2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:病院での検査

聴力検査ではわからない現状の聞こえをより理解する方法

engagement-1361074_640

聴力を調べてもらったけれども、イマイチ自分の状態がよくわからない。実際に、どのような状況なのかがよくわからない。そのような事はありませんでしょうか。補聴器の世界には、語音明瞭度測定と呼ばれるお話しがどれだけ理解できるのか、それを数値化する測定があります。こちらを行うと、今の現状でどのように音声が聞きにくい状況なのか、それを調べる事ができます。

この測定は、どのようなものなのか。実際に調べてみて、わかる事について載せていきます。こちらが理解できると、より耳の状況が理解しやすくなります。

続きを読む

検査後に理解したいオージオメーターの数値の見方

old-1130738_640

オージオメーターといえば、耳鼻咽喉科にある聴力を検査する道具です。様々な音を出したり、計り方を変えて、耳の状態を確認するために使われます。耳の聞こえを計ったけれど、その数値の意味までしっかりとご理解されている方は、少ないのではないでしょうか。そして、実際に自分の耳は、どうなんだろう?と疑問を感じていても不思議ではありません。

そのような方のために、今回は、このオージオメーターで計った数値の見方について記載していきます。数値の見方がよくわからない方は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

聴力検査の結果を三つの視点で見てみると様々な事がわかる

old-letters-436501_640

耳鼻咽喉科で行われる検査といえば、聴力検査が有名です。健康診断の時にも行われており、誰もが一度は、受けた事がある検査ではないでしょうか。

では、この検査を受けると、どのような事がわかるのか、ご存知でしょうか。この検査は、面白い事に人により、見方、受け取る内容が異なります。今回は、こちらについてまとめていきます。

なお、聴力検査を受けた際にもらえる聴力図をオージオグラムと呼びます。そのオージオグラムの読み方については、こちらをご覧下さい。数値の意味、図の意味についても記載しています。

リンク:オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

続きを読む

聴力図(オージオグラム)では、障害レベルは測れない

people-315014_640

耳の聞こえを調べると聴力レベルがわかるようになります。この聴力レベルは、音の聞きにくさを表すものなのですが、残念ながら障害のレベルまで、正確に測る事は、できません。一般的に聴力レベルは、低下すると低下するほど、聞こえにくくなりますので、障害レベルはあがる傾向はあるのですが、それだけで、障害レベルが決まる事はありません。

それは、なぜなのでしょうか。それには、難聴は、コミュニケーション障害であるというところに、ヒントがあります。コミュニケーション障害というところを見ると、難聴というのは、実に奥深いものである事がわかります。

続きを読む

しっかりと理解しておきたい聴力測定を受ける二つのポイント

student-732012_640

聴力測定といえば、耳の聞こえを調べる測定の一つです。この測定は、申告式の測定ですので、受け方を理解しないとデタラメなデータが取れてしまうという問題点があります。申告式とは、患者さん、お客さんが「そこで聞こえましたよ」という言葉が全てであるという意味です。そのため、双方ともにしっかりと聴力測定に関して理解しておく事が非常に重要です。

こちらでは、基本という事で、聴力測定の受け方について、記載していきます。聴力測定の受け方は、耳に関する測定の基礎となりますので、理解しておくと色々な測定に応用できます。この点も重要です。これを機会にしっかり理解していきましょう。

続きを読む

難聴の方は、聴力検査のデータを必ず保管しておこう

耳の聞こえを図ったデータといえばオージオグラムです。病院で検査したオージオグラムは、どのようにされているでしょうか。今回、申し上げるのは「聴力検査のデータは、必ず保管しておこう」という事です。耳の聞こえは、測定するだけでは、判断ができない場合があります。状況によっては、過去に測定した内容と比較する事で、状況を把握します。

それは、どのような意味なのでしょうか。今回は、聴力検査でわかる事、どのようにして耳の判断しているのか、これらについて記載していきます。この二つを理解できれば、なぜデータを保管しておく事が重要なのかが理解できるようになります。

続きを読む

オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

library-488681_640

オージオグラムとは、耳の聞こえを図で表したものです。見方がわかれば、自分の耳がどのような状態なのかを理解する事ができます。ここで重要なのは、数値が表す意味を理解する事です。どのように数値を記載しているのかを知れば、数値を見るだけでおおよそのことがわかるようになります。

オージオグラムの見方は、他のサイトにも載っていますので、見方だけでなく、数値が表す意味に重点を置き、記載していきます。オージオグラムの数値を知れば、ご自身の耳の状況もよく理解できるようになります。

続きを読む