2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:耳のニュース

ネットの情報を楽に収集する方法〜こんな風に私は、収集してます〜

たまに「なんでそんなに知っているんですか?」「なんでそんなに色々考えられるのですか?」みたいなことを言われるのですが、それは、日々、ネットでの情報収集を日課にしているためです。

これは、私自身、感じることですが、どんな人も情報をたくさんえることができれば、ある程度、色々と考えられると思っています。ということで、私がよく使用しているFeedyというサービスなのですが、こちらに関してご紹介します。

知っている人も多いかもしれませんが、知らない人のために。

続きを読む

聴覚障害者が健聴の人を超える時代は来るのか

teens-629046_640

2016年、リオパラリンピックで走り幅跳びの選手、マルクス・レーム選手が8m21cmと驚異的な記録をだし、金メダルを獲得しました。去年の記録では、この記録よりも上の、8m40cmの記録をだし、ロンドン五輪の走り幅跳びの金メダル記録を9cm上回りました。このことにより、障害そのものに関する議論は、もちろん、他の業界でも「うちらの業界でも健常者により近く、または、超えられる日が来るのでは?」と期待している業界もあるかと思います。

ということで私が関連する聴覚の世界はどうなのか。個人的に考えてみました。結論から言いますと、努力次第で可能。という結論に至りました。物事の整理をしていく意味で、私自身が考えたことを載せていきます。

なお、聴力が良くなる技術はさておき、良くなる技術があることを前提で考えてみました。

続きを読む

今ある聞こえを改善させる技術から、状況をより良くさせるには?

fashion-1478810_640

私自身、補聴器の販売をしていますが、その一方で、一難聴者でもあります。自分なりに補聴器は、自分の聞こえを改善させうる部分まで改善させていますが、それでもやはり聞こえにくい部分は、出てきます。

そこで、補聴器でできる部分を改善させつつ、自分自身の状況をより良くさせるには、どうしているのか。自分の考えとともに、やっていることに関して載せていきます。

続きを読む

補聴器の満足度が低いのは、ひどい販売店が多い?は考えにくい

christmas-1887306_640

先日、日本補聴器販売店が主催した研修会に参加し、その内容で本当に補聴器の満足度が上がるのか。と言う内容に関して、載せました。

中には、「満足度が低いのは、ひどい販売店が多いからだ」という声や「ちゃんと補聴器を調整できる人がいないからだ(ちゃんと補聴器を調整するってどう言う意味でしょう?)」と言うような疑問、投げかけをした方もいるかと思います。

私自身も考えながらやっているのですが、それに関しては、「本当にそうか?」と思うところがあります。ちゃんと補聴器を調整できる人は、ともかく(ちゃんと調整するの定義がかなり難しいのです)ひどい販売店があったとしても、全体の仕組みとして、良い販売店に案内するルートさえできていれば、そこに行かなくて済む状態になりますので、結局は、仕組みの問題になると考えています。

続きを読む

日本の補聴器に関する満足度36%。クレーム件数を減らせば改善するのか?

question-marks-2215_640

12月4日、一週間以上前のことですが、補聴器販売店協会が主催した補聴器販売者技能工場研修に参加しました。その際の共通認識としては、業界そのものの信用もそうですが、難聴者のQOL及び、補聴器販売に対する満足度を上げましょう。というお話でした。

で、この研修に参加した際、感じたことですが、販売店協会が考えているクレーム件数を減らせば、満足度は、上がるのか。というところに関しては、若干上がるかもしれませんが、それだけで、欧州や米国のように跳ね上がるか。と言われれば「それは正直、考えにくい」と感じています。

私自身が感じたことに関して載せていきます。

続きを読む

補聴器の内も外もすごい勢いで変化してきている

the-scenery-679011_640

う〜む、最近、なんかすごい勢いで、補聴器の内側も外側も変わってきているな・・・と感じます。内側というのは、補聴器業界、もしくは、補聴器そのものを表し、補聴器の外側というのは、補聴器業界外の変化になります。

もちろん、この変化は、今に始まったことではないのですが、ここ最近、さらに加速してきているような・・・と感じます。テクノロジーの変化は、早いですね。どちらかというと外の世界がやばい感じです。

そこで、私自身が気になったことを少しまとめていきます。

続きを読む

自分で補聴器の調整し、その情報が共有されたら、この業界は、もっと良くなるのではないか?

eye-784903_640

本日は、敬老の日ということで、一般的な補聴器販売店であれば、お店を開けているところも多いですね。あいにく私のところは、来られる方の平均年齢が30代なので、関係ありません(笑)。ということで今日はお休みです。個人的には、休日くらい、販売店に行くのではなく、自分のために楽しんでほしいと思っています。補聴器は、聞こえを良くさせる道具ですが、その本質は、人生の質を良くさせるものだからですね。なので、つけた後の生活が一番大事だよね〜と、私は思ってます。

さて、話は変わりまして、最近、少し思うのですが、仮に補聴器の調整を自分で行い、その情報が共有されたら、この業界は、もっと良くなるのではないか?と感じる事があります。自分というのは、聞こえにくい人のことで、簡単にいれば、自分の補聴器は、自分で調整する。ということです。補聴器に関連するところからは、否定や批判が来そうですが、個人的に思うことを載せていきます。

続きを読む

小耳症の方は、3Dスキャンの技術でもっと良くなるのでは?というお話し

3d-791205_640

ちょっとした昔話。そういえば過去に小耳症の方にお会いしたことがあり、形成手術もしている方にお会いしたのですが、その方は、髪を長くして耳を隠していました。今現在は、どのような形成手術をするのか、不明な部分はあるのですが、昔に手術した方は、左右の耳の大きさが明らかに異なるため、耳を隠していたんだな……と思います。

小耳症とは、なんらかの原因により、耳がうまく作られない症状をさし、いわゆる奇形と呼ばれる症状です。あえて写真などは、載せないので、気になる方は、検索していただければとは思うのですが(検索時、手術の画像も出るので、血やそのような耐性がない方はしない方がいいかも)、仮に今現在も、そのような状況なら、もっと良くなるよな。と感じることがあります。それは、3Dスキャンや3Dプリンターを使った技術です。どこかでは活用されている気がしなくもないのですが、昔話もしつつ、この時に感じたことを載せていきます。

続きを読む

諦めるという選択肢のおかげで様々なものが生まれるというお話し

emperor-penguin-62982_640

補聴器や聞こえを補う道具には、補聴器以外にもあったりするわけですが、肯定的な諦めという意味で、諦めるという選択肢のおかげで様々なものが生まれているんだな……と感じる事が多々あります。私の方でよく扱っているクロス補聴器もそうですし、補聴器の仲間、人工内耳もそれに当てはまります。

初めに結論から言ってしまえば、これらのものは、補聴器で耳を補う事を諦めた事で、生まれたとも言えます。補聴器では、補えない、補いにくい方に、お勧めできる機器だからです。

続きを読む

Amazonのように補聴器のレビューがあったら?というお話しに真剣に考えた

girl-1561943_640

本日、Amazonのレビューを見ていて、考え事をしていました。それは、もしAmazonのように補聴器そのもののレビューがあったら、お客さんにとってはわかりやすいのでは?という事です。正直な事を言いますと、これは、お客さんから言われた案なのですが、私の場合、即刻、却下してしまいました。

その理由には、二つあります。なかなか面白いお話しであり、補聴器とは何なのかがわかる質問ですので、却下した理由に関して載せてみます。

続きを読む

ミライの授業を読んで学んだ3つの事

book-1550103_640

滝本哲史さんのミライの授業という本を読んでみました。私、この人のファンで、この方が書いている本は、ほとんど読んでいるのですが、今回の内容は、14歳向けに書かれた本で、過去の偉人がどのようにして、世界を変えたのか、常識を変えたのかが記載されており、勉強する意味を教えてくれる非常に勇気をくれる内容でした。

また、これからの社会についても書かれており、今現在、どのような世界に生きているのか、そして、自分は、どんな事ができるのかを教えてくれる良書でもありました。

正直、久々の良書ですので、ご紹介します。14歳ではなくても大人の方にもお勧めで(むしろ、そっちの人の方が響くものがあると思います)、日々の仕事がつまらない方や新しい事をしている人には、お勧めですね。

続きを読む

私が補聴器販売店を設立したのは、相談する場所を欲している人がいたから

road-909704_640

なんだか少々懐かしいな……と思いつつ、見ていました。

リンク:地ヂカラ通信、「地域に活力を」広がる創業支援

こちらには、補聴器販売店を開業するに辺り、日本政策金融公庫からお金を借りて開業した方のストーリーが描かれていました。創業支援の広告のようなものです。

私自身も実は、日本政策金融公庫から借りて起業した口です。自分一人で、事業プランを考え、どのように集客し、どのように儲けを得るのか、それに必要な費用と費用の使い道まできっちりと書き、経営するうえで必要なキャッシュフローもどのように動くのかという点まで、考えたうえで、相談しに行ったのを今でも覚えています。

学生時代、学校では、簿記(一応、日商2級程度は持っています)を勉強していたのですが、こんなところで役立つとは思いもせず、人生何があるか本当にわからないなと感じています。

相談後、日本政策公庫と親に借金して、お店を開業。そういえば何でお店を開業させたのか、整理して記載していなかったな……という事もあり、せっかくですので、書いていきます。

続きを読む

下手に自分の難聴を活かした仕事を選ばない方が良い4つの理由

water-lily-1510707_640

私自身、生まれつき難聴の人間ですが、このような仕事をしているせいか、定期的に「私も聞こえにくいのですが、この体を活かして補聴器業界はどうですか?」と聞かれる事があります。この意見に関して、私なりの返答をさせていただくと、下手に自分の難聴を活かそうと思わない方が良いという事です。

立て続けにご連絡いただいた事もあり、こちらに関して、私個人の意見を書いていきます。恐らく、気になっている人も多いと思いますので、一人の意見として、参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

【保護者様へ】耳が聞こえにくくてもできる事はあるよ

business-man-1385050_640

たま〜に、小さいお子さんを持つ、保護者の方からご連絡をいただく事があり、お悩みについて伺う事があります。私の場合、今現在は、独立していますが、過去には、ある販売店におり、ろう学校や療育センター、通級指導教室、子どもの病院系統に行っていましたので、そのような親御さんにたくさん会ってきました。そして、微力ながら、補聴器以外のお手伝いもしていました。

保護者さん方の中には、将来やこの先どうなるんだろう的なものにものすごく心配されている方もいたり、必要以上にお子さんがやるべきものを自分でやってしまったり、またまた、自分を追い込みすぎてしまっている方も見られました。

耳が聞こえにくく、挙げ句の果てに販売店を自分で作ってしまった私自身から言えるのは「耳が聞こえにくくてもできる事はある」という事です。ヘレンケラーもいってますが、障害は不便ではありますが、不幸ではない。確かにその通りだなと、先日、30歳になった私自身も感じています。※7月1日が誕生日です。

続きを読む

耳が聞こえにくくてもやりたい事して良いんじゃない?

dreamcatcher-336639_640

良い内容がありましたので、ご紹介。それは、こちら:「耳聞こえないから無理」それでも挑戦したかった、女優という夢。

内容は、耳が聞こえにくい方が、夢に向かっていくお話しです。まだまだ途中ですので、これからどんどん記載されていくのだと思いますが、なかなか参考になるお話しなのかと思っています。正直、この先の仕事をどのように取っていったのか、そこが個人的には気になるところだったり……。

こちらを見て一番に思ったのは、耳が聞こえにくくても、やりたい事していいんじゃない?という事です。

続きを読む

お客さんに教えてもらった難聴者である私の長所

coffee-984516_640

日々、仕事をしていると、様々な学ぶべき事がある。こちらに記載するのもまさに学んだ事になる。私自身、今まで自分の長所は、自分の体(耳)を実験台にでき、さらにその知見(経験)で、聞こえを改善できる事にあると考えていた。補聴器を装用している人は少ないし、さらにそのような方々が補聴器を調整している数も少ない。そして、補聴器は耳に合わせる機器ではあるが、実際には、自分の音の感覚を理解しながら、聞きやすいポイントと使えるポイントを探っていく機器だ。

中には音の受け入れが驚くほどスムースな方もいるが、そのような方は、10人に一人くらいだろう。大半は、何かしら気になるところが出てくる。

私の場合、今まで自分の耳を良くしようと、たくさん実験してきた。ほとんどが失敗に終わったし、何も考えずにやっていた時もあるので、散々な時期もあった。しかし、たくさん失敗したそのおかげで、耳の聞こえをよくさせる調整方針や補う方針を出せるようになった。そして、お客さんに関しても初めに失敗する事はあるが、そのおかげで耳を補う方針が出せ、その方針通りに進める事で改善させてきた。まさにトライ&エラーの繰り返しになる。

このように考えていたら、ある日お客さんから教えられた。「深井さんってお話しが通じやすいから良い」と

続きを読む

現状に強い閉塞感を持つ人にお勧めする本”仕事は楽しいかね?”

books-925891_640

久々に良い本に出会えたのでご紹介する。それは”仕事は楽しいかね?”という本だ。こちらは、2001年12月に作られ、かれこれ15年も前の本になるが、非常に示唆に富む本だ。私自身が読んで感じたのは、現実に対し、数字を追う毎日に苦痛を感じたり、なかなか行動に移せない方にお勧めだと思っている。

仕事に関する本だとタイトルから思いがちだが、日常生活から仕事など、どんな事にも共通する事なので、何かしら行動ができない方、毎日が消耗しがちな人にはお勧めできると思う。では、載せていこう。

続きを読む

検索フォーム