2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:病名(難聴)

片耳のみ中等度難聴の補聴器における基本改善

片耳のみ中等度難聴の場合、主な改善方法としては、2つあります。それは、聞こえにくい耳に補聴器を装用し、改善させる方法と聞こえる耳に音を転送して改善させる方法です。

どんな場合にも聞こえにくい耳に補聴器を装用して改善させるかと言いますと、そのようなことはありません。聞こえにくい耳に補聴器をするという選択肢は、あくまでも聞こえにくい耳に補聴器を入れると効果が見込める人のみ行います。

あくまでも私のところでやっていることですが、どのように見分け、改善するのか。こちらに関して載せていきます。

改善の分かれ目は、音声が理解できるか、できないか

私のところでは、聴力以外にも音声がどのくらい理解できるのかを調べる語音明瞭度測定(ごおんめいりょうど測定)というものも行なっています。

耳には、どの周波数がどのくらい聞こえるのかを調べる聴力測定と、音声がどのくらい理解できるのかを調べる語音明瞭度測定があります。音を聞いてその音が何を意味するのかを理解するのは、脳がしていることですので、音が聞こえることと音声が理解できることは、異なることです。

例えば、聞いたことがない地名や会社名を言われると、聞き返す確率が高いのは、音が聞こえていないのではなく、その単語が頭の中(脳の中)にないため、理解しづらい状況です。専門用語も同様ですね。

何度か聞くとその言葉を覚え、すんなり認識できるようになるわけですが、この際、理解できるようになったのは、聴力が良くなったわけではなく、その言葉を覚え、その単語が来た際に、脳で認識できるようになったからです。

このように音が聞こえることと音声が理解できること(言葉や音の意味が認識できること)は、全く異なる状態なため、2つの測定があります。ここからが重要ですが、補聴器は、簡単に言えば単に音を大きくして聞こえを改善させることしかできません。つまり、認識する力が弱いと補聴器の効果は、望みにくくなります。

そのため、聞こえにくい現状を改善させるには、音声の理解力を調べ、その耳を活かせるのか、それともその耳を活かすのではなく、別の方法をとった方が良いのかを考えます。

結論から言えば、その耳を活かせるのであれば、聞こえにくい耳に補聴器を装用し、その耳を改善させます。それをしても効果が薄い場合は、聞こえにくい耳で理解するのではなく、音を聞こえる耳に転送して補い、聞きにくさを改善させていきます。

補聴器の効果を擬似化できる語音明瞭度測定

耳鼻科で行うことは少ないかと思いますが、私のところでは、それを調べるために、上記に出てきた語音明瞭度測定を行います。

測定をする部屋は、どこでも防音室で調べる。

測定をする部屋は、どこでも防音室で調べる。

聴力測定同様、このような防音室の中で、

語音明瞭度の場合は、こちら以外もあるが、耳の状態を調べる場合は、ヘッドホンをつけて調べる。

語音明瞭度の場合は、こちら以外もあるが、耳の状態を調べる場合は、ヘッドホンをつけて調べる。

ヘッドホンをつけ、聞こえる音量にして、あ、じ、は、などの一つの言葉を出していきます。

音声を聞き、どのくらい理解できるのか。聞こえた通りに紙に記載する。

音声を聞き、どのくらい理解できるのか。聞こえた通りに紙に記載する。

それを聞こえた通りに紙に記載し

書いたものを採点。調べることにより、音を入れることで、ちゃんと理解できるのか、そうでないのかがわかる。そのため、擬似補聴器効果測定としても使える。

書いたものを採点。調べることにより、音を入れることで、ちゃんと理解できるのか、そうでないのかがわかる。そのため、擬似補聴器効果測定としても使える。

その結果がどうなのか。それを確認します。

ちょうど良い音量から少し大きいくらいの音量でやるとその人の音声の理解力を調べることができます。

数値に関しては、このようになる。音の大きさと音声の理解力がどのくらいあるのか。それを一目で見られるようにしている。

数値に関しては、このようになる。音の大きさと音声の理解力がどのくらいあるのか。それを一目で見られるようにしている。

それを調べたのが、こちら。補聴器の適性を見る場合は、基本的に一番正解数が高いところを見ます。この場合は、縦軸の一番高い部分ですね。そこの数値の意味は、

明瞭度の数値の意味。この意味が非常に重要になる。

明瞭度の数値の意味。この意味が非常に重要になる。

このようになります。補聴器の効果ですが、基本的に50%以上はないと効果は望みにくいとされています。50%でも日常会話は、しばしば(多々、度々)理解できないことがあるレベルですが、ここから補聴器の適用になります。

耳の場合は、音が聞こえることと、音声が理解できることは異なるため、このような測定があります。こちらで耳の状況を理解し、どのように聞こえを改善させたら良いか。その方針を理解することができるようになります。

それぞれの改善方法

語音明瞭度測定の結果が良ければ(50%以上であれば)、聞こえにくい耳に補聴器を直接装用し、聞こえにくさを改善させた方が、聞きにくさは改善しやすくなります。

一般的な補聴器には、耳の穴の中に入れるものと、耳にかけるものがある。こちらは、耳の中に入れてしまうもの。

一般的な補聴器には、耳の穴の中に入れるものと、耳にかけるものがある。こちらは、耳の中に入れてしまうもの。

一般的な補聴器には、このような形状をしたものや

耳にかけて使用するタイプがこちら。補聴器の一般的な形状になる

耳にかけて使用するタイプがこちら。補聴器の一般的な形状になる

このような機器があります。

それでも聞こえる耳ほどには、なりませんが、全体的に感じている聞きにくさをより無くしていくことができます。

一方、明瞭度(音声の理解力、語音明瞭度測定の結果を示す言い方)が低く、明らかに効果は薄い、ない場合は、聞こえにくい耳で音を理解するのではなく、聞こえる耳で音を理解できるクロス補聴器で理解できるようにしていきます。

仕組みとしては、このようになります。

聞こえる耳に音を転送して聞く補聴器をクロス補聴器と呼ぶ。こちらは、耳にかけるタイプのクロス補聴器。

聞こえる耳に音を転送して聞く補聴器をクロス補聴器と呼ぶ。こちらは、耳にかけるタイプのクロス補聴器。

聞こえる耳に補聴器をのせ、聞こえない耳には、音を転送させる機器をのせます。すると、聞こえにくい耳にくる音を常時、聞こえる耳に送ってくれます。このように音を理解する道具が、今現在ではあります。

このような機器がでてきたのは、補聴器を直接、耳に入れても効果が望みにくい耳があるためです。明瞭度が低い耳は、音を入れて改善させるということができません、音を大きくしても音は聞こえるけれど、理解はできない、という状況になります。聞こえにくい耳に音を入れても改善できないのであれば、音を聞こえる耳に転送して改善したらどうか。そのような発想により、生まれたのがクロス補聴器です。

耳の状況によって改善方法は、違う

耳の場合、聞こえにくい耳に音を入れることで改善できるのか、できないのか。まず、ここから理解していきます。と言いますのも、音を入れて改善できない耳に音を大きくして聞きにくさを改善させる補聴器を装用しても、聞きにくいままになるからです。

耳には、音が聞きにくいというところと音声が聞きにくいという、この2つの部分の理解ができれば、あとは、自身の状況がどのようになっているのか。ちゃんと補聴器を装用すれば、聞きにくさは改善できるのか。その部分まで見れば、どのようによくしたら良いかがわかります。

それでも補聴器による聞こえの改善には、限度はあるのですが、補聴器で出せる限りの改善は、行うことができます。補聴器での改善は、限度がありますが、限度があるからこそ、ちゃんとやるべきことをしないと、聞きにくさは、ほとんど改善できません。

ということで、片耳のみ中等度難聴の方の基本改善ということで載せてみました。

続きを読む

両耳が聞こえにくい方を補聴器で補う方法と補う5つのパターン

board-1614646_640

補聴器を購入する際、どの補聴器を購入しようか。どの機種を購入すれば良いのかとお考えになる方は、多いのではないでしょうか。補聴器を販売している私の場合、どの補聴器を購入すれば良いかを考える前に、どのように補ったら聞こえにくさが最大限、軽減されるのか。それを考えます。

どうしても補聴器を考える際、目に見える補聴器そのものしか見ない傾向がありますが、本当に聞こえをしっかりと改善したいのであれば、まず初めに見るべきは、自分の耳の状態であり、その耳の状態に適した補い方を理解することです。

どのような物事も目的があり、その目的に合う手段を選んでいきます。補聴器も同様で、自分の耳の聞こえにくさを改善させるという目的のために補聴器という改善手段を選択します。補聴器は、あくまでも聞こえを改善させる手段であり、補聴器を購入するというよりも自分の聞こえにくさを改善できるものは何か。という視点で選んでいく必要があります。

こちらでは、両耳が聞こえにくい方を補聴器で補う場合、どのように補ったら良いのか。どのような補うパターンがあるのか。耳の状態を理解すること~補聴器の補うパターンまで記載していきます。

もし、

  • 真剣に聞こえにくさを改善したい
  • しっかりと聞こえにくさを改善したい
  • 最大限、聞こえにくさを改善したい

とお考えでしたら、参考にしてみてください。

なお、あくまでも補聴器は、耳が治らなかった方が使用する機器です。もし、耳鼻咽喉科に行ったことがないのであれば、まずは、耳の状態をみていただきましょう。耳鼻科で改善できれば、補聴器をつける以上に聞こえにくさは改善できますし、安く済みます。

続きを読む

片耳のみ聞こえにくい方を補聴器で補う時に理解したい2つの補い方

beautiful-day-1374424_640

片耳のみ難聴の方は、どのようにして補聴器で補うのでしょうか。片耳のみ難聴と言いましても、様々なタイプがあります。

補聴器を購入するとき、どの補聴器を購入しようか、どの形状がいいのか、という目に見えやすい部分を気にする傾向があるのですが、まず始めに行わなければならないのは、どのように耳を補うかの方針を立てることです。どの補聴器にしようか、どの形状がいいかなと考えるのは、その後になります。

耳の状態には、補聴器でそのまま聞こえにくい耳を補った方が良い症状と、そうではなく聞こえる耳に音を転送して聞こえにくさを補った方が良い症状があります。

こちらでは、あくまでも私がしている補い方の選定方法に関して述べていきます。私の場合は、できる限りの不自由を軽減する。という方針で補聴器の選定を行なっています。

基本的に聞こえを改善させるプロは、どのようにしたら最もその人の聞こえにくさが改善されるか。という視点で考えて、方針を決めていきます。

こちらがご参考になれば幸いです。

なお、あくまでも補聴器は、耳が治療で治らなかったケースに使います。聞こえにくさを感じており、まだ耳鼻咽喉科を受診されていない場合は、初めに受診しましょう。耳が治れば、その方が金額の負担も少ないですし、聞こえの効果も高くなります。

続きを読む

片耳難聴の方は、右側が聞こえにくいことが多い?お店に来てくれた人を調べてみた

hand-1248053_640

ちょっとしたことではあるのですが、当店の場合、徐々に片耳難聴の方が増えてきているため、ふと疑問に思ったことがあります。それは、片耳のみ聞こえにくい方は、どちらの耳が聞こえにくいのだろうか?ということです。正確には、片耳が聞こえにくく、こまっている人は、どちらの耳が聞こえにくいケースが多いのか。になります。

当初、どちらも同じだろうと考えていたのですが、調べてみた結果は、大きく外れ、タイトル通り、右耳が聞こえにくいことが多いことがわかりました。それも少しではなく、明らかな差があります。

今回は、こちらで調べてみた結果に関して載せていきます。あくまでも私のお店の場合ですので、ご参考程度にどうぞ。

続きを読む

老人性難聴により聞こえなくなった耳を補聴器で改善させる方法

girl-640107_640

結論から記載していきますと、老人性難聴により耳が聞こえにくくなった場合、補聴器を装用して聞こえを改善させていきます。老人性難聴は、神経系の難聴とあり、今現在の医療技術では、治療する事ができません。そのため、聞こえにくくなった耳に音を大きく入れ、少しでも聞きやすくして、聞こえを改善させていきます。

老人性難聴になり、聞こえにお困りの方も多く見られますので、こちらでは、情報提供という事で、改善方法に関して載せていきます。聞こえにくい事で、お悩みな方や改善方法に関して知りたい方へ、ご自身の状況をより良くする情報源となれば幸いです。

なお、こちらは、あくまでも耳鼻咽喉科へ伺い、老人性難聴(感音性難聴)と診断された方に当てはまる内容となります。聞きにくさを感じている場合、年齢だけの症状ではなく、その他の要因によって聞きにくくなっているケースもあります。

耳鼻咽喉科に行っていない方に関しては、まずは、耳鼻咽喉科を受診する事をお勧めします。

続きを読む

感音性難聴という聞こえにくさに向き合うために

samurai-824978_640

感音性難聴の方に補聴器を装用する。これは、難しい事だ。私自身も感音性難聴であり、補聴器を装用しているが、自分自身では効果はわからないし、聞こえにくいところがあったとしてもそれが改善できるかと言われれば、状況次第になる。状況を把握し、改善できるポイントがあれば、改善する可能性もあるし、もう補聴器で補える限界値まで来ていれば、残念ながら難しい。多くの人は医師に、治らない、補聴器を装用しても聞きにくいところがあると言われた事だろう、私も言われた。

私が補聴器販売時にしているのは、できる限り改善させる。ただそれだけだ。そういえばいつだったか、この事についてお客さんから質問があり、お話しをした事があった。それは、主に以下のような話しだった。

続きを読む

感音性難聴と診断され、補聴器を勧められてお困りの方へ

dandelion-1366860_640

病院に行き感音性難聴と診断され、治療を行ったけれども、聞こえにくさが残ってしまった。あるいは、徐々に聞こえにくくなり、治らないと言われた。そのような場合は、補聴器を装用して、聞こえを補っていきます。特に生まれつき難聴の方、遺伝による難聴の方、年齢が進み聞こえにくくなった方は、ほとんどにおいて補聴器を装用して、改善させていきます。

状況改善のスタンスとしては、治療できるなら、治療を行い、それが難しい、あるいは、できないものは、補聴器で聞こえを補う。というような流れで行います。補聴器は、治療ができない場合に使用する最終手段と言っても過言ではありません。

では、仮に感音性難聴と診断されたら、必ず補聴器をつけなければならないかと言いますと、そうでもありません。この点は、人によって異なる点はあるのですが、私自身は、困っているなら装用し、そうでなければしなくても良いと思っています。

続きを読む

論文から導きだす認知症+難聴を改善させる方法

耳鼻咽喉科医が主催している聴覚医学会にて、認知症の方に関する補聴器適合の論文が出されていました。この論文は、非常に価値が高い論文であり、認知機能障害の方の補聴器適合に関して、どのようなものなのかをうつしだしています。

リンク:認知機能障害のある難聴高齢者に対する補聴器適合

こちらから読み取れる内容は、認知症の患者さんに補聴器を装用した事で得られた実態です。補聴器を装用してうまく行ったのか、それとも難しかったのか、また、認知症の方には、どのような傾向があるのか、このような内容が記載されていました。

では、実際にどんな事が記載されていたのでしょうか。今回は、認知症の方に補聴器を装用する事の実態という事で、どのような傾向があるのか、どんな事がわかったのか、そしてここからどんな事を気をつけていけば良いかについて、載せていきます。

早速見ていきましょう。

続きを読む

親が老人性難聴になったら理解しておきたい3つの事

marrakesh-999372_640

老人性難聴とは、加齢によっておこる(厳密には、大きな音の聞き過ぎと動脈硬化)とされている難聴です。聞こえにくくなるとご家族やご友人の方々との意思疎通がしにくくなり、お互いに意思疎通がしにくくなると言った、言わないのトラブルまで起こってきます。

こちらでは、ご両親が聞こえにくくなり、病院に行ったら、老人性難聴と言われた……というケースを想定して、理解しておきたい事を三つに絞り、お伝えしていきます。

続きを読む

今後増える難聴は、老人性難聴+騒音性難聴の複合型

今朝このような内容が日経新聞から出ました。「世界の若者、11億人が聴覚障害の危険性WHO調査

世界保健機関(WHO)は27日、世界の中・高所得国に暮らす12~35歳のうち、約11億人が聴覚障害に至る危険性があるとの調査結果を発表した。イヤホンなどを使うオーディオ機器の多用や、スポーツイベントでの騒音も悪影響を与えているという。大音量で音楽を流すナイトクラブなどで働く人にも注意を呼びかけている。

世界の若者、11億人が聴覚障害の危険性WHO調査より引用

中・高所得にくらす若者対象にしらべた結果、騒音や過度の音の聞き過ぎにより、難聴になっている傾向があると発表されました。ここまでくるともはや難聴は現代病となる日も近いように思います。

では、影響を受けているのは若者だけなのでしょうか。個人的には、違う解釈をしています。今の高齢者もまた、昔に比べたら難聴になる人が増えているのではないか……。私は、そんな風にも思っています。

今回は、そう思う理由について記載していきます。

続きを読む

低音障害型感音難聴における病院の診察手順一例

medical-563427_640

難聴になったとき、耳鼻咽喉科さんは、どのような手順で、聞こえを改善させるのでしょうか。病院で行うものには、検査、触診、問診など様々なものがあります。

どのような物事も、基本は確認と施策に分かれます。耳鼻咽喉科さんでしたら、耳の状況確認と薬や手術などの施策です。では、どのように原因を理解し、そして対応されているのでしょうか。

今回は、増えつつある低音障害型感音難聴を例に、どのように判断しているのかの流れを記載していきます。

なお、こちらにある内容は、あくまでも一例としてみてください。状況により判断は異なるケースが考えられますので、一概には言うことができません。この点に関しては、ご了承ください。

続きを読む

伝音性難聴を引き起こす症状とそれぞれの改善方法

stack-of-books-1001655_640

伝音性難聴とは、耳のある部分が悪化する事によって起こる症状です。身近な病気である中耳炎や鼓膜が破れてしまう事によって、音が聞きにくくなる事があるのですが、この二つは、耳のある部分が悪化しているために聞こえにくくなります。

では、悪化している場所は、どこなのでしょうか。そして、伝音性難聴とは、どのようなものなのでしょうか。こちらでは、その概要から引き起こす症状、改善方法までまとめていきます。

もし、伝音性難聴であった場合は、理解と改善にお役立てください。

続きを読む

突発性難聴は再発するのか。再発と予防を考える

studying-951818_640

突発性難聴に関するエントリーがWeb上に増えてきました。これは、大変良い傾向です。突然発症する難聴であるこの病気は、発症後早急に耳鼻咽喉科に受診する事で治療する事ができます。

さらに、再発する事は、現在のところないと考えられています。しかし、中には、再発したという声も聞く事があります。さて、これらは一体なんなのでしょうか。

今回は、こちらに関して記載していきます。

続きを読む

急性低音障害型感音難聴の改善方法を知ろう

coffee-869203_640

急性低音障害型感音難聴とは、急に低い音が聞こえにくくなる難聴の事です。ストレスを抱えたり、睡眠不足が続くと起こる難聴として有名です。

現在、増えている難聴の一種で、早期治療により症状を抑える事ができます。この難聴について思い当たる節があれば、すぐに耳鼻咽喉科へ行きましょう。それがご自身のためになります。

今回は、こちらの難聴の概要、改善方法について、まとめていきます。

なお、この難聴は、増えてきている難聴ではありますが、低音が下がる難聴は、こちらのみではありません。低音が聞きにくい……といって早合点しないようにご注意ください。

続きを読む

突発性難聴の原因から考える予防方法

escape-route-1040527_640

現在増えてきている難聴の一つに突発性難聴があげられます。この難聴は、名前の通り、突然発症する難聴です。原因は、ストレスによるものと考えられており、発症から1週間以内で治療を開始しないと治療が困難になる非常に危険な難聴です。

突発性難聴は、内容を記載しているエントリーこそありますが、中々予防までは記載がありません。

そこで、難病情報センターの情報を元に、この難聴の予防を考えていきます。

続きを読む

【聞き過ぎ注意】イヤホン難聴、ヘッドホン難聴の症状と改善方法

book-168824_640

イヤホンで大音量にして音楽を聞いていた。あるいは、ヘッドホンで大音量にして音楽を聞いていた。そのせいか、最近聞き取りにくさを感じる……。という事は、ないでしょうか。イヤホンもヘッドホンも大きな音で聞いているとその分、難聴になるリスクは高まります。特に音楽を聞いている場合は、知らず知らず音を大きくしていたり、大音量にして聞くと非常に気分が良くなります。

では、聞こえにくくなってしまった場合、どのようにすれば良いのでしょうか。そして、このような場合、どのような治療方法が考えられるのでしょうか。こちらでは、イヤホン難聴、ヘッドホン難聴の症状から改善方法に至るまで、記載していきます。

耳の聞こえが低下してしまった……と感じる方は、ぜひ聞こえの改善にお役立てください。

続きを読む

感音性難聴の概要と代表的な6つの難聴の改善方法

person-987557_640

感音性難聴とは、いま最も多い難聴の一つです。難聴には、耳のどの機能に障害が出るかで、自分自身に起こる症状が決まります。この症状は、多くの難聴に共通する部分が多いため、ぜひとも覚えておきたい難聴です。

では、感音性難聴になるとどのような事が身に起こるのでしょうか。そして、それを改善させる方法には、どのようなものがあるのでしょうか。感音性難聴に関する基礎から、改善方法まで、幅広く記載していきます。

耳、聞こえの改善に役立てば幸いです。

続きを読む

女性中心に増える低音障害型感音難聴の概要と改善方法

baby-165067_640

最近増えてきている難聴として、低音障害型感音難聴というものがあります。20~40代の女性に発症することが多く、急に起こる難聴の一つです。

急に起こる難聴は、全て耳鼻咽喉科に受診することで、改善できます。※受診が遅れると改善が難しいものもあります。

当てはまることがあれば、すぐにでも耳鼻咽喉科を受診しましょう。

続きを読む

騒音性難聴になったら理解しておきたい症状の特徴と改善方法

morning-819362_640

騒音性難聴とは、大きな騒音を聞くことによって引き起こされる難聴です。大きな音には、様々なものがあり、例えば、ライブハウスで大きな音を聞く、猟銃などの射撃音を聞く、これらが当てはまります。大きい音を聞くと、必ず耳に負荷がかかります。その結果、状況により、耳が聞こえにくくなります。

騒音性難聴とは、このような極めて大きい音を聞く事による難聴、あるいは、大きな音を聞き続ける事による難聴を指します。では、他にどのような症状があるのでしょうか。そして、この難聴を改善するには、どのようにしたら良いのでしょうか。こちらでは、騒音性難聴について症状、改善方法。主にこの二つについて、記載していきます。

難聴の理解と聞こえの改善に役立てば幸いです。

続きを読む

誰でも可能。片耳難聴で全く聞こえない耳を補聴器で改善させる方法

girl-984155_640

結論から記載しますと、片耳のみ聞こえにくいケースでは、クロス補聴器とよばれる少々特殊な機器を装用して、聞こえを改善していきます。こちらは、聞こえにくい耳に来た音を聞こえる耳に転送する機器で、聞こえにくい耳に音を入れて補う補聴器ではありません。

聴力低下が大きいと補聴器で聞こえにくい耳を補っても、ほとんど効果は出ません。そのため、聞こえにくい耳に来る音を聞こえる耳に転送して改善させるという手法が出てきました。

生まれつき片耳のみ難聴の方や片耳難聴になり、治らない方など、聞こえにくい事でお悩みの方が多くいらっしゃるため、聞こえを改善させる方法を提供していきます。今感じているお悩みが少しでも改善できれば幸いです。

なお、こちらは、耳鼻咽喉科に行ったけれども、治療はできないと言われた方が対象となります。聞きにくくなって耳鼻咽喉科に行ったことがない方は、まずは耳鼻科を訪ね、耳が治るのか、治らないのかを確認しましょう。耳が治れば、このような機器をつける以上に聞こえは良くなります。

続きを読む