱量に差が出ます。難聴について少しでも理解されれば、幸いです。

続きを読む

改善内容から見る乳幼難聴児の現状

twins-1169064_640

聴覚医学会に、勉強になる論文がありました。乳幼の難聴児に関する論文です。

こちらは、全国の乳幼のお子さんを預かる施設にどんな補聴器を使用しているのか、どんな機能を使っているのか調査した内容です。

こちらの論文を読むと乳幼の難聴児に関する現状が見えてきます。

今回は、こちらについて記載していきます。

リンク:聴覚医学会 乳幼児期の難聴児における補聴器機能と装用状況に関する検討

続きを読む

難聴児を取り巻く環境の変化による学校の変化

難聴の子が通う学校には、一般学校に通いつつ、聴覚の補充指導は通級指導教室でうける形式と全ての事を一つの学校で行うろう学校の二つがあります。

時代の変化、医療の進歩、補聴機器の進化により、「取り巻く環境が変わってきたなぁ」と思う事があります。

特に、新生児聴覚スクリーニング検査と人工内耳による進歩は、目覚ましく、これにより多くの難聴が発見されたり、より重い難聴の子でも、お話ができる様になってきました。

今回は、これらの事が、二つの学校にどう影響するのかを考えていきます。

なおこれらをより理解したい場合は、こちらのエントリーもご覧下さい。

リンク:新生児聴覚スクリーニング検査と難聴早期発見の重要性

リンク:人工内耳と補聴器の比較、それから見る人工内耳の効果

リンク:難聴の子が通う通級指導教室とは?

続きを読む

難聴の子が通う通級指導教室とは?

難聴の子が通う通級指導教室とは、どんなものなのでしょうか。障害を持った子ども達が通う学校は、ろう学校と一般学校に通いつつ、通級指導教室に通うという選択肢があります。

この通級指導教室も、ろう学校と同じく、難聴の子を支援していく役割があります。今回は、通級指導教室の役割、内容を含めて、見てみましょう。

こちらの内容は、難聴児に限ってお話していきます。

続きを読む

難聴の子に必要なセーフティネットという考え

skateboard-331751_640

子どもが難聴だった場合、何をしてあげるのが一番良いことだろうと自分なりに考えてみました。よく出てくる支援方法としては、良い補聴器を購入する事、良く聞こえるようにさせてあげる事、これらです。しかし、個人的には、違う解釈をしています。

私がたどり着いた答えは、その子自身を受け入れてくれる環境づくりの方法を教えてあげる事です。どんなに良い補聴器でも、どんなに高い補聴器でも、現在の技術では、完全に聞こえるようにする事ができません。それであれば、難聴の本質であるコミュニケーション障害が出やすくなってしまいます。

私自身が思ったのは、このコミュニケーション障害をどのようにしたら、より少なくできるか……これを子どもに教える事です。

今回は、難聴の子ども達に必要なセーフティネットの重要性について、考えていきます。

続きを読む

新生児聴覚スクリーニングで再検査?再検査の確率と今後の流れ

baby-1151351_640

現在は新生児聴覚スクリーニング検査により、生後数ヶ月で難聴の発見ができるようになってきました。新生児聴覚スクリーニングで再検査と出た方は、とてもご心配な状況だと思います。

子どもが難聴だと発覚したらどのように進んでくのか、補聴器装用の重要な事については何か。このような内容を求めていることでしょう。

今回は、こちらをテーマに記載していきます。こちらの内容を知る事で、少しでも心配事が少なくなれば、幸いです。

続きを読む

一般学校とろう学校の利点、欠点から考える進むべき道

children-602967_640

難聴のお子さんの場合、一般学校とろう学校の二つの進学先があります。どちらも一長一短であり、良いところもあれば、悪いところがあるのが現状です。

こちらでは、どちらを選んだら良いか、わかりやすくするために、それぞれのメリット、デメリットを記載していきます。

学校選択の際に参考になれば幸いです。

続きを読む

難聴児に適した教育をする療育センター、ろう学校

kids-1093758_640

難聴が発見された子どもは、それらを支援する療育センター、ろう学校へ行く事になります。それぞれの子ども達に合わせて、適切な指導を行い、発達を促していくのが学校、療育センターの主な内容です。それ以外に難聴特有の耳を見たり、補聴器を調整したりもしています。

今回は、そんな療育センター、ろう学校の行っている事、役割について載せていきます。これらの機関の理解に役立てば幸いです。

続きを読む

新生児聴覚スクリーニング検査と難聴早期発見の重要性

baby-933097_640

子供の難聴を早期発見するのに役立つ新生児聴覚スクリーニング検査。しかし、まだまだ知れ渡っていないのが現状です。新生児聴覚スクリーニング検査は、難聴の早期発見を目的として実施されています。早期発見する事により、難聴によって起こる子どもの発達遅れを軽減するのが主な目的です。

では、子どもの発達遅れとは何なのでしょうか。難聴は耳が聞こえにくくなる事以外に何かあるのでしょうか。

今回は、難聴早期発見の重要性について記載していきます。

続きを読む