2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:基本事項

聴力検査の結果を三つの視点で見てみると様々な事がわかる

old-letters-436501_640

耳鼻咽喉科で行われる検査といえば、聴力検査が有名です。健康診断の時にも行われており、誰もが一度は、受けた事がある検査ではないでしょうか。

では、この検査を受けると、どのような事がわかるのか、ご存知でしょうか。この検査は、面白い事に人により、見方、受け取る内容が異なります。今回は、こちらについてまとめていきます。

なお、聴力検査を受けた際にもらえる聴力図をオージオグラムと呼びます。そのオージオグラムの読み方については、こちらをご覧下さい。数値の意味、図の意味についても記載しています。

リンク:オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

続きを読む

聴力図(オージオグラム)では、障害レベルは測れない

people-315014_640

耳の聞こえを調べると聴力レベルがわかるようになります。この聴力レベルは、音の聞きにくさを表すものなのですが、残念ながら障害のレベルまで、正確に測る事は、できません。一般的に聴力レベルは、低下すると低下するほど、聞こえにくくなりますので、障害レベルはあがる傾向はあるのですが、それだけで、障害レベルが決まる事はありません。

それは、なぜなのでしょうか。それには、難聴は、コミュニケーション障害であるというところに、ヒントがあります。コミュニケーション障害というところを見ると、難聴というのは、実に奥深いものである事がわかります。

続きを読む

しっかりと理解しておきたい聴力測定を受ける二つのポイント

student-732012_640

聴力測定といえば、耳の聞こえを調べる測定の一つです。この測定は、申告式の測定ですので、受け方を理解しないとデタラメなデータが取れてしまうという問題点があります。申告式とは、患者さん、お客さんが「そこで聞こえましたよ」という言葉が全てであるという意味です。そのため、双方ともにしっかりと聴力測定に関して理解しておく事が非常に重要です。

こちらでは、基本という事で、聴力測定の受け方について、記載していきます。聴力測定の受け方は、耳に関する測定の基礎となりますので、理解しておくと色々な測定に応用できます。この点も重要です。これを機会にしっかり理解していきましょう。

続きを読む