2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:現状

補聴器の満足度が低いのは、ひどい販売店が多い?は考えにくい

christmas-1887306_640

先日、日本補聴器販売店が主催した研修会に参加し、その内容で本当に補聴器の満足度が上がるのか。と言う内容に関して、載せました。

中には、「満足度が低いのは、ひどい販売店が多いからだ」という声や「ちゃんと補聴器を調整できる人がいないからだ(ちゃんと補聴器を調整するってどう言う意味でしょう?)」と言うような疑問、投げかけをした方もいるかと思います。

私自身も考えながらやっているのですが、それに関しては、「本当にそうか?」と思うところがあります。ちゃんと補聴器を調整できる人は、ともかく(ちゃんと調整するの定義がかなり難しいのです)ひどい販売店があったとしても、全体の仕組みとして、良い販売店に案内するルートさえできていれば、そこに行かなくて済む状態になりますので、結局は、仕組みの問題になると考えています。

続きを読む

日本の補聴器に関する満足度36%。クレーム件数を減らせば改善するのか?

question-marks-2215_640

12月4日、一週間以上前のことですが、補聴器販売店協会が主催した補聴器販売者技能工場研修に参加しました。その際の共通認識としては、業界そのものの信用もそうですが、難聴者のQOL及び、補聴器販売に対する満足度を上げましょう。というお話でした。

で、この研修に参加した際、感じたことですが、販売店協会が考えているクレーム件数を減らせば、満足度は、上がるのか。というところに関しては、若干上がるかもしれませんが、それだけで、欧州や米国のように跳ね上がるか。と言われれば「それは正直、考えにくい」と感じています。

私自身が感じたことに関して載せていきます。

続きを読む

リアナ・ウェン氏 医師が開示しないことに学ぶ情報公開の重要性

リアナ・ウェン氏 医師が開示しないこと。これは、載せていいのか迷う内容ですが、あえて載せてみることにしました。

患者は、何を求めているのか、医師は、何を恐れているのか、その内容がわかるTED動画です。リアナ・ウェン氏は、医師の全ての情報を公開した方が、患者にとっても、医師にとってもいい結果をもたらすと考えているようです。個人的にも、賛成の内容です。

今回は、こちらの概要と思う事について記載していきます。

続きを読む

あなたの仕事は「誰を」幸せにするかを読んで見える病院事情

あなたの仕事は「誰を」幸せにするか 北原 茂実氏 著作 を読んでみました。凄い本ですね。知らなかった事が多くあり、新しい気付きを教えてくれた本です。

社会派ブロガーであるちきりん氏のブログにのっていた事をきっかけに読んでみました。

現在の医療に関する事、医療の現状、変えるための策、どれをとっても非常に良い読み物です。

今回は、こちらの事について記載していきます。

続きを読む