2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:スマートフォンアプリ

補聴器の内も外もすごい勢いで変化してきている

the-scenery-679011_640

う〜む、最近、なんかすごい勢いで、補聴器の内側も外側も変わってきているな・・・と感じます。内側というのは、補聴器業界、もしくは、補聴器そのものを表し、補聴器の外側というのは、補聴器業界外の変化になります。

もちろん、この変化は、今に始まったことではないのですが、ここ最近、さらに加速してきているような・・・と感じます。テクノロジーの変化は、早いですね。どちらかというと外の世界がやばい感じです。

そこで、私自身が気になったことを少しまとめていきます。

続きを読む

スマートフォン単体のみで音声認識を活用するのは、難しいと思う理由

最近、本当に音声認識を活用したアプリが増えてきましたね。先日のソフトバンクのこえ文字トークもその一部です。このブログでは、この他、色々な音声認識アプリを紹介してきました。そこで感じる事は、音声認識アプリほど、活用する仕組みを作らなければ使いこなすのは、難しいな……と感じる事です。

音声認識アプリや技術によりバリアフリーのようになっていくのは、大変歓迎です。しかし、技術を使いこなす方法、気をつけるポイントを理解しておかないと、有効利用する事ができなくなります。こちらの内容で、使うヒント、音声認識技術の特徴を掴められれば幸いです。

続きを読む

発話障害を音声認識で改善させるTalkitt

発話障害の方の声を聞いて、伝えたい事を伝えるアプリ、そんなものがあるようです。その名もTalkitt。発話障害の方に向けたものですが、この業界にも使えるのではないか?と少々思いましたので、その内容に関して記載していきます。

結論から記載しますと、対象者は、重度難聴の方になります。重度難聴の方の中には、発話がなかなかうまくできない方もいらっしゃいます。今現在は、人工内耳の装用者も増え、綺麗に発音している児童も増えてきましたが、その一方、難しい方もいるのも事実です。

そのような方の負担が少しでも軽減できるのでは?と思いましたので、概要から私自身が思った内容に関して載せていきます。

続きを読む

スマートフォンアプリによって、聴覚業界は、変わるのか?

最近、時代はすごい勢いで変化しつつあるなぁ……としみじみ感じる事があります。スマートフォンが普及する事により、スマートフォンアプリで、聴力の測定ができたり、補聴器の役割をするアプリなども出てきました。これらの流れを見るたびに、時代が凄い勢いで、変化しつつあるのではないかと感じています。

このようになってくると、どのように時代は、あるいは、聴覚の業界は、変化してくるのでしょうか。今起こりつつある事を載せつつ、考えていきます。

続きを読む

Mimiヒアリングテストの不安点は、スマートフォンがパソコンである事

このところ、Mimiヒアリングテストのアプリについてばかり記載していますね。それだけ、考えさせられる事が多く、実際にこのアプリは、どうなのか、可能性はあるのか、どう補聴器業界、聴覚(耳)業界を変えるのか、影響するのかを考えるのは、個人的には、とても面白いです。少し妄想が膨らみすぎる事はあるのですが、それだけ、色々な見方ができ、個人的には、とても刺激的なものだと考えています。

あれこれ考えているうちに、もう一つ、不安点がありました。それは。スマートフォンは、パソコンである事です。これは、どういった意味なのでしょうか。こちらについて感じた事も記載していきます。

続きを読む

Mimiヒアリングテストを活用するには

さて、Mimiヒアリングテストについて書く事3回目ですが、今回は、Mimiヒアリングテストを活用する方法について、述べていきます。前々回、前回をご覧の方は、欠点がわかっていますので、記載する必要がなさそうに思えますが、念のため、記載していきます。

なお、前々回、前回は、聴力を測定するアプリMimi ヒアリングテストの登場Mimiヒアリングテストは、どこに向かっているのか、こちらになります。補足として、前回の内容を少し、変更しました。前回、欠点であると言った「聴力検査の特性」に関しては、アプリそのものも元々注意しており、静かな環境で測る事、ヘッドホンを使用して測る事を推奨する文章が出てくるという事でしたので、修正しました。この点については、申し訳ありませんでした。

さて、今回は、活用に関するお話しです。

続きを読む

Mimiヒアリングテストは、どこに向かっているのか

先日、Mimiヒアリングテストというアプリについて、記載してみました(聴力を測定するアプリMimi ヒアリングテストの登場)。このアプリは、良くできており、すごいなと思います。今回は、打って変わって、欠点編について、記載していきます。

このアプリを見た時に、思ったのは、タイトル通り、どこに向かっているのか、という事でした。聴覚ケアのために作られているのはわかるのですが、その部分に関して、ニーズがあるのか、そして、それは、アプリで代行できるものなのか、そこが欠点として浮かび上がります。

では、早速見ていきましょう。

続きを読む

聴力を測定するアプリMimi ヒアリングテストの登場

twitter-292988_640

ぶら〜っとネットサーフィンしていたら、このようなものを見つけました。

リンク:あなたの耳年齢はいくつ?ベルリンのスタートアップMimiが、聴力テストアプリ「Mimi ヒアリングテスト」日本語版をリリース!

どうやら聴覚をテストするアプリ、Mimiヒアリングテストなるアプリが登場したようです。私のスマホは、残念ながらAndroidなので、詳しく見る事ができないのですが、スクリーンショットを見るかぎり、結構良さげなアプリに見えます。

今回は、記録もかねてこちらのアプリについて載せていきます。

続きを読む

富士通の音声認識ソフトウェアはコケると予想

code-820275_640

朝ニュースを見ていたら、このような情報が流れてきました。音声認識に関するソフトウェアの開発に成功し、音声認識技術システムを売り出していく様です。

聴覚障害者が会議に参加しやすく 富士通、ソフトで紡ぐ新手法

富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは2015年4月14日、発話内容をテキスト化することで聴覚障害者の会議参加を容易にするソフトウエア「FUJITSU Software LiveTalk」(以下、LiveTalk)を発表した。音声認識技術を用いて参加者の発言内容をリアルタイムに文字で表示し、音声が聞き取れない人でも会議や打ち合わせの流れをスムーズに把握できるのが特徴。18歳以上の聴覚障害者は全国に約27万6000人いるとされ、そのうち従業員5名以上の事業所で働く人は5万人以上。健常者と同等に意志の疎通を図りやすくすることで、活躍の場を広げるのが狙い。1年間で2000ライセンスを販売することを目指す。発売は2015年5月中旬。

ITpro by 日経コンピューターより引用

最近、音声認識技術が盛んになってきています。まさか、富士通さんまでもが参加するとは、思いませんでした。これらのもので、聴覚障害者、難聴者の方々がよりよい環境になれば、良いですね。

さて、本題。私個人としては、これは、本当に大丈夫なのか?と心配になります。それは、音声認識技術が持つ、特殊性にあります。音声認識技術を活用すれば、音を聞きにくい方が、よりよい環境になる……とお考えの方は、多いのですが、そこには乗り越えなければならない壁が存在します。

続きを読む

スマートフォンによって聴覚業界も変わろうとしている

考えれば考えるほど、スマートフォンは、すごい機械だと思います。現在、スマートフォンを利用して様々なものが開発されつつあり、また開発されています。

今現在開発されているものもありますし、今後期待が持てる機器もあります。現在スマートフォンを利用した機器の状況はどのようになっているのか、今一度おさらいしてみます。

Webに親しんでいる方や常日頃、スマートフォンを扱っている人にとっては当たり前の事でつまらないかもしれません。それ以外の方は、これを機に知っておくといいかもしれません。

続きを読む

遂に登場!?電話の音声をテキスト化してくれる字幕付き電話

writing-1170146_640

聴覚障害の人向けにサービスを展開している株式会社アイセックジャパンにて、字幕付き電話というサービスを計画中です。現在、モニターを募集しており、サービス開発に力を入れています。

こちらのサービスは、聴覚障害の方に、字幕で理解できるように。健聴の方には、音声で伝えるサービスです。タブレットを使用して、文字を見ながら会話することができる好印象なサービスとなっています。

何やらよさげなサービスですね。目で確認しながら電話ができるようになろうとしているのを感じます。

今回は、こちらの概要を載せつつ、思う事を記載していきます。

なお、こちらでも概要を記載しますが、手っ取り早く知りたい場合は、会社のWebサイトをご覧下さい。

リンク:字幕電話

続きを読む

音声認識を利用したアプリは、コミュニケーション方法が重要

音声認識を利用したアプリを見てみると、良いアプリもあれば、惜しい……と思ってしまうアプリがあります。これは、どこが異なるでしょうか。個人的には、コミュニケーションを考えて作られているか、そうでないかの違いが大きいと思っています。

会話は、コミュニケーションです。そのコミュニケーションをいかに意識できるかが使い勝手のよいアプリになるかを決めます。音声認識技術を使用したアプリの重要点、良いアプリ、惜しいアプリについて記載していきます。

続きを読む

音を振動やライトで教えてくれるアプリOtoSense

apple-490485_640

日常の様々な音を振動やライトの点滅で気付かせてくれるアプリの登場です。

音が聞こえないと来客に気が付かなかったり、機器に搭載されているお知らせ音に気が付かないなど、不便な一面があります。

それらを解決してくれるアプリがついに出てきました。

聴覚以外で音を気付かせてくれるアプリ。これは、可能性を感じますね。今回は、こちらの概要と思ったことを記載していきます。

続きを読む

将来のコミュニケーションツール?手話翻訳ディバイスの登場

nokia-623939_640

時代の変化は、すごいですね。なんと手話を通訳するディバイスが作られているようです。

タブレットを使用した手話翻訳ディバイスの普及に向けて、クラウドファンディングサイトINDIEGOGOにて、出資者を募っています。

google gestureの様な手話を音声化する技術はありましたが、さらに進化しました。手話は、音声に、音声は、テキストに変換される様になっています。

少しずつ、技術が進化してきていますね。今回は、こちらについて記載していきます。

続きを読む

Roger Voice目標金額達成!おめでとうございます

以前、こちらで紹介した電話音声テキスト化アプリのRoger VoiceがKickstarterにて、目標資金に到達しました。何とも嬉しい限りです。

※以前のエントリーは、こちら

リンク:電話の音声をテキスト化するアプリRoger Voice、その可能性は

Roger Voiceに投資したとしても、このアプリが確実に実現される保証はありません。しかし、実現する可能性があるなら、どんどんチャレンジしていただきたいところですね。

目標金額2万ドル達成に加えて、$29,587集まっています。めでたしめでたし……と思っていたら、さらに続きがありました。

続きを読む

グループ会話をテキスト化するアプリ登場

最近、この手のものが増えてきましたね。今回は、グループ会話を音声テキスト化するアプリです。

現在、INDIEGOGOというクラウドファンディングサイトで、支援金を募っているところです。

Transcense(トランスセンセ?)という会社が開発しており、開発段階ではありますが、その実態を覗かせてくれます。

続きを読む

音声をリアルタイムで翻訳するCaptioning on Glass

ipad-605420_640

音声をリアルタイムで翻訳するアプリCaptioning on Glassの登場です。こちらは、Google Glass(グーグル グラス)を使ったリアルタイム音声翻訳です。

相手がお話した内容がメガネのレンズに映るため、それを読み取ってお話する事が可能になります。

技術の進歩は、すごいですね。今回は、こちらについて、概要と思った事を記載していきます。

続きを読む

電話の音声をテキスト化するアプリRoger Voice、その可能性は

woman-488327_640 (1)

アメリカの大手クラウドファンディングサイトKick Starterにて、スマートフォンを使用した電話音声テキスト化アプリの開発資金の調達を行っている様です。

その名もRoger Voice。内容を見る限り、すごい可能性を秘めたアプリになりそうです。

このサイトについては、こちら:Kick Starter

今回は、こちらについて思う事を記載していきます。

続きを読む

新たな手話通訳、Google Gestureが創り出す繋がる世界

michelangelo-71282_640

手話。それは、難聴になった一部の方が使用する言語です。手話を使う方は、世界各国を視野に入れると、4,500万人いるとされています。しかし、独自の伝達方法を使用する手話は、会話できる方が少ないのが現状です。

そんな中、世界を代表する企業Googleが手話を音声言語化させようと試みているようです。その名もGoogle Gesture、この技術は果たして、どの様に聴覚障害を抱えた方々へ影響するのでしょうか。

今回は、Google Gestureについて見ていきましょう。

続きを読む

検索フォーム