2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:老人性難聴

老人性難聴を補聴器で改善させる基礎知識4選

病院に行き、老人性難聴と診断された場合は、残念ながら、治療ができないため、現状をより改善させる場合、補聴器で聞こえを補っていく方法が今現在では、主流です。

補聴器と聞きますと、中には、あまり良くない印象を抱いている方もいるかもしれません。しかし、しっかりとポイントを押さえれば、それなりに改善させることはできます。

私自身、生まれつきの難聴ではありますが、補聴器を装用して、生活していますし、補聴器を活用し、日々、仕事もしています。残念ながら治るというところまでは、行かないのですが、補聴器があるのとないのとでは、生活及び仕事のしやすさは雲泥の差です。

生まれつき難聴者であり、かつ補聴器を販売している私から、聞こえにくくなってしまい、その状況を少しでも改善させたいとお考えの方へ、改善させる知識に関して提供させていただきます。

こちらをご覧になり、少しでも現状をよりよくさせるヒントになれば幸いです。

続きを読む

論文から導きだす認知症+難聴を改善させる方法

耳鼻咽喉科医が主催している聴覚医学会にて、認知症の方に関する補聴器適合の論文が出されていました。この論文は、非常に価値が高い論文であり、認知機能障害の方の補聴器適合に関して、どのようなものなのかをうつしだしています。

リンク:認知機能障害のある難聴高齢者に対する補聴器適合

こちらから読み取れる内容は、認知症の患者さんに補聴器を装用した事で得られた実態です。補聴器を装用してうまく行ったのか、それとも難しかったのか、また、認知症の方には、どのような傾向があるのか、このような内容が記載されていました。

では、実際にどんな事が記載されていたのでしょうか。今回は、認知症の方に補聴器を装用する事の実態という事で、どのような傾向があるのか、どんな事がわかったのか、そしてここからどんな事を気をつけていけば良いかについて、載せていきます。

早速見ていきましょう。

続きを読む

親が老人性難聴になったら理解しておきたい3つの事

老人性難聴とは、加齢によっておこる(厳密には、大きな音の聞き過ぎと動脈硬化で起こる難聴)とされている難聴です。聞こえにくくなるとご家族やご友人の方々との意思疎通がしにくくなり、お互いに意思疎通がしにくくなると言った、言わないのトラブルまで起こってきます。

こちらでは、ご両親が聞こえにくくなり、病院に行ったら、老人性難聴と言われた……というケースを想定して、理解しておきたい事を三つに絞り、お伝えしていきます。

続きを読む

今後増える難聴は、老人性難聴+騒音性難聴の複合型

今朝このような内容が日経新聞から出ました。「世界の若者、11億人が聴覚障害の危険性WHO調査

世界保健機関(WHO)は27日、世界の中・高所得国に暮らす12~35歳のうち、約11億人が聴覚障害に至る危険性があるとの調査結果を発表した。イヤホンなどを使うオーディオ機器の多用や、スポーツイベントでの騒音も悪影響を与えているという。大音量で音楽を流すナイトクラブなどで働く人にも注意を呼びかけている。

世界の若者、11億人が聴覚障害の危険性WHO調査より引用

中・高所得にくらす若者対象にしらべた結果、騒音や過度の音の聞き過ぎにより、難聴になっている傾向があると発表されました。ここまでくるともはや難聴は現代病となる日も近いように思います。

では、影響を受けているのは若者だけなのでしょうか。個人的には、違う解釈をしています。今の高齢者もまた、昔に比べたら難聴になる人が増えているのではないか……。私は、そんな風にも思っています。

今回は、そう思う理由について記載していきます。

続きを読む

老人性難聴の概要と聞こえの改善方法

old-people-616718_640

老人性難聴とは、加齢により聴力が低下した症状を指します。年齢を重ねる事による聴力低下は自然な事ですので、誰にでも起こりえる難聴となります。今現在、日本の高齢化が進んでいる事により、こちらによる聞こえにくさを感じている方が増えてきました。

では、この難聴は、どのような難聴なのでしょうか。こちらの概要から改善方法まで記載していきます。こちらでお悩みの方の手助けとなれば幸いです。

続きを読む

検索フォーム